法人カードにも年会費無料が・・・

ライフカードの年会費が無料

初年度だけ年会費が無料という法人カードが多い中で、ライフカードは年会費が永久無料というのが特徴です。 また、年会費が無料なのに利用限度額は最大500万円もあります。

そのため経費を最大限に抑えつつ、様々なビジネスシーンでカードを使うことができます。 また、ライフカードには様々なオリジナルサービスがあります。

例えば、「LIFE DESK」という海外アシスタンスサービスがあります。 これは、海外出張をした時ホテルの予約や様々な手続きを代わりやってくれるサービスで日本語対応なのでとても便利です。

LIFEカードの特典紹介

付加サービスを考えると一長一短

法人カードの年会費は無料のものと有料のものとがあります。 一見経費節約になる年会費無料の方が良いように思えますが、それぞれの法人カードには付加サービスがありますからそれらを考慮に入れると有料の方が良いという見方もあります。

例えば、多くの年会費無料の法人カードには海外旅行保険というサービスが付いていません。 ゴールドカードなどの有料カードには付いていることがほとんどです。

特に海外への出張が多い法人では、海外旅行保険が付いている法人カードにすれば別途海外旅行保険を掛ける必要がないので有料の法人カードの方が良いでしょう。

年会費無料と有料の比較

年会費無料は本当にお得か

ここで、年会費無料のライフカード(法人カード)と年会費10,000円のJCBゴールド法人カードの比較をしてみたいと思います。

海外傷害・疾病費用の有無

年会費が無料というのは一見お得なサービスに見えますよね。ただ、カードの年間使用額によっては、ポイント還元率が良いカードやマイルが貯まりやすいカードの方が、年会費がかかったとしてもお得なことがあります。

また、海外旅行や海外出張が多い方は、その都度海外旅行保険を掛けていると思います。法人カードに保険が付いていれば、足りない分の保険に入れば良いですが、ライフカードは海外傷害・疾病費用も出ませんし、海外旅行傷害保険もついていません。

一方、JCBのゴールド法人カード。こちらの法人カードは年会費が10,000円ですが、旅行傷害保険は海外最大1億円、国内も最大で5,000万円付いています。また、海外傷害・疾病費用も300万円まで出ます。

万が一、海外で手術や入院をすることになったら、300万円近くかかる可能性があります。あまり注目されていませんが、海外傷害・疾病費用は海外に滞在するにあたって最も重要な項目のひとつです。

無料と有料、どちらが最適?

さて、年会費無料のライフカード(法人カード)とJCBゴールド法人カードの比較をしてみます。

画像:ライフコーポレートカード  画像:JCBゴールド法人カード


JCBのOkiDokiポイントは1,000円毎に1ポイント付きます。このOkiDokiポイントを仮に10,000円分のJCBギフトカードに替えるとすると、2050ポイント必要になります。2050ポイントを貯めるには205万円のショッピングが必要な計算です。

年間205万円以上使用する人は、文句なくライフカードよりもJCBゴールド法人カードを選ぶべきです。205万円以上使用しない人でも、海外旅行や海外出張が頻繁にある方は、上記で上げたように海外旅行傷害保険が付き、海外傷害・疾病費用も出るJCBゴールド法人カードを持つ方がメリットが高いでしょう。

以上のように、「年会費無料」というワードに縛られ過ぎず、ポイント還元率や旅行保険などの付帯サービスもチェックすると、自分にとって一番良いカードが見つかると思います。


JCBゴールド法人カードはこちら