住宅/インテリア/文具/映画/ライフハックなど雑記ブログに近いものの、様々な有益情報を提供するメディアを目指しています




6本以上送料無料 ヴィニンガー レットゲン リースリング アルテレーベン シュペートレーゼ 2006 ラインハルト&ベアーテ クネーベル Winninger Roettgen Riesling AlteReben Spaetlese 2006 Reinha

樹齢70年古樹より遅摘みされたブドウを使用! この醸造所はモーゼル河の下流、ライン河との合流地点に一番近いワイン村、ヴィニンゲン村にあります。 ラインハルト・クネーベル氏の実家から1990年に葡萄畑を相続し誕生したこの醸造所は、誕生後間もなくから評価は上がっており、現在、評論紙での評価もかなり高くなっています。 この醸造所が醸造する辛口リースリングも素晴らしく、甘いリースリング香や黄桃の香、蜂蜜の香りが広がり、十分熟した葡萄を使い丹念に作ったものであることが、1口飲むだけで十分わかる造りをしています。ブドウの旨みが凝縮されていることが実感できます。 *アルテ レーベン(Alte Reben)=古樹の意味。 均樹齢70年の古樹から(アルテレーベン)、徹底的な収量制限を行い醸された、ベーレンアウスレーゼ級の糖度を持った甘口ワインです。柑橘系の香りとミネラル豊かなとてもエレガントなワインです。 ■Information 国 ドイツ 産地 モーゼル地域 / ツェル・モーゼル地区、ヴィニンゲン村 ブドウ品種 リースリング アルテレーベン100% タイプ 白・甘口 アルコール:9.2% Vol.、残 糖:126.5g/L、酸:5.9g/L 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weingut Reinhard & Beate Knebel ラインハルト&ベアーテ・クネーベル醸造所 この醸造所のあるヴィニンゲン村は、モーゼル河の下流、ライン河との合流地点に一番近いワイン産地になっています。 あまりにも傾斜が急で、猫の額のように狭い段々畑がいくつも集まっている景観は、誰もが圧倒されます。この村で現在とくに評価が高いのは、た【ラインハルト・ウント・ベアーテ・クネーベル醸造所】です。 ご主人のラインハルト・クネーベル氏はもともと実家でワイン造りに携わっていましたが、1990年に2.7haの葡萄畑を相続し、本家から独立、奥さんの名前もつけて、この醸造所が誕生しました。 独立後、すぐにめきめきと頭角を現し、1999年産でその評判は更に高まります。雨が多く困難な年であった2000年に、トロッケンベーレンアウスレーゼまでリリースした数少ないモーゼルの醸造所のひとつです。 そんなことからも、ここの並々ならぬワイン造りへの熱意が伺えます。ワインの特徴はモーゼル下流らしく酸が穏やかですが、果実感豊かでミネラルがぎっしりと詰まった、手ごたえのある味わい。 所有する畑は現在合計6.5haで、 『Winninger Uhlen』,『 Winninger Roettgen』, 『Winninger Brueckstueck』, 『Winninger Hamm』 畑の個性はワインに明確に反映されており、特に『Uhlen』, 『Roettgen』の甘口は、白い花の蜂蜜の生き生きとした香りが魅力的です。これまでの個人的な印象では1999年が最上に思われたが、2002年産はその印象を更に上回る、誰もが納得できる、完成度の高い品質でした。 収穫期の雨の影響で、やや弱い印象を受けるシュペートレーゼ、アウスレーゼが多いなか、ここはそうした弱さをまったく感じさせないワインを造ります。

6本以上送料無料 ヴィニンガー レットゲン リースリング アルテレーベン シュペートレーゼ 2006 ラインハルト&ベアーテ クネーベル Winninger Roettgen Riesling AlteReben Spaetlese 2006 Reinha —— 4,600円

6本以上送料無料商品 ウルツィガー ヴュルツガルテン リースリング アウスレーゼ 2001 ドクター ローゼン Uerziger Wuerzgarten Riesling Auslese 2001 Dr.Loosen ドイツ 甘口 白 ワイン 新品,定番人

1988年1月に家業を継いだ「ドクター・ローゼン醸造所」の現当主エルンスト・ローゼン氏は、接木をしていない 平均樹齢50年以上の古木 を使うことと、最上級の畑を所有することが、世界に通じるすばらしいワインを造る絶対の条件だと気づき、次々と革命を起こしました。 ブドウの収穫量を半分に減らし、化学肥料の使用を一切止め、有機肥料を使った最新農法を取り入れ、昔ながらの素朴な醸造法を取り戻しました。 「リースリング・ルネッサンス」 の実現に向けて、今やドイツ国内にとどまらず、世界中で活躍する彼の功績は高く評価され、 2001年「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」(ゴー・ミオ誌/ドイツ)、2005年3月「マン・オブ・ザ・イヤー」(デカンター誌/イギリス)に続いて、9月には「ホワイトワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」(インターナショナル・ワインチャレンジ・2005/ロンドン) に選ばれました。 2001年度ドイツ最優秀醸造家賞受賞。スパイシーなアロマが素晴らしい甘口のデザートワインです。 ■Information 国 ドイツ 産地 モーゼル地域 / ベルンカステル地区 ブドウ品種 リースリング 100% タイプ 白・甘口・ミディアムボディ アルコール:7.5% Vol.、残 糖:80.6g/L、酸:8.1g/L 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 WEINGUT DR.LOOSEN ドクター・ローゼン WEINGUT DR.LOOSEN ドクター・ローゼン 200年に渡り、代々ローゼン家に受継がれる畑の平均樹齢60年以上の古樹から産み出される!! ゴーミヨ誌で最優秀醸造家の評価!世界中から『 リースリングの伝道師』と賞賛!! エルンスト・ローゼン氏と言えば、2005年デキャンタ―誌の『マン・オブ・ザ・イヤー』を受賞 >した初のドイツ人醸造家です。 彼が、1996年より管理・運営する蔵が【JLヴォルフ】 です。 この【ローゼン・ブラザーズ】も【Dr.ローゼン】のワインと同じように化学薬品等を使わない有機栽培 を実施。 契約農家からの葡萄も仕入ますが、全ての農家に栽培方法など細かく取り決めしています。 【独自の品質格付け】 ドクター・ローゼンでは6つの銘醸畑を所有しています。そのうちの4つは「特級畑」、残りの2つは「第一級畑」に格付けされています。 これは、1868年に制定されたモーゼル地域での格付けで、フランスのブルゴーニュ地方における「グラン・クリュ」システムに似ており、最近では スチュアート・ピゴット氏、ヒュー・ジョンソン氏共著の「ドイツワイン・アトラス」でも高評価 です。 これらの畑から醸した高級格付けワイン(カビネット〜トロッケンベーレン・アウスレーゼ)は銘醸畑シリーズとしてそれぞれの畑名をつけて瓶詰めしています。 それ以外にもコストパフォーマンスを追求したドクター・ローゼンQ.b.A.ファインヘルプがあります。 【銘醸と言われる3つの条件】 1.The microclimate / マクロクリマ(局地的気候) モーゼル河沿いの南向き急傾斜という地理的条件がリースリングに対して最適な気候を作り出します。ブドウは理想的な太陽を浴び素晴らしい成熟を得ます。真夏でも涼しい夜は、ブドウに酸味を持たせ、リースリングの味に不可欠な要素となります。 川は、太陽の光を反射させ、ぶどうの熟成に必要な温度を保ち、気候の低下から畑を守るのです。 2.The Slate Soil / スレート(粘板岩)土壌 多数の粘板岩や露出した岩は、日中の熱を蓄え、ぶどうが完熟するのを促進します。また地表は細かな粘板岩が覆っているため、ブドウは根を深く張れ、ミネラル味の強い生き生きとしたワインが造り出されます。 3.Old, ungrafted vines / 接ぎ木なしの古木 モーゼルの粘板岩土壌の中ではフィロキセラ(ブドウ根アブラムシ)は繁殖できません。そのため、ドクター・ローゼンでは平均樹齢60年、接ぎ木なしの古木 >から凝縮した厚みのあるワインが仕上がります。 『リースリングの伝道師』 英国のワイン誌として最も権威のあるDecanter誌で、2005年度の“Man of The Year”に選ばれました。 『リースリングの伝道師』ローゼン氏のワインを飲まずして、リースリングは語れません! 彼が日本にプロモーションに来られた時に2度ほど一緒に全国周りをさせていただいた想いでがあります。ドイツのワイン造りのスーパースターにもかかわらず本当に気遣いのできる気さくな楽しい方でした。 彼のワインを一度飲めば、間違いなく人柄と同じく虜になってしまいます!そんな彼のドクター・ローゼン醸造所はモーゼル川沿いの南向きの急斜面に 誰もが羨むような6つの銘醸畑を所有しています。 当主エルンスト・ローゼン氏は樹齢60〜70年の樹が植えられた 「ヴェーレナー・ゾンネンウーア」(ヴェーレン村の日時計), 「エアデナー・トレップヒェン」(エアデン村の小さな階段) などの畑を特級と1級に格付けしました。 歴史文書に基づいた非公式な格付けでしたが、各々の畑のテロワールを映しています。ドイツワインの権威スチュアート・ピゴット氏が「畑ごとのワインの味わいの違いを表現する見本」 と評するほどです。 彼の醸造所を訪れると必ず、ワインの前には特急畑それぞれの色の違う粘板岩が置かれ、味わいの違いがどこからくるものなのかを実感させられます。 酸と甘み、果実味のバランスが絶妙にとれた彼のワイン造りの一端は手ごろな ドクターLシリーズをすすっただけでもわかります。 畑名入りのシリーズともなればその幾重にも折り重なった複雑な深い味わいの構成は他に類を見ません! ローゼン氏は1988年からローゼン醸造所の経営を引継ぎ、これまでも高い評価を得てきましたが、さすがに今回は 「いまだに信じられない」 と 語っていたようです。 彼の情熱はモーゼルだけにとどまらず、 ファルツ地方の J.L.ヴォルフ醸造所を買上げリースリングの評価もかなり高い! シュペートレーゼ・トロッケンは「 ドイツの美味しい辛口ワイン」に ノミネート されていました。 ヒュー・ジョンソン著「ポケットワインブック」には、ベルンカステルの ザンクト・ヨハニスホーフにある精力的な葡萄園で9.7haの畑をもっています。 “超一級畑”の樹齢を重ねた葡萄樹から産するリースリングは、深みのある強烈なものになります。 1995以降のワインは最上級の品質。エルンスト・ローゼン氏の造り出すワインは、その透き通るほど清冽で 綺麗なリースリングの芸術品なのです! 彼のワイン造りのコンセプトは、 「飲む喜びを感じられるワイン」 ドイツの豊かな自然を重んじ、その自然が育んだぶどう本来の潜在力を余すことなく1本のワインに仕上げた最高のドイツワインの味をお楽しみ下さい!! きっとお気にいりのワインの1つになること間違いなしです。 【エルンスト・ローゼン氏】の活躍ぶりを数多くの ワイン評論家や世界のワイン愛好家が高く評価しています!! ・VDPドイツ高級ワイン生産者協会会員 (ドイツで最もレベルの高いワイン生産者組合 ) ・優秀醸造所ベスト100入り(ドイツの雑誌「DM」より ・世界のワイン醸造所ランキングベスト10(ゴー・ミヨ誌) ・ドイツ辛口リースリング大賞「ファインシュメッカー」 誌上品評会での受賞! ・ワイン界のアカデミー賞! イギリスの権威あるワイン雑誌デカンター誌において2005年度 「マン・オブ・ザ・イヤー」に 選ばれました!

6本以上送料無料商品 ウルツィガー ヴュルツガルテン リースリング アウスレーゼ 2001 ドクター ローゼン Uerziger Wuerzgarten Riesling Auslese 2001 Dr.Loosen ドイツ 甘口 白 ワイン 新品,定番人 —— 6,000円

6本以上送料無料商品 ウングシュタイナー ホーニッヒゼッケル リースリング アイスヴァイン 1999 375ml ヘレンベルク ホーニッヒゼッケル Ungsteiner Honigsaeckel Riesling Eiswein 1999 375ml He

1903年からの歴史ある協同組合。 以前は20以上の生産者が集まっていたのですが、組織を簡素化して品質向上を目指そうとのことから、現在は11の生産者が集まり、合計200haを所有し、約40種類のぶどう品種を造っています。収穫は1日ごとに品種別で行ないます。 バートデュルクハイムにある単一畑HerrenbergとHonigsackelがこの醸造所の名前の由来です。こちらの名前を冠した二つの協同組合が1968年に統合したので、Herrenberg−Honigsackelという長い名前になってしまったそうです。 リースリング種本来の熟成香、甘い花や蜜の香りを想わせる甘みとさっぱりした後口のリースリングからつくられた高貴なアイスワイン。自然の甘さとは思えないほどの神の雫! 超希少な1本です。 ■Information 国 ドイツ 産地 ファルツ(Pfalz)地域 / ミッテルハールト / ドイッチェ・ヴァインシュトラーセ(Mittelhaardt / Deutsche-Weinstrasse)地区、ウングシュタイン(Ungstein) ブドウ品種 リースリング 100% タイプ 白・極甘口・ミディアムボディ アルコール:12.0%、残糖:110.6g/L、酸:6.2g/L 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Winzer eG Herrenberg Honigsackel ヘレンベルク・ホーニッヒゼッケル共同醸造所 Winzer eG Herrenberg Honigsackel ヘレンベルク・ホーニッヒゼッケル共同醸造所 ドイツで栄誉ある"Grosser Preis"(農産物大賞)の受賞をはじめ、国内外での受賞も数多く、高い評価を得ています!! 【ヘレンベルク・ホーニッヒゼッケル共同醸造所】は1903年設立の歴史あるドイツで大きい規模の協同組合です。 バートデュルクハイムにある単一畑『Herrenberg』 と『Honigsackel』 がこの醸造所の名前の由来になっています。こちらの単一畑の名前を冠した二つの協同組合が1968年に統合し、『Herrenberg−Honigsaeckel』 という長い名前になってしまったそうです。 以前は20以上の生産者が集まっていたのですが、組織を簡素化して品質向上を目指そうとの理由から、現在は11の生産者が集まり、合計200haを所有し、昔ながらのドイツで栽培されていたブドウや新しい海外品種を含め約40種類のブドウ品種を栽培しています。収穫は品種別に適切な時期を見極め1日おきに行なっています。 ドイツで栄誉ある【Grosser Preis】(農産物大賞)の受賞をはじめ、国内外での受賞も数多く、 またイギリスを中心に海外への販売でも 成功を収めており、そのクオリティは国内外で高い評価を得ています。 ドイツでは小規模生産者が多いため協同組合のシステムが非常に発達し、多くの協同組合が高レベルのワインを生み出しています。 世界で最も厳格とされるワイン法を持つドイツの中にあって、最上位に位置するドイツ農産物大賞も受賞! この栄誉ある「Grosser Preis」を1977年、1982年、1983年、1988年、1997年と5度に渡り受賞 しています。 さらに、ラインファルツ州評議会では、金賞、銀賞、銅賞をそれぞれ数多く受賞 しています。 2003年ヴィンテージワインは、ラインファルツ州農業評議会で第一回テイスティングが行われ、品質を競い合いました。ウングシュタイン村のワインは、その風格を見せつけ、評議会に出品した20種類のすべてのワインが、金賞、銀賞、銅賞を受賞 しました。

6本以上送料無料商品 ウングシュタイナー ホーニッヒゼッケル リースリング アイスヴァイン 1999 375ml ヘレンベルク ホーニッヒゼッケル Ungsteiner Honigsaeckel Riesling Eiswein 1999 375ml He —— 6,200円

6本以上送料無料商品 エアデナー プレラート リースリング アウスレーゼ 2008 375ml ドクター ローゼン Erdener Praelat Riesling Auslese 2008 375ml Dr.Loosen ドイツ 白 ワイン 低価,本物保

