住宅/インテリア/文具/映画/ライフハックなど雑記ブログに近いものの、様々な有益情報を提供するメディアを目指しています




6本以上送料無料商品 マルターディンガー ビーネンベルク ヴァイサーブルグンダー R Q.b.A. トロッケン 2013 ベルンハルト フーバー Malterdinger Bienenberg Weisserburgunder R Q.b.A. trock

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 ピノ・ブラン種に良く似ていて、酸が控えめで洋ナシ等の複雑で華やかさな香りとややスパイシーな香りがあります。旨みの凝縮感が感じられ、また、ボリュームの豊かな味わいの白ワインです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区 ●ブドウ品種 ヴァイサーブルグンダー (ピノ・ブラン) 100% ●タイプ 白・フルボディ・辛口 アルコール13.6%、残糖1.3g/l、酸6.6g/l ●醸造・熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 マルターディンガー ビーネンベルク ヴァイサーブルグンダー R Q.b.A. トロッケン 2013 ベルンハルト フーバー Malterdinger Bienenberg Weisserburgunder R Q.b.A. trock —— 6,100円

6本以上送料無料商品 マルターディンガー ムスカテラー シュペートレーゼ トロッケン 2011 ベルンハルト フーバー Malterdinger Muskateller Spatlese Trocken 2011 Weingut Bernhard Hube

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 ムスカテラー種はナイル河流域が原産地と言われるムスカート・アレキサンドリア種が原産で、一番古いぶどう品種といわれています。畑はヴィルデンシュタイン畑のすぐ横に位置し、ぶどうは50hl/haまで収量を落とし、100%ステンレス発酵しています。 非常に人気の高いフーバーさんのムスカテラーですが、 こちらは初入荷の辛口仕立てです。 上品なミュスカの香りが満載。洋ナシ等の華やかさな香りとややスパイシーな香りがあります。 ■Information 国 ドイツ 産地 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区、マルターディンゲン村、ビーネンベルク畑 ブドウ品種 ムスカテラー(ミュスカ) タイプ 白・やや甘口 アルコール12.9%、残糖9.7g/l、酸度7.2g/l 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 マルターディンガー ムスカテラー シュペートレーゼ トロッケン 2011 ベルンハルト フーバー Malterdinger Muskateller Spatlese Trocken 2011 Weingut Bernhard Hube —— 3,700円

6本以上送料無料商品 マルターラー アウスレーゼ 2003 ベルンハルト フーバー Malterer Auslese 2003 Weingut Bernhard Huber 白 ワイン 人気セール,得価

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 今でこそは素晴らしいドイツのピノノワールを使った有名醸造家ですが、フーバー醸造所を一躍スターダムにのし上げたワインがこのワインです。ボディの厚みと凝縮したあふれる果実味と非常に綺麗でホッとする酸味が上品でエレガントにまとめられています。 ボトルの外観がペルシャ絨毯のような素敵なデザインになっていますのでギフト等にも非常に人気があります。クリームを使う甲殻類や中華料理にも相性抜群です。 ■Information 国 ドイツ 産地 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区 ブドウ品種 ヴァイサーブルグンダー、フライザマー タイプ 白・やや甘口内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 マルターラー アウスレーゼ 2003 ベルンハルト フーバー Malterer Auslese 2003 Weingut Bernhard Huber 白 ワイン 人気セール,得価 —— 5,400円

6本以上送料無料商品 マルターラー ヴァイサーブルグンダー & フライザマー Q.b.A. トロッケン 2015 ベルンハルト フーバー Malterer Weisserburgunder & Freisamer Q.b.A. trocken 2015 W

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 フーバー醸造所を代表するパワフルなバリック(新樽)熟成のワイン。分厚い果実感とボディを持つフライザマーは、ドイツでというよりバーデンでほんの少量生産されている品種。それにエレガントなヴァイサーブルグンダーをブレンド。今までにない、驚異的な果汁の力強さを感じ、瓶内熟成する長命なパワフルで濃厚な、大満足のワインです。若いうちは強い樽香が感じますが、瓶内熟成を経て心地よいバニラやアーモンドの香りを感じます。 色はやや濃く金色かかった黄色。厚みのあるボディを好む方には最適。ドイツならではの綺麗な酸とのバランスも最高です。クリームを使う甲殻類や中華料理にも相性抜群です。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区 / マルターディンゲン村 ●ブドウ品種 ヴァイサーブルグンダー、フライザマー ●タイプ 白・フルボディ・辛口 アルコール13.9%、残糖1.5g/l、酸度6.9g/l ●醸造・熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 マルターラー ヴァイサーブルグンダー & フライザマー Q.b.A. トロッケン 2015 ベルンハルト フーバー Malterer Weisserburgunder & Freisamer Q.b.A. trocken 2015 W —— 6,100円

6本以上送料無料商品 ランダースアッカー ジルヴァーナ エアステラーゲ トロッケン 2015 シュテアライン&クレニッヒ Randersacker Silvaner Erste Lage Trocken 2015 Stoerrlein & Krenig ド

Weingut Josef Stoerrlein & Krenig シュテアライン&クレニッヒ 醸造所 シュトゥールライン醸造所はわずか8.5haを所有している家族経営の醸造所です。フランケンの革新的ワイン生産者グループ、「トリアス」のリーダー的存在ですがグループの中では最も小規模の生産者。ヴュルツヴルクの近郊、ランダースアッカー村を拠点にシルヴァーナーとリースリングを栽培しています。テロワールを重視しもちろん、除草剤、殺虫剤、化学肥料を一切使用していません。 クリアーでエレガントなフランケン・ジルヴァーナー・トロッケン!しっかりしたペールイエローカラー! ジルヴァーナー特有の深みのあるシャープで綺麗な果実味の香りを感じ、口に含むととのボディの厚さに驚きます!大柄なボディとキリッとした酸、しかもバランスがよい素直に美味しいと思えるワインです。フランケンのワインはグルメな人が好むと言われますが、このワインを飲んだ時に心から理解した気がします。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 フランケン(Franken)地域、マインドライエック(Maindreieck)地区、ランダースアッカー(Randersacker)村 ●ブドウ品種 ジルヴァーナー100% ●タイプ 白・辛口・ミディアムボディ アルコール13.1%、糖度4.4g/l、酸度6.1g/l ●醸造・熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ Weingut Josef Stoerrlein & Krenig シュテアライン&クレニッヒ 醸造所 Weingut Josef Stoerrlein & Krenig シュテアライン&クレニッヒ 醸造所 フランケンの革新的ワイン生産者グループ、【トリアス(TRIAS)】を引っ張るモダン・フランケンの造り手の一人です。 シュトゥールライン醸造所はわずか8.5ヘクタールを所有している家族経営の醸造所です。フランケンの革新的ワイン生産者グループ、「トリアス」のリーダー的存在ですがグループの中では最も小規模の生産者です。 【トリアス(TRIAS)】は「三畳系」の意。地質学の歴史で2億2千500年前から1億8千万年前の 中生代をあらわすそうです。このころ雑色砂岩、貝殻石灰石、石灰質粘土といった 岩盤層が推積され、この土壌が現在のフランケンを特色付けること、そしてこのメンバーがこの地質を生かしたワイン造りを目指していることから付けられたそうです。 ヴュルツヴルクの近郊にある、 ヒュー・ジョンソン氏も3ッ星★★★評価 をつけている、この地域でも人気と評価の高いランダースアッカー村を拠点にシルヴァーナーとリースリングを栽培しています。ランダースアッカー村は、フランケンでもブドウ造りとっては最高の環境に恵まれた地域です。彼らは、テロワールを重視し、もちろん、除草剤、殺虫剤、化学肥料を一切使用しない地球にやさしい栽培方法を選択しています。 シュテアラインは、果実の鮮度を重視して早めに収穫し、ブドウ本来の特徴を最大限に引き出す為ステンレスタンクで発酵、熟成の後、数ヶ月間大樽で熟成させます。樽の風味はほんのかすかに残し、味に厚みと奥行きをを加えてゆきます。シュテアラインは、全体的にしっかりとした構造が特徴のワイン造りを行っています。彼らが所有する有名な畑は、【ゾーネンシュトゥール畑(Sonnenstuhl)】です。 所有するブドウ畑のサイズ:約12ヘクタール ヨーゼフ・シュテアライン&クレニッヒ醸造所のワインの町は、マイン川と並んで、近くにヴュルツブルクに位置しています。ブドウは、ドイツでも最も恵まれた産地であるフランケン地方で、約8ヘクタールの敷地に、栽培しています。 そこにはシルヴァーナー、リースリング、およびピノブランが栽培されており、赤ワイン用のブドウは、ピノノワール、ピノムニエが栽培されています 。ワインはバリックにて熟成させます。 【グローセス・ゲヴェックス】とは? 【偉大な作物】と言う意味を持ち、一級畑[Erste Lage:エアステ・ラーゲ]から造られるワイン。 ラインガウでは【エアステス・ゲヴェックス(Erstes Gewachs)】、モーゼルでは【エアステス・ラーゲ(Erste Lage)】、それ以外の地域では【グローセス・ゲヴェックス(Grosses Gewachs)】と呼ばれています。 最高級畑の指定や、収穫量、完熟度、収穫は手摘みなど、徹底した規則が定められており、ドイツワインのグラン・クリュと呼ばれる所似です。

6本以上送料無料商品 ランダースアッカー ジルヴァーナ エアステラーゲ トロッケン 2015 シュテアライン&クレニッヒ Randersacker Silvaner Erste Lage Trocken 2015 Stoerrlein & Krenig ド —— 2,800円

6本以上送料無料商品 ヴェーレナー ゾンネンウーア リースリング アウスレーゼ 2015 E H ケアペン Wehlener Sonnenuhr Riesling Auslese 2015 Eduard Hauth Kerpen ドイツ 甘口 白 ワイン

Weingut Eduard Hauth Kerpen E.Hケアペン ヴェレナー・ゾンネンウーアについて 「ベルカステルのすぐ近くにあり同様に上質の幾分芳醇なワインを産する。『超1級畑』にゾンネンウーア。」★★★★ ヒュー ジョンソン氏「ポケットワインブック」 このワインは、ゾンネンウーア(「日時計」という意味)と名付けられた畑で造られる単一クリュワインとなっています。 丸いボディと滑らかな甘みがあり、その表層にキレのある鮮やかな酸味が広がります。しっかりとした甘さを感じるものの、品位ある酸味のおかげで後味の印象がグッと良くなるので、デザートワインとしてだけでなく、食中酒としても思った以上の能力を発揮してくれます。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 モーゼル地域 / ベルンカステル地区 / ヴェーレン村 ●ブドウ品種 リースリング 100% ●タイプ 白・甘口・ミディアムボディ アルコール7.1%、残糖92.3g/l、酸度10.3g/l なんと残糖79g/lから跳ね上がり、【ベーレンアウスレーゼ】クラスになりました。 ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Eduard Hauth Kerpen E.Hケアペン Weingut Eduard Hauth Kerpen E.Hケアペン

6本以上送料無料商品 ヴェーレナー ゾンネンウーア リースリング アウスレーゼ 2015 E H ケアペン Wehlener Sonnenuhr Riesling Auslese 2015 Eduard Hauth Kerpen ドイツ 甘口 白 ワイン  —— 3,200円

6本以上送料無料商品 ヴェーレナー ゾンネンウーア リースリング カビネット 2008 ドクター ローゼン Wehlener Sonnenuhr Riesling Kabinett 2008 Dr.Loosen ドイツ やや甘口 白 ワイン 人気定番,品質

1988年1月に家業を継いだ「ドクター・ローゼン醸造所」の現当主エルンスト・ローゼン氏は、接木をしていない 平均樹齢50年以上の古木 を使うことと、最上級の畑を所有することが、世界に通じるすばらしいワインを造る絶対の条件だと気づき、次々と革命を起こしました。 ブドウの収穫量を半分に減らし、化学肥料の使用を一切止め、有機肥料を使った最新農法を取り入れ、昔ながらの素朴な醸造法を取り戻しました。 「リースリング・ルネッサンス」 の実現に向けて、今やドイツ国内にとどまらず、世界中で活躍する彼の功績は高く評価され、 2001年「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」(ゴー・ミオ誌/ドイツ)、2005年3月「マン・オブ・ザ・イヤー」(デカンター誌/イギリス)に続いて、9月には「ホワイトワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」(インターナショナル・ワインチャレンジ・2005/ロンドン) に選ばれました。 桃のような風味。デリケートな口当たりとさわやかな酸味とのバランスが素晴らしいワンランク上のフルーティなワインです。 ■Information 国 ドイツ 産地 モーゼル地域 / ベルンカステル地区 ブドウ品種 リースリング 100% タイプ 白・甘口・ミディアムボディ アルコール7.5%、残糖56.4g/l、酸度9.0g/l 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 WEINGUT DR.LOOSEN ドクター・ローゼン WEINGUT DR.LOOSEN ドクター・ローゼン 200年に渡り、代々ローゼン家に受継がれる畑の平均樹齢60年以上の古樹から産み出される!! ゴーミヨ誌で最優秀醸造家の評価!世界中から『 リースリングの伝道師』と賞賛!! エルンスト・ローゼン氏と言えば、2005年デキャンタ―誌の『マン・オブ・ザ・イヤー』を受賞 >した初のドイツ人醸造家です。 彼が、1996年より管理・運営する蔵が【JLヴォルフ】 です。 この【ローゼン・ブラザーズ】も【Dr.ローゼン】のワインと同じように化学薬品等を使わない有機栽培 を実施。 契約農家からの葡萄も仕入ますが、全ての農家に栽培方法など細かく取り決めしています。 【独自の品質格付け】 ドクター・ローゼンでは6つの銘醸畑を所有しています。そのうちの4つは「特級畑」、残りの2つは「第一級畑」に格付けされています。 これは、1868年に制定されたモーゼル地域での格付けで、フランスのブルゴーニュ地方における「グラン・クリュ」システムに似ており、最近では スチュアート・ピゴット氏、ヒュー・ジョンソン氏共著の「ドイツワイン・アトラス」でも高評価 です。 これらの畑から醸した高級格付けワイン(カビネット〜トロッケンベーレン・アウスレーゼ)は銘醸畑シリーズとしてそれぞれの畑名をつけて瓶詰めしています。 それ以外にもコストパフォーマンスを追求したドクター・ローゼンQ.b.A.ファインヘルプがあります。 【銘醸と言われる3つの条件】 1.The microclimate / マクロクリマ(局地的気候) モーゼル河沿いの南向き急傾斜という地理的条件がリースリングに対して最適な気候を作り出します。ブドウは理想的な太陽を浴び素晴らしい成熟を得ます。真夏でも涼しい夜は、ブドウに酸味を持たせ、リースリングの味に不可欠な要素となります。 川は、太陽の光を反射させ、ぶどうの熟成に必要な温度を保ち、気候の低下から畑を守るのです。 2.The Slate Soil / スレート(粘板岩)土壌 多数の粘板岩や露出した岩は、日中の熱を蓄え、ぶどうが完熟するのを促進します。また地表は細かな粘板岩が覆っているため、ブドウは根を深く張れ、ミネラル味の強い生き生きとしたワインが造り出されます。 3.Old, ungrafted vines / 接ぎ木なしの古木 モーゼルの粘板岩土壌の中ではフィロキセラ(ブドウ根アブラムシ)は繁殖できません。そのため、ドクター・ローゼンでは平均樹齢60年、接ぎ木なしの古木 >から凝縮した厚みのあるワインが仕上がります。 『リースリングの伝道師』 英国のワイン誌として最も権威のあるDecanter誌で、2005年度の“Man of The Year”に選ばれました。 『リースリングの伝道師』ローゼン氏のワインを飲まずして、リースリングは語れません! 彼が日本にプロモーションに来られた時に2度ほど一緒に全国周りをさせていただいた想いでがあります。ドイツのワイン造りのスーパースターにもかかわらず本当に気遣いのできる気さくな楽しい方でした。 彼のワインを一度飲めば、間違いなく人柄と同じく虜になってしまいます!そんな彼のドクター・ローゼン醸造所はモーゼル川沿いの南向きの急斜面に 誰もが羨むような6つの銘醸畑を所有しています。 当主エルンスト・ローゼン氏は樹齢60〜70年の樹が植えられた 「ヴェーレナー・ゾンネンウーア」(ヴェーレン村の日時計), 「エアデナー・トレップヒェン」(エアデン村の小さな階段) などの畑を特級と1級に格付けしました。 歴史文書に基づいた非公式な格付けでしたが、各々の畑のテロワールを映しています。ドイツワインの権威スチュアート・ピゴット氏が「畑ごとのワインの味わいの違いを表現する見本」 と評するほどです。 彼の醸造所を訪れると必ず、ワインの前には特急畑それぞれの色の違う粘板岩が置かれ、味わいの違いがどこからくるものなのかを実感させられます。 酸と甘み、果実味のバランスが絶妙にとれた彼のワイン造りの一端は手ごろな ドクターLシリーズをすすっただけでもわかります。 畑名入りのシリーズともなればその幾重にも折り重なった複雑な深い味わいの構成は他に類を見ません! ローゼン氏は1988年からローゼン醸造所の経営を引継ぎ、これまでも高い評価を得てきましたが、さすがに今回は 「いまだに信じられない」 と 語っていたようです。 彼の情熱はモーゼルだけにとどまらず、 ファルツ地方の J.L.ヴォルフ醸造所を買上げリースリングの評価もかなり高い! シュペートレーゼ・トロッケンは「 ドイツの美味しい辛口ワイン」に ノミネート されていました。 ヒュー・ジョンソン著「ポケットワインブック」には、ベルンカステルの ザンクト・ヨハニスホーフにある精力的な葡萄園で9.7haの畑をもっています。 “超一級畑”の樹齢を重ねた葡萄樹から産するリースリングは、深みのある強烈なものになります。 1995以降のワインは最上級の品質。エルンスト・ローゼン氏の造り出すワインは、その透き通るほど清冽で 綺麗なリースリングの芸術品なのです! 彼のワイン造りのコンセプトは、 「飲む喜びを感じられるワイン」 ドイツの豊かな自然を重んじ、その自然が育んだぶどう本来の潜在力を余すことなく1本のワインに仕上げた最高のドイツワインの味をお楽しみ下さい!! きっとお気にいりのワインの1つになること間違いなしです。 【エルンスト・ローゼン氏】の活躍ぶりを数多くの ワイン評論家や世界のワイン愛好家が高く評価しています!! ・VDPドイツ高級ワイン生産者協会会員 (ドイツで最もレベルの高いワイン生産者組合 ) ・優秀醸造所ベスト100入り(ドイツの雑誌「DM」より ・世界のワイン醸造所ランキングベスト10(ゴー・ミヨ誌) ・ドイツ辛口リースリング大賞「ファインシュメッカー」 誌上品評会での受賞! ・ワイン界のアカデミー賞! イギリスの権威あるワイン雑誌デカンター誌において2005年度 「マン・オブ・ザ・イヤー」に 選ばれました!

