気になる年会費について

年会費と付加サービスの関係

法人カードを作る時、基本的に年会費が安いものを選んだ方が良いと考える会社が多いでしょう。 年会費とは、そのカードを使うために必要な手数料のようなものですからね。

年会費が安いということは経費節約になるわけです。 例えば、年会費が高いカードとして有名なのがゴールドカードです。

法人のゴールドカードの年会費は1万円から3万円です。 しかし、これらゴールドカードを所有していると無料でETCカードが発行されたりします。

また、空港内のラウンジを無料で利用できるので、出張の際はとても便利です。

ゴールドカードの特典紹介

年会費と限度額の関係

法人カードの年会費は基本的に個人カードに比べて高い傾向にあります。 しかし、それでも年会費が無料のクレジットカードも存在します。 年会費と利用限度額の関係を見たとき、もちろん高い年会費を払うカードほど利用限度額も高く設定されている場合が多いです。

年会費が1万円ほどの法人カードでは、利用限度額が最大で250万円となっているものも多いです。 しかし、基本的にはそれぞれの法人の経営状況などを見て決められます。

さらに、同じ利用限度額でも初年度は年会費は無料というクレジットカード会社も多数あります。

JCB法人一般カードの年会費が安い

JCB法人一般カードの年会費は、たったの1,312円です。 JCBの法人カードには他にゴールドカードとグランデカードがありますが、年会費はそれぞれ10,500円と2,625円です。

これらのカードと比べると一般カードの年会費はとても安いと言えるでしょう。 これほど年会費が安いのにもかかわらず、利用限度額はグランデカードと同じ30万円から100万円です。

さらに、グランデカードと同じように、海外でのショッピングガード保険が最高100万円までついています。 国内でのショッピングガード保険がないことや旅行傷害保険が付いていないという違いがあります。

JCB特典紹介 関連記事をチェック : 年会費無料の法人カード