1988年1月に家業を継いだ「ドクター・ローゼン醸造所」の現当主エルンスト・ローゼン氏は、接木をしていない 平均樹齢50年以上の古木 を使うことと、最上級の畑を所有することが、世界に通じるすばらしいワインを造る絶対の条件だと気づき、次々と革命を起こしました。 ブドウの収穫量を半分に減らし、化学肥料の使用を一切止め、有機肥料を使った最新農法を取り入れ、昔ながらの素朴な醸造法を取り戻しました。 「リースリング・ルネッサンス」 の実現に向けて、今やドイツ国内にとどまらず、世界中で活躍する彼の功績は高く評価され、 2001年「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」(ゴー・ミオ誌/ドイツ)、2005年3月「マン・オブ・ザ・イヤー」(デカンター誌/イギリス)に続いて、9月には「ホワイトワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」(インターナショナル・ワインチャレンジ・2005/ロンドン) に選ばれました。 ローゼンの畑の中で最も有名なわずか1.6ha特級畑。エアデナー・プレラート(エアデン村の司教)赤粘板岩の土壌で高貴で力強いワインが生まれています。 この畑はモーゼル川と巨大な絶壁の間に 広がっており、ブドウの熟成には最高です!このワインInternational wine challengeにて受賞したのは記事にもありますとおり、SWEET WINE TROPHY (世界No.1)GERMAN THORHY (ドイツの甘辛を含めたNo.1)GERMAN SWEET RIESLING TROPHY (ドイツの甘口リースリングNo.1)の3つです。 ドイツリースリング甘口で選ばれ、その上のカテゴリーに進出しドイツNo.1に選ばれ、さらに世界の甘口ワインとの競争に打ち勝ち、甘口で世界No.1に選ばれたということです。 さらにエルンスト・ローゼン氏自身は2005年度の「White Winemaker Of The Year」にも選ばれています。デカンターでの「Man Of The Year」 に続いての快挙せす。このプレラートのハーフボトルはあっという間にいつも完売します。世界No.1に選ばれた甘口ワインです!! ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 モーゼル地域 / ベルンカステル地区 ●ブドウ品種 リースリング 100% ●タイプ 白・極甘口・フルボディ ●内容量 375ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ WEINGUT DR.LOOSEN ドクター・ローゼン WEINGUT DR.LOOSEN ドクター・ローゼン 200年に渡り、代々ローゼン家に受継がれる畑の平均樹齢60年以上の古樹から産み出される!! ゴーミヨ誌で最優秀醸造家の評価!世界中から『 リースリングの伝道師』と賞賛!! エルンスト・ローゼン氏と言えば、2005年デキャンタ―誌の『マン・オブ・ザ・イヤー』を受賞 した初のドイツ人醸造家です。 彼が、1996年より管理・運営する蔵が【JLヴォルフ】 です。 この【ローゼン・ブラザーズ】もDr.ローゼンワインと同じように化学薬品等を使わない有機栽培 を実施。 契約農家からの葡萄も仕入ますが、全ての農家に栽培方法など細かく取り決めしています。 【独自の品質格付け】 ドクター・ローゼンでは6つの銘醸畑を所有しています。そのうちの4つは「特級畑」、残りの2つは「第一級畑」に格付けされています。 これは、1868年に制定されたモーゼル地域での格付けで、フランスのブルゴーニュ地方における「グラン・クリュ」システムに似ており、最近では スチュアート・ピゴット氏、ヒュー・ジョンソン氏共著の「ドイツワイン・アトラス」でも高評価 です。 これらの畑から醸した高級格付けワイン(カビネット〜トロッケンベーレン・アウスレーゼ)は銘醸畑シリーズとしてそれぞれの畑名をつけて瓶詰めしています。 それ以外にもコストパフォーマンスを追求したドクター・ローゼンQ.b.A.ファインヘルプがあります。 【銘醸と言われる3つの条件】 1.The microclimate / マクロクリマ(局地的気候) モーゼル河沿いの南向き急傾斜という地理的条件がリースリングに対して最適な気候を作り出します。ブドウは理想的な太陽を浴び素晴らしい成熟を得ます。真夏でも涼しい夜は、ブドウに酸味を持たせ、リースリングの味に不可欠な要素となります。 川は、太陽の光を反射させ、ぶどうの熟成に必要な温度を保ち、気候の低下から畑を守るのです。 2.The Slate Soil / スレート(粘板岩)土壌 多数の粘板岩や露出した岩は、日中の熱を蓄え、ぶどうが完熟するのを促進します。また地表は細かな粘板岩が覆っているため、ブドウは根を深く張れ、ミネラル味の強い生き生きとしたワインが造り出されます。 3.Old, ungrafted vines / 接ぎ木なしの古木 モーゼルの粘板岩土壌の中ではフィロキセラ(ブドウ根アブラムシ)は繁殖できません。そのため、ドクター・ローゼンでは平均樹齢60年、接ぎ木なしの古木 >から凝縮した厚みのあるワインが仕上がります。 『リースリングの伝道師』 英国のワイン誌として最も権威のあるDecanter誌で、2005年度の“Man of The Year”に選ばれました。 『リースリングの伝道師』ローゼン氏のワインを飲まずして、リースリングは語れません! 彼が日本にプロモーションに来られた時に2度ほど一緒に全国周りをさせていただいた想いでがあります。ドイツのワイン造りのスーパースターにもかかわらず本当に気遣いのできる気さくな楽しい方でした。 彼のワインを一度飲めば、間違いなく人柄と同じく虜になってしまいます!そんな彼のドクター・ローゼン醸造所はモーゼル川沿いの南向きの急斜面に 誰もが羨むような6つの銘醸畑を所有しています。 当主エルンスト・ローゼン氏は樹齢60〜70年の樹が植えられた 「ヴェーレナー・ゾンネンウーア」(ヴェーレン村の日時計), 「エアデナー・トレップヒェン」(エアデン村の小さな階段) などの畑を特級と1級に格付けしました。 歴史文書に基づいた非公式な格付けでしたが、各々の畑のテロワールを映しています。ドイツワインの権威スチュアート・ピゴット氏が「畑ごとのワインの味わいの違いを表現する見本」 と評するほどです。 彼の醸造所を訪れると必ず、ワインの前には特急畑それぞれの色の違う粘板岩が置かれ、味わいの違いがどこからくるものなのかを実感させられます。 酸と甘み、果実味のバランスが絶妙にとれた彼のワイン造りの一端は手ごろな ドクターLシリーズをすすっただけでもわかります。 畑名入りのシリーズともなればその幾重にも折り重なった複雑な深い味わいの構成は他に類を見ません! ローゼン氏は1988年からローゼン醸造所の経営を引継ぎ、これまでも高い評価を得てきましたが、さすがに今回は 「いまだに信じられない」 と 語っていたようです。 彼の情熱はモーゼルだけにとどまらず、 ファルツ地方の J.L.ヴォルフ醸造所を買上げリースリングの評価もかなり高い! シュペートレーゼ・トロッケンは「 ドイツの美味しい辛口ワイン」に ノミネート されていました。 ヒュー・ジョンソン著「ポケットワインブック」には、ベルンカステルの ザンクト・ヨハニスホーフにある精力的な葡萄園で9.7haの畑をもっています。 “超一級畑”の樹齢を重ねた葡萄樹から産するリースリングは、深みのある強烈なものになります。 1995以降のワインは最上級の品質。エルンスト・ローゼン氏の造り出すワインは、その透き通るほど清冽で 綺麗なリースリングの芸術品なのです! 彼のワイン造りのコンセプトは、 「飲む喜びを感じられるワイン」 ドイツの豊かな自然を重んじ、その自然が育んだぶどう本来の潜在力を余すことなく1本のワインに仕上げた最高のドイツワインの味をお楽しみ下さい!! きっとお気にいりのワインの1つになること間違いなしです。 【エルンスト・ローゼン氏】の活躍ぶりを数多くの ワイン評論家や世界のワイン愛好家が高く評価しています!! ・VDPドイツ高級ワイン生産者協会会員 (ドイツで最もレベルの高いワイン生産者組合 ) ・優秀醸造所ベスト100入り(ドイツの雑誌「DM」より ・世界のワイン醸造所ランキングベスト⒑(ゴー・ミヨ誌) ・ドイツ辛口リースリング大賞「ファインシュメッカー」 誌上品評会での受賞! ・ワイン界のアカデミー賞! イギリスの権威あるワイン雑誌デカンター誌において2005年度 「マン・オブ・ザ・イヤー」に 選ばれました!

6本以上送料無料商品 エアデナー プレラート リースリング アウスレーゼ 2008 375ml ドクター ローゼン Erdener Praelat Riesling Auslese 2008 375ml Dr.Loosen ドイツ 白 ワイン 低価,本物保 —— 4,600円

6本以上送料無料商品 エアデナー プレラート リースリング アウスレーゼ ゴールドカプセル 2013 ドクター ローゼン 375ml Erdener Praelat Riesling Auslese Goldkapsel 2013 Dr.Loosen 37

1988年1月に家業を継いだ「ドクター・ローゼン醸造所」の現当主エルンスト・ローゼン氏は、接木をしていない 平均樹齢50年以上の古木 を使うことと、最上級の畑を所有することが、世界に通じるすばらしいワインを造る絶対の条件だと気づき、次々と革命を起こしました。 ブドウの収穫量を半分に減らし、化学肥料の使用を一切止め、有機肥料を使った最新農法を取り入れ、昔ながらの素朴な醸造法を取り戻しました。 「リースリング・ルネッサンス」 の実現に向けて、今やドイツ国内にとどまらず、世界中で活躍する彼の功績は高く評価され、 2001年「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」(ゴー・ミオ誌/ドイツ)、2005年3月「マン・オブ・ザ・イヤー」(デカンター誌/イギリス)に続いて、9月には「ホワイトワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」(インターナショナル・ワインチャレンジ・2005/ロンドン) に選ばれました。 ローゼンの畑の中で最も有名なわずか1.6ha特級畑。エアデナー・プレラート(エアデン村の司教)赤粘板岩の土壌で高貴で力強いワインが生まれています。 この畑はモーゼル川と巨大な絶壁の間に 広がっており、ブドウの熟成には最高です!このワインInternational wine challengeにて受賞したのは記事にもありますとおり、SWEET WINE TROPHY (世界No.1)GERMAN THORHY (ドイツの甘辛を含めたNo.1)GERMAN SWEET RIESLING TROPHY (ドイツの甘口リースリングNo.1)の3つです。 ドイツリースリング甘口で選ばれ、その上のカテゴリーに進出しドイツNo.1に選ばれ、さらに世界の甘口ワインとの競争に打ち勝ち、甘口で世界No.1に選ばれたということです。 更にエルンスト・ローゼン氏自身は2005年度の【White Winemaker Of The Year】にも選ばれています。デカンターでの「Man Of The Year」 に続いての快挙せす。このプレラートのハーフボトルはあっという間にいつも完売します。世界No.1に選ばれた甘口ワインです!! ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 モーゼル地域 / ベルンカステル地区 ●ブドウ品種 リースリング 100% ●タイプ 白・極甘口・フルボディ アルコール 7.7%、残糖109.8g/l、酸度8.2g/l ●内容量 375ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ WEINGUT DR.LOOSEN ドクター・ローゼン WEINGUT DR.LOOSEN ドクター・ローゼン 200年に渡り、代々ローゼン家に受継がれる畑の平均樹齢60年以上の古樹から産み出される!! ゴーミヨ誌で最優秀醸造家の評価!世界中から『 リースリングの伝道師』と賞賛!! エルンスト・ローゼン氏と言えば、2005年デキャンタ―誌の『マン・オブ・ザ・イヤー』を受賞 した初のドイツ人醸造家です。 彼が、1996年より管理・運営する蔵が【JLヴォルフ】 です。 この【ローゼン・ブラザーズ】もDr.ローゼンワインと同じように化学薬品等を使わない有機栽培 を実施。契約農家からの葡萄も仕入ますが、全ての農家に栽培方法など細かく取り決めしています。 【独自の品質格付け】 ドクター・ローゼンでは6つの銘醸畑を所有しています。そのうちの4つは「特級畑」、残りの2つは「第一級畑」に格付けされています。 これは、1868年に制定されたモーゼル地域での格付けで、フランスのブルゴーニュ地方における「グラン・クリュ」システムに似ており、最近では スチュアート・ピゴット氏、ヒュー・ジョンソン氏共著の「ドイツワイン・アトラス」でも高評価 です。 これらの畑から醸した高級格付けワイン(カビネット〜トロッケンベーレン・アウスレーゼ)は銘醸畑シリーズとしてそれぞれの畑名をつけて瓶詰めしています。 それ以外にもコストパフォーマンスを追求したドクター・ローゼンQ.b.A.ファインヘルプがあります。 【銘醸と言われる3つの条件】 1.The microclimate / マクロクリマ(局地的気候) モーゼル河沿いの南向き急傾斜という地理的条件がリースリングに対して最適な気候を作り出します。ブドウは理想的な太陽を浴び素晴らしい成熟を得ます。真夏でも涼しい夜は、ブドウに酸味を持たせ、リースリングの味に不可欠な要素となります。 川は、太陽の光を反射させ、ぶどうの熟成に必要な温度を保ち、気候の低下から畑を守るのです。 2.The Slate Soil / スレート(粘板岩)土壌 多数の粘板岩や露出した岩は、日中の熱を蓄え、ぶどうが完熟するのを促進します。また地表は細かな粘板岩が覆っているため、ブドウは根を深く張れ、ミネラル味の強い生き生きとしたワインが造り出されます。 3.Old, ungrafted vines / 接ぎ木なしの古木 モーゼルの粘板岩土壌の中ではフィロキセラ(ブドウ根アブラムシ)は繁殖できません。そのため、ドクター・ローゼンでは平均樹齢60年、接ぎ木なしの古木 >から凝縮した厚みのあるワインが仕上がります。 『リースリングの伝道師』 英国のワイン誌として最も権威のあるDecanter誌で、2005年度の“Man of The Year”に選ばれました。 『リースリングの伝道師』ローゼン氏のワインを飲まずして、リースリングは語れません! 彼が日本にプロモーションに来られた時に2度ほど一緒に全国周りをさせていただいた想いでがあります。ドイツのワイン造りのスーパースターにもかかわらず本当に気遣いのできる気さくな楽しい方でした。 彼のワインを一度飲めば、間違いなく人柄と同じく虜になってしまいます!そんな彼のドクター・ローゼン醸造所はモーゼル川沿いの南向きの急斜面に 誰もが羨むような6つの銘醸畑を所有しています。 当主エルンスト・ローゼン氏は樹齢60〜70年の樹が植えられた 「ヴェーレナー・ゾンネンウーア」(ヴェーレン村の日時計), 「エアデナー・トレップヒェン」(エアデン村の小さな階段) などの畑を特級と1級に格付けしました。 歴史文書に基づいた非公式な格付けでしたが、各々の畑のテロワールを映しています。ドイツワインの権威スチュアート・ピゴット氏が「畑ごとのワインの味わいの違いを表現する見本」 と評するほどです。 彼の醸造所を訪れると必ず、ワインの前には特急畑それぞれの色の違う粘板岩が置かれ、味わいの違いがどこからくるものなのかを実感させられます。 酸と甘み、果実味のバランスが絶妙にとれた彼のワイン造りの一端は手ごろな ドクターLシリーズをすすっただけでもわかります。 畑名入りのシリーズともなればその幾重にも折り重なった複雑な深い味わいの構成は他に類を見ません! ローゼン氏は1988年からローゼン醸造所の経営を引継ぎ、これまでも高い評価を得てきましたが、さすがに今回は 「いまだに信じられない」 と 語っていたようです。 彼の情熱はモーゼルだけにとどまらず、 ファルツ地方の J.L.ヴォルフ醸造所を買上げリースリングの評価もかなり高い! シュペートレーゼ・トロッケンは「 ドイツの美味しい辛口ワイン」に ノミネート されていました。 ヒュー・ジョンソン著「ポケットワインブック」には、ベルンカステルの ザンクト・ヨハニスホーフにある精力的な葡萄園で9.7haの畑をもっています。 “超一級畑”の樹齢を重ねた葡萄樹から産するリースリングは、深みのある強烈なものになります。 1995以降のワインは最上級の品質。エルンスト・ローゼン氏の造り出すワインは、その透き通るほど清冽で 綺麗なリースリングの芸術品なのです! 彼のワイン造りのコンセプトは、 「飲む喜びを感じられるワイン」 ドイツの豊かな自然を重んじ、その自然が育んだぶどう本来の潜在力を余すことなく1本のワインに仕上げた最高のドイツワインの味をお楽しみ下さい!! きっとお気にいりのワインの1つになること間違いなしです。 【エルンスト・ローゼン氏】の活躍ぶりを数多くの ワイン評論家や世界のワイン愛好家が高く評価しています!! ・VDPドイツ高級ワイン生産者協会会員 (ドイツで最もレベルの高いワイン生産者組合 ) ・優秀醸造所ベスト100入り(ドイツの雑誌「DM」より ・世界のワイン醸造所ランキングベスト⒑(ゴー・ミヨ誌) ・ドイツ辛口リースリング大賞「ファインシュメッカー」 誌上品評会での受賞! ・ワイン界のアカデミー賞! イギリスの権威あるワイン雑誌デカンター誌において2005年度 「マン・オブ・ザ・イヤー」に 選ばれました!