6本以上送料無料商品 ヴェーレナー ゾンネンウーア リースリング カビネット 2008 ドクター ローゼン Wehlener Sonnenuhr Riesling Kabinett 2008 Dr.Loosen ドイツ やや甘口 白 ワイン 人気定番,品質 —— 2,900円

6本以上送料無料商品 ヴェーレナー ゾンネンウーア リースリング シュペートレーゼ 2006 ドクター ローゼン Wehlener Sonnenuhr Riesling Spaetlese 2006 Dr.Loosen 白 ワイン やや甘口 ドイツ 品質保

1988年1月に家業を継いだ「ドクター・ローゼン醸造所」の現当主エルンスト・ローゼン氏は、接木をしていない 平均樹齢50年以上の古木 を使うことと、最上級の畑を所有することが、世界に通じるすばらしいワインを造る絶対の条件だと気づき、次々と革命を起こしました。 ブドウの収穫量を半分に減らし、化学肥料の使用を一切止め、有機肥料を使った最新農法を取り入れ、昔ながらの素朴な醸造法を取り戻しました。 「リースリング・ルネッサンス」 の実現に向けて、今やドイツ国内にとどまらず、世界中で活躍する彼の功績は高く評価され、 2001年「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」(ゴー・ミオ誌/ドイツ)、2005年3月「マン・オブ・ザ・イヤー」(デカンター誌/イギリス)に続いて、9月には「ホワイトワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」(インターナショナル・ワインチャレンジ・2005/ロンドン) に選ばれました。 フルーティーさにシュペートレーゼならではの果実味が加わり上品でキレイな甘みがこのワインの美味しさを倍増しています。 ■Information 国 ドイツ 産地 モーゼル地域 / ベルンカステル地区 ブドウ品種 リースリング 100% タイプ 白・甘口・ミディアムボディ アルコール8.3%、残糖66.8g/l、酸8.1g/l 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 WEINGUT DR.LOOSEN ドクター・ローゼン WEINGUT DR.LOOSEN ドクター・ローゼン 200年に渡り、代々ローゼン家に受継がれる畑の平均樹齢60年以上の古樹から産み出される!! ゴーミヨ誌で最優秀醸造家の評価!世界中から『 リースリングの伝道師』と賞賛!! エルンスト・ローゼン氏と言えば、2005年デキャンタ―誌の『マン・オブ・ザ・イヤー』を受賞 >した初のドイツ人醸造家です。 彼が、1996年より管理・運営する蔵が【JLヴォルフ】 です。 この【ローゼン・ブラザーズ】も【Dr.ローゼン】のワインと同じように化学薬品等を使わない有機栽培 を実施。 契約農家からの葡萄も仕入ますが、全ての農家に栽培方法など細かく取り決めしています。 【独自の品質格付け】 ドクター・ローゼンでは6つの銘醸畑を所有しています。そのうちの4つは「特級畑」、残りの2つは「第一級畑」に格付けされています。 これは、1868年に制定されたモーゼル地域での格付けで、フランスのブルゴーニュ地方における「グラン・クリュ」システムに似ており、最近では スチュアート・ピゴット氏、ヒュー・ジョンソン氏共著の「ドイツワイン・アトラス」でも高評価 です。 これらの畑から醸した高級格付けワイン(カビネット〜トロッケンベーレン・アウスレーゼ)は銘醸畑シリーズとしてそれぞれの畑名をつけて瓶詰めしています。 それ以外にもコストパフォーマンスを追求したドクター・ローゼンQ.b.A.ファインヘルプがあります。 【銘醸と言われる3つの条件】 1.The microclimate / マクロクリマ(局地的気候) モーゼル河沿いの南向き急傾斜という地理的条件がリースリングに対して最適な気候を作り出します。ブドウは理想的な太陽を浴び素晴らしい成熟を得ます。真夏でも涼しい夜は、ブドウに酸味を持たせ、リースリングの味に不可欠な要素となります。 川は、太陽の光を反射させ、ぶどうの熟成に必要な温度を保ち、気候の低下から畑を守るのです。 2.The Slate Soil / スレート(粘板岩)土壌 多数の粘板岩や露出した岩は、日中の熱を蓄え、ぶどうが完熟するのを促進します。また地表は細かな粘板岩が覆っているため、ブドウは根を深く張れ、ミネラル味の強い生き生きとしたワインが造り出されます。 3.Old, ungrafted vines / 接ぎ木なしの古木 モーゼルの粘板岩土壌の中ではフィロキセラ(ブドウ根アブラムシ)は繁殖できません。そのため、ドクター・ローゼンでは平均樹齢60年、接ぎ木なしの古木 >から凝縮した厚みのあるワインが仕上がります。 『リースリングの伝道師』 英国のワイン誌として最も権威のあるDecanter誌で、2005年度の“Man of The Year”に選ばれました。 『リースリングの伝道師』ローゼン氏のワインを飲まずして、リースリングは語れません! 彼が日本にプロモーションに来られた時に2度ほど一緒に全国周りをさせていただいた想いでがあります。ドイツのワイン造りのスーパースターにもかかわらず本当に気遣いのできる気さくな楽しい方でした。 彼のワインを一度飲めば、間違いなく人柄と同じく虜になってしまいます!そんな彼のドクター・ローゼン醸造所はモーゼル川沿いの南向きの急斜面に 誰もが羨むような6つの銘醸畑を所有しています。 当主エルンスト・ローゼン氏は樹齢60〜70年の樹が植えられた 「ヴェーレナー・ゾンネンウーア」(ヴェーレン村の日時計), 「エアデナー・トレップヒェン」(エアデン村の小さな階段) などの畑を特級と1級に格付けしました。 歴史文書に基づいた非公式な格付けでしたが、各々の畑のテロワールを映しています。ドイツワインの権威スチュアート・ピゴット氏が「畑ごとのワインの味わいの違いを表現する見本」 と評するほどです。 彼の醸造所を訪れると必ず、ワインの前には特急畑それぞれの色の違う粘板岩が置かれ、味わいの違いがどこからくるものなのかを実感させられます。 酸と甘み、果実味のバランスが絶妙にとれた彼のワイン造りの一端は手ごろな ドクターLシリーズをすすっただけでもわかります。 畑名入りのシリーズともなればその幾重にも折り重なった複雑な深い味わいの構成は他に類を見ません! ローゼン氏は1988年からローゼン醸造所の経営を引継ぎ、これまでも高い評価を得てきましたが、さすがに今回は 「いまだに信じられない」 と 語っていたようです。 彼の情熱はモーゼルだけにとどまらず、 ファルツ地方の J.L.ヴォルフ醸造所を買上げリースリングの評価もかなり高い! シュペートレーゼ・トロッケンは「 ドイツの美味しい辛口ワイン」に ノミネート されていました。 ヒュー・ジョンソン著「ポケットワインブック」には、ベルンカステルの ザンクト・ヨハニスホーフにある精力的な葡萄園で9.7haの畑をもっています。 “超一級畑”の樹齢を重ねた葡萄樹から産するリースリングは、深みのある強烈なものになります。 1995以降のワインは最上級の品質。エルンスト・ローゼン氏の造り出すワインは、その透き通るほど清冽で 綺麗なリースリングの芸術品なのです! 彼のワイン造りのコンセプトは、 「飲む喜びを感じられるワイン」 ドイツの豊かな自然を重んじ、その自然が育んだぶどう本来の潜在力を余すことなく1本のワインに仕上げた最高のドイツワインの味をお楽しみ下さい!! きっとお気にいりのワインの1つになること間違いなしです。 【エルンスト・ローゼン氏】の活躍ぶりを数多くの ワイン評論家や世界のワイン愛好家が高く評価しています!! ・VDPドイツ高級ワイン生産者協会会員 (ドイツで最もレベルの高いワイン生産者組合 ) ・優秀醸造所ベスト100入り(ドイツの雑誌「DM」より ・世界のワイン醸造所ランキングベスト10(ゴー・ミヨ誌) ・ドイツ辛口リースリング大賞「ファインシュメッカー」 誌上品評会での受賞! ・ワイン界のアカデミー賞! イギリスの権威あるワイン雑誌デカンター誌において2005年度 「マン・オブ・ザ・イヤー」に 選ばれました!

6本以上送料無料商品 ヴェーレナー ゾンネンウーア リースリング シュペートレーゼ 2006 ドクター ローゼン Wehlener Sonnenuhr Riesling Spaetlese 2006 Dr.Loosen 白 ワイン やや甘口 ドイツ 品質保 —— 4,000円

Assemblage アッサンブラージュ 白 720ml 3本セット 丹波ワイン 京都 白 ワイン 低価,定番

1本当り1 260円 現行ヴィンテージ 歴史と伝統の都「京都」のワイナリー。京都の奥座敷にある、美味しい食材があふれる『食の宝庫』である丹波高原で、ヨーロッパスタイルではない、日本の和食に合うワイン造りをコンセプトにしたワイナリーです。 世界のコンクールで多くの賞を受賞しています。 京料理や和食を意識して醸造しました。穏やかなキャンディー、メロンなどと低温発酵に由来する吟醸香、しめった藁の香りなど、ミネラル感と爽やかな酸味が特徴です。おだやかな果実味と、わずかな苦みが味わいのアクセントになっています。シンプルな味付けの新鮮な魚介類全般に相乗。生ガキなども。輸入ぶどう果汁を使用しています。 【テイスティングコメント】 色: 非常に淡いグリーンがかった黄色。清澄度良好で輝きあり。粘性は軽め。 香り: 香りのヴォリュームはやや穏やか。キャンディー、メロンなど低温発酵に由来する吟醸香。しめった藁の香り、ドライ・ハーブ。クリーンでフレッシュ、爽やかなアロマ。ミネラルっぽいニュアンスもあり。 味: 軽快なアタック。酸は中程度だが爽やかなタッチ。果実味はややおだやかだが、わずかな苦みが味わいのアクセントになっている。ライト・ボディのいきいきとした中辛口。フィニッシュはやや軽いがキレはよく、あくまで爽やかな印象。 総評: ドイツの白を思わせるフレッシュな白。シンプルな味付けの新鮮な魚介類全般に相乗。生ガキなども大丈夫だろう。よく冷やして食前酒として楽しむのも良い。 ●生産国 日本 ●地域 京都 ●ブドウ品種 シャルドネ、シュナンブラン ●タイプ 白・ミディアムボディ・やや辛口 ●内容量 720ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 丹波ワイン TANBA WINE 丹波ワインの創業は1979年。農園と醸造所は京都市の北西約50Km位置し、昭和54(1979)年に、京都のワイン愛好家であった故黒井哲夫氏と、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 故山崎高明氏の二人が中心となって設立。 照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫氏が、海外で気軽に愉しめるワインの旨さに感動し、そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違うと感じました。そこにはその土地の香り、言葉、温度、湿度など、歴史が培ったその土地それぞれの食文化が重要 であることに気づきます。 そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財を投じて『日本、京都の食文化に合うワイン造り』 を目指します。まず丹波で日本酒の酒蔵を借りて、ワイン造りを始めました。 醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場にいた大川勝彦氏が常務として参加 。当初は丹波の山崎氏経営の 葡萄園から生食用葡萄(デラウェア、ベリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎氏の長男である山崎高宏氏が、3年間ドイツのガイゼンハイム のH・ベッカー博士のもとへ留学 し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用に適したブドウの栽培を丹波の自社農園で手がけました。 【栽培】 ワインを造り続けて31年。ブドウの樹齢もようやく30年を迎えます!! 自社農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培。農園は2つの地域に隣接しており、1つは丹波町鳥居野圃場で有機質を含んだ粘土質の土壌です。 ここでは赤ワイン用品種のピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンなどを栽培し、コクのあるバランスのとれたワインが出来ています。 もう1つは瑞穂町向上野圃場で有機質に富んだ粘土質土壌で、シャルドネを中心とした白ワイン用品種を栽培しており、シャルドネ特有の酸味と上品な果実味が生まれます。 また丹波町千原圃場でソービニヨンブランとメルロー、タナ(Tannat)種を栽培しています。3つで約4haの広さがあり、近隣にも農園を拡大していく予定のようです。仕立て方法は棚仕立てではなく、全てがワイン用ブドウの垣根仕立てで栽培しています。これは、葡萄果実に出来るだけ多くの日光を浴び、風の通りが良く、カビや病気からブドウを守り、また、糖度を上げる為に採用しています。 丹波は昔から京都の食材を数多く産出する「食の宝庫」 として都を支えてきました。ブドウ栽培にとって最大のメリットは土壌ももちろんですが、昼と夜の気温差が大きい事が重要です。果実にとって、この気温の差が大きいほど品質の良いものが出来ます。特に、葡萄の成長がはじまる3月から収穫までの半年間は全国的にみても1,2を争う温度差 になっています。 【醸造】 ワインの起源は世界的には紀元前8,000年。日本のワインを造りの歴史は明治維新以降。欧州タイプではなく、京都・丹波のテロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すこだわり! 破砕(Foulage)、除梗(Egrappage)、バトナージュ(Batonnage)、マロラクティック醗酵 (MaloLactic Fermentation)、圧搾(Pressurage)、デブルバージュDebourbage、主醗酵 (FermentationAlcoolique)など。品種や仕上げるワインによって様々な手法をとります。 白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙で繊細な味わいの京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る目的からです。個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造されています。 木樽はフランス産の小樽を現地から取り寄せ、白ワインでは樽醗酵でシュール・リー(澱の上で数ヶ月熟成させる) を行い、香りにアクセントを付けています。しかし、木樽による熟成は最長でも15ヶ月に抑え、料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わいません。 世界が認める数々の受賞歴! 1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストの【モンドセレクション】のワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞 し、その後6年連続で金賞を受賞 し続ける快挙!! 和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に初めて認められました。また、最近では2004年に開催された【ジャパンワインチャレンジ】でシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続【チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン】で銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞 するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。 ワインに対する熱い情熱! ・ 和食(日本料理)に併せやすく演出できる徹底したワイン造り。 ・ 日常の食生活を含んだ様々なコミュニケーションシーンを提案。 ・ ヨーロッパ文化(ワインの歴史)を尊重し、日本文化を世界に発信。 ※丹波ワインさんのロゴ(LIEBE GEHT DURCH DEN MAGEN) …愛は胃袋を通る(旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅するのドイツの諺)になっています。 自然環境への取り組み ワイン造りを含め、食品を扱う産業はサービス業も含めすべて農業と言えます。自然を相手に、共存し人間にとりより良いワインを造り、より良い環境を生かす。美味しいワインは美味しい葡萄から生まれます。美味しいブドウ作りは、自然を作りから始まります。 ワイン造りを続ける為に「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」 必要です。 丹波ワインの環境方針は【温室効果ガスの発生抑制】【省エネルギー推進】【廃棄物再資源化促進】となっており環境に優しく、また企業のコスト削減にも役立ちます。 農園では除草剤を一切使わない草生栽培 を行っており、薙刀茅(なぎなたがや)という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて畑の表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制するので、草刈り機などの使用回数を減らす ことができます。 葡萄の絞りかすやワインの醸造時にでる澱や酵母などはすべて堆肥へ変化します。1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土を造ります。 また、一部は牛や豚などの家畜の飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。 工場壁面は4重構造になっており、空調を行わず年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃ になるようになっています。 ワインの温度変化を極力少なくするため 、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。 事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。 隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用の折りたたみ式のケースで搬送し、段ボールを使用しません。 ワインボトルの50%に軽量ビンを使用しています。これにより原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減しています。また、輸送用の段ボールにB段を使用し、原料を低減しています。 使用するコルクの70%を破砕圧搾コルクを使用 しています。昨今、天然コルク品質の低下もあり、ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクも増えているので、破砕圧搾コルクの使用はブショネに有効 です。 また 営業車全社にハイブリッドカーを使用し、徹底してCo2排出を削減しています。

