信頼性の高いプラチナ法人カード

プラチナカードと一般カードの違い

法人プラチナカードと一般カードの違いは年会費と付加サービスです。 最近になり法人プラチナカードが誕生し人気を集めているJCB法人カードを紹介しましょう。

年会費は一般カードが1,312円なのに対し、プラチナカードは31,500円です。 10,500円のゴールドカードと比べても3倍です。

さらに、プラチナカードはゴールドカードの付加サービスをさらにバージョンアップさせた内容です。 例えば、グルメ・ベネフィットというサービスでは、国内の提携レストランで所定のコースメニューを2名分頼んだ場合、1名分は無料になります。

年会費は格段に高いがその分充実したサービスのプラチナカード

MUFGプラチナアメリカン・エキスプレス

MUFGプラチナアメリカン・エキスプレスには人気の法人ビジネスカードがあります。 世界のどこへいても快適に過ごすことのできる世界レベルのもてなしが特徴的です。

プラチナコンシェルジュサービスでは、急な出張にも国際便フライトチケットを手配したり、出張先のホテルの予約などを24時間でサポートします。 世界に600以上ある空港ラウンジも利用することができます。

また、手荷物空港宅配サービスもあり、通常スーツケース1個につき2000円ほどの送料がかかるところを無料で配送してくれます。

プラチナの信頼性は抜群

法人カードのプラチナカードは最高度の信頼性を持つと言われており、審査も非常に厳しく簡単に作れるカードではありません。 法人カードは個人カードよりも基本的に審査が格段に厳しいですが、その中でも一般カード、ゴールドカード、プラチナカードの順に審査の厳しさは変わります。

特に海外ではプラチナカードの信頼性は高まります。 ゴールドカードはそれほど珍しいものでもなく、年会費さえ払えばもらえる審査が甘いものもあります。

一方で、プラチナカードは簡単にはもらえないので、海外でもプラチナカードを持っていると信頼してもらえるケースが多いようです。

カードの最高峰プラチナカード
関連記事をチェック : ポイント還元率で選ぶ法人カード