6本以上送料無料商品 エアデナー プレラート リースリング アウスレーゼ ゴールドカプセル 2013 ドクター ローゼン 375ml Erdener Praelat Riesling Auslese Goldkapsel 2013 Dr.Loosen 37 —— 6,600円

6本以上送料無料商品 ドクター ローゼン リースリング アイスヴァイン 2016 375ml ドクター ローゼン Dr.Loosen Riesling Eiswein 2016 375ml Dr.Loosen ドイツ 白 ワイン アイスワイン 極甘口 新作

WEINGUT DR.LOOSEN ドクター・ローゼン 1988年1月に家業を継いだ「ドクター・ローゼン醸造所」の現当主エルンスト・ローゼン氏は、接木をしていない 平均樹齢50年以上の古木 を使うことと、最上級の畑を所有することが、世界に通じるすばらしいワインを造る絶対の条件だと気づき、次々と革命を起こしました。 ブドウの収穫量を半分に減らし、化学肥料の使用を一切止め、有機肥料を使った最新農法を取り入れ、昔ながらの素朴な醸造法を取り戻しました。 「リースリング・ルネッサンス」 の実現に向けて、今やドイツ国内にとどまらず、世界中で活躍する彼の功績は高く評価され、 2001年「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」(ゴー・ミオ誌/ドイツ)、2005年3月「マン・オブ・ザ・イヤー」(デカンター誌/イギリス)に続いて、9月には「ホワイトワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」(インターナショナル・ワインチャレンジ・2005/ロンドン) に選ばれました。 モーゼルで、200年の歴史のある銘醸造所「ドクター・ローゼン」の現当主エルンスト・ローゼン氏が所有する3つの優良畑の特別区画から収穫。 十分な糖度と酸度を持ったアイスワインです。甘い花や蜜の香りを想わせる濃縮された自然の甘さと溢れる香りをお楽しみ下さい。よく冷やして、出来れば小ぶりのグラスでお召し上がり下さい。デザートやフルーツと合わせても、食後酒として単一でお使いいただいても、オススメです! 開けてからもコルクをして、立てて冷蔵庫で保存していただければ、一週間弱はキープします。これぞDr.ローゼン氏ワインの芸術品です! ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 モーゼル地域 / ベルンカステル地区 ●ブドウ品種 リースリング 100% ●タイプ 白・極甘口・フルボディ アルコール:6.2%、残糖184.5g/l、酸9.4g/L ●醸造・熟成 ●内容量 375ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ WEINGUT DR.LOOSEN ドクター・ローゼン WEINGUT DR.LOOSEN ドクター・ローゼン 200年に渡り、代々ローゼン家に受継がれる畑の平均樹齢60年以上の古樹から産み出される!!ゴーミヨ誌で最優秀醸造家の評価!世界中から『 リースリングの伝道師』と賞賛!! エルンスト・ローゼン氏と言えば、2005年デキャンタ―誌の『マン・オブ・ザ・イヤー』を受賞 >した初のドイツ人醸造家です。 彼が、1996年より管理・運営する蔵が【JLヴォルフ】 です。 この【ローゼン・ブラザーズ】もDrローゼンワインと同じように化学薬品等を使わない有機栽培 を実施。 契約農家からの葡萄も仕入ますが、全ての農家に栽培方法など細かく取り決めしています。 【独自の品質格付け】 ドクター・ローゼンでは6つの銘醸畑を所有しています。そのうちの4つは「特級畑」、残りの2つは「第一級畑」に格付けされています。 これは、1868年に制定されたモーゼル地域での格付けで、フランスのブルゴーニュ地方における「グラン・クリュ」システムに似ており、最近では スチュアート・ピゴット氏、ヒュー・ジョンソン氏共著の「ドイツワイン・アトラス」でも高評価 です。 これらの畑から醸した高級格付けワイン(カビネット〜トロッケンベーレン・アウスレーゼ)は銘醸畑シリーズとしてそれぞれの畑名をつけて瓶詰めしています。 それ以外にもコストパフォーマンスを追求したドクター・ローゼンQ.b.A.ファインヘルプがあります。 【銘醸と言われる3つの条件】 1.The microclimate / マクロクリマ(局地的気候) モーゼル河沿いの南向き急傾斜という地理的条件がリースリングに対して最適な気候を作り出します。ブドウは理想的な太陽を浴び素晴らしい成熟を得ます。真夏でも涼しい夜は、ブドウに酸味を持たせ、リースリングの味に不可欠な要素となります。 川は、太陽の光を反射させ、ぶどうの熟成に必要な温度を保ち、気候の低下から畑を守るのです。 2.The Slate Soil / スレート(粘板岩)土壌 多数の粘板岩や露出した岩は、日中の熱を蓄え、ぶどうが完熟するのを促進します。また地表は細かな粘板岩が覆っているため、ブドウは根を深く張れ、ミネラル味の強い生き生きとしたワインが造り出されます。 3.Old, ungrafted vines / 接ぎ木なしの古木 モーゼルの粘板岩土壌の中ではフィロキセラ(ブドウ根アブラムシ)は繁殖できません。そのため、ドクター・ローゼンでは平均樹齢60年、接ぎ木なしの古木 >から凝縮した厚みのあるワインが仕上がります。 『リースリングの伝道師』 英国のワイン誌として最も権威のあるDecanter誌で、2005年度の“Man of The Year”に選ばれました。 『リースリングの伝道師』ローゼン氏のワインを飲まずして、リースリングは語れません! 彼が日本にプロモーションに来られた時に2度ほど一緒に全国周りをさせていただいた想いでがあります。ドイツのワイン造りのスーパースターにもかかわらず本当に気遣いのできる気さくな楽しい方でした。 彼のワインを一度飲めば、間違いなく人柄と同じく虜になってしまいます!そんな彼のドクター・ローゼン醸造所はモーゼル川沿いの南向きの急斜面に 誰もが羨むような6つの銘醸畑を所有しています。 当主エルンスト・ローゼン氏は樹齢60〜70年の樹が植えられた 「ヴェーレナー・ゾンネンウーア」(ヴェーレン村の日時計), 「エアデナー・トレップヒェン」(エアデン村の小さな階段) などの畑を特級と1級に格付けしました。 歴史文書に基づいた非公式な格付けでしたが、各々の畑のテロワールを映しています。ドイツワインの権威スチュアート・ピゴット氏が「畑ごとのワインの味わいの違いを表現する見本」 と評するほどです。 彼の醸造所を訪れると必ず、ワインの前には特急畑それぞれの色の違う粘板岩が置かれ、味わいの違いがどこからくるものなのかを実感させられます。 酸と甘み、果実味のバランスが絶妙にとれた彼のワイン造りの一端は手ごろな ドクターLシリーズをすすっただけでもわかります。 畑名入りのシリーズともなればその幾重にも折り重なった複雑な深い味わいの構成は他に類を見ません! ローゼン氏は1988年からローゼン醸造所の経営を引継ぎ、これまでも高い評価を得てきましたが、さすがに今回は 「いまだに信じられない」 と 語っていたようです。 彼の情熱はモーゼルだけにとどまらず、 ファルツ地方の J.L.ヴォルフ醸造所を買上げリースリングの評価もかなり高い! シュペートレーゼ・トロッケンは「 ドイツの美味しい辛口ワイン」に ノミネート されていました。 ヒュー・ジョンソン著「ポケットワインブック」には、ベルンカステルの ザンクト・ヨハニスホーフにある精力的な葡萄園で9.7haの畑をもっています。 “超一級畑”の樹齢を重ねた葡萄樹から産するリースリングは、深みのある強烈なものになります。 1995以降のワインは最上級の品質。エルンスト・ローゼン氏の造り出すワインは、その透き通るほど清冽で 綺麗なリースリングの芸術品なのです! 彼のワイン造りのコンセプトは、 「飲む喜びを感じられるワイン」 ドイツの豊かな自然を重んじ、その自然が育んだぶどう本来の潜在力を余すことなく1本のワインに仕上げた最高のドイツワインの味をお楽しみ下さい!! きっとお気にいりのワインの1つになること間違いなしです。 【エルンスト・ローゼン氏】の活躍ぶりを数多くの ワイン評論家や世界のワイン愛好家が高く評価しています!! ・VDPドイツ高級ワイン生産者協会会員 (ドイツで最もレベルの高いワイン生産者組合 ) ・優秀醸造所ベスト100入り(ドイツの雑誌「DM」より ・世界のワイン醸造所ランキングベスト10(ゴー・ミヨ誌) ・ドイツ辛口リースリング大賞「ファインシュメッカー」 誌上品評会での受賞! ・ワイン界のアカデミー賞! イギリスの権威あるワイン雑誌デカンター誌において2005年度 「マン・オブ・ザ・イヤー」に 選ばれました!

6本以上送料無料商品 ドクター ローゼン リースリング アイスヴァイン 2016 375ml ドクター ローゼン Dr.Loosen Riesling Eiswein 2016 375ml Dr.Loosen ドイツ 白 ワイン アイスワイン 極甘口 新作 —— 7,700円

6本以上送料無料商品 バハラッヒャー クロスター フュルステンタール リースリング アイスヴァイン 2003 375ml ラッツェンベルガー Bacharacher Kloster Fuerstental Riesling Eiswein 2003 375

ラッツェンベルガー Weingut Ratzenberger ラッツエンベルガー醸造所は、ミッテルライン地方の葡萄栽培の中心地であるバッハラッハ村に位置し、リースリングを得意とする生産者。畑は10haにも満たないのですが、徹底的に収量を規制し、ミネラル分に富んだ味わいのワインを造り出しています。シュティーガー村のザンクト・ヨースト畑は、標高が高く冷涼な気候、粘板岩質の土壌なので、質の高いリースリングの栽培には最適です。ミッテルラインのトップ生産者として知られ、世界の有名ホテル、レストランなどがオンリストする実力派なのです! アイスワイン・ゼクト専用畑から、甘味と酸味のバランスが良い、最高級のデザートワインです。明るい黄金色。エレガントなリースリングで甘さと良い酸があります。やわらかなミネラル分で、わずかにミラベルやアプリコット、桃など黄色いフルーツの香りです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ミッテルライン(Mittelrhein)地域 / ローレライ(Loreley)地区、バッハラッハ(Bacharach) ●ブドウ品種 リースリング 100% ●タイプ 白・甘口・ミディアムボディ アルコール:6.9%、残糖:240.5g/L、酸:10.1g/L ●内容量 375ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ ラッツェンベルガー Weingut RatzenbergerWeingut Ratzenberger ラッツェンベルガー醸造所 ライン河左岸のバハラッハで1956年に創業された個人生産者です。 ミッテルラインのVDPの代表を務める2代目のヨハンが栽培を、息子のヨハンJr.が醸造を担当しています。ケラーの背後に広がる延べ9haの畑には、リースリングが75%を占め、残りがシュペートブルグンダーとグラウブルグンダー、極少量のリヴァーナーが栽培されています。 地下セラーには、1200リットルの木樽と3000リットルの四角形のステンレスタンクが並んでいます。スティーガー・ザンクト・ヨーストの畑は、ワイナリーのすぐ裏に位置し、大きな石がごろごろして土壌が柔らかく、土中の風通しが良い為、花の香りに富んだフルーティーなワインになるそうです。 「この地域のワインは酸が強く、酸っぱいと感じるようなワインになりやすい。しかし、収量を抑え、酵母と接する時間を長く取ることで、ドライかつ果実味のアロマ豊かなワインを造ることが出来る。酸の丸みを出す為のマロラクティック発酵も一切しないし必要がない。」 また、「ゼクトや赤ワインには培養酵母を使うが、白ワインは天然酵母で発酵している。天然酵母はこの地域の気候条件に合っているので、発酵のスタートにも問題がない。加えてph値が低い(酸度が高い)ので、マロラクティック発酵を起こすバクテリアが育ちにくい」 ともヨハンJr.は語っています。 ワインは最低10年は熟成するし、8〜9年たてばリースリングのアロマは枯れた風味に変わってくると言います。この20年あまりでスティーグで最も名の知られた生産者となり、また所有する畑を増やした数少ない生産者でもあります。かつて彼のリースリングは、きりっとした辛口となっていましたが、現在は上品で洗練された貴腐の付いた遅摘みのワインも造られるようになりました。 17年前ひたすら伝統的なスタイルのワインを造っていた2代目ヨハンから、3代目の息子ヨハンJr.に数年前引き継がれ、ラッツェンベルガー家のワインは一新されました。今やミッテルラインのトップ生産者として評価されています。 世界遺産にもなっている中部ラインの中ほどに位置するバッハラッハ村にある家族経営のこの醸造所はリースリング種を使った白ワインを最も得意としています。現在ドイツの高級レストランはもとより、北欧、アメリカの有名なレストランでも楽しまれている彼らのワインは、土地のポテンシャルを最大限に発揮できるように収量規制を徹底的に行なった結果、他の醸造所に見られないミネラル感たっぷりの味わいになっています。 ドイツ国内のオンラインショップPLUSにおいて、2003年度最優秀醸造家に選ばれています。 漫画『神の雫』 で、またまた、気になるワインの登場です! あの遠峰一青が、『お…おぉ…』 と、お決まりコメントを発して感動した、ドイツの極上スパークリングです! 【話のあらずじ】 合併話の進む二社の幹部顔合わせの席で、大事なスタートとなる、乾杯のスパークリング選びを任された、主人公《雫》の所属する、太陽ビールのワイン事業部。前回、シャンパンをはじめとする、100本ものスパークリングを試飲しつつも、そのイメージに重なる1本は見つけられずじまいでした。 そしてそんな当日、彼らが用意したものはなんだったのでしょうか?なんと、ドイツのリースリングから造られる、ゼクトでした! シャンパンでないことに、不服な表情を見せる幹部たち。一瞬、この選択は、間違っていたかに思えました。が、そこで、一人の男の感嘆の声が… そう、世界的テイスターとして、圧倒的実力を誇る、主人公《雫》のライバルである《遠峰一青》が、そのゼクトの素晴らしさに、酔いしれていたのです! 『私はこの素晴らしいリースリングのスパークリングが、遥かなる未来かもしれませんがマイナーなワイン産地の名をフランスにおけるシャンパーニュのように高めてくれる可能性さえあると思っています。』 幹部たちも、その様子に『もう一杯くれ』と、大興奮! (『週刊モーニング2010年4月29日号』掲載『神の雫』コラムより抜粋) そんな彼らが選んだのが、ドイツのマイナーな産地、ミッテルラインという場所で造られる、知る人ぞ知る、極上のスパークリングだったのです。 栽培面積: 13.8ha 年間生産量: 100,000本 土 壌: デボン紀の風化した粘板岩 作付品種: リースリング75%、シュペートブルグンダー15% 他 平均収量: 58hl/ha

6本以上送料無料商品 バハラッヒャー クロスター フュルステンタール リースリング アイスヴァイン 2003 375ml ラッツェンベルガー Bacharacher Kloster Fuerstental Riesling Eiswein 2003 375 —— 7,800円

6本以上送料無料商品 バハラッヒャー ヴォルフスへーレ リースリング アウスレーゼ 2003 500ml ラッツェンベルガー Bacharacher Wolfshoehle Riesling Auslese 2003 500ml Weingut Ratze