Assemblage アッサンブラージュ 白 720ml 3本セット 丹波ワイン 京都 白 ワイン 低価,定番 —— 3,300円

Assemblage アッサンブラージュ 白 720ml 6本セット 丹波ワイン 京都 白 ワイン 送料無料,限定セール

1本当り1 260円 現行ヴィンテージ 歴史と伝統の都「京都」のワイナリー。京都の奥座敷にある、美味しい食材があふれる『食の宝庫』である丹波高原で、ヨーロッパスタイルではない、日本の和食に合うワイン造りをコンセプトにしたワイナリーです。 世界のコンクールで多くの賞を受賞しています。 京料理や和食を意識して醸造しました。穏やかなキャンディー、メロンなどと低温発酵に由来する吟醸香、しめった藁の香りなど、ミネラル感と爽やかな酸味が特徴です。おだやかな果実味と、わずかな苦みが味わいのアクセントになっています。シンプルな味付けの新鮮な魚介類全般に相乗。生ガキなども。輸入ぶどう果汁を使用しています。 【テイスティングコメント】 色: 非常に淡いグリーンがかった黄色。清澄度良好で輝きあり。粘性は軽め。 香り: 香りのヴォリュームはやや穏やか。キャンディー、メロンなど低温発酵に由来する吟醸香。しめった藁の香り、ドライ・ハーブ。クリーンでフレッシュ、爽やかなアロマ。ミネラルっぽいニュアンスもあり。 味: 軽快なアタック。酸は中程度だが爽やかなタッチ。果実味はややおだやかだが、わずかな苦みが味わいのアクセントになっている。ライト・ボディのいきいきとした中辛口。フィニッシュはやや軽いがキレはよく、あくまで爽やかな印象。 総評: ドイツの白を思わせるフレッシュな白。シンプルな味付けの新鮮な魚介類全般に相乗。生ガキなども大丈夫だろう。よく冷やして食前酒として楽しむのも良い。 ■Information ●生産国 日本 ●地域 京都 ●ブドウ品種 シャルドネ、シュナンブラン ●タイプ 白・ミディアムボディ・やや辛口 ●内容量 720ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 丹波ワイン TANBA WINE 丹波ワインの創業は1979年。農園と醸造所は京都市の北西約50Km位置し、昭和54(1979)年に、京都のワイン愛好家であった故黒井哲夫氏と、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 故山崎高明氏の二人が中心となって設立。 照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫氏が、海外で気軽に愉しめるワインの旨さに感動し、そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違うと感じました。そこにはその土地の香り、言葉、温度、湿度など、歴史が培ったその土地それぞれの食文化が重要 であることに気づきます。 そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財を投じて『日本、京都の食文化に合うワイン造り』 を目指します。まず丹波で日本酒の酒蔵を借りて、ワイン造りを始めました。 醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場にいた大川勝彦氏が常務として参加 。当初は丹波の山崎氏経営の 葡萄園から生食用葡萄(デラウェア、ベリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎氏の長男である山崎高宏氏が、3年間ドイツのガイゼンハイム のH・ベッカー博士のもとへ留学 し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用に適したブドウの栽培を丹波の自社農園で手がけました。 【栽培】 ワインを造り続けて31年。ブドウの樹齢もようやく30年を迎えます!! 自社農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培。農園は2つの地域に隣接しており、1つは丹波町鳥居野圃場で有機質を含んだ粘土質の土壌です。 ここでは赤ワイン用品種のピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンなどを栽培し、コクのあるバランスのとれたワインが出来ています。 もう1つは瑞穂町向上野圃場で有機質に富んだ粘土質土壌で、シャルドネを中心とした白ワイン用品種を栽培しており、シャルドネ特有の酸味と上品な果実味が生まれます。 また丹波町千原圃場でソービニヨンブランとメルロー、タナ(Tannat)種を栽培しています。3つで約4haの広さがあり、近隣にも農園を拡大していく予定のようです。仕立て方法は棚仕立てではなく、全てがワイン用ブドウの垣根仕立てで栽培しています。これは、葡萄果実に出来るだけ多くの日光を浴び、風の通りが良く、カビや病気からブドウを守り、また、糖度を上げる為に採用しています。 丹波は昔から京都の食材を数多く産出する「食の宝庫」 として都を支えてきました。ブドウ栽培にとって最大のメリットは土壌ももちろんですが、昼と夜の気温差が大きい事が重要です。果実にとって、この気温の差が大きいほど品質の良いものが出来ます。特に、葡萄の成長がはじまる3月から収穫までの半年間は全国的にみても1,2を争う温度差 になっています。 【醸造】 ワインの起源は世界的には紀元前8,000年。日本のワインを造りの歴史は明治維新以降。欧州タイプではなく、京都・丹波のテロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すこだわり! 破砕(Foulage)、除梗(Egrappage)、バトナージュ(Batonnage)、マロラクティック醗酵 (MaloLactic Fermentation)、圧搾(Pressurage)、デブルバージュDebourbage、主醗酵 (FermentationAlcoolique)など。品種や仕上げるワインによって様々な手法をとります。 白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙で繊細な味わいの京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る目的からです。個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造されています。 木樽はフランス産の小樽を現地から取り寄せ、白ワインでは樽醗酵でシュール・リー(澱の上で数ヶ月熟成させる) を行い、香りにアクセントを付けています。しかし、木樽による熟成は最長でも15ヶ月に抑え、料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わいません。 世界が認める数々の受賞歴! 1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストの【モンドセレクション】のワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞 し、その後6年連続で金賞を受賞 し続ける快挙!! 和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に初めて認められました。また、最近では2004年に開催された【ジャパンワインチャレンジ】でシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続【チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン】で銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞 するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。 ワインに対する熱い情熱! ・ 和食(日本料理)に併せやすく演出できる徹底したワイン造り。 ・ 日常の食生活を含んだ様々なコミュニケーションシーンを提案。 ・ ヨーロッパ文化(ワインの歴史)を尊重し、日本文化を世界に発信。 ※丹波ワインさんのロゴ(LIEBE GEHT DURCH DEN MAGEN) …愛は胃袋を通る(旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅するのドイツの諺)になっています。 自然環境への取り組み ワイン造りを含め、食品を扱う産業はサービス業も含めすべて農業と言えます。自然を相手に、共存し人間にとりより良いワインを造り、より良い環境を生かす。美味しいワインは美味しい葡萄から生まれます。美味しいブドウ作りは、自然を作りから始まります。 ワイン造りを続ける為に「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」 必要です。 丹波ワインの環境方針は【温室効果ガスの発生抑制】【省エネルギー推進】【廃棄物再資源化促進】となっており環境に優しく、また企業のコスト削減にも役立ちます。 農園では除草剤を一切使わない草生栽培 を行っており、薙刀茅(なぎなたがや)という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて畑の表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制するので、草刈り機などの使用回数を減らす ことができます。 葡萄の絞りかすやワインの醸造時にでる澱や酵母などはすべて堆肥へ変化します。1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土を造ります。 また、一部は牛や豚などの家畜の飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。 工場壁面は4重構造になっており、空調を行わず年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃ になるようになっています。 ワインの温度変化を極力少なくするため 、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。 事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。 隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用の折りたたみ式のケースで搬送し、段ボールを使用しません。 ワインボトルの50%に軽量ビンを使用しています。これにより原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減しています。また、輸送用の段ボールにB段を使用し、原料を低減しています。 使用するコルクの70%を破砕圧搾コルクを使用 しています。昨今、天然コルク品質の低下もあり、ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクも増えているので、破砕圧搾コルクの使用はブショネに有効 です。 また 営業車全社にハイブリッドカーを使用し、徹底してCo2排出を削減しています。

Assemblage アッサンブラージュ 白 720ml 6本セット 丹波ワイン 京都 白 ワイン 送料無料,限定セール —— 6,300円

M&A オーセロア Q.b.A. トロッケン 2009 ゲオルク ミュラー M&A Auxerrois trocken 2009 Georg Muller Stiftung ドイツ 辛口 白 ワイン 送料無料,HOT

Georg Muller Stiftung ゲオルク・ミュラー 醸造所は世界屈指のぶどう栽培地域ラインガウの中の、絵に描いたように美しい町ハッテンハイムにあります。ワイン名の『M&A』とは、現在醸造所で働いている二人の醸造家、 Max Himsteedt(マックス・ヒンシュティート)さんとAlf Ewald(アルフ・エヴァルト)さんの頭文字 から名づけられています。 ラインガウでは非常に珍しいこのブルゴーニュ系の品種を完熟させた状態で手摘みによる収穫を行い、フレンチオークにて静かに発酵、熟成させてワインは完成します。穏やかな酸と濃厚なボディが楽しめる醸造所自慢の一本です。 ワイン雑誌 【サヴォア・ヴィヴレ】にて2つ星★★受賞! ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインガウ(Rheingau)地域 /ハッテンハイム(Hattenheim) ●ブドウ品種 オーセロワ 100% ●タイプ 白・辛口・ミディアムボディ アルコール:13.9% 残糖:6.0g/l 酸:4.5g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ 【ドイツ】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】 【】 meta https-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8"> Georg Muller Stiftung ゲオルク・ミュラー Weingut Georg Muller Stiftung ゲオルグ・ミュラー財団 ついに入荷!ドイツワインファン必飲!いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするラインガウのトップ生産者の一つ!最高水準のリースリングでラインガウを牽引する孤高の魂!ラインガウのワインアーティスト『ゲオルグ・ミュラー』! ゲオルグ・ミュラー財団のワイン園はエルトヴィレ市がワイナリーの民営化を決定したことから始まりました。2003年4月まで世界10大ワイン会社の1社で40年の伝統を誇るワイン会社の社長を務めた当主【ペーター・ウィンター氏】は、この助成金を多角的に投資して、伝統的なワイナリーに新たな展望を開きました。彼が見出したのは伝統と未来の融合。ドイツ高品質ワイン醸造家協会(VDP)の一員として、醸造所は厳格な品質基準の維持が義務付けられています。 この基準の中には、ヘクタール当たりの収穫量の上限を60ヘクトリットルに制限すること、手摘みによるブドウの収穫、有機栽培などが含まれています。 さらにペーター・ウィンター氏は、最高級ワインを醸造するために厳しい目でぶどうを剪定し、選び抜かれた房だけを収穫しています。同氏のこの努力は国内外の表彰を受け、高く評価されています。また大樽を使った伝統的な醸造方法と並んでウィンター氏の厳しい品質基準に沿った近代的な方法も取り入れられています。財団ゲオルグ・ミュラーワイン園の新しいラベルは、伝統を踏まえた新たな時代の始まりを意味します。 最優秀若手醸造家にも選ばれたケラーマイスター、【アルフ・エヴァルド氏】

M&A オーセロア Q.b.A. トロッケン 2009 ゲオルク ミュラー M&A Auxerrois trocken 2009 Georg Muller Stiftung ドイツ 辛口 白 ワイン 送料無料,HOT —— 3,400円

NIGORI-にごり 2015 720ml 3本セット 丹波ワイン 京都 白 ワイン 新作入荷,豊富な

1本当り1 162円 現行ヴィンテージ 2015年収穫のフレッシュデラウェアを100%使用したにごり新酒です。通常ワインは濾過をし、酵母やオリなどを取りのぞきます。しかし、このにごり葡萄酒はあえて濾過をせず、そのままビン詰めしています。葡萄本来の持つ酸味、果実味や余韻が感じられ、凝縮感のあるワインです。アルコールの苦手な方や、ワインを飲み慣れない方にもお勧めです。よく振って冷やしてお飲み下さい。 ●生産国 日本 ●地域 京都 ●ブドウ品種 国産デラウェア100% ●タイプ 白・ミディアムボディ ●内容量 720ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 丹波ワイン TANBA WINE 丹波ワインの創業は1979年。農園と醸造所は京都市の北西約50Km位置し、昭和54(1979)年に、京都のワイン愛好家であった故黒井哲夫氏と、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 故山崎高明氏の二人が中心となって設立。 照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫氏が、海外で気軽に愉しめるワインの旨さに感動し、そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違うと感じました。そこにはその土地の香り、言葉、温度、湿度など、歴史が培ったその土地それぞれの食文化が重要 であることに気づきます。 そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財を投じて『日本、京都の食文化に合うワイン造り』 を目指します。まず丹波で日本酒の酒蔵を借りて、ワイン造りを始めました。 醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場にいた大川勝彦氏が常務として参加 。当初は丹波の山崎氏経営の 葡萄園から生食用葡萄(デラウェア、ベリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎氏の長男である山崎高宏氏が、3年間ドイツのガイゼンハイム のH・ベッカー博士のもとへ留学 し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用に適したブドウの栽培を丹波の自社農園で手がけました。 【栽培】 ワインを造り続けて31年。ブドウの樹齢もようやく30年を迎えます!! 自社農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培。農園は2つの地域に隣接しており、1つは丹波町鳥居野圃場で有機質を含んだ粘土質の土壌です。 ここでは赤ワイン用品種のピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンなどを栽培し、コクのあるバランスのとれたワインが出来ています。 もう1つは瑞穂町向上野圃場で有機質に富んだ粘土質土壌で、シャルドネを中心とした白ワイン用品種を栽培しており、シャルドネ特有の酸味と上品な果実味が生まれます。 また丹波町千原圃場でソービニヨンブランとメルロー、タナ(Tannat)種を栽培しています。3つで約4haの広さがあり、近隣にも農園を拡大していく予定のようです。仕立て方法は棚仕立てではなく、全てがワイン用ブドウの垣根仕立てで栽培しています。これは、葡萄果実に出来るだけ多くの日光を浴び、風の通りが良く、カビや病気からブドウを守り、また、糖度を上げる為に採用しています。 丹波は昔から京都の食材を数多く産出する「食の宝庫」 として都を支えてきました。ブドウ栽培にとって最大のメリットは土壌ももちろんですが、昼と夜の気温差が大きい事が重要です。果実にとって、この気温の差が大きいほど品質の良いものが出来ます。特に、葡萄の成長がはじまる3月から収穫までの半年間は全国的にみても1,2を争う温度差 になっています。 【醸造】 ワインの起源は世界的には紀元前8,000年。日本のワインを造りの歴史は明治維新以降。欧州タイプではなく、京都・丹波のテロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すこだわり! 破砕(Foulage)、除梗(Egrappage)、バトナージュ(Batonnage)、マロラクティック醗酵 (MaloLactic Fermentation)、圧搾(Pressurage)、デブルバージュDebourbage、主醗酵 (FermentationAlcoolique)など。品種や仕上げるワインによって様々な手法をとります。 白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙で繊細な味わいの京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る目的からです。個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造されています。 木樽はフランス産の小樽を現地から取り寄せ、白ワインでは樽醗酵でシュール・リー(澱の上で数ヶ月熟成させる) を行い、香りにアクセントを付けています。しかし、木樽による熟成は最長でも15ヶ月に抑え、料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わいません。 世界が認める数々の受賞歴! 1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストの【モンドセレクション】のワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞 し、その後6年連続で金賞を受賞 し続ける快挙!! 和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に初めて認められました。また、最近では2004年に開催された【ジャパンワインチャレンジ】でシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続【チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン】で銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞 するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。 ワインに対する熱い情熱! ・ 和食(日本料理)に併せやすく演出できる徹底したワイン造り。 ・ 日常の食生活を含んだ様々なコミュニケーションシーンを提案。 ・ ヨーロッパ文化(ワインの歴史)を尊重し、日本文化を世界に発信。 ※丹波ワインさんのロゴ(LIEBE GEHT DURCH DEN MAGEN) …愛は胃袋を通る(旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅するのドイツの諺)になっています。 自然環境への取り組み ワイン造りを含め、食品を扱う産業はサービス業も含めすべて農業と言えます。自然を相手に、共存し人間にとりより良いワインを造り、より良い環境を生かす。美味しいワインは美味しい葡萄から生まれます。美味しいブドウ作りは、自然を作りから始まります。 ワイン造りを続ける為に「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」 必要です。 丹波ワインの環境方針は【温室効果ガスの発生抑制】【省エネルギー推進】【廃棄物再資源化促進】となっており環境に優しく、また企業のコスト削減にも役立ちます。 農園では除草剤を一切使わない草生栽培 を行っており、薙刀茅(なぎなたがや)という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて畑の表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制するので、草刈り機などの使用回数を減らす ことができます。 葡萄の絞りかすやワインの醸造時にでる澱や酵母などはすべて堆肥へ変化します。1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土を造ります。 また、一部は牛や豚などの家畜の飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。 工場壁面は4重構造になっており、空調を行わず年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃ になるようになっています。 ワインの温度変化を極力少なくするため 、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。 事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。 隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用の折りたたみ式のケースで搬送し、段ボールを使用しません。 ワインボトルの50%に軽量ビンを使用しています。これにより原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減しています。また、輸送用の段ボールにB段を使用し、原料を低減しています。 使用するコルクの70%を破砕圧搾コルクを使用 しています。昨今、天然コルク品質の低下もあり、ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクも増えているので、破砕圧搾コルクの使用はブショネに有効 です。 また 営業車全社にハイブリッドカーを使用し、徹底してCo2排出を削減しています。

