旅先でも安心な法人カードは?

海外旅行保険

法人カードの付帯サービスに海外旅行保険があります。 保険金額は、傷害死亡や後遺障害を念頭に置いたもので、海外旅行の場合で最高1億円が設定されているカードは多くあります。

国内旅行の場合でも最大で5,000万円の保障がなされます。 実はこれは非常にお得と言えるのです。

なぜなら、もしも海外出張などの際に毎回海外旅行保険を掛けるとしたらかなりの額かかるからです。 仮にアジア圏に3日間の出張に行く場合、よくある法人向けの海外旅行保険の保険料は約5,000円です。

それでも傷害死亡や後遺障害の保険金額は3,000万円です。

旅行保険サービス

年会費が安くても多くの保険が付帯されるケースも

旅行保険は法人カードの定番付帯サービスであるため、年会費が安くてもかなりの保険が付いてくる場合が多くあります。 三井住友VISAカードのビジネスカードには、ゴールドとクラシックという一般カードがあります。

ゴールドは年会費が10,500円、クラシックは1,312円と格安です。 どちらにも旅行保険が付いています。

ゴールドの方は、海外旅行傷害保険として最高5,000万円と国内旅行傷害保険として最高5,000万円が付いています。 一般カードでも海外旅行傷害保険が最高2,000万円も付いています。

年会費が安くても保険が充実

年会費に比例する

旅行保険の保険額は年会費に比例するようになっています。 年会費が安いと、海外旅行傷害保険は付いていても、国内旅行傷害保険は付いていないという場合もあります。

海外出張ではなく国内出張が圧倒的に多いという事業者の方は、年会費が安く国内旅行傷害保険サービスが付いていないと海外旅行傷害保険が付いていても使わないのであまり意味がありません。 法人プラチナカードなどでは最高で1億円の保険額を保障してくれる場合もあります。

プラチナカードの年会費は大抵3万円を超え、法人カードの中では最高ランクのカードと言えます。


関連記事をチェック : JCB法人カードゴールド