ラッツェンベルガー Weingut Ratzenberger ラッツエンベルガー醸造所は、ミッテルライン地方の葡萄栽培の中心地であるバッハラッハ村に位置し、リースリングを得意とする生産者。畑は10haにも満たないのですが、徹底的に収量を規制し、ミネラル分に富んだ味わいのワインを造り出しています。シュティーガー村のザンクト・ヨースト畑は、標高が高く冷涼な気候、粘板岩質の土壌なので、質の高いリースリングの栽培には最適です。ミッテルラインのトップ生産者として知られ、世界の有名ホテル、レストランなどがオンリストする実力派なのです! 記録的な高糖度で収穫されたブドウから、記念すべきワンランク上のアウスレーゼが産み出されました。 貴重な一本です。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ミッテルライン(Mittelrhein)地域 / ローレライ(Loreley)地区、バッハラッハ(Bacharach) ●ブドウ品種 リースリング 100% ●タイプ 白・甘口・ミディアムボディ アルコール:8.2%、残糖:90.1g/L、酸:7.1g/L ●内容量 500ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ ラッツェンベルガー Weingut RatzenbergerWeingut Ratzenberger ラッツェンベルガー醸造所 ライン河左岸のバハラッハで1956年に創業された個人生産者です。 ミッテルラインのVDPの代表を務める2代目のヨハンが栽培を、息子のヨハンJr.が醸造を担当しています。ケラーの背後に広がる延べ9haの畑には、リースリングが75%を占め、残りがシュペートブルグンダーとグラウブルグンダー、極少量のリヴァーナーが栽培されています。 地下セラーには、1200リットルの木樽と3000リットルの四角形のステンレスタンクが並んでいます。スティーガー・ザンクト・ヨーストの畑は、ワイナリーのすぐ裏に位置し、大きな石がごろごろして土壌が柔らかく、土中の風通しが良い為、花の香りに富んだフルーティーなワインになるそうです。 「この地域のワインは酸が強く、酸っぱいと感じるようなワインになりやすい。しかし、収量を抑え、酵母と接する時間を長く取ることで、ドライかつ果実味のアロマ豊かなワインを造ることが出来る。酸の丸みを出す為のマロラクティック発酵も一切しないし必要がない。」 また、「ゼクトや赤ワインには培養酵母を使うが、白ワインは天然酵母で発酵している。天然酵母はこの地域の気候条件に合っているので、発酵のスタートにも問題がない。加えてph値が低い(酸度が高い)ので、マロラクティック発酵を起こすバクテリアが育ちにくい」 ともヨハンJr.は語っています。 ワインは最低10年は熟成するし、8〜9年たてばリースリングのアロマは枯れた風味に変わってくると言います。この20年あまりでスティーグで最も名の知られた生産者となり、また所有する畑を増やした数少ない生産者でもあります。かつて彼のリースリングは、きりっとした辛口となっていましたが、現在は上品で洗練された貴腐の付いた遅摘みのワインも造られるようになりました。 17年前ひたすら伝統的なスタイルのワインを造っていた2代目ヨハンから、3代目の息子ヨハンJr.に数年前引き継がれ、ラッツェンベルガー家のワインは一新されました。今やミッテルラインのトップ生産者として評価されています。 世界遺産にもなっている中部ラインの中ほどに位置するバッハラッハ村にある家族経営のこの醸造所はリースリング種を使った白ワインを最も得意としています。現在ドイツの高級レストランはもとより、北欧、アメリカの有名なレストランでも楽しまれている彼らのワインは、土地のポテンシャルを最大限に発揮できるように収量規制を徹底的に行なった結果、他の醸造所に見られないミネラル感たっぷりの味わいになっています。 ドイツ国内のオンラインショップPLUSにおいて、2003年度最優秀醸造家に選ばれています。 漫画『神の雫』 で、またまた、気になるワインの登場です! あの遠峰一青が、『お…おぉ…』 と、お決まりコメントを発して感動した、ドイツの極上スパークリングです! 【話のあらずじ】 合併話の進む二社の幹部顔合わせの席で、大事なスタートとなる、乾杯のスパークリング選びを任された、主人公《雫》の所属する、太陽ビールのワイン事業部。前回、シャンパンをはじめとする、100本ものスパークリングを試飲しつつも、そのイメージに重なる1本は見つけられずじまいでした。 そしてそんな当日、彼らが用意したものはなんだったのでしょうか?なんと、ドイツのリースリングから造られる、ゼクトでした! シャンパンでないことに、不服な表情を見せる幹部たち。一瞬、この選択は、間違っていたかに思えました。が、そこで、一人の男の感嘆の声が… そう、世界的テイスターとして、圧倒的実力を誇る、主人公《雫》のライバルである《遠峰一青》が、そのゼクトの素晴らしさに、酔いしれていたのです! 『私はこの素晴らしいリースリングのスパークリングが、遥かなる未来かもしれませんがマイナーなワイン産地の名をフランスにおけるシャンパーニュのように高めてくれる可能性さえあると思っています。』 幹部たちも、その様子に『もう一杯くれ』と、大興奮! (『週刊モーニング2010年4月29日号』掲載『神の雫』コラムより抜粋) そんな彼らが選んだのが、ドイツのマイナーな産地、ミッテルラインという場所で造られる、知る人ぞ知る、極上のスパークリングだったのです。 栽培面積: 13.8ha 年間生産量: 100,000本 土 壌: デボン紀の風化した粘板岩 作付品種: リースリング75%、シュペートブルグンダー15% 他 平均収量: 58hl/ha

6本以上送料無料商品 バハラッヒャー ヴォルフスへーレ リースリング アウスレーゼ 2003 500ml ラッツェンベルガー Bacharacher Wolfshoehle Riesling Auslese 2003 500ml Weingut Ratze —— 5,000円

6本以上送料無料商品 バハラッヒャー ヴォルフスへーレ リースリング シュペートレーゼ 2017 ラッツェンベルガー Bacharacher Wolfshoehle Riesling Spaetlese 2017 Weingut Ratzenberger

ラッツェンベルガー Weingut Ratzenberger ラッツエンベルガー醸造所は、ミッテルライン地方の葡萄栽培の中心地であるバッハラッハ村に位置し、リースリングを得意とする生産者。畑は10haにも満たないのですが、徹底的に収量を規制し、ミネラル分に富んだ味わいのワインを造り出しています。シュティーガー村のザンクト・ヨースト畑は、標高が高く冷涼な気候、粘板岩質の土壌なので、質の高いリースリングの栽培には最適です。ミッテルラインのトップ生産者として知られ、世界の有名ホテル、レストランなどがオンリストする実力派なのです! バハラッヒャー ヴォルフスヘーレ リースリング ・シュペートレーゼはドイツの格付けの中で、カビネットの上の級になり、通常の葡萄の収穫よりも1週間程度遅摘みされたものになります。そのため、通常よりも葡萄が熟していて、辛口になることもあれば今回のように甘口になることもあります。優しい甘さで落ち着く1本です。 やや緑がかった若々しい黄金色。完熟したりんごの蜜や蜂蜜のようなやや甘く、また非常にボリュームのある白いお花の香りが華やかに広がります。味わいはグレープフルーツを皮ごとぎゅっと絞ったような豊かでフレッシュな酸味が土台にあるので、花梨や完熟したりんごの蜜の味やややトロピカルフルーツのようなフルーティな甘さがバランスよく感じられます。豊かな酸味のおかげで、甘ったるいという印象はなく、非常にやわらかく上品な印象です。 樹齢55年のぶどうから、極端な収量制限(25hl/ha)をし、1,200Lの大樽発酵、ステンレスタンク熟成。ミネラルが強く非常にクリーミィーなワインです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ミッテルライン(Mittelrhein)地域 / ローレライ(Loreley)地区、バッハラッハ(Bacharach)、ヴォルフスヘーレ ●ブドウ品種 リースリング 100% 平均樹齢55年 ●タイプ 白・甘口・ミディアムボディ アルコール7.0%、残糖73.0g/L、酸9.9g/L ●醸造・熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ ラッツェンベルガー Weingut Ratzenberger Weingut Ratzenberger ラッツェンベルガー醸造所 ライン河左岸のバハラッハで1956年に創業された個人生産者です。ミッテルラインのVDPの代表を務める2代目のヨハンが栽培を、息子のヨハン Jr.が醸造を担当しています。ケラーの背後に広がる延べ9haの畑には、リースリングが75%を占め、残りがシュペートブルグンダーとグラウブルグンダー、極少量のリヴァーナーが栽培されています。地下セラーには、1,200リットルの木樽と3,000リットルの四角形のステンレスタンクが並んでいます。スティーガー・ザンクト・ヨーストの畑は、ワイナリーのすぐ裏に位置し、大きな石がごろごろして土壌が柔らかく、土中の風通しが良い為、花の香りに富んだフルーティーなワインになるそうです。 「この地域のワインは酸が強く、酸っぱいと感じるようなワインになりやすい。しかし、収量を抑え、酵母と接する時間を長く取ることで、ドライかつ果実味のアロマ豊かなワインを造ることが出来る。酸の丸みを出す為のマロラクティック発酵も一切しないし必要がない。」 また、「ゼクトや赤ワインには培養酵母を使うが、白ワインは天然酵母で発酵している。天然酵母はこの地域の気候条件に合っているので、発酵のスタートにも問題がない。加えてph値が低い(酸度が高い)ので、マロラクティック発酵を起こすバクテリアが育ちにくい」 ともヨハン Jr.は語っています。 ワインは最低10年は熟成するし、8〜9年たてばリースリングのアロマは枯れた風味に変わってくると言います。この20年あまりでスティーグで最も名の知られた生産者となり、また所有する畑を増やした数少ない生産者でもあります。かつて彼のリースリングは、きりっとした辛口となっていましたが、現在は上品で洗練された貴腐の付いた遅摘みのワインも造られるようになりました。 17年前ひたすら伝統的なスタイルのワインを造っていた2代目ヨハンから、3代目の息子ヨハン Jr.に数年前引き継がれ、ラッツェンベルガー家のワインは一新されました。今やミッテルラインのトップ生産者として評価されています。 世界遺産にもなっている中部ラインの中ほどに位置するバッハラッハ村にある家族経営のこの醸造所はリースリング種を使った白ワインを最も得意としています。現在ドイツの高級レストランはもとより、北欧、アメリカの有名なレストランでも楽しまれている彼らのワインは、土地のポテンシャルを最大限に発揮できるように収量規制を徹底的に行なった結果、他の醸造所に見られないミネラル感たっぷりの味わいになっています。 ドイツ国内のオンラインショップPLUSにおいて、2003年度最優秀醸造家に選ばれています。 漫画『神の雫』 で、またまた、気になるワインの登場です! あの遠峰一青が、『お…おぉ…』 と、お決まりコメントを発して感動した、ドイツの極上スパークリングです! 【話のあらずじ】 合併話の進む二社の幹部顔合わせの席で、大事なスタートとなる、乾杯のスパークリング選びを任された、主人公《雫》の所属する、太陽ビールのワイン事業部。前回、シャンパンをはじめとする、100本ものスパークリングを試飲しつつも、そのイメージに重なる1本は見つけられずじまいでした。そしてそんな当日、彼らが用意したものはなんだったのでしょうか?なんと、ドイツのリースリングから造られる、ゼクトでした!シャンパンでないことに、不服な表情を見せる幹部たち。一瞬、この選択は、間違っていたかに思えました。が、そこで、一人の男の感嘆の声が… そう、世界的テイスターとして、圧倒的実力を誇る、主人公《雫》のライバルである《遠峰一青》が、そのゼクトの素晴らしさに、酔いしれていたのです! 『私はこの素晴らしいリースリングのスパークリングが、遥かなる未来かもしれませんがマイナーなワイン産地の名をフランスにおけるシャンパーニュのように高めてくれる可能性さえあると思っています。』 幹部たちも、その様子に『もう一杯くれ』と、大興奮! (『週刊モーニング2010年4月29日号』掲載『神の雫』コラムより抜粋) そんな彼らが選んだのが、ドイツのマイナーな産地、ミッテルラインという場所で造られる、知る人ぞ知る、極上のスパークリングだったのです。 栽培面積: 13.8ha 年間生産量: 100,000本 土 壌: デボン紀の風化した粘板岩 作付品種: リースリング75%、シュペートブルグンダー15% 他 平均収量: 58hl/ha

6本以上送料無料商品 バハラッヒャー ヴォルフスへーレ リースリング シュペートレーゼ 2017 ラッツェンベルガー Bacharacher Wolfshoehle Riesling Spaetlese 2017 Weingut Ratzenberger  —— 3,400円

6本以上送料無料商品 バハラッヒャー ヴォルフスヘーレ リースリング トロッケンベーレンアウスレーゼ 2002 375ml ラッツェンベルガー Bacharacher Wolfshoehle Riesling Trockenbeerenauslese 20

ラッツェンベルガー Weingut Ratzenberger ラッツエンベルガー醸造所は、ミッテルライン地方の葡萄栽培の中心地であるバッハラッハ村に位置し、リースリングを得意とする生産者。畑は10haにも満たないのですが、徹底的に収量を規制し、ミネラル分に富んだ味わいのワインを造り出しています。シュティーガー村のザンクト・ヨースト畑は、標高が高く冷涼な気候、粘板岩質の土壌なので、質の高いリースリングの栽培には最適です。ミッテルラインのトップ生産者として知られ、世界の有名ホテル、レストランなどがオンリストする実力派なのです! アプリコットジャム、フルーツケーキや蜂蜜等の濃厚で華やかなアロマ。軽やかで程よい酸とトロリとした質感が絶妙なバランス。冷やしてデザートに合わせたり、食後酒としてお楽しみ下さい。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ミッテルライン(Mittelrhein)地域 / ローレライ(Loreley)地区、バッハラッハ(Bacharach) ●ブドウ品種 リースリング 100% ●タイプ 白・極甘口・ミディアムボディ アルコール:6.9%、残糖:311.5g/L、酸:18.1g/L ●内容量 375ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ ラッツェンベルガー Weingut RatzenbergerWeingut Ratzenberger ラッツェンベルガー醸造所 ライン河左岸のバハラッハで1956年に創業された個人生産者です。 ミッテルラインのVDPの代表を務める2代目のヨハンが栽培を、息子のヨハンJr.が醸造を担当しています。ケラーの背後に広がる延べ9haの畑には、リースリングが75%を占め、残りがシュペートブルグンダーとグラウブルグンダー、極少量のリヴァーナーが栽培されています。 地下セラーには、1200リットルの木樽と3000リットルの四角形のステンレスタンクが並んでいます。スティーガー・ザンクト・ヨーストの畑は、ワイナリーのすぐ裏に位置し、大きな石がごろごろして土壌が柔らかく、土中の風通しが良い為、花の香りに富んだフルーティーなワインになるそうです。 「この地域のワインは酸が強く、酸っぱいと感じるようなワインになりやすい。しかし、収量を抑え、酵母と接する時間を長く取ることで、ドライかつ果実味のアロマ豊かなワインを造ることが出来る。酸の丸みを出す為のマロラクティック発酵も一切しないし必要がない。」 また、「ゼクトや赤ワインには培養酵母を使うが、白ワインは天然酵母で発酵している。天然酵母はこの地域の気候条件に合っているので、発酵のスタートにも問題がない。加えてph値が低い(酸度が高い)ので、マロラクティック発酵を起こすバクテリアが育ちにくい」 ともヨハンJr.は語っています。 ワインは最低10年は熟成するし、8〜9年たてばリースリングのアロマは枯れた風味に変わってくると言います。この20年あまりでスティーグで最も名の知られた生産者となり、また所有する畑を増やした数少ない生産者でもあります。かつて彼のリースリングは、きりっとした辛口となっていましたが、現在は上品で洗練された貴腐の付いた遅摘みのワインも造られるようになりました。 17年前ひたすら伝統的なスタイルのワインを造っていた2代目ヨハンから、3代目の息子ヨハンJr.に数年前引き継がれ、ラッツェンベルガー家のワインは一新されました。今やミッテルラインのトップ生産者として評価されています。 世界遺産にもなっている中部ラインの中ほどに位置するバッハラッハ村にある家族経営のこの醸造所はリースリング種を使った白ワインを最も得意としています。現在ドイツの高級レストランはもとより、北欧、アメリカの有名なレストランでも楽しまれている彼らのワインは、土地のポテンシャルを最大限に発揮できるように収量規制を徹底的に行なった結果、他の醸造所に見られないミネラル感たっぷりの味わいになっています。 ドイツ国内のオンラインショップPLUSにおいて、2003年度最優秀醸造家に選ばれています。 漫画『神の雫』 で、またまた、気になるワインの登場です! あの遠峰一青が、『お…おぉ…』 と、お決まりコメントを発して感動した、ドイツの極上スパークリングです! 【話のあらずじ】 合併話の進む二社の幹部顔合わせの席で、大事なスタートとなる、乾杯のスパークリング選びを任された、主人公《雫》の所属する、太陽ビールのワイン事業部。前回、シャンパンをはじめとする、100本ものスパークリングを試飲しつつも、そのイメージに重なる1本は見つけられずじまいでした。 そしてそんな当日、彼らが用意したものはなんだったのでしょうか?なんと、ドイツのリースリングから造られる、ゼクトでした! シャンパンでないことに、不服な表情を見せる幹部たち。一瞬、この選択は、間違っていたかに思えました。が、そこで、一人の男の感嘆の声が… そう、世界的テイスターとして、圧倒的実力を誇る、主人公《雫》のライバルである《遠峰一青》が、そのゼクトの素晴らしさに、酔いしれていたのです! 『私はこの素晴らしいリースリングのスパークリングが、遥かなる未来かもしれませんがマイナーなワイン産地の名をフランスにおけるシャンパーニュのように高めてくれる可能性さえあると思っています。』 幹部たちも、その様子に『もう一杯くれ』と、大興奮! (『週刊モーニング2010年4月29日号』掲載『神の雫』コラムより抜粋) そんな彼らが選んだのが、ドイツのマイナーな産地、ミッテルラインという場所で造られる、知る人ぞ知る、極上のスパークリングだったのです。 栽培面積: 13.8ha 年間生産量: 100,000本 土 壌: デボン紀の風化した粘板岩 作付品種: リースリング75%、シュペートブルグンダー15% 他 平均収量: 58hl/ha