NIGORI-にごり 2015 720ml 3本セット 丹波ワイン 京都 白 ワイン 新作入荷,豊富な —— 3,000円

NIGORI-にごり 2015 720ml 4本セット 丹波ワイン 京都 白 ワイン 人気セール,豊富な

1本当り1 162円 現行ヴィンテージ 2015年収穫のフレッシュデラウェアを100%使用したにごり新酒です。通常ワインは濾過をし、酵母やオリなどを取りのぞきます。しかし、このにごり葡萄酒はあえて濾過をせず、そのままビン詰めしています。葡萄本来の持つ酸味、果実味や余韻が感じられ、凝縮感のあるワインです。アルコールの苦手な方や、ワインを飲み慣れない方にもお勧めです。よく振って冷やしてお飲み下さい。 ●生産国 日本 ●地域 京都 ●ブドウ品種 国産デラウェア100% ●タイプ 白・ミディアムボディ ●内容量 720ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 丹波ワイン TANBA WINE 丹波ワインの創業は1979年。農園と醸造所は京都市の北西約50Km位置し、昭和54(1979)年に、京都のワイン愛好家であった故黒井哲夫氏と、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 故山崎高明氏の二人が中心となって設立。 照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫氏が、海外で気軽に愉しめるワインの旨さに感動し、そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違うと感じました。そこにはその土地の香り、言葉、温度、湿度など、歴史が培ったその土地それぞれの食文化が重要 であることに気づきます。 そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財を投じて『日本、京都の食文化に合うワイン造り』 を目指します。まず丹波で日本酒の酒蔵を借りて、ワイン造りを始めました。 醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場にいた大川勝彦氏が常務として参加 。当初は丹波の山崎氏経営の 葡萄園から生食用葡萄(デラウェア、ベリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎氏の長男である山崎高宏氏が、3年間ドイツのガイゼンハイム のH・ベッカー博士のもとへ留学 し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用に適したブドウの栽培を丹波の自社農園で手がけました。 【栽培】 ワインを造り続けて31年。ブドウの樹齢もようやく30年を迎えます!! 自社農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培。農園は2つの地域に隣接しており、1つは丹波町鳥居野圃場で有機質を含んだ粘土質の土壌です。 ここでは赤ワイン用品種のピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンなどを栽培し、コクのあるバランスのとれたワインが出来ています。 もう1つは瑞穂町向上野圃場で有機質に富んだ粘土質土壌で、シャルドネを中心とした白ワイン用品種を栽培しており、シャルドネ特有の酸味と上品な果実味が生まれます。 また丹波町千原圃場でソービニヨンブランとメルロー、タナ(Tannat)種を栽培しています。3つで約4haの広さがあり、近隣にも農園を拡大していく予定のようです。仕立て方法は棚仕立てではなく、全てがワイン用ブドウの垣根仕立てで栽培しています。これは、葡萄果実に出来るだけ多くの日光を浴び、風の通りが良く、カビや病気からブドウを守り、また、糖度を上げる為に採用しています。 丹波は昔から京都の食材を数多く産出する「食の宝庫」 として都を支えてきました。ブドウ栽培にとって最大のメリットは土壌ももちろんですが、昼と夜の気温差が大きい事が重要です。果実にとって、この気温の差が大きいほど品質の良いものが出来ます。特に、葡萄の成長がはじまる3月から収穫までの半年間は全国的にみても1,2を争う温度差 になっています。 【醸造】 ワインの起源は世界的には紀元前8,000年。日本のワインを造りの歴史は明治維新以降。欧州タイプではなく、京都・丹波のテロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すこだわり! 破砕(Foulage)、除梗(Egrappage)、バトナージュ(Batonnage)、マロラクティック醗酵 (MaloLactic Fermentation)、圧搾(Pressurage)、デブルバージュDebourbage、主醗酵 (FermentationAlcoolique)など。品種や仕上げるワインによって様々な手法をとります。 白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙で繊細な味わいの京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る目的からです。個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造されています。 木樽はフランス産の小樽を現地から取り寄せ、白ワインでは樽醗酵でシュール・リー(澱の上で数ヶ月熟成させる) を行い、香りにアクセントを付けています。しかし、木樽による熟成は最長でも15ヶ月に抑え、料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わいません。 世界が認める数々の受賞歴! 1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストの【モンドセレクション】のワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞 し、その後6年連続で金賞を受賞 し続ける快挙!! 和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に初めて認められました。また、最近では2004年に開催された【ジャパンワインチャレンジ】でシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続【チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン】で銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞 するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。 ワインに対する熱い情熱! ・ 和食(日本料理)に併せやすく演出できる徹底したワイン造り。 ・ 日常の食生活を含んだ様々なコミュニケーションシーンを提案。 ・ ヨーロッパ文化(ワインの歴史)を尊重し、日本文化を世界に発信。 ※丹波ワインさんのロゴ(LIEBE GEHT DURCH DEN MAGEN) …愛は胃袋を通る(旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅するのドイツの諺)になっています。 自然環境への取り組み ワイン造りを含め、食品を扱う産業はサービス業も含めすべて農業と言えます。自然を相手に、共存し人間にとりより良いワインを造り、より良い環境を生かす。美味しいワインは美味しい葡萄から生まれます。美味しいブドウ作りは、自然を作りから始まります。 ワイン造りを続ける為に「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」 必要です。 丹波ワインの環境方針は【温室効果ガスの発生抑制】【省エネルギー推進】【廃棄物再資源化促進】となっており環境に優しく、また企業のコスト削減にも役立ちます。 農園では除草剤を一切使わない草生栽培 を行っており、薙刀茅(なぎなたがや)という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて畑の表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制するので、草刈り機などの使用回数を減らす ことができます。 葡萄の絞りかすやワインの醸造時にでる澱や酵母などはすべて堆肥へ変化します。1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土を造ります。 また、一部は牛や豚などの家畜の飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。 工場壁面は4重構造になっており、空調を行わず年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃ になるようになっています。 ワインの温度変化を極力少なくするため 、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。 事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。 隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用の折りたたみ式のケースで搬送し、段ボールを使用しません。 ワインボトルの50%に軽量ビンを使用しています。これにより原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減しています。また、輸送用の段ボールにB段を使用し、原料を低減しています。 使用するコルクの70%を破砕圧搾コルクを使用 しています。昨今、天然コルク品質の低下もあり、ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクも増えているので、破砕圧搾コルクの使用はブショネに有効 です。 また 営業車全社にハイブリッドカーを使用し、徹底してCo2排出を削減しています。

NIGORI-にごり 2015 720ml 4本セット 丹波ワイン 京都 白 ワイン 人気セール,豊富な —— 4,000円

Sparkling Joshuhaku 京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン 750ml 国産原料100%使用 2本セット 丹波ワイン 京都 白 スパークリングワイン 限定SALE,格安

1本当り1 580円 現行ヴィンテージ Tanba Wine 丹波ワイン 歴史と伝統の都「京都」のワイナリー。京都の奥座敷にある、美味しい食材があふれる『食の宝庫』である丹波高原で、ヨーロッパスタイルではない、日本の和食に合うワイン造りをコンセプトにしたワイナリーです。 世界のコンクールで多くの賞を受賞しています。 京都青谷の城州白梅を100%使用したスパークリングワインです。梅を原料としながらも、まるで寒冷地のドイツワインを思わせる高貴な味わい。青梅の豊かなアロマと若草のようなすがすがしいニュアンス。ミネラルの風味を感じ、軽快な酸味とボディを備えています。白身魚のムニエルや白味噌漬けなどと相乗します。 【テイスティングコメント】 色: 限りなく透明に近い色合い、かすかにグリーンを見て取れる。まるで上質なシャンパンのようなきめ細かな発泡が規則正しく立ち上がる。 香り: ヴォリュームはミディアムだが、梅の豊かなアロマや草原やハーブのような清々しい しい香り。ミネラルや梅の種の部分のような複雑性も感じる。 味: アタックで感じるスッキリと引き締まった酸味が程よく余韻につながる。後口に広がる甘味は決して「べたべた」せずに程よく上品。それに加え発泡性のさっぱり感も上手く表現されている。 総評: 乾杯や食前酒には間違いなくピッタリ!梅の風味や味わいのさっぱり感は食事を誘う。品の良い和食の前菜や白身魚のお造りには料理を引き立てる。 また、食後のフルーツ特にメロンは好相性。 ZORK栓使用・発泡性 SPKキャップは安全で簡単に開けることができ、再栓もシンプルです。スパークリングワインを開けるときにはポンと音がし、楽しさはそのままです。 【開栓】 めくる: ティアバンドを人差し指と中指に巻きつけるようにするとめくりやすいです。 【上げる】 ボトルに顔を近づけたり人に向けたりしないようにしてください。キャップをしっかりと持ってボトルから持ち上げてはずしてください。 【再栓】 クリック: 中央のボタン部分をカチッというまでキャップの中に押し込んでください。 リシール: キャップをボトルにのせて上からしっかりと押してください。 ワインメーカーが望むのは、スパークリングワインをもっと簡単に楽しんでもらうこと。SPKキャップがはそれを叶えます。 Youtubeまたはwww.zork.com.auで「HowtoSPK」の映像をご覧いただけます。 ■Information ●生産国 日本 ●地域 京都府 / 京都府城陽 ●ブドウ品種 京都青谷産城州白梅100% ●タイプ 白・スパークリングワイン・白梅・甘口 アルコール度数:10% ●醸造・熟成 ステンレスタンクで7ヶ月澱と共に熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 JapanWineChallenge 2011 銅賞受賞 ●ワイン専門誌評価 ワイン・スペクテーター得点: ワイン・アドヴォケイト得点: ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 丹波ワイン 丹波ワイン TANBA WINE 丹波ワインの創業は1979年。農園と醸造所は京都市の北西約50Km位置し、昭和54(1979)年に、京都のワイン愛好家であった故黒井哲夫氏と、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 故山崎高明氏の二人が中心となって設立。 照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫氏が、海外で気軽に愉しめるワインの旨さに感動し、そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違うと感じました。そこにはその土地の香り、言葉、温度、湿度など、歴史が培ったその土地それぞれの食文化が重要 であることに気づきます。 そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財を投じて『日本、京都の食文化に合うワイン造り』 を目指します。まず丹波で日本酒の酒蔵を借りて、ワイン造りを始めました。 醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場にいた大川勝彦氏が常務として参加 。当初は丹波の山崎氏経営の 葡萄園から生食用葡萄(デラウェア、ベリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎氏の長男である山崎高宏氏が、3年間ドイツのガイゼンハイム のH・ベッカー博士のもとへ留学 し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用に適したブドウの栽培を丹波の自社農園で手がけました。 【栽培】 ワインを造り続けて31年。ブドウの樹齢もようやく30年を迎えます!! 自社農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培。農園は2つの地域に隣接しており、1つは丹波町鳥居野圃場で有機質を含んだ粘土質の土壌です。 ここでは赤ワイン用品種のピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンなどを栽培し、コクのあるバランスのとれたワインが出来ています。 もう1つは瑞穂町向上野圃場で有機質に富んだ粘土質土壌で、シャルドネを中心とした白ワイン用品種を栽培しており、シャルドネ特有の酸味と上品な果実味が生まれます。 また丹波町千原圃場でソービニヨンブランとメルロー、タナ(Tannat)種を栽培しています。3つで約4haの広さがあり、近隣にも農園を拡大していく予定のようです。仕立て方法は棚仕立てではなく、全てがワイン用ブドウの垣根仕立てで栽培しています。これは、葡萄果実に出来るだけ多くの日光を浴び、風の通りが良く、カビや病気からブドウを守り、また、糖度を上げる為に採用しています。 丹波は昔から京都の食材を数多く産出する「食の宝庫」 として都を支えてきました。ブドウ栽培にとって最大のメリットは土壌ももちろんですが、昼と夜の気温差が大きい事が重要です。果実にとって、この気温の差が大きいほど品質の良いものが出来ます。特に、葡萄の成長がはじまる3月から収穫までの半年間は全国的にみても1,2を争う温度差 になっています。 【醸造】 ワインの起源は世界的には紀元前8,000年。日本のワインを造りの歴史は明治維新以降。欧州タイプではなく、京都・丹波のテロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すこだわり! 破砕(Foulage)、除梗(Egrappage)、バトナージュ(Batonnage)、マロラクティック醗酵 (MaloLactic Fermentation)、圧搾(Pressurage)、デブルバージュDebourbage、主醗酵 (FermentationAlcoolique)など。品種や仕上げるワインによって様々な手法をとります。 白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙で繊細な味わいの京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る目的からです。個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造されています。 木樽はフランス産の小樽を現地から取り寄せ、白ワインでは樽醗酵でシュール・リー(澱の上で数ヶ月熟成させる) を行い、香りにアクセントを付けています。しかし、木樽による熟成は最長でも15ヶ月に抑え、料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わいません。 世界が認める数々の受賞歴! 1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストの【モンドセレクション】のワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞 し、その後6年連続で金賞を受賞 し続ける快挙!! 和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に初めて認められました。また、最近では2004年に開催された【ジャパンワインチャレンジ】でシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続【チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン】で銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞 するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。 ワインに対する熱い情熱! ・ 和食(日本料理)に併せやすく演出できる徹底したワイン造り。 ・ 日常の食生活を含んだ様々なコミュニケーションシーンを提案。 ・ ヨーロッパ文化(ワインの歴史)を尊重し、日本文化を世界に発信。 ※丹波ワインさんのロゴ(LIEBE GEHT DURCH DEN MAGEN) …愛は胃袋を通る(旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅するのドイツの諺)になっています。 自然環境への取り組み ワイン造りを含め、食品を扱う産業はサービス業も含めすべて農業と言えます。自然を相手に、共存し人間にとりより良いワインを造り、より良い環境を生かす。美味しいワインは美味しい葡萄から生まれます。美味しいブドウ作りは、自然を作りから始まります。 ワイン造りを続ける為に「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」 必要です。 丹波ワインの環境方針は【温室効果ガスの発生抑制】【省エネルギー推進】【廃棄物再資源化促進】となっており環境に優しく、また企業のコスト削減にも役立ちます。 農園では除草剤を一切使わない草生栽培 を行っており、薙刀茅(なぎなたがや)という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて畑の表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制するので、草刈り機などの使用回数を減らす ことができます。 葡萄の絞りかすやワインの醸造時にでる澱や酵母などはすべて堆肥へ変化します。1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土を造ります。 また、一部は牛や豚などの家畜の飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。 工場壁面は4重構造になっており、空調を行わず年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃ になるようになっています。 ワインの温度変化を極力少なくするため 、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。 事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。 隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用の折りたたみ式のケースで搬送し、段ボールを使用しません。 ワインボトルの50%に軽量ビンを使用しています。これにより原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減しています。また、輸送用の段ボールにB段を使用し、原料を低減しています。 使用するコルクの70%を破砕圧搾コルクを使用 しています。昨今、天然コルク品質の低下もあり、ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクも増えているので、破砕圧搾コルクの使用はブショネに有効 です。 また 営業車全社にハイブリッドカーを使用し、徹底してCo2排出を削減しています。

Sparkling Joshuhaku 京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン 750ml 国産原料100%使用 2本セット 丹波ワイン 京都 白 スパークリングワイン 限定SALE,格安 —— 2,700円

Sparkling Joshuhaku 京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン 750ml 国産原料100%使用 6本セット 丹波ワイン 京都 白 スパークリングワイン お得,2019

