カードを作る際の審査について

審査はカード会社によって異なる

法人カードを作るには、個人がクレジットカードを作る時と同じように審査が行われます。 この審査は個人向けのクレジットカードの審査に比べて厳しいと言われています。

なぜなら、法人カードは親カードだけでなく、社員たちが使う子カードを複数発行することになります。 そのため、利用枠は高額に設定しなければいけません。

万が一その法人が倒産した場合、カード会社の損失はとても大きくなるので審査も慎重に行われます。 カード会社には法人向けの様々なカードを販売しています。

そのため、カード会社によって審査基準が違うのはもちろんのこと、カードの種類によっても違いがあります。

代表者の審査

法人カードを作る時の審査では、代表者の審査が行われる場合があります。 というのも、法人カードの審査には経営状況を示す総益計算書やバランスシートなどを提出する必要があります。

しかし、会社によってはそれらの資料では実績がわかりにくい場合があります。 特に設立してそんなに時間が経っていない中小企業の場合は特にそうです。

そのような場合では、その法人の代表者の信用情報がチェックされ、審査の対象となります。 大企業が法人カードを作る場合は、代表の審査がない場合もあるようです。

代表者の信用情報も必要

法人の運営期間が3年以上だと望ましい

法人カードは、会社が設立されてから3年以上経っているのが望ましいとされています。 その理由は、それほどの期間が経っていないと正確な経営状況を把握することができないからです。

また、設立から3年未満の企業の場合は、倒産リスクが高いと言えます。 そのため、カード会社の審査基準が厳しくなり、審査に通りにくくなります。

しかし、会社設立から3年未満だったとしても、代表者の信用情報審査で通ったり、企業としての実績を数値ではなく形として実証できる場合は審査に通ることもあります。

設立3年以上だと審査が通りやすい

関連記事をチェック : 審査がゆるい法人カード