6本以上送料無料商品 バハラッヒャー ヴォルフスヘーレ リースリング トロッケンベーレンアウスレーゼ 2002 375ml ラッツェンベルガー Bacharacher Wolfshoehle Riesling Trockenbeerenauslese 20 —— 30,100円

6本以上送料無料商品 フュルスト ジルヴァーナ ピュア ミネラル Q.b.A. トロッケン 2012 ルドルフ フュルスト Furst Silvaner pur mineral Q.b.A. trocken 2012 Rudolf Furst ドイツ 辛口

2003年度ドイツ最優秀醸造家賞受賞の造り手。 1638年からの歴史を持つ家族経営の生産者です。1975年父の死後、弱冠21才で家業を継いだ息子のパウルは以後この蔵をフランケンのトップまで押し上げ、現在は息子のセバスチャンも醸造に加わっています。 現在の醸造所は木組造りの街並みが美しいミルテンベルク郊外のビュルクシュタット・ツェントグラーフェンベルクの畑に接して1979年に建てられています。 所有面積17.6ha、シュペートブルグンダー(40%)、フリューブルグンダー(⒑%)と、赤ワイン品種が半分を占めています。 彩色砂岩の一級畑ツェントグラーフェンベルクからドイツトップクラスの赤ワインや極めて評判の高い白ワインが造られ、最近では2004年に取得したマイン川沿いのクリンゲンベルガー・シュロスベルク(1.3Ha)からもすごぶる上質の赤が生まれています。 [ピュア・ミネラル]という名のとおり、鉄分の多い土壌から、際立ったミネラルが感じられます。絹のように滑らかで透明感あふれる味わい!イエローのニュアンスの強い麦藁色。ミネラル感が第一印象です。 香りはグレープフルーツのようなさわやかさ。 口に含むとかっちりとした骨格を感じ旨みがあります、伸びのある豊かでさわやかな酸が心地よいい。果実味のボリュームがあるので残糖は少ないのですが甘く感じるほどです。素直に身体に負担感なくすっと染み込んでくる感覚です。 ベースにあるしっかりしたほろ苦さが味を引き締めてくれています。余韻はにはミネラル感が残り、硬質な味わいの余韻が口の中に広がってっゆきます。 シルヴァネールという品種の特徴が味わえこの品種のポテンシャルの高さがうかがえます。白ワインのピュアな美味しさを存分に味わえるワインです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 フランケン(Franken)地域 / マインフィアエック(Mainviereck)地区 / ビュルクシュタット(Buergstadt) ●ブドウ品種 ジルヴァーナ100% ●タイプ 白・辛口・フルボディ アルコール13.5%、残糖0.9g/l、酸度5.9g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【ドイツ】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Rudolf Furst ルドルフ・フュルスト醸造所 ピノ・ノワール産地としてのフランケンを世界にうならせた『孤高の才能』! 1638年からの歴史を持つ家族経営の生産者です。1975年父の死後、弱冠21才で家業を継いだ息子のパウルは以後この蔵をフランケンのトップまで押し上げ、現在は息子のセバスチャンも醸造に加わっています。現在の醸造所は木組造りの街並みが美しいミルテンベルク郊外のビュルクシュタット・ツェントグラーフェンベルクの畑に接して1979年に建てられています。 所有面積17.6ha、シュペートブルグンダー(40%)、フリューブルグンダー(10%)と、赤ワイン品種が半分を占めています。彩色砂岩の一級畑ツェントグラーフェンベルクからドイツトップクラスの赤ワインや極めて評判の高い白ワインが造られ、最近では2004年に取得したマイン川沿いのクリンゲンベルガー・シュロスベルク(1.3ha)からも素晴らしい上質の赤が生まれています。 トップワイナリーはルドルフ・フュルスト醸造所!ゴー・ミヨー【ドイツ・ワインガイド 2003】 2003年に選ばれたのはフランケンでした。それもヴュルツブルクを中心とした、伝統的な著名醸造所が集まる地域ではなく、西のフランクフルトに近いマインフィーアエック(Mainviereck)地区ビュルクシュタット村(Burgstadt)のルドルフ・フュルスト醸造所でした。1994年の初版を見れば、すでに20点中17点で、フランケンのベスト4のひとつでした。1975年に父親をなくしたパウル・フュルスト氏は、すぐにガイゼンハイムのワイン大学を中退し家業を継ぎます。 フランケンと言えば辛口の白ワインが有名ですが、この村の周辺は古典的な赤ワインの生産地でもありました。その歴史を再興しようと積極的に赤ワイン造りを進め、現在ではフランケンの赤ワイン生産者のリーダー、さらにドイツを代表する赤ワイン生産者の一人に登りつめました。 畑は約16ha、赤ワイン品種と白ワイン品種の割合はほぼ半々。主力は赤のシュペートブルグンダーで全体の40%となっています。今回の受賞に貢献したのは、主にこの赤ワインですが、辛口の白ワインもリースリングのみならずブルゴーニュ系の品種も高い評価を受けています。全体的に外れのない高い品質を誇っているのが特徴でしょう。甘口ワインは例外的で、アウスレーゼ以上は極少量、稀にアイスワイン、貴腐ワインが作られる程度。 【TRIAS】という声明は平凡なワインを代表するものではありません。シルヴァーナーはドイツで最も古い品種の一つ。以前はドイツ栽培地域で広く普及していましたが、 この30年間の間にミュラートルガウに殆ど全地域で一位の座を奪われました。その理由は消費者がブーケの香りを強調したタイプに好みを変化させたことにあります。 シルヴァーナーはむしろニュートラルで個性とエレガントさには欠けるマイルドなワインですが、 フランケン地方では優れたワインが綿々と作られており、辛口志向はシルヴァーナーにとって歓迎すべき傾向です。 ある有名な生産者がいうには、シルヴァーナーが最も葡萄の個性を発揮する、 最も適した畑があるのは、フランケン地方とラインヘッセンといっておりました。フュルストの類いまれなるシュペート・ブルグンダー (ピノノワール)は、鉄分を多く含む土壌から生まれており、非常に個性的なテロワールが見事に表現されている逸品! この赤ワインも見逃すことのできません。 【トリアス(TRIAS)】 【トリアス(TRIAS)】とは高い評価を受けているフランケン地方の5つのワイン生産所の友好同盟です。それはフランケンワインの珠玉の雫 、飲む人を必ず虜にさせるグルメなワインです! 土壌やミクロクリマ(畑特有の局地的気候)やブドウ畑の形状など、いわゆる 「テロワール」 を重視してその土地に相応しく個性的で明確な構造のワインの生産を完全なものにしていこうとフランケンのワイン生産者5人のすでに名声を博す醸造家たちが手を結びました。フランケンワインの素晴らしさを伝え相互に学びあうことが第一目的とのことです。 【トリアス(TRIAS)】の層々たるメンバーは、 レーヴェンシュタイン、ヨハンルック、シュトゥールライン、シュミット・キンダー、フュルスト醸造所 のオーナー達です。 【トリアス(TRIAS)】は【三畳系】の意。地質学の歴史で2億2千500年前から1億8千万年前の 中生代を表します。このころ雑色砂岩、貝殻石灰石、石灰質粘土といった 岩盤層が推積され、この土壌が現在のフランケンを特色付けること、そしてこのメンバーがこの地質を生かしたワイン造りを目指していることから付けられたそうです。 【TRAIAS】の名を冠するには? 各々の所有する最高の畑から、ジルヴァーナー、リースリング、シュペート・ブルグンダー(ピノ・ノワール)、ヴァイサー・ブルグンダー(ピノ・ブラン)の4種類の品種のみを用い、自然な栽培で収量を抑え、自然な醸造をし、メンバー5人によるブラインドテストで決定します。

6本以上送料無料商品 フュルスト ジルヴァーナ ピュア ミネラル Q.b.A. トロッケン 2012 ルドルフ フュルスト Furst Silvaner pur mineral Q.b.A. trocken 2012 Rudolf Furst ドイツ 辛口 —— 3,000円

6本以上送料無料商品 フュルスト リースリング ピュア ミネラル Q.b.A. トロッケン 2012 ルドルフ フュルスト Furst Riesling pur mineral Q.b.A. trocken 2012 Rudolf Furst ドイツ 辛口

2003年度ドイツ最優秀醸造家賞受賞の造り手。 1638年からの歴史を持つ家族経営の生産者です。1975年父の死後、弱冠21才で家業を継いだ息子のパウルは以後この蔵をフランケンのトップまで押し上げ、現在は息子のセバスチャンも醸造に加わっています。現在の醸造所は木組造りの街並みが美しいミルテンベルク郊外のビュルクシュタット・ツェントグラーフェンベルクの畑に接して1979年に建てられています。 所有面積17.6ha、シュペートブルグンダー(40%)、フリューブルグンダー(10%)と、赤ワイン品種が半分を占めています。彩色砂岩の一級畑ツェントグラーフェンベルクからドイツトップクラスの赤ワインや極めて評判の高い白ワインが造られ、最近では2004年に取得したマイン川沿いのクリンゲンベルガー・シュロスベルク(1.3Ha)からもすごぶる上質の赤が生まれています。 ”ピュア・ミネラル”という名のとおり、鉄分の多い土壌から、際立ったミネラルが感じられます。絹のように滑らかで透明感あふれる味わい!イエローのニュアンスの強い麦藁色。ミネラル感が第一印象。 グレープフルーツの皮のような苦味のある果実。一方で白桃のようなほのかな甘みも感じる香り。ミネラル感が全面に出たアタック。 「ピュア・ミネラル」のワイン名の通りです。 香り同様の苦味のある柑橘類、若々しいグレープフルーツのような味わい。しっかりとしたミネラル感を、 たっぷり感じるワインです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 フランケン(Franken)地域、マインフィアエック(Mainviereck)地区、ビュルクシュタット(Buergstadt) ●ブドウ品種 リースリング 100% ●タイプ 白・辛口・ミディアムボディ アルコール12.6%、残糖4.8g/l、酸度7.8g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ 【ワイン通販】 【通販ワイン】【白】 【ドイツ】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】 【】 【】 Weingut Rudolf Furst ルドルフ・フュルスト醸造所 ピノ・ノワール産地としてのフランケンを世界にうならせた『孤高の才能』! 1638年からの歴史を持つ家族経営の生産者です。1975年父の死後、弱冠21才で家業を継いだ息子のパウルは以後この蔵をフランケンのトップまで押し上げ、現在は息子のセバスチャンも醸造に加わっています。現在の醸造所は木組造りの街並みが美しいミルテンベルク郊外のビュルクシュタット・ツェントグラーフェンベルクの畑に接して1979年に建てられています。 所有面積17.6ha、シュペートブルグンダー(40%)、フリューブルグンダー(10%)と、赤ワイン品種が半分を占めています。彩色砂岩の一級畑ツェントグラーフェンベルクからドイツトップクラスの赤ワインや極めて評判の高い白ワインが造られ、最近では2004年に取得したマイン川沿いのクリンゲンベルガー・シュロスベルク(1.3ha)からも素晴らしい上質の赤が生まれています。 トップワイナリーはルドルフ・フュルスト醸造所!ゴー・ミヨー【ドイツ・ワインガイド 2003】 2003年に選ばれたのはフランケンでした。それもヴュルツブルクを中心とした、伝統的な著名醸造所が集まる地域ではなく、西のフランクフルトに近いマインフィーアエック(Mainviereck)地区ビュルクシュタット村(Burgstadt)のルドルフ・フュルスト醸造所でした。1994年の初版を見れば、すでに20点中17点で、フランケンのベスト4のひとつでした。1975年に父親をなくしたパウル・フュルスト氏は、すぐにガイゼンハイムのワイン大学を中退し家業を継ぎます。 フランケンと言えば辛口の白ワインが有名ですが、この村の周辺は古典的な赤ワインの生産地でもありました。その歴史を再興しようと積極的に赤ワイン造りを進め、現在ではフランケンの赤ワイン生産者のリーダー、さらにドイツを代表する赤ワイン生産者の一人に登りつめました。 畑は約16ha、赤ワイン品種と白ワイン品種の割合はほぼ半々。主力は赤のシュペートブルグンダーで全体の40%となっています。今回の受賞に貢献したのは、主にこの赤ワインですが、辛口の白ワインもリースリングのみならずブルゴーニュ系の品種も高い評価を受けています。全体的に外れのない高い品質を誇っているのが特徴でしょう。甘口ワインは例外的で、アウスレーゼ以上は極少量、稀にアイスワイン、貴腐ワインが作られる程度。 【TRIAS】という声明は平凡なワインを代表するものではありません。シルヴァーナーはドイツで最も古い品種の一つ。以前はドイツ栽培地域で広く普及していましたが、 この30年間の間にミュラートルガウに殆ど全地域で一位の座を奪われました。その理由は消費者がブーケの香りを強調したタイプに好みを変化させたことにあります。 シルヴァーナーはむしろニュートラルで個性とエレガントさには欠けるマイルドなワインですが、 フランケン地方では優れたワインが綿々と作られており、辛口志向はシルヴァーナーにとって歓迎すべき傾向です。 ある有名な生産者がいうには、シルヴァーナーが最も葡萄の個性を発揮する、 最も適した畑があるのは、フランケン地方とラインヘッセンといっておりました。フュルストの類いまれなるシュペート・ブルグンダー (ピノノワール)は、鉄分を多く含む土壌から生まれており、非常に個性的なテロワールが見事に表現されている逸品! この赤ワインも見逃すことのできません。 【トリアス(TRIAS)】 【トリアス(TRIAS)】とは高い評価を受けているフランケン地方の5つのワイン生産所の友好同盟です。それはフランケンワインの珠玉の雫 、飲む人を必ず虜にさせるグルメなワインです! 土壌やミクロクリマ(畑特有の局地的気候)やブドウ畑の形状など、いわゆる 「テロワール」 を重視してその土地に相応しく個性的で明確な構造のワインの生産を完全なものにしていこうとフランケンのワイン生産者5人のすでに名声を博す醸造家たちが手を結びました。フランケンワインの素晴らしさを伝え相互に学びあうことが第一目的とのことです。 【トリアス(TRIAS)】の層々たるメンバーは、 レーヴェンシュタイン、ヨハンルック、シュトゥールライン、シュミット・キンダー、フュルスト醸造所 のオーナー達です。 【トリアス(TRIAS)】は【三畳系】の意。地質学の歴史で2億2千500年前から1億8千万年前の 中生代を表します。このころ雑色砂岩、貝殻石灰石、石灰質粘土といった 岩盤層が推積され、この土壌が現在のフランケンを特色付けること、そしてこのメンバーがこの地質を生かしたワイン造りを目指していることから付けられたそうです。 【TRAIAS】の名を冠するには? 各々の所有する最高の畑から、ジルヴァーナー、リースリング、シュペート・ブルグンダー(ピノ・ノワール)、ヴァイサー・ブルグンダー(ピノ・ブラン)の4種類の品種のみを用い、自然な栽培で収量を抑え、自然な醸造をし、メンバー5人によるブラインドテストで決定します。