1本当り1 580円 現行ヴィンテージ Tanba Wine 丹波ワイン 歴史と伝統の都「京都」のワイナリー。京都の奥座敷にある、美味しい食材があふれる『食の宝庫』である丹波高原で、ヨーロッパスタイルではない、日本の和食に合うワイン造りをコンセプトにしたワイナリーです。 世界のコンクールで多くの賞を受賞しています。 京都青谷の城州白梅を100%使用したスパークリングワインです。梅を原料としながらも、まるで寒冷地のドイツワインを思わせる高貴な味わい。青梅の豊かなアロマと若草のようなすがすがしいニュアンス。ミネラルの風味を感じ、軽快な酸味とボディを備えています。白身魚のムニエルや白味噌漬けなどと相乗します。 【テイスティングコメント】 色: 限りなく透明に近い色合い、かすかにグリーンを見て取れる。まるで上質なシャンパンのようなきめ細かな発泡が規則正しく立ち上がる。 香り: ヴォリュームはミディアムだが、梅の豊かなアロマや草原やハーブのような清々しい しい香り。ミネラルや梅の種の部分のような複雑性も感じる。 味: アタックで感じるスッキリと引き締まった酸味が程よく余韻につながる。後口に広がる甘味は決して「べたべた」せずに程よく上品。それに加え発泡性のさっぱり感も上手く表現されている。 総評: 乾杯や食前酒には間違いなくピッタリ!梅の風味や味わいのさっぱり感は食事を誘う。品の良い和食の前菜や白身魚のお造りには料理を引き立てる。 また、食後のフルーツ特にメロンは好相性。 ZORK栓使用・発泡性 SPKキャップは安全で簡単に開けることができ、再栓もシンプルです。スパークリングワインを開けるときにはポンと音がし、楽しさはそのままです。 【開栓】 めくる: ティアバンドを人差し指と中指に巻きつけるようにするとめくりやすいです。 【上げる】 ボトルに顔を近づけたり人に向けたりしないようにしてください。キャップをしっかりと持ってボトルから持ち上げてはずしてください。 【再栓】 クリック: 中央のボタン部分をカチッというまでキャップの中に押し込んでください。 リシール: キャップをボトルにのせて上からしっかりと押してください。 ワインメーカーが望むのは、スパークリングワインをもっと簡単に楽しんでもらうこと。SPKキャップがはそれを叶えます。 Youtubeまたはwww.zork.com.auで「HowtoSPK」の映像をご覧いただけます。 ■Information ●生産国 日本 ●地域 京都府 / 京都府城陽 ●ブドウ品種 京都青谷産城州白梅100% ●タイプ 白・スパークリングワイン・白梅・甘口 アルコール度数:10% ●醸造・熟成 ステンレスタンクで7ヶ月澱と共に熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 JapanWineChallenge 2011 銅賞受賞 ●ワイン専門誌評価 ワイン・スペクテーター得点: ワイン・アドヴォケイト得点: ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 丹波ワイン 丹波ワイン TANBA WINE 丹波ワインの創業は1979年。農園と醸造所は京都市の北西約50Km位置し、昭和54(1979)年に、京都のワイン愛好家であった故黒井哲夫氏と、丹波で生食用葡萄農家経営者であった 故山崎高明氏の二人が中心となって設立。 照明器具メーカー社長であった故黒井哲夫氏が、海外で気軽に愉しめるワインの旨さに感動し、そのワインを日本へ持ち帰る。しかし、海外で味わったワインも日本で味わうと何かが違うと感じました。そこにはその土地の香り、言葉、温度、湿度など、歴史が培ったその土地それぞれの食文化が重要 であることに気づきます。 そこで今まで勤めてきた会社を辞め、私財を投じて『日本、京都の食文化に合うワイン造り』 を目指します。まず丹波で日本酒の酒蔵を借りて、ワイン造りを始めました。 醸造技術者として、当時山梨の洋酒工場にいた大川勝彦氏が常務として参加 。当初は丹波の山崎氏経営の 葡萄園から生食用葡萄(デラウェア、ベリーA等)を使ってワイン仕込みを行いました。山崎氏の長男である山崎高宏氏が、3年間ドイツのガイゼンハイム のH・ベッカー博士のもとへ留学 し、それとともに年を追ってヴィティス・ヴィニフェラ種と呼ばれるワイン醸造用に適したブドウの栽培を丹波の自社農園で手がけました。 【栽培】 ワインを造り続けて31年。ブドウの樹齢もようやく30年を迎えます!! 自社農園では現在試験栽培を含めて約40種類の品種を栽培。農園は2つの地域に隣接しており、1つは丹波町鳥居野圃場で有機質を含んだ粘土質の土壌です。 ここでは赤ワイン用品種のピノ・ノワールやカベルネ・ソーヴィニヨンなどを栽培し、コクのあるバランスのとれたワインが出来ています。 もう1つは瑞穂町向上野圃場で有機質に富んだ粘土質土壌で、シャルドネを中心とした白ワイン用品種を栽培しており、シャルドネ特有の酸味と上品な果実味が生まれます。 また丹波町千原圃場でソービニヨンブランとメルロー、タナ(Tannat)種を栽培しています。3つで約4haの広さがあり、近隣にも農園を拡大していく予定のようです。仕立て方法は棚仕立てではなく、全てがワイン用ブドウの垣根仕立てで栽培しています。これは、葡萄果実に出来るだけ多くの日光を浴び、風の通りが良く、カビや病気からブドウを守り、また、糖度を上げる為に採用しています。 丹波は昔から京都の食材を数多く産出する「食の宝庫」 として都を支えてきました。ブドウ栽培にとって最大のメリットは土壌ももちろんですが、昼と夜の気温差が大きい事が重要です。果実にとって、この気温の差が大きいほど品質の良いものが出来ます。特に、葡萄の成長がはじまる3月から収穫までの半年間は全国的にみても1,2を争う温度差 になっています。 【醸造】 ワインの起源は世界的には紀元前8,000年。日本のワインを造りの歴史は明治維新以降。欧州タイプではなく、京都・丹波のテロワールを生かし、食文化と相乗するワイン造りを目指すこだわり! 破砕(Foulage)、除梗(Egrappage)、バトナージュ(Batonnage)、マロラクティック醗酵 (MaloLactic Fermentation)、圧搾(Pressurage)、デブルバージュDebourbage、主醗酵 (FermentationAlcoolique)など。品種や仕上げるワインによって様々な手法をとります。 白ワインでは果汁清澄後発酵させることが多く、これは微妙で繊細な味わいの京料理などの和食にあわせるために、できる限り雑味の少ないワインを造る目的からです。個性の強い品種をより濃く醸造するのではなく、料理とのバランスを考え、またワイン単体でのバランスも考え、酸味、果実味を葡萄から引き出すように醸造されています。 木樽はフランス産の小樽を現地から取り寄せ、白ワインでは樽醗酵でシュール・リー(澱の上で数ヶ月熟成させる) を行い、香りにアクセントを付けています。しかし、木樽による熟成は最長でも15ヶ月に抑え、料理とのバランスを崩すような過度な香り付けは行わいません。 世界が認める数々の受賞歴! 1984年にスペイン・マドリードで開催された世界食品コンテストの【モンドセレクション】のワイン部門にて「鳥居野」が金賞を受賞 し、その後6年連続で金賞を受賞 し続ける快挙!! 和食に合わせるために栽培・醸造したワインが世界的に初めて認められました。また、最近では2004年に開催された【ジャパンワインチャレンジ】でシャルドネが銅賞を受賞、2005年、2006年と2年連続【チャレンジインターナショナル・デュ・ヴァン】で銀賞、国産ワインコンペティションで銀賞、銅賞を受賞 するなど、世界を視野に入れたチャレンジが続いています。 ワインに対する熱い情熱! ・ 和食(日本料理)に併せやすく演出できる徹底したワイン造り。 ・ 日常の食生活を含んだ様々なコミュニケーションシーンを提案。 ・ ヨーロッパ文化(ワインの歴史)を尊重し、日本文化を世界に発信。 ※丹波ワインさんのロゴ(LIEBE GEHT DURCH DEN MAGEN) …愛は胃袋を通る(旨い妻の手料理があれば夫は早く帰宅するのドイツの諺)になっています。 自然環境への取り組み ワイン造りを含め、食品を扱う産業はサービス業も含めすべて農業と言えます。自然を相手に、共存し人間にとりより良いワインを造り、より良い環境を生かす。美味しいワインは美味しい葡萄から生まれます。美味しいブドウ作りは、自然を作りから始まります。 ワイン造りを続ける為に「恵みをもたらしてくれる自然に感謝し、かけがえのない地球環境の大切さを認識し、自主的、継続的に環境保全に取り組むことを一層加速させる」 必要です。 丹波ワインの環境方針は【温室効果ガスの発生抑制】【省エネルギー推進】【廃棄物再資源化促進】となっており環境に優しく、また企業のコスト削減にも役立ちます。 農園では除草剤を一切使わない草生栽培 を行っており、薙刀茅(なぎなたがや)という草を生やし、6月後半になると絨毯のように枯れて畑の表土を覆います。それにより、他の草花が生えてくるのを抑制するので、草刈り機などの使用回数を減らす ことができます。 葡萄の絞りかすやワインの醸造時にでる澱や酵母などはすべて堆肥へ変化します。1〜3年農園の片隅で微生物によって分解され、有機質の富んだ土を造ります。 また、一部は牛や豚などの家畜の飼料として、絞りかすを乳酸発酵させて与えています。 工場壁面は4重構造になっており、空調を行わず年間を通じてワインの熟成に最適な20〜25℃ になるようになっています。 ワインの温度変化を極力少なくするため 、タンクには保温のジャケットが周りにまかれています。 事務室や作業現場ではゴミの分別を徹底し、リサイクルに努めています。 隣接するワインハウスや工場内のワイン移動は、専用の折りたたみ式のケースで搬送し、段ボールを使用しません。 ワインボトルの50%に軽量ビンを使用しています。これにより原料削減と輸送にかかる環境への負荷を軽減しています。また、輸送用の段ボールにB段を使用し、原料を低減しています。 使用するコルクの70%を破砕圧搾コルクを使用 しています。昨今、天然コルク品質の低下もあり、ブショネなどワインに悪影響を与えるコルクも増えているので、破砕圧搾コルクの使用はブショネに有効 です。 また 営業車全社にハイブリッドカーを使用し、徹底してCo2排出を削減しています。

Sparkling Joshuhaku 京都青谷産スパークリング城州白梅ワイン 750ml 国産原料100%使用 6本セット 丹波ワイン 京都 白 スパークリングワイン お得,2019 —— 7,900円

よりどり6本以上送料無料商品 282 シャルドネ 2016 エルギン リッジ 282 Chardonnay 2016 Elgin Ridge 南アフリカ 白 ワイン 本物保証,大得価

Elgin Ridge エルギン・リッジ エルギン・ヴァレー ビオディナミのパイオニア!! エルギン・リッジは南アフリカ屈指のクールクライメイトを誇る銘醸地、エルギン・ヴァレーでマリオン&ブライアン・スミス夫妻によって2007年に設立されました。この地区で最初にビオディナミ認定(2016年:デメテール)を取得した自然派ワインのパイオニア的存在で、現在8ヘクタールの土地を所有し、内5ヘクタールでブドウを栽培しています。エルギン・リッジのブドウ畑から西方には遠く海を望むことができ、辺りは岩のごつごつした山々や、瑞々しい緑の畑に囲まれた美しい渓谷が見渡せます。 フレッシュな柑橘果実や洋ナシなどジューシーな香りが味わいにも表れ、ほのかに杉やシナモンなどのスパイスも感じられます。余韻は長く、秀逸。生き生きとした酸を持ちます。 【6本〜送料無料】の表示がある商品をよりどり6本以上ご購入のお客様には後ほど送料を無料に修正致します。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】 *北海道、沖縄県、離島には別途送料が掛かります。何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。 ■Information ●生産国 南アフリカ SouthAfrica ●地域 ウエスタン・ケープ地方 / ケープ・サウス・コースト地区 / エルギン / W.O.エルギン ●ブドウ品種 シャルドネ 100% ●タイプ 白・フルボディ・辛口 ●醸造・熟成 醗酵:天然酵母使用 オーク樽醗酵(MLF無し) 熟成:フレンチオーク樽 11カ月(新樽比率12%) ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ビオディナミ / ビオロジック / オーガニック認証機関:(ビオディナミ)Demeter (ビオロジック)Ecocert ●コンクール入賞歴 インターナショナル・オーガニック・アワード 2017 銀賞 ●ワイン専門誌評価 「ジェイミー・グッド」 92-94点 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス Elgin Ridge エルギン・リッジ Elgin Ridge エルギン・リッジ エルギン・ヴァレー・ビオディナミのパイオニア!! 知る人ぞ知る、南アフリカ産-ビオ生産者- エルギン・ヴァレー産ビオディナミのパイオニア 「エルギン・リッジ」 (2007年に設立) エルギン・リッジは南アフリカ屈指のクールクライメイトを誇る銘醸地、エルギン・ヴァレーでマリオン&ブライアン・スミス夫妻によって2007年に設立されました。この地区で最初にビオディナミ認定(2016年:デメテール)を取得した自然派ワインのパイオニア的存在で、現在8ヘクタールの土地を所有し、内5ヘクタールでブドウを栽培しています。エルギン・リッジのブドウ畑から西方には遠く海を望むことができ、辺りは岩のごつごつした山々や、瑞々しい緑の畑に囲まれた美しい渓谷が見渡せます。 ブドウ畑は山の斜面を取り囲むように広がり、畑の向きも他方に向いています。また勾配も大きい事から、畑は段々畑状に工夫され栽培がおこなわれ、このような小さな区画が幾つも点在します。 そしてそれぞれの区画では、現在も試験栽培が繰り返され土壌環境や畑の向き、斜度など異なるミクロクリマに合わせた栽培方法が用いられ、密植を行ったり異なるクローンを用いることで土地の力を最大限に引き出す努力がなされています。 斜面上で栽培される畑の標高は海抜282m地点の高台にあり、エルギン・リッジの単一ワインシリーズはこの「282」をブランド名にもしています。 ブドウ畑は冬は寒く夏は穏やかな気候でブドウ栽培に理想的な環境が揃い、大西洋からも近い事で、ブドウは冷涼な気候下で健康な状態を保つことができます。こうしたユニークで恵まれた環境は、秀逸でバランスの取れた、更に長期成熟に適したワインを生みだしてくれます。エルギン・リッジでは丹精込めて栽培した自社農園の健康で良質なブドウだけを使用し、決して量産はせず品質にこだわり少量のワインのみを造っています。こうして生み出されるワインは、マスター・オブ・ワインやワイン関係者の中でも話題で、イギリス人ワインジャーナリストで科学者でもあるジェイミー・グッド氏は、全てのワインに90点以上という高評価を付けています。 ワイン造りにかける想い。IT業界からの異色の転身。 ワイナリーのオーナー、スミス夫妻は「少量でも素晴らしい、ハンドクラフトなワインを造る」という、長年に亘り大切に温め、計画してきた2人の大きな夢の実現のため、ロンドンで成功していたITビジネスを売却。ヨーロッパ各地のワイン生産地域を巡り、更にはニューワールドにも足を運ぶようになりました。そして南アフリカ、西ケープ州エルギン・ヴァレー地域の可能性に強く興味を持つようになります。幸運にもこの地域には長年にわたり放置された、小さな農園が残っていることが分かり、ここでは農薬などの使用もなかったことから直ぐに有機栽培を実践することが可能でした。 すぐに2人は農園を購入し、2007年最初のブドウであるソーヴィニヨン・ブランを植え有機栽培を開始しました。栽培から僅か22カ月育っただけの、この若いブドウ樹から2009年に最初のソーヴィニヨン・ブランを瓶詰。僅か2500本のみの生産ではありましたが、この地の可能性を証明させてくれるワインとなり、現在でもソーヴィニヨン・ブランは蔵の大切なワインとなっています。ソーヴィニヨン・ブランというと、酸の高い品種のイメージがありますが、ブライン氏は「酸度も大切だが、酸で全てを隠してしまうのではなく、果実が本来持っているピュアな果実の姿をワインを最大限に出すべきだ」と極端に酸を強調するのではなく、栽培面から酸と果実の絶妙なバランスを保つ事を重要視しブドウ栽培・ワイン造りを行っています。 畑では灌漑は最低限必要な時だけ行い、地中の微生物の活動を盛んにし、窒素の割合を理想的な状態にするため、カバークロップ(畑を覆う草花)として雑草やマメ科の植物を2列に栽培し、次の1列は休ませるなど規則正しく栽培・管理を行っています。また区画によってはブドウ樹を密植させたり、収穫のタイミングを分けたりと、細部にわたり畑での作業は複雑化しています。この複雑に整備された、緻密なまでのブドウ畑は化学も十分理解したうえで行われている自然栽培で、彼の畑を見たワイン関係者は皆、虜になってしまうほどです。 ワイン造りの素人であったブライン氏ですが、これらのノウハウは熟練の栽培家や醸造家のアドバイスを受けながら、長年の実験と失敗、経験を基に全て独学で学び、独自のスタイルを築いてきました。 恵まれた気候環境とブドウ栽培 【エルギン・ヴァレーの注目度の高まり】 大西洋からの距離20Kmと近く晴れた日には、畑から海を見ることができます。大西洋からの影響は大きく、朝方霧に覆われ日中は海風が吹き抜けます。比較的降雨量のあるワイン産地ですが、この海風が畑を吹き抜けることで春先の霜の被害や成長期のカビの被害を妨げ、更には急激な温度変化からも畑を守ってくれる役割を果たしてくれます。 この地域は冷涼な事から、古くから良質なリンゴや洋ナシの栽培が盛んな産地でしたが、世界中を虜にするエレガントで繊細なワインをつくり出す、ブルゴーニュにもよく似た冷涼なワイン産地である点に注目が集まり、今日ではワイン用ブドウの栽培が盛んにおこなわれるようになりました。 そして、世界的な高品質ワインを造る小規模ブティックワイナリーの数も増えてきています。 有機農法、ビオディナミ農法を施す畑 畑では化学薬品や農薬は一切使せず、ビオディナミ農法に沿って畑の手入れを行い、認可を受けた有機物と農場の草木を再利用した自家製のコンポスト(堆肥)だけを利用し、自然な農法でブドウを栽培しています。畑の畝の間の除草はとても気性のおとなしい馬、マドックスが行います。マッドクスはアヒルが畑をパトロールする(虫を食べる)間は、優しく畑を耕しながら待つのが大好きな優しい馬です。また、ブドウそのままの姿を賛美したいので、害虫の駆除は大切なチームの一員である小さな、そしてとても大切なアヒルたちに任せることにしています。アヒルたちは農場で飼われており、害虫を毎日食べるよう訓練されています。いつも午後4時になると列をなして家に帰る可愛らしい姿を見ることができます。 こうした農法は持続可能で、テロワールを真に映し出すワイン造りを可能にし、栄養価の高いブドウを育んでくれます。品質の高いブドウがあれば、セラーでの仕事はとてもシンプルになり、「最小限の人的介入」という、ワイナリーが大切にするワイン造りにおける哲学とも一致します。この哲学を軸に新しく加わった醸造家であるコゥシィ・ヴァン・デェール・エルウィ氏と栽培家のケヴィン・ワット氏はオーナー醸造家であるブライン氏と共に、畑からボトルリングに至るまで自然に寄り添ったアプローチを施しています。 「素晴らしいワインは畑から始まる」とよく言われる由緒ある言葉ありますが、エルギン・リッチのワインは正に畑から生まれたワインであることを証明してくれる、そんなワインです。

よりどり6本以上送料無料商品 282 シャルドネ 2016 エルギン リッジ 282 Chardonnay 2016 Elgin Ridge 南アフリカ 白 ワイン 本物保証,大得価 —— 2,700円

よりどり6本以上送料無料商品 M-100 アルバリーニョ 2011 バルミニョール M-100 Albarino 2011 Adegas Valminor S.L. 白 ワイン スペイン 得価,新品

