法人カードもポイントは重要です

法人カードでもポイントが付く

クレジットカードにポイントが付いてくるのは当たり前ですが、法人カードでもこのポイント制度があります。 また、法人カードのポイントサービスは、ポイントに有効期限がないカードもあります。

無期限ポイントサービスによりたくさんポイントを貯めて一度に社員の福利厚生のために使うということができるようになります。 しかし、この無期限ポイントサービスには条件がある場合もあります。

ある程度ポイントが貯まらなければ有効期限が無期限とならない場合もあり、一定期間内にある程度の消費をしなければいけない場合もあります。

法人カードでも貯めたポイントを有効活用できる

ポイント還元率が高いカード

法人カードにもポイントサービスがありますが、還元率は一律ではありません。 例えば、JCBの法人ゴールドカードはとても有名ですが、還元率は0.48%です。

同じJCBでANAと提携している法人カードワイドゴールドカードは還元率が0.47%と低めです。 還元率で最も多いのが、0.5%という還元率です。

普通の個人カードなら1%の還元率が一般的ですから、少し低いと感じることでしょう。 また、セゾンとアメリカン・エキスプレス提携のビジネスプラチナカードは海外で利用すれば還元率が1.0%にアップするという特典があります。

ポイントで交換できるもの

ポイントは様々な物に交換することができますが、その一つがマイルです。 また、クオカードに交換することができる場合もあります。 日ごろ会社のために頑張る社員に配るととても喜ばれます。

ポイントと交換することができる景品の種類は日用品から電化製品、ファッション、書籍など実に幅広いです。 そのため、大抵のカード会社では景品カタログが容易されています。

この景品カタログはインターネット上でも参照することができます。 ちなみに、これらのポイントはすべて会社に属していますから個人で使うことはできません。


関連記事をチェック : 法人カードのマイル比較