6本以上送料無料商品 フュルスト リースリング ピュア ミネラル Q.b.A. トロッケン 2012 ルドルフ フュルスト Furst Riesling pur mineral Q.b.A. trocken 2012 Rudolf Furst ドイツ 辛口 —— 3,400円

6本以上送料無料商品 フーバー オクセロア Q.b.A. トロッケン 2016 ベルンハルト フーバー Huber Auxerrois Q.b.A. trocken 2016 Weingut Bernhard Huber ドイツ 辛口 白 ワイン 送料無料

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 こちらのキュヴェは、ベルンハルトが亡くなる前日に病床でタンクのブレンド比率を指示したという、文字通り彼の最後の作品となるワインです。唾も飲み込めないほどに衰弱していましたが、それぞれ瓶に詰められた5つのタンクのオクセロアの香りを嗅ぎ、あるワインを指定しました。彼は、これに特定のタンクのものをほんの0.1%だけ足せば、最高のものになると指示しました。息子であり、現当主のユリアンは半信半疑ながらも、その通りにすると本当にバランスの取れた味わいに仕上がったそうです。最後の瞬間まで、ワイン造りに捧げる彼の情熱を感じるエピソードです。 フルーティーな香りがあり、ベルンハルトの望んだ通りのエレガントな味わいです。果実の香りが深く静に広がる、しなやかな辛口のワインです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区 / マルターディンゲン村 ●ブドウ品種 オクセロア (Auxerrois) 100% (オーセロワ) ●タイプ 白・フルボディ・辛口 アルコール11.7% 残糖:0.9g/l 酸:6.5g/l ●醸造・熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 フーバー オクセロア Q.b.A. トロッケン 2016 ベルンハルト フーバー Huber Auxerrois Q.b.A. trocken 2016 Weingut Bernhard Huber ドイツ 辛口 白 ワイン 送料無料 —— 3,600円

6本以上送料無料商品 フーバー シャルドネ Q.b.A. トロッケン 2013 ベルンハルト フーバー Huber Chardonnay Q.b.A. trocken 2013 Weingut Bernhard Huber ドイツ 辛口 白 ワイン HOT

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 ドイツワインではなかなかお見かけできないシャルドネのワイン。 分厚いボディに溢れる果実味を樽香で引き締めたワイン。 名実ともにドイツ産シャルドネワインのトップといえます。 ベルンハルト・フーバー氏は規格にとらわれない造り手としても有名です。透き通った少しグリーンかかった透明感のあるイエロー。シャルドネ特有のあの火打ち石の香りとグレープフルーツやライムなど柑橘系の香りが溢れてきます。 ベルンハルト・フーバー氏は、規格にとらわれない造り手としても有名。透き通ったライトグリーンかかったイエロー。将来的にグランクリュであるグローゼスゲヴェックスの規格にしていくのだと語るフーバー氏。この畑の斜度はなんと70度。ドイツ最高の斜度の1つの畑で、太陽の光を直接あびることができるので、非常に力の強い果実味を誇っています。分厚いボディにあふれる果実味をキリット引き締めた味わいです。名実ともにドイツ最高のシャルドネの1つ。 ■Information 国 ドイツ 産地 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区、マルターディンゲン村 ブドウ品種 シャルドネ100% タイプ 白・辛口・フルボディ アルコール 13.7%、残糖0.1g/l、酸度6.9g/l 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才!世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 フーバー シャルドネ Q.b.A. トロッケン 2013 ベルンハルト フーバー Huber Chardonnay Q.b.A. trocken 2013 Weingut Bernhard Huber ドイツ 辛口 白 ワイン HOT —— 5,700円

6本以上送料無料商品 フーバー マルターディンガー ムスカテラー カビネット 2016 ベルンハルト フーバー Huber Malterdinger Muskateller Kabinett 2016 Weingut Bernhard Huber ドイツ

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 ムスカテラー種はナイル河流域が原産地と言われるムスカート・アレキサンドリア種が原産で、一番古いぶどう品種といわれています。畑はヴィルデンシュタイン畑のすぐ横に位置し、ぶどうは50hl/haまで収量を落とし、100%ステンレス発酵しています。 上品なミュスカの香りが満載。洋ナシ等の華やかさな香りとややスパイシーな香りがあります。ほんのり甘みの凝縮感が感じられ、ミュスカの魅力再認識できるワインです。きれいで上品な甘みを持つワイン。酸と甘みが絶妙なバランスをとり、ボリュームの豊かな味わい。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区、マルターディンゲン村、ビーネンベルク畑 ●ブドウ品種 ムスカテラー(ミュスカ) 100% ●タイプ 白・やや甘口 アルコール9.8%、残糖41.4g/l、酸度9.2g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】 【】 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 フーバー マルターディンガー ムスカテラー カビネット 2016 ベルンハルト フーバー Huber Malterdinger Muskateller Kabinett 2016 Weingut Bernhard Huber ドイツ  —— 3,600円

6本以上送料無料商品 フーバー ミュラー トゥルガウ Q.b.A. トロッケン 2009 マグナムボトル 1 500ml ベルンハルト フーバー Huber Muller Thurgau Q.b.A trocken 2009 MAGNUM 1 500ml

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 味にコダワリを持った人達が揃うパーティーもおまかせなのがこのワインです。お買得1000ml瓶で、量が充分、何よりも、フーバーさんの造ったワインで、質の高さはバッチリです。コスト的な面と、環境に対する考慮から頭封は施されていませんので御了承下さい。和食を初めとして、我々が食べる食事に良く合うスタイルに仕上がっています。御料理と共にどうぞ。 フレッシュな果実味と酸味が特徴的で、ミネラル感一杯の、清々しく爽やかな辛口白ワインです。 ミュラートゥルガウ、しかも1リットルというと、軽くてフルーティーなだけのワインかと思いがちですが、フーバーのワインは違うんです。 『フーバー、さすが…』と、納得の完成度! 全てにおいて手を抜かない、フーバーさんの人柄が伺えます。 これからの季節、大活躍間違いなしです!!大勢でアウトドアなどで楽しむのにお勧め。気軽に本格派を楽しめてしまいます。 軽い前菜をはじめ、ミネラル感が、素材を生かした和食にもぴったりです。 【dancyuワイン大賞】 ■Information 国 ドイツ 産地 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区、マルターディンゲン村 ブドウ品種 ミュラートゥルガウ100% タイプ 白・辛口 内容量 1500ml(マグナム) 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 フーバー ミュラー トゥルガウ Q.b.A. トロッケン 2009 マグナムボトル 1 500ml ベルンハルト フーバー Huber Muller Thurgau Q.b.A trocken 2009 MAGNUM 1 500ml  —— 4,600円

6本以上送料無料商品 フーバー ヴァイサーブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2015 ベルンハルト フーバー Huber Weisserburgunder Q.b.A. trocken 2015 Weingut Bernhard Huber ドイツ

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 赤はもちろん白にも特筆すべきワインが揃うフーバー、このワインも地域性を持ちながらも独自の果実味に富んだ端正な味わいに仕上っています。 飲みごろです! 樹齢30年を超えるブドウの樹から収穫されたブドウを使用しています。石灰粘土質の土壌から吸い上げたミネラルなニュアンスがすっきりとした味わいを醸し出しています。マロラクティック醗酵により、非常にクリーミーでしっかりとしたボディになっています。また、一部を新樽熟成させた香り豊かで旨み一杯のしっかりしたワインです。 ヴァイサーブルグンダー種はフランスのピノ・ブラン種と同種です。シャルドネ種に比べ穏やかでやや酸味も少ない味わいです。 シーフード料理やエスニック、アジア料理にも良く合います。 【dancyuワイン大賞】 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区、マルターディンゲン村 ●ブドウ品種 ヴァイサーブルグンダー (ピノ・ブラン) 100% ●タイプ 白・辛口・ミディアム 分析数値 アルコール13.0%、残糖1.4g/l、酸度7.0g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】【】 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 フーバー ヴァイサーブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2015 ベルンハルト フーバー Huber Weisserburgunder Q.b.A. trocken 2015 Weingut Bernhard Huber ドイツ  —— 3,000円

6本以上送料無料商品 ブントザントシュタイン テラッセン リースリング&ジルヴァーナー Q.b.A. トロッケン 2006 ルドルフ フュルスト Buntsandsteinterrassen Riesling & Silvaner Q.b.A. trock

2003年度ドイツ最優秀醸造家賞受賞の造り手。 1638年からの歴史を持つ家族経営の生産者です。1975年父の死後、弱冠21才で家業を継いだ息子のパウルは以後この蔵をフランケンのトップまで押し上げ、現在は息子のセバスチャンも醸造に加わっています。 現在の醸造所は木組造りの街並みが美しいミルテンベルク郊外のビュルクシュタット・ツェントグラーフェンベルクの畑に接して1979年に建てられています。 所有面積17.6ha、シュペートブルグンダー(40%)、フリューブルグンダー(10%)と、赤ワイン品種が半分を占めています。 彩色砂岩の一級畑ツェントグラーフェンベルクからドイツトップクラスの赤ワインや極めて評判の高い白ワインが造られ、最近では2004年に取得したマイン川沿いのクリンゲンベルガー・シュロスベルク(1.3Ha)からもすごぶる上質の赤が生まれています。 南国の果実を思わせる独特のアロマを放ち、シュペートレーゼともなるとボディの厚いどっぷりとしたワインが出来上がります。チーズとの相性が良いですが、しっとりとワインだけを楽しみたい時にも重宝します。 ■Information 国 ドイツ 産地 フランケン(Franken)地域、マインフィアエック(Mainviereck)地区、ビュルクシュタット(Buergstadt) ブドウ品種 リースリング、ジルヴァーナータイプ 白・辛口・ミディアムボディ アルコール:12.0%、残糖:4.4g/L、酸:6.8g/L 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weingut Rudolf Furst ルドルフ・フュルスト醸造所 ピノ・ノワール産地としてのフランケンを世界にうならせた『孤高の才能』! 1638年からの歴史を持つ家族経営の生産者です。1975年父の死後、弱冠21才で家業を継いだ息子のパウルは以後この蔵をフランケンのトップまで押し上げ、現在は息子のセバスチャンも醸造に加わっています。現在の醸造所は木組造りの街並みが美しいミルテンベルク郊外のビュルクシュタット・ツェントグラーフェンベルクの畑に接して1979年に建てられています。 所有面積17.6ha、シュペートブルグンダー(40%)、フリューブルグンダー(10%)と、赤ワイン品種が半分を占めています。彩色砂岩の一級畑ツェントグラーフェンベルクからドイツトップクラスの赤ワインや極めて評判の高い白ワインが造られ、最近では2004年に取得したマイン川沿いのクリンゲンベルガー・シュロスベルク(1.3ha)からも素晴らしい上質の赤が生まれています。 トップワイナリーはルドルフ・フュルスト醸造所!ゴー・ミヨー【ドイツ・ワインガイド 2003】 2003年に選ばれたのはフランケンでした。それもヴュルツブルクを中心とした、伝統的な著名醸造所が集まる地域ではなく、西のフランクフルトに近いマインフィーアエック(Mainviereck)地区ビュルクシュタット村(Burgstadt)のルドルフ・フュルスト醸造所でした。1994年の初版を見れば、すでに20点中17点で、フランケンのベスト4のひとつでした。1975年に父親をなくしたパウル・フュルスト氏は、すぐにガイゼンハイムのワイン大学を中退し家業を継ぎます。 フランケンと言えば辛口の白ワインが有名ですが、この村の周辺は古典的な赤ワインの生産地でもありました。その歴史を再興しようと積極的に赤ワイン造りを進め、現在ではフランケンの赤ワイン生産者のリーダー、さらにドイツを代表する赤ワイン生産者の一人に登りつめました。 畑は約16ha、赤ワイン品種と白ワイン品種の割合はほぼ半々。主力は赤のシュペートブルグンダーで全体の40%となっています。今回の受賞に貢献したのは、主にこの赤ワインですが、辛口の白ワインもリースリングのみならずブルゴーニュ系の品種も高い評価を受けています。全体的に外れのない高い品質を誇っているのが特徴でしょう。甘口ワインは例外的で、アウスレーゼ以上は極少量、稀にアイスワイン、貴腐ワインが作られる程度。 【TRIAS】という声明は平凡なワインを代表するものではありません。シルヴァーナーはドイツで最も古い品種の一つ。以前はドイツ栽培地域で広く普及していましたが、 この30年間の間にミュラートルガウに殆ど全地域で一位の座を奪われました。その理由は消費者がブーケの香りを強調したタイプに好みを変化させたことにあります。 シルヴァーナーはむしろニュートラルで個性とエレガントさには欠けるマイルドなワインですが、 フランケン地方では優れたワインが綿々と作られており、辛口志向はシルヴァーナーにとって歓迎すべき傾向です。 ある有名な生産者がいうには、シルヴァーナーが最も葡萄の個性を発揮する、 最も適した畑があるのは、フランケン地方とラインヘッセンといっておりました。フュルストの類いまれなるシュペート・ブルグンダー (ピノノワール)は、鉄分を多く含む土壌から生まれており、非常に個性的なテロワールが見事に表現されている逸品! この赤ワインも見逃すことのできません。 【トリアス(TRIAS)】 【トリアス(TRIAS)】とは高い評価を受けているフランケン地方の5つのワイン生産所の友好同盟です。それはフランケンワインの珠玉の雫 、飲む人を必ず虜にさせるグルメなワインです! 土壌やミクロクリマ(畑特有の局地的気候)やブドウ畑の形状など、いわゆる 「テロワール」 を重視してその土地に相応しく個性的で明確な構造のワインの生産を完全なものにしていこうとフランケンのワイン生産者5人のすでに名声を博す醸造家たちが手を結びました。フランケンワインの素晴らしさを伝え相互に学びあうことが第一目的とのことです。 【トリアス(TRIAS)】の層々たるメンバーは、 レーヴェンシュタイン、ヨハンルック、シュトゥールライン、シュミット・キンダー、フュルスト醸造所 のオーナー達です。 【トリアス(TRIAS)】は【三畳系】の意。地質学の歴史で2億2千500年前から1億8千万年前の 中生代を表します。このころ雑色砂岩、貝殻石灰石、石灰質粘土といった 岩盤層が推積され、この土壌が現在のフランケンを特色付けること、そしてこのメンバーがこの地質を生かしたワイン造りを目指していることから付けられたそうです。 【TRAIAS】の名を冠するには? 各々の所有する最高の畑から、ジルヴァーナー、リースリング、シュペート・ブルグンダー(ピノ・ノワール)、ヴァイサー・ブルグンダー(ピノ・ブラン)の4種類の品種のみを用い、自然な栽培で収量を抑え、自然な醸造をし、メンバー5人によるブラインドテストで決定します。

6本以上送料無料商品 ブントザントシュタイン テラッセン リースリング&ジルヴァーナー Q.b.A. トロッケン 2006 ルドルフ フュルスト Buntsandsteinterrassen Riesling & Silvaner Q.b.A. trock —— 4,500円

6本以上送料無料商品 ヘックリンガー シュロスベルク シャルドネ Q.b.A. トロッケン 2010 ベルンハルト フーバー Hecklinger Schlossberg Chardonnay Q.b.A. trocken 2010 Weingut Ber