Adegas Valminor, S.L. バルミニョール “海のワイン”リアス・バイシャスの伝統と革新の造り手! アルバリーニョ種のワインで知名度の高いリアス・バイシャスは、もともと優れたワイン産地です。ですが、地産池消のガリシア地方では従来のワイン造りの枠を超えたクオリティを目指す造り手はまだ少数派です。アデガス・バルミニョールはこうした風土の中、1997年に「伝統とテクノロジーの融合」を掲げて設立された、進取の気質に満ち溢れたワイナリーです。当初から最新設備の導入にも非常に熱心で、それはスペイン全土で見ても進取の試みで、こうした品質重視の姿勢から、常に高い評価を集めるリアス・バイシャス屈指の造り手として認められています。総面積34ヘクタールの畑はこの地方では大規模になりますが、243名にのぼる契約栽培者と作るブドウは全て手摘みで収穫し驚くほど丹念なワイン造りがされています。同時に品種を守る意識も強く消え行く希少な地ブドウにも熱心。テロワールへの情熱と自信に溢れたワイナリーです。 オーク樽醗酵、オーク樽熟成のアルバリーニョは、香り高くはっきりとした果実味にドライフルーツやスパイスなど肉厚なスタイルで飲みごたえが抜群です。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】バラバラでもOKです! ■Information ●生産国 スペイン ●地域 ガリシア地方 / リアス・バイシャスD.O. ●ブドウ品種 アルバリーニョ 80% /ロウレイロ 15% /カイーニョ・ブランコ 5% ●タイプ 白・辛口・フルボディ ●醸造・熟成 熟成:アルバリーニョはオーク樽醗酵、その他はステンレス・タンク 熟成:アルバリーニョはオーク樽熟成3カ月(フレンチオーク、2500L、新樽は使用せず)、その他はスレンレス・タンク熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 アルバリーニョ・アル・ムンド ダブリン 2017 最高金賞 デキャンター・ワールド・ワイン・アワード 2018 銅賞 ●ワイン専門誌評価 「ギ−ア・ペニン 2018」 92点/「グルメ・ワイン・ガイド 2017」96点/「デキャンター・ワールド・ワイン・アワード 2018」 銅賞 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス Adegas Valminor, S.L. バルミニョール Adegas Valminor, S.L. バルミニョール “海のワイン”リアス・バイシャスの伝統と革新の造り手! “常に先駆者であること”を目指す品質志向のワイナリー アルバリーニョ種のワインで知名度の高いリアス・バイシャスは、もともと優れたワイン産地です。ですが、地産池消のガリシア地方では従来のワイン造りの枠を超えたクオリティを目指す造り手はまだ少数派です。 アデガス・バルミニョールはこうした風土の中、1997年に「伝統とテクノロジーの融合」を掲げて設立された、進取の気質に満ち溢れたワイナリーです。当初から最新設備の導入にも非常に熱心で、それはスペイン全土で見ても進取の試みで、こうした品質重視の姿勢から、常に高い評価を集めるリアス・バイシャス屈指の造り手として認められています。 総面積34ヘクタールの畑はこの地方では大規模になりますが、243名にのぼる契約栽培者と作るブドウは全て手摘みで収穫し驚くほど丹念なワイン造りがされています。同時に品種を守る意識も強く消え行く希少な地ブドウにも熱心。テロワールへの情熱と自信に溢れたワイナリーです。 ■艶やかなアロマとミネラル感 低い河岸という意味のリアス・バイシャスのワインは90%がアルバリーニョ。中でも豊富なミネラルを含む土壌から生まれるバルミニョールのアルバリーニョは、非常にクリーンでピュアな果汁を搾り取ることで得られる果実由来の芳醇なアロマときれいな酸味にうっとりさせられます。 地元の品種を守りたい! 大きく3つに分かれるリアス・バイシャスでは、ほぼ100%近くがアルバリーニョ種の栽培という北部・内陸部に対し、バルミニョールのある南部オ・ロサルでは、ロウレイロ、カイニョといった地元品種が栽培されています。特に良い区画を持つバルミニョールは、こうした繊細な地元品種の栽培が可能。消え行く、しかし実は貴重な地元品種の栽培に積極的で、醸造家クリスティーナがが最もポテンシャルを感じている品種でもあります。 卓越したビジネスセンスとワインへの愛情 アデガス・バルミニョールの創設者でありオーナーのカルロス・ゴンザレス氏は、1997年にプロジェクトを立ち上げ、2001年に創業を開始しました。ワイン業界での幅広い経験をもとに経営手腕を発揮してきたゴンザレス氏は、品質とテロワールに根ざしたワイン造りがポリシーです。 「伝統とテクノロジーの融合」を掲げ、最新設備の導入にも非常に熱心で、スペイン全土で見ても先駆者的存在。現在は世界に3台しかないという最新式の圧搾機を導入し、非常にクリーンでピュアなジュースの搾汁に成功しています。 ゴンザレス氏はまた、バルミニョールのグループ経営の一環として、2004年にはリベラ・デル・ドゥエロにボデガス・エルバーニョを、また最近では同じリアス・バイシャスにワイナリーを購入してプロジェクトを少しづつ広げるとともに、ディストリビューションや農業技術の指導を手がけるサービスもするなど、多くの信頼を集めています。 ガリシアの個性をリードするパイオニア 創業当時からアデガス・バルミニョールのワイン造りを手がけるクリスティーナ・マンティーリャ・ゴンザレス氏。名高いサンティアゴ・デ・コンポステーラ大学で化学を、その後マドリッドで醸造学とブドウ栽培を修めました。 醸造家としての経験はリアス・バイシャスからスタートしましたが、ガリシア地方の枠を超えて活躍していました。そして1997年、カルロス・ゴンザレス氏のプロジェクトに参加。その時から頭の中には「常に最新の技術を使った伝統に忠実なワイン造り」、という明確なビジョンがありました。 そして、「アルバリーニョ種の個性を尊重する、リアス・バイシャス産のワインとして誇れる仕事を畑とセラーで行う」、というポリシーがあります。彼女のワインは、抜群の品質を持つブドウなしには語れません。 クリスティーナはまた、単なるワインの醸造を超えて「スペインワインとしてユニークなものを造る」という、発展的な取り組みにも熱心です。ロウレイロという地ブドウの力に注目し、100%ロウレイロのワインを造ったり、ガリシア地方で初のロゼをリリースするなど、そのパイオニア的活躍で知られる存在です。 畑が凄い!設備投資が凄い! 総面積34ヘクタールという規模はこの地域では大きい方に入ります。 そしてその中に17ヘクタールものまとまったパーセルを所有しているのは非常に珍しいこと。畑の下は大きな岩が点在し、森と山に守られた美しい畑はミネラルの宝庫。雑草の下にはシスト土壌が見え隠れしています。この土壌が、ミネラルたっぷりのワインを生み出します。 「伝統とテクノロジーの融合」を掲げるバルミニョールは最新設備の導入にも非常に熱心で、その進取の姿勢はスペイン全土で見ても先駆者的存在として注目されます。 現在は世界に3台しかないという圧搾機を導入し、非常にクリーンでピュアなジュースの搾汁に成功しています。

よりどり6本以上送料無料商品 M-100 アルバリーニョ 2011 バルミニョール M-100 Albarino 2011 Adegas Valminor S.L. 白 ワイン スペイン 得価,新品 —— 3,100円

よりどり6本以上送料無料商品 M-100 アルバリーニョ 2015 バルミニョール M-100 Albarino 2015 Adegas Valminor S.L. 白 ワイン スペイン 全国無料,限定セール

Adegas Valminor, S.L. バルミニョール “海のワイン”リアス・バイシャスの伝統と革新の造り手! アルバリーニョ種のワインで知名度の高いリアス・バイシャスは、もともと優れたワイン産地です。ですが、地産池消のガリシア地方では従来のワイン造りの枠を超えたクオリティを目指す造り手はまだ少数派です。アデガス・バルミニョールはこうした風土の中、1997年に「伝統とテクノロジーの融合」を掲げて設立された、進取の気質に満ち溢れたワイナリーです。当初から最新設備の導入にも非常に熱心で、それはスペイン全土で見ても進取の試みで、こうした品質重視の姿勢から、常に高い評価を集めるリアス・バイシャス屈指の造り手として認められています。総面積34ヘクタールの畑はこの地方では大規模になりますが、243名にのぼる契約栽培者と作るブドウは全て手摘みで収穫し驚くほど丹念なワイン造りがされています。同時に品種を守る意識も強く消え行く希少な地ブドウにも熱心。テロワールへの情熱と自信に溢れたワイナリーです。 オーク樽醗酵、オーク樽熟成のアルバリーニョは、香り高くはっきりとした果実味にドライフルーツやスパイスなど肉厚なスタイルで飲みごたえが抜群です。 【6本〜送料無料】の表示がある商品をよりどり6本以上ご購入のお客様には後ほど送料を無料に修正致します。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】 *北海道、沖縄県、離島には別途送料が掛かります。何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。 ■Information ●生産国 スペイン ●地域 ガリシア地方 / リアス・バイシャスD.O. ●ブドウ品種 アルバリーニョ 80% /ロウレイロ 15% /カイーニョ・ブランコ 5% ●タイプ 白・辛口・フルボディ ●醸造・熟成 熟成:アルバリーニョはオーク樽醗酵、その他はステンレス・タンク 熟成:アルバリーニョはオーク樽熟成3カ月(フレンチオーク、2500L、新樽は使用せず)、その他はスレンレス・タンク熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 アルバリーニョ・アル・ムンド ダブリン 2017 最高金賞 デキャンター・ワールド・ワイン・アワード 2018 銅賞 ●ワイン専門誌評価 「ギ−ア・ペニン 2018」 92点/「グルメ・ワイン・ガイド 2017」96点/「デキャンター・ワールド・ワイン・アワード 2018」 銅賞 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス Adegas Valminor, S.L. バルミニョール Adegas Valminor, S.L. バルミニョール “海のワイン”リアス・バイシャスの伝統と革新の造り手! “常に先駆者であること”を目指す品質志向のワイナリー アルバリーニョ種のワインで知名度の高いリアス・バイシャスは、もともと優れたワイン産地です。ですが、地産池消のガリシア地方では従来のワイン造りの枠を超えたクオリティを目指す造り手はまだ少数派です。 アデガス・バルミニョールはこうした風土の中、1997年に「伝統とテクノロジーの融合」を掲げて設立された、進取の気質に満ち溢れたワイナリーです。当初から最新設備の導入にも非常に熱心で、それはスペイン全土で見ても進取の試みで、こうした品質重視の姿勢から、常に高い評価を集めるリアス・バイシャス屈指の造り手として認められています。 総面積34ヘクタールの畑はこの地方では大規模になりますが、243名にのぼる契約栽培者と作るブドウは全て手摘みで収穫し驚くほど丹念なワイン造りがされています。同時に品種を守る意識も強く消え行く希少な地ブドウにも熱心。テロワールへの情熱と自信に溢れたワイナリーです。 ■艶やかなアロマとミネラル感 低い河岸という意味のリアス・バイシャスのワインは90%がアルバリーニョ。中でも豊富なミネラルを含む土壌から生まれるバルミニョールのアルバリーニョは、非常にクリーンでピュアな果汁を搾り取ることで得られる果実由来の芳醇なアロマときれいな酸味にうっとりさせられます。 地元の品種を守りたい! 大きく3つに分かれるリアス・バイシャスでは、ほぼ100%近くがアルバリーニョ種の栽培という北部・内陸部に対し、バルミニョールのある南部オ・ロサルでは、ロウレイロ、カイニョといった地元品種が栽培されています。特に良い区画を持つバルミニョールは、こうした繊細な地元品種の栽培が可能。消え行く、しかし実は貴重な地元品種の栽培に積極的で、醸造家クリスティーナがが最もポテンシャルを感じている品種でもあります。 卓越したビジネスセンスとワインへの愛情 アデガス・バルミニョールの創設者でありオーナーのカルロス・ゴンザレス氏は、1997年にプロジェクトを立ち上げ、2001年に創業を開始しました。ワイン業界での幅広い経験をもとに経営手腕を発揮してきたゴンザレス氏は、品質とテロワールに根ざしたワイン造りがポリシーです。 「伝統とテクノロジーの融合」を掲げ、最新設備の導入にも非常に熱心で、スペイン全土で見ても先駆者的存在。現在は世界に3台しかないという最新式の圧搾機を導入し、非常にクリーンでピュアなジュースの搾汁に成功しています。 ゴンザレス氏はまた、バルミニョールのグループ経営の一環として、2004年にはリベラ・デル・ドゥエロにボデガス・エルバーニョを、また最近では同じリアス・バイシャスにワイナリーを購入してプロジェクトを少しづつ広げるとともに、ディストリビューションや農業技術の指導を手がけるサービスもするなど、多くの信頼を集めています。 ガリシアの個性をリードするパイオニア 創業当時からアデガス・バルミニョールのワイン造りを手がけるクリスティーナ・マンティーリャ・ゴンザレス氏。名高いサンティアゴ・デ・コンポステーラ大学で化学を、その後マドリッドで醸造学とブドウ栽培を修めました。 醸造家としての経験はリアス・バイシャスからスタートしましたが、ガリシア地方の枠を超えて活躍していました。そして1997年、カルロス・ゴンザレス氏のプロジェクトに参加。その時から頭の中には「常に最新の技術を使った伝統に忠実なワイン造り」、という明確なビジョンがありました。 そして、「アルバリーニョ種の個性を尊重する、リアス・バイシャス産のワインとして誇れる仕事を畑とセラーで行う」、というポリシーがあります。彼女のワインは、抜群の品質を持つブドウなしには語れません。 クリスティーナはまた、単なるワインの醸造を超えて「スペインワインとしてユニークなものを造る」という、発展的な取り組みにも熱心です。ロウレイロという地ブドウの力に注目し、100%ロウレイロのワインを造ったり、ガリシア地方で初のロゼをリリースするなど、そのパイオニア的活躍で知られる存在です。 畑が凄い!設備投資が凄い! 総面積34ヘクタールという規模はこの地域では大きい方に入ります。 そしてその中に17ヘクタールものまとまったパーセルを所有しているのは非常に珍しいこと。畑の下は大きな岩が点在し、森と山に守られた美しい畑はミネラルの宝庫。雑草の下にはシスト土壌が見え隠れしています。この土壌が、ミネラルたっぷりのワインを生み出します。 「伝統とテクノロジーの融合」を掲げるバルミニョールは最新設備の導入にも非常に熱心で、その進取の姿勢はスペイン全土で見ても先駆者的存在として注目されます。 現在は世界に3台しかないという圧搾機を導入し、非常にクリーンでピュアなジュースの搾汁に成功しています。

よりどり6本以上送料無料商品 M-100 アルバリーニョ 2015 バルミニョール M-100 Albarino 2015 Adegas Valminor S.L. 白 ワイン スペイン 全国無料,限定セール —— 3,200円