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 ドイツワインではなかなかお見かけできないシャルドネのワイン。 分厚いボディに溢れる果実味を樽香で引き締めたワイン。 名実ともにドイツ産シャルドネワインのトップといえます。 ベルンハルト・フーバー氏は、規格にとらわれない造り手としても有名。透き通ったライトグリーンかかったイエロー。将来的にグランクリュであるグローゼスゲヴェックスの規格にしていくのだと語るフーバー氏。この畑の斜度はなんと70度。ドイツ最高の斜度の1つの畑で、太陽の光を直接あびることができるので、非常に力の強い果実味を誇っています。約18ヶ月の新樽熟成により、分厚いボディにあふれる果実味をキリット引き締めた味わいで、酸も穏やかになっておりますが、何十年の長期の熟成も耐えることができます。名実ともにドイツ最高のシャルドネの1つ。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区 / マルターディンゲン村 ●ブドウ品種 シャルドネ 100% ●タイプ 白・辛口・フルボディ アルコール13.8%、残糖0.2g/l、酸度6.3g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】【】 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 ヘックリンガー シュロスベルク シャルドネ Q.b.A. トロッケン 2010 ベルンハルト フーバー Hecklinger Schlossberg Chardonnay Q.b.A. trocken 2010 Weingut Ber —— 12,300円

6本以上送料無料商品 ベッカー ゲヴュルツトラミナー QbA トロッケン 2015 フリードリッヒ ベッカー Becker Gewuerzttraminer QbA trocken 2015 Friedrich Becker ドイツ 辛口 白 ワイン 驚き

Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 醸造所のあるシュバイゲン村はファルツの最南端。この醸造所の面白いところは所有している畑がフランスとの国境をまたがっていることです。これは両国の歴史的背景によるものです。1871年までと1918〜1940年まではフランス領。1945年からはカナダの占領軍統治下にありました。ベッカー氏はこの複雑な事情から現在でもフランス領に多くの畑を所有しています。戦後の混乱期、1955年の独仏両国の特殊な法律によりフランス領で栽培されたブドウを使用してもドイツワインとして販売することが可能となりました。 ベッカー氏は「自然と一体となり豊かなテロワールに感謝しブドウを栽培していれば、毎年驚かされるような美味しいワインは何もしなくてもできる」 と説明します。今でも暖炉を使用し、 「スローフード」を地でいっているような生活を送る彼ら ならではの果実味を生かしたエレガトなワインを造っています。ベッカー氏の造るピノ・ノワールはヨーロッパやアメリカ等で世界的な評価 を受けています。 2006年にはフランスのゴーミヨ誌にて今最も注目に値する醸造家に贈られる「ライジングスター」賞も受賞しています!権威あるドイツワインガイド「ゴー・ミォ」誌において、7年連続「最優秀赤ワイン賞」受賞! ゲヴュルツトラミナー種ならではの華やかな香りを持つ、バランスの良い人気辛口ワインです。このワインを口に含むとバラの香りが広がります。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ファルツ(Pfalz)地域 / ズードリッヒ ヴァインシュトラーセ(Sudliche Weinstrasse)地区 / シュヴァイゲン(Schweigen) ●ブドウ品種 ゲヴュルツトラミナー 100% ●タイプ 白・辛口・ミディアムボディ アルコール11.8%、残糖11.7g/l、酸度8.1g/L ●醸造・熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 ドイツのみならず、世界中で大注目のスター!!【ブルゴーニュワイン】ファンの方にも是非押さえてほしい醸造家です!【世界一エレガントなワインを造る!】ことを目標に掲げ、果実味に溢れ、風味豊かな、一貫して美しいワインを生み出します!! いまやトレードマークの「キツネラベル」 で世界中でもおなじみの生産者となりました。そのトップキュヴェともなると世界中で争奪戦 となるワインです。2008年には【洞爺湖サミット】 でも彼のピノ・ノワールが使用され、来賓の方々を唸らせました!! ドイツの最有力ワイン評価誌【ゴーミヨ】で8年連続、[最優秀赤ワイン賞]受賞! また、2006年には同誌で最も注目される醸造家に贈られる【ライジングスター賞】も受賞! まさに今世界においてもトップクラスの醸造家になり、また、ワイン界において群を抜いたレベルを誇る素晴らしい生産者! 世界的な気候変動の影響により、各地で繊細でエレガントなスタイルの赤ワインを造ることが年々難しくなってきているといわれます。そんな中、【過去最高レベルに】といっていい程、ドイツの赤ワインの品質・味わいのレベルアップが進んでいて、特にフランス国境に近い【ファルツ】やドイツ南部の【バーデン】は非常に注目されています! ベッカー醸造所のある【シュヴァイゲン村】はそのファルツの最南端にあたり、なんとフランスとの国境を越え二つの国をまたがり畑を所有しています。20世紀前半の混乱から、幾度となく国境線が入れ替わったこの土地ならではの歴史的逸話です。1871年までと1918〜1940年まではフランス領で、1945年からはカナダの占領軍統治下にありました。ベッカー氏はこの複雑な事情から現在でもフランス領にも多くの畑を所有しています。戦後の混乱期、1955年の独仏両国の特殊な法律によりフランス領で栽培されたぶどうを使用してもドイツワインとして販売することが可能となりました。 もともと素晴らしいテロワールを誇るこのファルツを復活させた立役者がこの【フリードリッヒ・ベッカー氏】 と言っても言い過ぎではないのです!!シャイでダンディ、そして、ワイン造りに関しての情熱は物凄いベッカー氏とその遺志を受け継ぐ息子さんとの熱いワイン造り!そんな彼らの気持ちはしっかりとワインにも伝わり、国際的な「スター醸造家」になっても謙虚に低収穫量にこだわった高品質ワイン造りを行っている結果素晴しいワインが出来上がります。 ベッカー氏の所有する主な畑はシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)の栽培に向いている石灰質土壌です。 独特のエレガントな酸味とミネラル感と余韻の長さはこの土壌ならではです。使用している葡萄のクローンも【ドイツクローン】だけではなく、【フランスクローン】、【スイスクローン】と複数用いることで、それぞれの良さを引き出してワインに複雑さを与えています。 他ではあまり見かけないこの高い技術は、ベッカー氏がもともとクローン研究の第一人者で、クローンの味わいの特徴を知り尽くしている からこそです。 さらに、ベッカー氏のこだわりとして、化学肥料に頼らない、極力自然な農法を実践 しているのも特徴の1つです。実際に、畑の周りは野生のフルーツがたくさん実っていて、豊かな自然に囲まれたどこか懐かしい風景に囲まれています。また、豊かな森に囲まれた地に森も所有し、ワインの熟成に使用する樽の3分の2は自己所有の森のオークを使用 しています。そして、その森は風や悪天候から畑を静かに守ってくれています。 「世界一エレガントなワインを造る」 ことを目標に、ワイン造りに命をかけるベッカー氏が造るワインは果実味に溢れ、風味豊かで全てのワインで感動するほどのキレイな味わいになっています。ほんとうに身体に抵抗なく【す〜〜っと】入ってゆくワインです。 【伝統の継続こそが、最高の進歩!】 ベッカー氏は「自然と一体となり豊かなテロワールに感謝しブドウを栽培すれば、毎年驚かされるような美味しいワインは何もしなくてもできる。」 と語ります。今でも暖炉を使用し、 「スローフード」を地でいくような生活を送る彼らならではの果実味を生かしたエレガントなワインを造っています。ブドウ畑はピノ・ノワール、白ワインブドウのピノ・グリとシャルドネが約60%を占めています。その他にはシルバーナ、マスカット、 ゲヴュルツトラミネール、ミュラートゥルガウ、ポルトギーザー、ブラックリースリング、カベルネ・ソーヴィニヨンなども栽培しています。 ベッカー氏の造る【ピノ・ノワール】はドイツ国内はもちろんのこと、ヨーロッパやアメリカだけでなく世界的な評価を受けています!! 2006年にはフランスの【ゴーミヨ誌」にて今最も注目に値する醸造家に贈られる【ライジングスター賞】も受賞しています!また同雑誌にて8年連続【最優秀赤ワイン賞】を受賞しています。 今、オススメの醸造家【フリードリッヒ・ベッカー】のワインを是非お試しくださいませ!! 【フリードリッヒ・ベッカー】ほかのワインはこちら≫

6本以上送料無料商品 ベッカー ゲヴュルツトラミナー QbA トロッケン 2015 フリードリッヒ ベッカー Becker Gewuerzttraminer QbA trocken 2015 Friedrich Becker ドイツ 辛口 白 ワイン 驚き —— 3,400円

6本以上送料無料商品 ベッカー シャルドネ ターフェルワイン トロッケン 2007 フリードリッヒ ベッカー Becker Chardonnay Tafelwein trocken 2007 Friedrich Becker ドイツ 白 ワイン 送料無料,

ドイツのDRC Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 醸造所のあるシュバイゲン村はファルツの最南端。この醸造所の面白いところは所有している畑がフランスとの国境をまたがっていることです。これは両国の歴史的背景によるものです。1871年までと1918〜1940年まではフランス領。1945年からはカナダの占領軍統治下にありました。ベッカー氏はこの複雑な事情から現在でもフランス領に多くの畑を所有しています。戦後の混乱期、1955年の独仏両国の特殊な法律によりフランス領で栽培されたブドウを使用してもドイツワインとして販売することが可能となりました。 ベッカー氏は「自然と一体となり豊かなテロワールに感謝しブドウを栽培していれば、毎年驚かされるような美味しいワインは何もしなくてもできる」 と説明します。今でも暖炉を使用し、 「スローフード」を地でいっているような生活を送る彼ら ならではの果実味を生かしたエレガトなワインを造っています。ベッカー氏の造るピノ・ノワールはヨーロッパやアメリカ等で世界的な評価 を受けています。 2006年にはフランスのゴーミヨ誌にて今最も注目に値する醸造家に贈られる「ライジングスター」賞も受賞しています!権威あるドイツワインガイド「ゴー・ミォ」誌において、7年連続「最優秀赤ワイン賞」受賞! 凝縮されがインターナショナルなスタイルに仕上がっています。バニラの香りが立って、バランス良く穏やかに広がる果実味豊かで濃厚!それでいて後口スッキリの味わい深いシャルドネ種のワインです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ファルツ(Pfalz)地域 / ズードリッヒ ヴァインシュトラーセ(Sudliche Weinstrasse)地区、シュヴァイゲン(Schweigen) ●ブドウ品種 シャルドネ100% ●タイプ 白・辛口・ミディアムボディ アルコール 12.9%、残糖 8.1g/L、酸 5.6g/L ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 ドイツのみならず、世界中で大注目のスター!!【ブルゴーニュワイン】ファンの方にも是非押さえてほしい醸造家です!【世界一エレガントなワインを造る!】ことを目標に掲げ、果実味に溢れ、風味豊かな、一貫して美しいワインを生み出します!! いまやトレードマークの「キツネラベル」 で世界中でもおなじみの生産者となりました。そのトップキュヴェともなると世界中で争奪戦 となるワインです。2008年には【洞爺湖サミット】 でも彼のピノ・ノワールが使用され、来賓の方々を唸らせました!! ドイツの最有力ワイン評価誌【ゴーミヨ】で8年連続、[最優秀赤ワイン賞]受賞! また、2006年には同誌で最も注目される醸造家に贈られる【ライジングスター賞】も受賞! まさに今世界においてもトップクラスの醸造家になり、また、ワイン界において群を抜いたレベルを誇る素晴らしい生産者! 世界的な気候変動の影響により、各地で繊細でエレガントなスタイルの赤ワインを造ることが年々難しくなってきているといわれます。そんな中、【過去最高レベルに】といっていい程、ドイツの赤ワインの品質・味わいのレベルアップが進んでいて、特にフランス国境に近い【ファルツ】やドイツ南部の【バーデン】は非常に注目されています! ベッカー醸造所のある【シュヴァイゲン村】はそのファルツの最南端にあたり、なんとフランスとの国境を越え二つの国をまたがり畑を所有しています。20世紀前半の混乱から、幾度となく国境線が入れ替わったこの土地ならではの歴史的逸話です。1871年までと1918〜1940年まではフランス領で、1945年からはカナダの占領軍統治下にありました。ベッカー氏はこの複雑な事情から現在でもフランス領にも多くの畑を所有しています。戦後の混乱期、1955年の独仏両国の特殊な法律によりフランス領で栽培されたぶどうを使用してもドイツワインとして販売することが可能となりました。 もともと素晴らしいテロワールを誇るこのファルツを復活させた立役者がこの【フリードリッヒ・ベッカー氏】 と言っても言い過ぎではないのです!!シャイでダンディ、そして、ワイン造りに関しての情熱は物凄いベッカー氏とその遺志を受け継ぐ息子さんとの熱いワイン造り!そんな彼らの気持ちはしっかりとワインにも伝わり、国際的な「スター醸造家」になっても謙虚に低収穫量にこだわった高品質ワイン造りを行っている結果素晴しいワインが出来上がります。 ベッカー氏の所有する主な畑はシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)の栽培に向いている石灰質土壌です。 独特のエレガントな酸味とミネラル感と余韻の長さはこの土壌ならではです。使用している葡萄のクローンも【ドイツクローン】だけではなく、【フランスクローン】、【スイスクローン】と複数用いることで、それぞれの良さを引き出してワインに複雑さを与えています。 他ではあまり見かけないこの高い技術は、ベッカー氏がもともとクローン研究の第一人者で、クローンの味わいの特徴を知り尽くしている からこそです。 さらに、ベッカー氏のこだわりとして、化学肥料に頼らない、極力自然な農法を実践 しているのも特徴の1つです。実際に、畑の周りは野生のフルーツがたくさん実っていて、豊かな自然に囲まれたどこか懐かしい風景に囲まれています。また、豊かな森に囲まれた地に森も所有し、ワインの熟成に使用する樽の3分の2は自己所有の森のオークを使用 しています。そして、その森は風や悪天候から畑を静かに守ってくれています。 「世界一エレガントなワインを造る」 ことを目標に、ワイン造りに命をかけるベッカー氏が造るワインは果実味に溢れ、風味豊かで全てのワインで感動するほどのキレイな味わいになっています。ほんとうに身体に抵抗なく【す〜〜っと】入ってゆくワインです。 【伝統の継続こそが、最高の進歩!】 ベッカー氏は「自然と一体となり豊かなテロワールに感謝しブドウを栽培すれば、毎年驚かされるような美味しいワインは何もしなくてもできる。」 と語ります。今でも暖炉を使用し、 「スローフード」を地でいくような生活を送る彼らならではの果実味を生かしたエレガントなワインを造っています。ブドウ畑はピノ・ノワール、白ワインブドウのピノ・グリとシャルドネが約60%を占めています。その他にはシルバーナ、マスカット、 ゲヴュルツトラミネール、ミュラートゥルガウ、ポルトギーザー、ブラックリースリング、カベルネ・ソーヴィニヨンなども栽培しています。 ベッカー氏の造る【ピノ・ノワール】はドイツ国内はもちろんのこと、ヨーロッパやアメリカだけでなく世界的な評価を受けています!! 2006年にはフランスの【ゴーミヨ誌」にて今最も注目に値する醸造家に贈られる【ライジングスター賞】も受賞しています!また同雑誌にて8年連続【最優秀赤ワイン賞】を受賞しています。 今、オススメの醸造家【フリードリッヒ・ベッカー】のワインを是非お試しくださいませ!! 【フリードリッヒ・ベッカー】ほかのワインはこちら≫

6本以上送料無料商品 ベッカー シャルドネ ターフェルワイン トロッケン 2007 フリードリッヒ ベッカー Becker Chardonnay Tafelwein trocken 2007 Friedrich Becker ドイツ 白 ワイン 送料無料, —— 5,600円

6本以上送料無料商品 ベッカー ゾンネンベルク リースリング QbA トロッケン 2008 フリードリッヒ ベッカー Becker Sonnenberg Riesling QbA trocken 2008 Friedrich Becker ドイツ 白 ワイ