よりどり6本以上送料無料商品 X3 亜麻色 純米原酒 金紋秋田酒造株式会社 1800ml 6本 日本 秋田 日本酒 新作登場,SALE

Kinmon Akita Sake Brewery 金紋秋田酒造株式会社 毎年イギリスのロンドンで開催される、世界最大規模のワイン品評会「インターナショナルワインチャレンジ(IWC)」。2017年の日本酒古酒部門の金メダル受賞酒「山吹ゴールド」と銀メダル受賞酒「山吹10年」のダブル受賞!麹を通常の3倍使って造った特別な純米酒。麹のパワーで甘酒のような効果と米の旨みの甘さを! 新しい味覚世界の探求へ。 うまい日本酒は「熟成」にあり。 金紋秋田酒造(株)が現在の組織となったのは1973(昭和48)年。県内の酒造会社と卸業社の出資によって誕生しました。しかし私たちの酒造りは、その中心となった秋田冨士酒造店の創業である、1936(昭和11)年にさかのぼります。 往時から今日まで連綿と伝わる銘柄は、「秋田富士」。これは秋田と山形にまたがる東北第2の高峰鳥海山の、秋田側からの呼び名です。米どころ秋田平野をうるおし、古来山岳信仰の対象としても知られた秋田富士の名は、県下はもとより秋田を離れて暮らす人々にも特別の意味を持っています。 麹米を通常の3倍も使用し、「米」の味わいを酒で表現した純米原酒。炊きたての新米からふわっと立ち上る優しく柔らかな米の甘い香りがグラスに広がります。純米酒らしい充実した米の旨みとコクのある味わい。お刺身やお寿司などにも。また食後にカクテルのよう。冷たく冷やして、またはソーダで割っても楽しめます。 ■Information ●生産国 日本 ●地域 秋田県 / 秋田県大仙市藤木字西八圭34-2 ●原料米 秋田県産めんこいな 100% ●タイプ 純米原酒 / アルコール度数:15.6度 / 日本酒度:-29度 / 酸度:2.6度 ●醸造・熟成 ●内容量 1.8リットル × 6本 ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス Kinmon Akita Sake Brewery 金紋秋田酒造株式会社 Kinmon Akita Sake Brewery 金紋秋田酒造株式会社 毎年イギリスのロンドンで開催される、世界最大規模のワイン品評会「インターナショナルワインチャレンジ(IWC)」。2017年の日本酒古酒部門の金メダル受賞酒「山吹ゴールド」と銀メダル受賞酒「山吹10年」のダブル受賞! 新しい味覚世界の探求へ。 うまい日本酒は「熟成」にあり。 金紋秋田酒造(株)が現在の組織となったのは1973(昭和48)年。県内の酒造会社と卸業社の出資によって誕生しました。しかし私たちの酒造りは、その中心となった秋田冨士酒造店の創業である、1936(昭和11)年にさかのぼります。 往時から今日まで連綿と伝わる銘柄は、「秋田富士」。これは秋田と山形にまたがる東北第2の高峰鳥海山の、秋田側からの呼び名です。米どころ秋田平野をうるおし、古来山岳信仰の対象としても知られた秋田富士の名は、県下はもとより秋田を離れて暮らす人々にも特別の意味を持っています。 戦後復興が急ピッチで進められた昭和20年代から30年代。秋田の多くの人々は、移住や出稼ぎで北海道の炭鉱に仕事を求めました。秋田富士は、そうして「黒いダイヤ」を掘り出す現場で働く秋田県人たちから、絶大な支持をいただいたのです。 もともと明治以降、数多くの秋田人が北海道開拓のために津軽海峡を渡りました。石狩川の治水工事などでは、勤勉で堅実な秋田人は信用人夫といわれ、その働きぶりにはひときわ定評があったといいます。 ふるさとを離れて厳しい労働に明け暮れる人々に、秋田富士の名と味わいは、何ものにもかえがたいものがあったのではないでしょうか。先代社長は、北海道の卸企業と共に、炭鉱街の酒販店をくまなくまわったものでした。 そして、いま金紋秋田酒造では、熟成古酒と北海道のさまざまな食材との組み合わせによって、食の世界との関わりを広め、いっそう深めようとしています。 発想を一歩進めれば酒造りとは、日本酒単体の味覚評価だけにとどまらない、新しい味わいの世界の探求にほかなりません。日本酒の根源をしっかりと踏まえながら、私たちは、熟成古酒というほかにまねのできない旨味を抱く日本酒によって、さらなる未知の地平へのブレイクスルーを求めてやみません。 熟成日本酒、清酒について 発酵文明のひとしずく。 北イタリアのポー川流域は、パルマやクラテッロといった生ハムをはじめ、パルメザンチーズなど世界第一級の発酵食品の産地として知られています。豊かな大地が生み出す産品を、土地の人々が風土と共に長い時間をかけて磨いてきた、きわめて高度な熟成技術。そんな技をもつ土地を日本であげるとすれば、人はまず秋田の名を口にするでしょう。 金紋秋田酒造は、秋田県の南東部の大仙市、県の米どころの中央に位置します。全国的に有名なのは、雄物川河畔で毎年8月に開かれる「大曲花火競技会」でしょう。人口9万人の町に、60万人もの花火ファンが集まる大イベントです。 秋田の食の名物といえば、まず日本酒に指を折ります。そしてさらに、県の魚でもある鰰(はたはた)を漬け込んだ「鰰の飯寿司」や、鰰からつくる魚醤の「しょっつる」、大根などを囲炉裏の上につるして燻製にしてから米糠と塩で漬けこんだ「いぶり漬け」など、米どころならではの米麹を活かした発酵食品があげられます。 これらの製造は、湿った日本海から大量の雪がはこばれる、長い冬の恵み。大地を静かに眠らせ、荒ぶる海を友とする秋田の冬は、米麹に最適な湿度や温度を安定して提供する、それ自体が天然の室とでも呼べるものなのです。 秋田の先人たちは、科学理論も冷蔵庫もない数百年の昔から発酵の不思議に取りつかれ、おいしさへの工夫を営々と積み重ねてきました。今日名物と呼ばれる食の逸品は、その背景や裾野に、おびただしい人々が関わる産業や社会の複雑な仕組みをもっています。秋田の発酵文化とは、東北のぶ厚い文明のひとしずくだと言えるでしょう。 今日、最高の日本酒は純米醸造であるという固定観念があります。しかし純米酒を長期間熟成させる場合、火落ち菌の悪影響をどうしても消せません。頭を抱えていた私たちを勇気づけてくれたのは、意外にもワイナリーの方々でした。なぜ古い発想だけにこだわるのか。例えばシャンパーニュでは、最後の工程で糖分を加えて味わいを調整しているではないか、と。 私たち金紋秋田酒造もまた、 日本酒の本質である「旨味」を鍛えあげながら、この土地でしか成り立たない酒造りに精進を重ねてきました。 熟成古酒の旨味は、ヨーロッパの、そして日本の発酵食品との出会いを驚くほど豊かなものにしてくれます。さらにその旨味は、さまざまな食品の味覚をいっそう深く豊かに広げ、これまでになかった味わいの宇宙を垣間見せてくれるでしょう。私たちの熟成古酒がヨーロッパで認められたのにも、こうした評価がありました。それはまた世界商品としてのこれからの日本酒の、新しい価値を物語る魅力にほかなりません。

よりどり6本以上送料無料商品 X3 亜麻色 純米原酒 金紋秋田酒造株式会社 1800ml 6本 日本 秋田 日本酒 新作登場,SALE —— 18,200円

よりどり6本以上送料無料商品 アルザス グラン クリュ ゲヴュルツトラミネール フルシュテントゥム ヴィエイユ ヴィーニュ 2014 ドメーヌ アルベール マン Alsace Grand Cru Gewurztraminer Furstentum Viei

Domaine Albert Mann ドメーヌ・アルベール・マン アルザスの伝説的スター、マルセル・ダイス、ウンブレヒト、トリンバックと並び、ロバート・パーカー5ツ星★★★★★の蔵!! ドメーヌ・アルベール・マンは、ブドウ栽培家であったマン家とバルテルメ家が統合して、17世紀に設立されたワイナリーです。長い歴史を持つワイナリーですが、現在の名声は1970年代にワイナリーを引き継いだ現当主モーリスとジャッキー・バルテルメ兄弟の尽力に他なりません。クオリティワイン造りへの高い志を共有していた二人は18歳という若い頃からこつこつとお金を貯め、貴重な畑を守り継承すべく、ときに借金をしながらグラン・クリュの優れた畑を少しづつ買い足していきました。今では、総面積は21ヘクタールを所有し、アルザスでは”大きな”規模のワイナリーと言えますが、こうした背景から、グラン・クリュの割合が高いのが特徴です。ウェットルスハイムとキンツハイムの間に5つのグラン・クリュ(シュロスベルグ、シュタインブルグラー、ペルシベルグ、フルシュテントゥム、ヘングスト)を所有し、テロワールと環境を尊重したワイン造りを行っています。 華やかな香りと豊かな果実味が特徴で、味わいはデリケートかつ繊細な味わい。バレリーナの様なしなやかさを持つ、女性的で繊細なスタイルのやや甘口です。 【6本〜送料無料】の表示がある商品をよりどり6本以上ご購入のお客様には後ほど送料を無料に修正致します。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】 *北海道、沖縄県、離島には別途送料が掛かります。何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。 ■Information ●生産国 フランス ●地域 アルザス地方 / A.O.P.アルザス グラン・クリュ ●ブドウ品種 ゲヴュルツトラミネール 100% ●タイプ 白・フルボディ・やや甘口 ●醸造・熟成 醗酵:ステンレス・タンク 熟成:ステンレス・タンク熟成 9カ月 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ビオディナミ / ビオロジック / オーガニック認証機関:Ecocert ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ワイン・アドヴォケイト得点:93 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス Domaine Albert Mann ドメーヌ・アルベール・マン Domaine Albert Mann ドメーヌ・アルベール・マン アルザスの伝説的スター、マルセル・ダイス、ウンブレヒト、トリンバックと並び、ロバート・パーカー5ツ星★★★★★の蔵!! アルザスを語るとき避けては通れないワイナリー ドメーヌ・アルベール・マンは、ブドウ栽培家であったマン家とバルテルメ家が統合して、17世紀に設立されたワイナリーです。長い歴史を持つワイナリーですが、現在の名声は1970年代にワイナリーを引き継いだ現当主モーリスとジャッキー・バルテルメ兄弟の尽力に他なりません。クオリティワイン造りへの高い志を共有していた二人は18歳という若い頃からこつこつとお金を貯め、貴重な畑を守り継承すべく、ときに借金をしながらグラン・クリュの優れた畑を少しづつ買い足していきました。今では、総面積は21ヘクタールを所有し、アルザスでは”大きな”規模のワイナリーと言えますが、こうした背景から、グラン・クリュの割合が高いのが特徴です。ウェットルスハイムとキンツハイムの間に5つのグラン・クリュ(シュロスベルグ、シュタインブルグラー、ペルシベルグ、フルシュテントゥム、ヘングスト)を所有し、テロワールと環境を尊重したワイン造りを行っています。 テロワールを重視するため、区画に基づいて豊富なラインナップがありますが、それぞれの区画が非常に小さいためワインの生産量はどれも限定的です。そのため、リリースを待たずに売り切れてしまうものが殆どです。専門家の間でも評価が非常に高く、ロバート・パーカー氏は彼らに最高ランクの5ツ星、エクセプショナルの評価を与えています。 フランス最優秀生産者賞ほか、数々の評価! ■2012年度「フランス最優秀生産者賞」受賞 フランスで最も信頼されるワイン専門誌「レヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス誌(RVF)」が年に一度、フランス全土のワインを対象に年間の活動に対して表彰する「最優秀生産者賞」。各部門でたった一社しか選ばれない中、生産者部門では「アルベール・マン」が選ばれました(その他部門は、協同組合部門、ネゴシアン部門など多岐に渡ります)。 【本文対訳】 これは二組の夫婦のコラボレーションによる偉業だ。ジャッキー&モーリス・バルテルメとその妻達、マリ・テレーズとマリ・クレールは、1989年からドメーヌに参加している。21ヘクタールの畑を所有し、モーリスがその管理を担い、ジャッキーがテロワールを見事に表現する醸造を行う。リースリングのシュロスベルグはクリスタルのようなミネラル感、ゲヴュルツのフルシュテントゥムはエキゾチック・フルーツの深い香り、ヴァンダンジュ・タルディヴ、セレクション・ド・グラン・ノーブル、またピノ・ノワールはとても複雑で、まっすぐに表現されている。偉大なヴィニュロンの影には、必ずそれを支える女性がいる、マリ・クレールはワイナリーを経営し、マリ・テレーズは世界各地のコマーシャルを担当する。このワイナリーはこの地区において、品質価値は高く、知っておきたいワイナリー。 ■ロバート・パーカー氏、最高評価「5ツ星★★★★★」! ロバート・パーカー氏のワインガイドでは、アルザスの伝説的スター、マルセル・ダイス、ウンブレヒト、トリンバックと並び5ツ星の評価を獲得しています。 ■レ・メイユー・ヴァン・ド・フランス誌、最高評価「3ツ星」! 旧クラスマン、現「Les Meilleurs vins de France 2011版」にて、アルザスのスターワイナリー、アルベール・ボクスレ、マルセル・ダイス、ヴァインバック、ウンブレヒト、オステルタッグとともに最高評価の三ツ星を獲得しています。

よりどり6本以上送料無料商品 アルザス グラン クリュ ゲヴュルツトラミネール フルシュテントゥム ヴィエイユ ヴィーニュ 2014 ドメーヌ アルベール マン Alsace Grand Cru Gewurztraminer Furstentum Viei —— 4,100円

よりどり6本以上送料無料商品 アルザス グラン クリュ ゲヴュルツトラミネール フルシュテントゥム ヴィエイユ ヴィーニュ 2015 ドメーヌ アルベール マン Alsace Grand Cru Gewurztraminer Furstentum Viei

Domaine Albert Mann ドメーヌ・アルベール・マン アルザスの伝説的スター、マルセル・ダイス、ウンブレヒト、トリンバックと並び、ロバート・パーカー5ツ星★★★★★の蔵!! ドメーヌ・アルベール・マンは、ブドウ栽培家であったマン家とバルテルメ家が統合して、17世紀に設立されたワイナリーです。長い歴史を持つワイナリーですが、現在の名声は1970年代にワイナリーを引き継いだ現当主モーリスとジャッキー・バルテルメ兄弟の尽力に他なりません。クオリティワイン造りへの高い志を共有していた二人は18歳という若い頃からこつこつとお金を貯め、貴重な畑を守り継承すべく、ときに借金をしながらグラン・クリュの優れた畑を少しづつ買い足していきました。今では、総面積は21ヘクタールを所有し、アルザスでは”大きな”規模のワイナリーと言えますが、こうした背景から、グラン・クリュの割合が高いのが特徴です。ウェットルスハイムとキンツハイムの間に5つのグラン・クリュ(シュロスベルグ、シュタインブルグラー、ペルシベルグ、フルシュテントゥム、ヘングスト)を所有し、テロワールと環境を尊重したワイン造りを行っています。 華やかな香りと豊かな果実味が特徴で、味わいはデリケートかつ繊細な味わい。バレリーナの様なしなやかさを持つ、女性的で繊細なスタイルのやや甘口です。 【6本〜送料無料】の表示がある商品をよりどり6本以上ご購入のお客様には後ほど送料を無料に修正致します。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】 *北海道、沖縄県、離島には別途送料が掛かります。何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。 ■Information ●生産国 フランス ●地域 アルザス地方 / A.O.P.アルザス グラン・クリュ ●ブドウ品種 ゲヴュルツトラミネール 100% ●タイプ 白・フルボディ・やや甘口 ●醸造・熟成 醗酵:ステンレス・タンク 熟成:ステンレス・タンク熟成 9カ月 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ビオディナミ / ビオロジック / オーガニック認証機関:Ecocert ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ワイン・アドヴォケイト得点:93 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス Domaine Albert Mann ドメーヌ・アルベール・マン Domaine Albert Mann ドメーヌ・アルベール・マン アルザスの伝説的スター、マルセル・ダイス、ウンブレヒト、トリンバックと並び、ロバート・パーカー5ツ星★★★★★の蔵!! アルザスを語るとき避けては通れないワイナリー ドメーヌ・アルベール・マンは、ブドウ栽培家であったマン家とバルテルメ家が統合して、17世紀に設立されたワイナリーです。長い歴史を持つワイナリーですが、現在の名声は1970年代にワイナリーを引き継いだ現当主モーリスとジャッキー・バルテルメ兄弟の尽力に他なりません。クオリティワイン造りへの高い志を共有していた二人は18歳という若い頃からこつこつとお金を貯め、貴重な畑を守り継承すべく、ときに借金をしながらグラン・クリュの優れた畑を少しづつ買い足していきました。今では、総面積は21ヘクタールを所有し、アルザスでは”大きな”規模のワイナリーと言えますが、こうした背景から、グラン・クリュの割合が高いのが特徴です。ウェットルスハイムとキンツハイムの間に5つのグラン・クリュ(シュロスベルグ、シュタインブルグラー、ペルシベルグ、フルシュテントゥム、ヘングスト)を所有し、テロワールと環境を尊重したワイン造りを行っています。 テロワールを重視するため、区画に基づいて豊富なラインナップがありますが、それぞれの区画が非常に小さいためワインの生産量はどれも限定的です。そのため、リリースを待たずに売り切れてしまうものが殆どです。専門家の間でも評価が非常に高く、ロバート・パーカー氏は彼らに最高ランクの5ツ星、エクセプショナルの評価を与えています。 フランス最優秀生産者賞ほか、数々の評価! ■2012年度「フランス最優秀生産者賞」受賞 フランスで最も信頼されるワイン専門誌「レヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス誌(RVF)」が年に一度、フランス全土のワインを対象に年間の活動に対して表彰する「最優秀生産者賞」。各部門でたった一社しか選ばれない中、生産者部門では「アルベール・マン」が選ばれました(その他部門は、協同組合部門、ネゴシアン部門など多岐に渡ります)。 【本文対訳】 これは二組の夫婦のコラボレーションによる偉業だ。ジャッキー&モーリス・バルテルメとその妻達、マリ・テレーズとマリ・クレールは、1989年からドメーヌに参加している。21ヘクタールの畑を所有し、モーリスがその管理を担い、ジャッキーがテロワールを見事に表現する醸造を行う。リースリングのシュロスベルグはクリスタルのようなミネラル感、ゲヴュルツのフルシュテントゥムはエキゾチック・フルーツの深い香り、ヴァンダンジュ・タルディヴ、セレクション・ド・グラン・ノーブル、またピノ・ノワールはとても複雑で、まっすぐに表現されている。偉大なヴィニュロンの影には、必ずそれを支える女性がいる、マリ・クレールはワイナリーを経営し、マリ・テレーズは世界各地のコマーシャルを担当する。このワイナリーはこの地区において、品質価値は高く、知っておきたいワイナリー。 ■ロバート・パーカー氏、最高評価「5ツ星★★★★★」! ロバート・パーカー氏のワインガイドでは、アルザスの伝説的スター、マルセル・ダイス、ウンブレヒト、トリンバックと並び5ツ星の評価を獲得しています。 ■レ・メイユー・ヴァン・ド・フランス誌、最高評価「3ツ星」! 旧クラスマン、現「Les Meilleurs vins de France 2011版」にて、アルザスのスターワイナリー、アルベール・ボクスレ、マルセル・ダイス、ヴァインバック、ウンブレヒト、オステルタッグとともに最高評価の三ツ星を獲得しています。

よりどり6本以上送料無料商品 アルザス グラン クリュ ゲヴュルツトラミネール フルシュテントゥム ヴィエイユ ヴィーニュ 2015 ドメーヌ アルベール マン Alsace Grand Cru Gewurztraminer Furstentum Viei —— 4,100円

よりどり6本以上送料無料商品 アルザス グラン クリュ ピノ グリ ヘングスト 2015 ドメーヌ アルベール マン Alsace Grand Cru Pinot Gris Hengst 2015 Domaine Albert Mann 白 ワイン フラン