ドイツのDRC Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 醸造所のあるシュバイゲン村はファルツの最南端。この醸造所の面白いところは所有している畑がフランスとの国境をまたがっていることです。これは両国の歴史的背景によるものです。1871年までと1918〜1940年まではフランス領。1945年からはカナダの占領軍統治下にありました。ベッカー氏はこの複雑な事情から現在でもフランス領に多くの畑を所有しています。戦後の混乱期、1955年の独仏両国の特殊な法律によりフランス領で栽培されたブドウを使用してもドイツワインとして販売することが可能となりました。 ベッカー氏は「自然と一体となり豊かなテロワールに感謝しブドウを栽培していれば、毎年驚かされるような美味しいワインは何もしなくてもできる」 と説明します。今でも暖炉を使用し、 「スローフード」を地でいっているような生活を送る彼ら ならではの果実味を生かしたエレガトなワインを造っています。ベッカー氏の造るピノ・ノワールはヨーロッパやアメリカ等で世界的な評価 を受けています。 2006年にはフランスのゴーミヨ誌にて今最も注目に値する醸造家に贈られる「ライジングスター」賞も受賞しています!権威あるドイツワインガイド「ゴー・ミォ」誌において、7年連続「最優秀赤ワイン賞」受賞! 太陽の恵みを十二分に受けた土壌からできた力強いリースリングワイン。「辛口デザートワイン」とも呼ばれる特級畑から生まれた最高級リースリングワインです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ファルツ(Pfalz)地域 / ズードリッヒ ヴァインシュトラーセ(Sudliche Weinstrasse)地区、シュヴァイゲン(Schweigen) ●ブドウ品種 リースリング 100% ●タイプ 白・辛口・ミディアムボディ アルコール12.3%,残糖7.1g/l,酸7.8g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガー・ホーフ株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 Weingut Friedrich Becker フリードリッヒ・ベッカー醸造所 ドイツのみならず、世界中で大注目のスター!!【ブルゴーニュワイン】ファンの方にも是非押さえてほしい醸造家です!【世界一エレガントなワインを造る!】ことを目標に掲げ、果実味に溢れ、風味豊かな、一貫して美しいワインを生み出します!! いまやトレードマークの「キツネラベル」 で世界中でもおなじみの生産者となりました。そのトップキュヴェともなると世界中で争奪戦 となるワインです。2008年には【洞爺湖サミット】 でも彼のピノ・ノワールが使用され、来賓の方々を唸らせました!! ドイツの最有力ワイン評価誌【ゴーミヨ】で8年連続、[最優秀赤ワイン賞]受賞! また、2006年には同誌で最も注目される醸造家に贈られる【ライジングスター賞】も受賞! まさに今世界においてもトップクラスの醸造家になり、また、ワイン界において群を抜いたレベルを誇る素晴らしい生産者! 世界的な気候変動の影響により、各地で繊細でエレガントなスタイルの赤ワインを造ることが年々難しくなってきているといわれます。そんな中、【過去最高レベルに】といっていい程、ドイツの赤ワインの品質・味わいのレベルアップが進んでいて、特にフランス国境に近い【ファルツ】やドイツ南部の【バーデン】は非常に注目されています! ベッカー醸造所のある【シュヴァイゲン村】はそのファルツの最南端にあたり、なんとフランスとの国境を越え二つの国をまたがり畑を所有しています。20世紀前半の混乱から、幾度となく国境線が入れ替わったこの土地ならではの歴史的逸話です。1871年までと1918〜1940年まではフランス領で、1945年からはカナダの占領軍統治下にありました。ベッカー氏はこの複雑な事情から現在でもフランス領にも多くの畑を所有しています。戦後の混乱期、1955年の独仏両国の特殊な法律によりフランス領で栽培されたぶどうを使用してもドイツワインとして販売することが可能となりました。 もともと素晴らしいテロワールを誇るこのファルツを復活させた立役者がこの【フリードリッヒ・ベッカー氏】 と言っても言い過ぎではないのです!!シャイでダンディ、そして、ワイン造りに関しての情熱は物凄いベッカー氏とその遺志を受け継ぐ息子さんとの熱いワイン造り!そんな彼らの気持ちはしっかりとワインにも伝わり、国際的な「スター醸造家」になっても謙虚に低収穫量にこだわった高品質ワイン造りを行っている結果素晴しいワインが出来上がります。 ベッカー氏の所有する主な畑はシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)の栽培に向いている石灰質土壌です。 独特のエレガントな酸味とミネラル感と余韻の長さはこの土壌ならではです。使用している葡萄のクローンも【ドイツクローン】だけではなく、【フランスクローン】、【スイスクローン】と複数用いることで、それぞれの良さを引き出してワインに複雑さを与えています。 他ではあまり見かけないこの高い技術は、ベッカー氏がもともとクローン研究の第一人者で、クローンの味わいの特徴を知り尽くしている からこそです。 さらに、ベッカー氏のこだわりとして、化学肥料に頼らない、極力自然な農法を実践 しているのも特徴の1つです。実際に、畑の周りは野生のフルーツがたくさん実っていて、豊かな自然に囲まれたどこか懐かしい風景に囲まれています。また、豊かな森に囲まれた地に森も所有し、ワインの熟成に使用する樽の3分の2は自己所有の森のオークを使用 しています。そして、その森は風や悪天候から畑を静かに守ってくれています。 「世界一エレガントなワインを造る」 ことを目標に、ワイン造りに命をかけるベッカー氏が造るワインは果実味に溢れ、風味豊かで全てのワインで感動するほどのキレイな味わいになっています。ほんとうに身体に抵抗なく【す〜〜っと】入ってゆくワインです。 【伝統の継続こそが、最高の進歩!】 ベッカー氏は「自然と一体となり豊かなテロワールに感謝しブドウを栽培すれば、毎年驚かされるような美味しいワインは何もしなくてもできる。」 と語ります。今でも暖炉を使用し、 「スローフード」を地でいくような生活を送る彼らならではの果実味を生かしたエレガントなワインを造っています。ブドウ畑はピノ・ノワール、白ワインブドウのピノ・グリとシャルドネが約60%を占めています。その他にはシルバーナ、マスカット、 ゲヴュルツトラミネール、ミュラートゥルガウ、ポルトギーザー、ブラックリースリング、カベルネ・ソーヴィニヨンなども栽培しています。 ベッカー氏の造る【ピノ・ノワール】はドイツ国内はもちろんのこと、ヨーロッパやアメリカだけでなく世界的な評価を受けています!! 2006年にはフランスの【ゴーミヨ誌」にて今最も注目に値する醸造家に贈られる【ライジングスター賞】も受賞しています!また同雑誌にて8年連続【最優秀赤ワイン賞】を受賞しています。 今、オススメの醸造家【フリードリッヒ・ベッカー】のワインを是非お試しくださいませ!! 【フリードリッヒ・ベッカー】ほかのワインはこちら≫

6本以上送料無料商品 ベッカー ゾンネンベルク リースリング QbA トロッケン 2008 フリードリッヒ ベッカー Becker Sonnenberg Riesling QbA trocken 2008 Friedrich Becker ドイツ 白 ワイ —— 4,200円

6本以上送料無料商品 マルターディンガー ビーネンベルク オクセロア カビネット トロッケン 2013 ベルンハルト フーバー Malterdinger Bienenberg Auxerrois Kabinett trocken 2013 Weingut

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 ピノ・ブラン種に良く似ていて、酸が控えめで洋ナシ等の複雑で華やかさな香りとややスパイシーな香りがあります。旨みの凝縮感が感じられ、また、ボリュームの豊かな味わいの白ワインです。 ■Information 国 ドイツ 産地 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区 ブドウ品種 オクセロワ100% (オーセロワ) タイプ 白・辛口 アルコール11.5%、残糖3.4g/l、酸5.8g/l 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 マルターディンガー ビーネンベルク オクセロア カビネット トロッケン 2013 ベルンハルト フーバー Malterdinger Bienenberg Auxerrois Kabinett trocken 2013 Weingut  —— 3,600円

6本以上送料無料商品 マルターディンガー ビーネンベルク グラウアーブルグンダー R Q.b.A. トロッケン 2008 ベルンハルト フーバー Malterdinger Bienenberg Grauerburgunder R Q.b.A. trocke

ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。 フランスとスイスの国境沿いに位置します。その温暖な気候のように、今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」 です。1987年に当時加盟していた地元のブドウ生産者協同組合を脱退し、まさに1からスタートしたこの醸造所は今ではドイツを飛び越え、世界最高峰の醸造所の一つ に数えられるまでとなりました。 この醸造所の最大の特徴は、白ワインが主流のドイツには珍しく、ピノ・ノワールを使った赤ワインの生産が70%を超えていること。収穫量を制限して作った味の濃いブドウを小さな新樽(バリック)で熟成させることにより、しなやかで力強いワインを生み出しています。 ピノ・ブラン種に良く似ていて、酸が控えめで洋ナシ等の複雑で華やかさな香りとややスパイシーな香りがあります。旨みの凝縮感が感じられ、また、ボリュームの豊かな味わいの白ワインです。 ■Information 国 ドイツ 産地 バーデン(Baden)地域 / ブライスガウ地区 ブドウ品種 グラウアーブルグンダー100% タイプ 白・辛口 アルコール:13.5%、残糖:1.2g/L、酸:6.8g/L 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 ベルンハルト・フーバー Weingut Bernhard Huber Weingut Bernhard Huber ベルンハルト・フーバー醸造所 究極のワインをイメージし、理想に極限まで突き詰めたワインを造り出す天才! 世界最高峰の醸造所として今熱い注目を世界から浴びているのがこの「ベルンハルト・フーバー」 南ドイツ、バーデン地域はドイツのワイン生産地帯の最南端。フランスとスイスの国境沿いに位置します。 その温暖な気候のように、今世界中から高い評価をされているのがこの「ベルンハルト・フーバー醸造所」です。 1987年に当時加盟していたブドウ生産者協同組合を脱退し、ゼロからスタートした醸造所は ドイツだけでなく、世界最高峰の醸造所の一つになりました。 彼がまだ研修生だったころ、故郷マルターディンゲン村で資料を調べていたフーバー氏は、13世紀頃の古い古い文献を目にします。当時マルターディンゲン村は、フランスのシトー派の僧侶が持ち込んだ「ピノ・ノワール」を使った赤ワインの名産地であったばかりか、ピノ・ノワール種が村名を取って「マルターディンガー」 と呼ばれていたことが記されていました。 (今でもワイン辞典で、ピノ・ノワールの同義語で「マルターディンガー」が記載。) この古文書に出会い、自信をもった彼は、1984年、ブドウ栽培者協同組合を脱退し、独自のワインを造る為「ベルンハルト・フーバー醸造所」を創設します。努力と彼の強い想いにより、眠っていた「マルターディンガー」が再びよみがえりました。 今日世界各地で、彼のしなやかで豪華な赤ワインは常に最高の評価を得ており、コンクールなどでも フランスやカリフォルニアの名だたる醸造所を打ち負かすこともしばしば です。 「フーバーワインは間違いなく世界有数のワインの一つ。20年前にドイツでシュペートブルグンダー種でこれほどの赤ワインができるかと質問されたら、間違いなく『とんでもない!』と答えただろう。」 とは【Grand Jury European】のリーダー、フランス人【フランソワ・マウス(Francois Mauss)】のルクセンブルクのワイン品評会での言葉です。 700年前にフランスの僧侶にピノ・ノワール種の栽培の地として選ばれたマルターディンゲン村。 その最大の要因は、ブルゴーニュ地方に風土や土壌が酷似していたのです。 土壌は貝殻石灰岩の風化土壌。太古の昔海であったこの地は、少し掘り起こすと独特の色合いを呈した土壌が露出します。特に貝殻石灰岩の地層の隆起が激しく、赤ワインに欠かせない複雑味を土壌から多くもたらされることになります。 現在でこそドイツで認知されている、オーク素材の小さな新樽(バリック)での熟成も、ほんの10年前までは珍しいものでした。そのパイオニアとして取りくんだのがフーバー氏です。 成功の一因として、ワインに独特の深みを与えるバリックは欠かすことが出来ません。もちろん、ぶどうを丹精に育み、この樽の風味に負けることのない力強い美味しいブドウ果汁があってこそです。 フーバーのワインを飲むまでは、ドイツ・ワインの真の実力は知りえません! 1984年の創設以来、瞬く間に、世界のトップ・クラスの地位を築き上げたフーバー醸造所の当主、ベルンハルト・フーバー氏のワインです。 ワイン専門誌や、各メディアでも賞賛を浴び、ドイツ・ワインを語るには、欠かすことできない造り手の1人 です。 2008年度には、ドイツで最も権威あるワイン本『ゴーミヨ誌』では。。 『最優秀醸造家賞を受賞!』( Winemaker of the Year) と、大活躍のワイナリーです。 これほど人気で勢いもあるのですが、ご当人はいたって物静かで、とても紳士的な人です! そして、その人柄が反映するワインは、やはりキレイで本当に素晴らしいものです! 私がフーバー氏のワインを初めて口にしたのは、約17年ほど前だっと思います。当時ドイツワインといえば、『甘口になるほど高級で高価』な時代でした。(※寒さ厳しいドイツは、ブドウの糖度を上げるのが難しく、ドイツワインの格付けは、甘いほど、ランクが上というものです。) そんな時代に飲んだ、フーバー氏の『辛口白ワイン』には、本当に驚きました!!そのふくよかで洗練された味わいに、ドイツ・ワインのイメージが目からウロコの感動を覚えた事を、今でもしっかりと覚えています。 フーバー氏が凄いのは、これだけではありませんでした!そして、フーバー氏の『ピノ・ノワール』を飲んだら、更に感動でした!! 『ドイツで、こんなに素晴らしいピノ・ノワールがあるのか!?』 と、驚きでした。 エレガントで、果実の凝縮感、奥行きと複雑味、深みが感じられ、フランス・ブルゴーニュの偉大なピノを思わせる、素晴らしいグラン・ヴァンの虜 になりました。 実は、フーバー醸造所では、ピノ・ノワールの赤ワインの生産量が、全体の70%以上を占め、世界的に彼のピノ・ノワールが高く評価され、メディアからの取材が多数来たほどです。フーバー氏がピノ・ノワールに情熱を注ぐきっかけは、以前読んだ、古い文献だったのことです。 その中には、ピノ・ノワールを、まさに自分の本拠地である村『マルターティンガー』 の名で呼んでいたという事実がありました! ピノ・ノワール栽培に、元々適した地である事実、古い文献との運命的な出会いが、フーバー氏の『最高のピノ・ノワール』造り へと導きました。 フーバー氏のワインは、赤も白も、本当に素晴らしいのです。これだけの地位に昇りつめた彼ですが、毎年、ブルゴーニュをはじめ、イタリア・ピエモンテ等、さまざまな国のワイナリー視察に行き、数々の造り手と交流が深く、他の造り手のワインを飲むなど、とても研究熱心なんです。 現状に甘えることなく、常に「前に!前に!」という姿勢には敬服します。 無口な方なのですが、ブドウの栽培のこととなると、隠した情熱を感じ、真面目で誠実な人柄がそのままワインに反映されているようでした。 ドイツ最南端のバーデン地域で生み出される世界でも最高のピノ・ノワール、そして、味わいにあふれた辛口白。 フーバー氏の魂の入った逸品を、是非この機会にお試し下さいませ!! 【フーバー氏の赤ワイン】 マルターティンガー村の土壌は、赤みを帯びた、粘土石灰質土壌。ブルゴーニュのシャンボール・ミュジニーなどと同じ土壌なのです! かつての文献で見つけた、ピノ・ノワールとマルターティンガー村の深い繋がりは、その土壌が証明しています。そんな土壌で、フーバー氏の丁寧な畑仕事により生まれたワインは、今までの、いわゆる『ドイツのピノ』のイメージを大きく変える、エレガントさと優美さを備えています。 フーバー氏の3千円クラスのワインでも、十分に堪能できるほどです。 【フーバー氏の白ワイン】 フーバー氏のワインは、昔から赤白ともに辛口スタイルが中心です。他の生産者は甘口が多いのに、「何故辛口を造るのか?」の答えは。。。 『リースリングの甘口は、モーゼル等北部が沢山造っているので、自分があえて作る必要はない。』とのカッコイイ答え。 白ブドウの栽培は、石灰質土壌の畑で行われています。フーバー氏のワインが、白も赤も美味しい理由。まさにその理由は、素晴らしい土壌がこの地に存在しているからなのです。

6本以上送料無料商品 マルターディンガー ビーネンベルク グラウアーブルグンダー R Q.b.A. トロッケン 2008 ベルンハルト フーバー Malterdinger Bienenberg Grauerburgunder R Q.b.A. trocke —— 6,100円