Domaine Albert Mann ドメーヌ・アルベール・マン アルザスの伝説的スター、マルセル・ダイス、ウンブレヒト、トリンバックと並び、ロバート・パーカー5ツ星★★★★★の蔵!! ドメーヌ・アルベール・マンは、ブドウ栽培家であったマン家とバルテルメ家が統合して、17世紀に設立されたワイナリーです。長い歴史を持つワイナリーですが、現在の名声は1970年代にワイナリーを引き継いだ現当主モーリスとジャッキー・バルテルメ兄弟の尽力に他なりません。クオリティワイン造りへの高い志を共有していた二人は18歳という若い頃からこつこつとお金を貯め、貴重な畑を守り継承すべく、ときに借金をしながらグラン・クリュの優れた畑を少しづつ買い足していきました。今では、総面積は21ヘクタールを所有し、アルザスでは”大きな”規模のワイナリーと言えますが、こうした背景から、グラン・クリュの割合が高いのが特徴です。ウェットルスハイムとキンツハイムの間に5つのグラン・クリュ(シュロスベルグ、シュタインブルグラー、ペルシベルグ、フルシュテントゥム、ヘングスト)を所有し、テロワールと環境を尊重したワイン造りを行っています。 偉大なグラン・クリュ、ヘングストのピノ・グリは、桜桃など果実の豊かで深い香りが心地よく、非常にふくよかな印象。フルーツタルトやフォアグラなどに良く合います。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能】 バラバラでもOKです! ■Information ●生産国 フランス ●地域 アルザス地方 / A.O.P.アルザス グラン・クリュ ●ブドウ品種 ピノ・グリ 100% ●タイプ 白・フルボディ・やや甘口 ●醸造・熟成 熟成:ステンレス・タンク熟成 10カ月 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ビオロジック / オーガニック認証機関:Ecocert ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス Domaine Albert Mann ドメーヌ・アルベール・マン Domaine Albert Mann ドメーヌ・アルベール・マン アルザスの伝説的スター、マルセル・ダイス、ウンブレヒト、トリンバックと並び、ロバート・パーカー5ツ星★★★★★の蔵!! アルザスを語るとき避けては通れないワイナリー ドメーヌ・アルベール・マンは、ブドウ栽培家であったマン家とバルテルメ家が統合して、17世紀に設立されたワイナリーです。長い歴史を持つワイナリーですが、現在の名声は1970年代にワイナリーを引き継いだ現当主モーリスとジャッキー・バルテルメ兄弟の尽力に他なりません。クオリティワイン造りへの高い志を共有していた二人は18歳という若い頃からこつこつとお金を貯め、貴重な畑を守り継承すべく、ときに借金をしながらグラン・クリュの優れた畑を少しづつ買い足していきました。今では、総面積は21ヘクタールを所有し、アルザスでは”大きな”規模のワイナリーと言えますが、こうした背景から、グラン・クリュの割合が高いのが特徴です。ウェットルスハイムとキンツハイムの間に5つのグラン・クリュ(シュロスベルグ、シュタインブルグラー、ペルシベルグ、フルシュテントゥム、ヘングスト)を所有し、テロワールと環境を尊重したワイン造りを行っています。 テロワールを重視するため、区画に基づいて豊富なラインナップがありますが、それぞれの区画が非常に小さいためワインの生産量はどれも限定的です。そのため、リリースを待たずに売り切れてしまうものが殆どです。専門家の間でも評価が非常に高く、ロバート・パーカー氏は彼らに最高ランクの5ツ星、エクセプショナルの評価を与えています。 フランス最優秀生産者賞ほか、数々の評価! ■2012年度「フランス最優秀生産者賞」受賞 フランスで最も信頼されるワイン専門誌「レヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス誌(RVF)」が年に一度、フランス全土のワインを対象に年間の活動に対して表彰する「最優秀生産者賞」。各部門でたった一社しか選ばれない中、生産者部門では「アルベール・マン」が選ばれました(その他部門は、協同組合部門、ネゴシアン部門など多岐に渡ります)。 【本文対訳】 これは二組の夫婦のコラボレーションによる偉業だ。ジャッキー&モーリス・バルテルメとその妻達、マリ・テレーズとマリ・クレールは、1989年からドメーヌに参加している。21ヘクタールの畑を所有し、モーリスがその管理を担い、ジャッキーがテロワールを見事に表現する醸造を行う。リースリングのシュロスベルグはクリスタルのようなミネラル感、ゲヴュルツのフルシュテントゥムはエキゾチック・フルーツの深い香り、ヴァンダンジュ・タルディヴ、セレクション・ド・グラン・ノーブル、またピノ・ノワールはとても複雑で、まっすぐに表現されている。偉大なヴィニュロンの影には、必ずそれを支える女性がいる、マリ・クレールはワイナリーを経営し、マリ・テレーズは世界各地のコマーシャルを担当する。このワイナリーはこの地区において、品質価値は高く、知っておきたいワイナリー。 ■ロバート・パーカー氏、最高評価「5ツ星★★★★★」! ロバート・パーカー氏のワインガイドでは、アルザスの伝説的スター、マルセル・ダイス、ウンブレヒト、トリンバックと並び5ツ星の評価を獲得しています。 ■レ・メイユー・ヴァン・ド・フランス誌、最高評価「3ツ星」! 旧クラスマン、現「Les Meilleurs vins de France 2011版」にて、アルザスのスターワイナリー、アルベール・ボクスレ、マルセル・ダイス、ヴァインバック、ウンブレヒト、オステルタッグとともに最高評価の三ツ星を獲得しています。

よりどり6本以上送料無料商品 アルザス グラン クリュ ピノ グリ ヘングスト 2015 ドメーヌ アルベール マン Alsace Grand Cru Pinot Gris Hengst 2015 Domaine Albert Mann 白 ワイン フラン —— 3,900円

よりどり6本以上送料無料商品 アルザス グラン クリュ リースリング シュロスベルク 2015 ドメーヌ アルベール マン Alsace Grand Cru Riesling Schlossberg 2015 Domaine Albert Mann 白 ワ

Domaine Albert Mann ドメーヌ・アルベール・マン アルザスの伝説的スター、マルセル・ダイス、ウンブレヒト、トリンバックと並び、ロバート・パーカー5ツ星★★★★★の蔵!! ドメーヌ・アルベール・マンは、ブドウ栽培家であったマン家とバルテルメ家が統合して、17世紀に設立されたワイナリーです。長い歴史を持つワイナリーですが、現在の名声は1970年代にワイナリーを引き継いだ現当主モーリスとジャッキー・バルテルメ兄弟の尽力に他なりません。クオリティワイン造りへの高い志を共有していた二人は18歳という若い頃からこつこつとお金を貯め、貴重な畑を守り継承すべく、ときに借金をしながらグラン・クリュの優れた畑を少しづつ買い足していきました。今では、総面積は21ヘクタールを所有し、アルザスでは”大きな”規模のワイナリーと言えますが、こうした背景から、グラン・クリュの割合が高いのが特徴です。ウェットルスハイムとキンツハイムの間に5つのグラン・クリュ(シュロスベルグ、シュタインブルグラー、ペルシベルグ、フルシュテントゥム、ヘングスト)を所有し、テロワールと環境を尊重したワイン造りを行っています。 偉大なグラン・クリュ、シュロスベルクのリースリング。端正で厳格な酸と豊かなミネラルによる長い余韻が印象的。ライムやグレープフルーツなど柑橘系の香りも心地よい。 【6本〜送料無料】の表示がある商品をよりどり6本以上ご購入のお客様には後ほど送料を無料に修正致します。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】 *北海道、沖縄県、離島には別途送料が掛かります。何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。 ■Information ●生産国 フランス ●地域 アルザス地方 / A.O.P.アルザス グラン・クリュ ●ブドウ品種 リースリング 100% ●タイプ 白・フルボディ・やや辛口 ●醸造・熟成 熟成:ステンレス・タンク熟成 8カ月 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ビオディナミ / ビオロジック / オーガニック認証機関:Ecocert ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ワイン・アドヴォケイト得点:92 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス Domaine Albert Mann ドメーヌ・アルベール・マン Domaine Albert Mann ドメーヌ・アルベール・マン アルザスの伝説的スター、マルセル・ダイス、ウンブレヒト、トリンバックと並び、ロバート・パーカー5ツ星★★★★★の蔵!! アルザスを語るとき避けては通れないワイナリー ドメーヌ・アルベール・マンは、ブドウ栽培家であったマン家とバルテルメ家が統合して、17世紀に設立されたワイナリーです。長い歴史を持つワイナリーですが、現在の名声は1970年代にワイナリーを引き継いだ現当主モーリスとジャッキー・バルテルメ兄弟の尽力に他なりません。クオリティワイン造りへの高い志を共有していた二人は18歳という若い頃からこつこつとお金を貯め、貴重な畑を守り継承すべく、ときに借金をしながらグラン・クリュの優れた畑を少しづつ買い足していきました。今では、総面積は21ヘクタールを所有し、アルザスでは”大きな”規模のワイナリーと言えますが、こうした背景から、グラン・クリュの割合が高いのが特徴です。ウェットルスハイムとキンツハイムの間に5つのグラン・クリュ(シュロスベルグ、シュタインブルグラー、ペルシベルグ、フルシュテントゥム、ヘングスト)を所有し、テロワールと環境を尊重したワイン造りを行っています。 テロワールを重視するため、区画に基づいて豊富なラインナップがありますが、それぞれの区画が非常に小さいためワインの生産量はどれも限定的です。そのため、リリースを待たずに売り切れてしまうものが殆どです。専門家の間でも評価が非常に高く、ロバート・パーカー氏は彼らに最高ランクの5ツ星、エクセプショナルの評価を与えています。 フランス最優秀生産者賞ほか、数々の評価! ■2012年度「フランス最優秀生産者賞」受賞 フランスで最も信頼されるワイン専門誌「レヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス誌(RVF)」が年に一度、フランス全土のワインを対象に年間の活動に対して表彰する「最優秀生産者賞」。各部門でたった一社しか選ばれない中、生産者部門では「アルベール・マン」が選ばれました(その他部門は、協同組合部門、ネゴシアン部門など多岐に渡ります)。 【本文対訳】 これは二組の夫婦のコラボレーションによる偉業だ。ジャッキー&モーリス・バルテルメとその妻達、マリ・テレーズとマリ・クレールは、1989年からドメーヌに参加している。21ヘクタールの畑を所有し、モーリスがその管理を担い、ジャッキーがテロワールを見事に表現する醸造を行う。リースリングのシュロスベルグはクリスタルのようなミネラル感、ゲヴュルツのフルシュテントゥムはエキゾチック・フルーツの深い香り、ヴァンダンジュ・タルディヴ、セレクション・ド・グラン・ノーブル、またピノ・ノワールはとても複雑で、まっすぐに表現されている。偉大なヴィニュロンの影には、必ずそれを支える女性がいる、マリ・クレールはワイナリーを経営し、マリ・テレーズは世界各地のコマーシャルを担当する。このワイナリーはこの地区において、品質価値は高く、知っておきたいワイナリー。 ■ロバート・パーカー氏、最高評価「5ツ星★★★★★」! ロバート・パーカー氏のワインガイドでは、アルザスの伝説的スター、マルセル・ダイス、ウンブレヒト、トリンバックと並び5ツ星の評価を獲得しています。 ■レ・メイユー・ヴァン・ド・フランス誌、最高評価「3ツ星」! 旧クラスマン、現「Les Meilleurs vins de France 2011版」にて、アルザスのスターワイナリー、アルベール・ボクスレ、マルセル・ダイス、ヴァインバック、ウンブレヒト、オステルタッグとともに最高評価の三ツ星を獲得しています。

よりどり6本以上送料無料商品 アルザス グラン クリュ リースリング シュロスベルク 2015 ドメーヌ アルベール マン Alsace Grand Cru Riesling Schlossberg 2015 Domaine Albert Mann 白 ワ —— 4,800円

よりどり6本以上送料無料商品 アルザス グラン クリュ リースリング シュロスベルク 2016 ドメーヌ アルベール マン Alsace Grand Cru Riesling Schlossberg 2016 Domaine Albert Mann 白 ワ

Domaine Albert Mann ドメーヌ・アルベール・マン アルザスの伝説的スター、マルセル・ダイス、ウンブレヒト、トリンバックと並び、ロバート・パーカー5ツ星★★★★★の蔵!! ドメーヌ・アルベール・マンは、ブドウ栽培家であったマン家とバルテルメ家が統合して、17世紀に設立されたワイナリーです。長い歴史を持つワイナリーですが、現在の名声は1970年代にワイナリーを引き継いだ現当主モーリスとジャッキー・バルテルメ兄弟の尽力に他なりません。クオリティワイン造りへの高い志を共有していた二人は18歳という若い頃からこつこつとお金を貯め、貴重な畑を守り継承すべく、ときに借金をしながらグラン・クリュの優れた畑を少しづつ買い足していきました。今では、総面積は21ヘクタールを所有し、アルザスでは”大きな”規模のワイナリーと言えますが、こうした背景から、グラン・クリュの割合が高いのが特徴です。ウェットルスハイムとキンツハイムの間に5つのグラン・クリュ(シュロスベルグ、シュタインブルグラー、ペルシベルグ、フルシュテントゥム、ヘングスト)を所有し、テロワールと環境を尊重したワイン造りを行っています。 偉大なグラン・クリュ、シュロスベルクのリースリング。端正で厳格な酸と豊かなミネラルによる長い余韻が印象的。ライムやグレープフルーツなど柑橘系の香りも心地よい。 【6本〜送料無料】の表示がある商品をよりどり6本以上ご購入のお客様には後ほど送料を無料に修正致します。 【6本〜送料無料の表示商品は全て混載可能!】 *北海道、沖縄県、離島には別途送料が掛かります。何卒ご了承のほどよろしくお願い致します。 ■Information ●生産国 フランス ●地域 アルザス地方 / A.O.P.アルザス グラン・クリュ ●ブドウ品種 リースリング 100% ●タイプ 白・フルボディ・やや辛口 ●醸造・熟成 熟成:ステンレス・タンク熟成 8カ月 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ビオディナミ / ビオロジック / オーガニック認証機関:Ecocert ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ワイン・アドヴォケイト得点:92 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 モトックス Domaine Albert Mann ドメーヌ・アルベール・マン Domaine Albert Mann ドメーヌ・アルベール・マン アルザスの伝説的スター、マルセル・ダイス、ウンブレヒト、トリンバックと並び、ロバート・パーカー5ツ星★★★★★の蔵!! アルザスを語るとき避けては通れないワイナリー ドメーヌ・アルベール・マンは、ブドウ栽培家であったマン家とバルテルメ家が統合して、17世紀に設立されたワイナリーです。長い歴史を持つワイナリーですが、現在の名声は1970年代にワイナリーを引き継いだ現当主モーリスとジャッキー・バルテルメ兄弟の尽力に他なりません。クオリティワイン造りへの高い志を共有していた二人は18歳という若い頃からこつこつとお金を貯め、貴重な畑を守り継承すべく、ときに借金をしながらグラン・クリュの優れた畑を少しづつ買い足していきました。今では、総面積は21ヘクタールを所有し、アルザスでは”大きな”規模のワイナリーと言えますが、こうした背景から、グラン・クリュの割合が高いのが特徴です。ウェットルスハイムとキンツハイムの間に5つのグラン・クリュ(シュロスベルグ、シュタインブルグラー、ペルシベルグ、フルシュテントゥム、ヘングスト)を所有し、テロワールと環境を尊重したワイン造りを行っています。 テロワールを重視するため、区画に基づいて豊富なラインナップがありますが、それぞれの区画が非常に小さいためワインの生産量はどれも限定的です。そのため、リリースを待たずに売り切れてしまうものが殆どです。専門家の間でも評価が非常に高く、ロバート・パーカー氏は彼らに最高ランクの5ツ星、エクセプショナルの評価を与えています。 フランス最優秀生産者賞ほか、数々の評価! ■2012年度「フランス最優秀生産者賞」受賞 フランスで最も信頼されるワイン専門誌「レヴュ・デュ・ヴァン・ド・フランス誌(RVF)」が年に一度、フランス全土のワインを対象に年間の活動に対して表彰する「最優秀生産者賞」。各部門でたった一社しか選ばれない中、生産者部門では「アルベール・マン」が選ばれました(その他部門は、協同組合部門、ネゴシアン部門など多岐に渡ります)。 【本文対訳】 これは二組の夫婦のコラボレーションによる偉業だ。ジャッキー&モーリス・バルテルメとその妻達、マリ・テレーズとマリ・クレールは、1989年からドメーヌに参加している。21ヘクタールの畑を所有し、モーリスがその管理を担い、ジャッキーがテロワールを見事に表現する醸造を行う。リースリングのシュロスベルグはクリスタルのようなミネラル感、ゲヴュルツのフルシュテントゥムはエキゾチック・フルーツの深い香り、ヴァンダンジュ・タルディヴ、セレクション・ド・グラン・ノーブル、またピノ・ノワールはとても複雑で、まっすぐに表現されている。偉大なヴィニュロンの影には、必ずそれを支える女性がいる、マリ・クレールはワイナリーを経営し、マリ・テレーズは世界各地のコマーシャルを担当する。このワイナリーはこの地区において、品質価値は高く、知っておきたいワイナリー。 ■ロバート・パーカー氏、最高評価「5ツ星★★★★★」! ロバート・パーカー氏のワインガイドでは、アルザスの伝説的スター、マルセル・ダイス、ウンブレヒト、トリンバックと並び5ツ星の評価を獲得しています。 ■レ・メイユー・ヴァン・ド・フランス誌、最高評価「3ツ星」! 旧クラスマン、現「Les Meilleurs vins de France 2011版」にて、アルザスのスターワイナリー、アルベール・ボクスレ、マルセル・ダイス、ヴァインバック、ウンブレヒト、オステルタッグとともに最高評価の三ツ星を獲得しています。

よりどり6本以上送料無料商品 アルザス グラン クリュ リースリング シュロスベルク 2016 ドメーヌ アルベール マン Alsace Grand Cru Riesling Schlossberg 2016 Domaine Albert Mann 白 ワ —— 6,000円