住宅/インテリア/文具/映画/ライフハックなど雑記ブログに近いものの、様々な有益情報を提供するメディアを目指しています




6本以上送料無料 ウルツィガー ヴュルツガルテン リースリング トロッケンベーレンアウスレーゼ ゴールドカプセル 2000 375ml ドクター ローゼン Uerziger Wuerzgarten Riesling Trockenbeerenauslese

ドイツ 貴腐ワイン 1988年1月に家業を継いだ「ドクター・ローゼン醸造所」の現当主エルンスト・ローゼン氏は、接木をしていない 平均樹齢50年以上の古木 を使うことと、最上級の畑を所有することが、世界に通じるすばらしいワインを造る絶対の条件だと気づき、次々と革命を起こしました。 ブドウの収穫量を半分に減らし、化学肥料の使用を一切止め、有機肥料を使った最新農法を取り入れ、昔ながらの素朴な醸造法を取り戻しました。 「リースリング・ルネッサンス」 の実現に向けて、今やドイツ国内にとどまらず、世界中で活躍する彼の功績は高く評価され、 2001年「ワイナリー・オブ・ザ・イヤー」(ゴー・ミオ誌/ドイツ)、2005年3月「マン・オブ・ザ・イヤー」(デカンター誌/イギリス)に続いて、9月には「ホワイトワインメーカー・オブ・ザ・イヤー」(インターナショナル・ワインチャレンジ・2005/ロンドン) に選ばれました。 「ワインの芸術品」 といわれる特別限定生産の貴腐ワイン。日本上陸はわずか 6本のみ の超希少品です。 ■Information 国 ドイツ 産地 モーゼル地域 / ベルンカステル地区 ブドウ品種 リースリング100% タイプ 白・極甘口 アルコール:6.4% Vol.、残 糖:227.2g/L、酸:8.3g/L 内容量 375ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 WEINGUT DR.LOOSEN ドクター・ローゼン WEINGUT DR.LOOSEN ドクター・ローゼン 200年に渡り、代々ローゼン家に受継がれる畑の平均樹齢60年以上の古樹から産み出される!! ゴーミヨ誌で最優秀醸造家の評価!世界中から『 リースリングの伝道師』と賞賛!! エルンスト・ローゼン氏と言えば、2005年デキャンタ―誌の『マン・オブ・ザ・イヤー』を受賞 >した初のドイツ人醸造家です。 彼が、1996年より管理・運営する蔵が【JLヴォルフ】 です。 この【ローゼン・ブラザーズ】も【Dr.ローゼン】のワインと同じように化学薬品等を使わない有機栽培 を実施。 契約農家からの葡萄も仕入ますが、全ての農家に栽培方法など細かく取り決めしています。 【独自の品質格付け】 ドクター・ローゼンでは6つの銘醸畑を所有しています。そのうちの4つは「特級畑」、残りの2つは「第一級畑」に格付けされています。 これは、1868年に制定されたモーゼル地域での格付けで、フランスのブルゴーニュ地方における「グラン・クリュ」システムに似ており、最近では スチュアート・ピゴット氏、ヒュー・ジョンソン氏共著の「ドイツワイン・アトラス」でも高評価 です。 これらの畑から醸した高級格付けワイン(カビネット〜トロッケンベーレン・アウスレーゼ)は銘醸畑シリーズとしてそれぞれの畑名をつけて瓶詰めしています。 それ以外にもコストパフォーマンスを追求したドクター・ローゼンQ.b.A.ファインヘルプがあります。 【銘醸と言われる3つの条件】 1.The microclimate / マクロクリマ(局地的気候) モーゼル河沿いの南向き急傾斜という地理的条件がリースリングに対して最適な気候を作り出します。ブドウは理想的な太陽を浴び素晴らしい成熟を得ます。真夏でも涼しい夜は、ブドウに酸味を持たせ、リースリングの味に不可欠な要素となります。 川は、太陽の光を反射させ、ぶどうの熟成に必要な温度を保ち、気候の低下から畑を守るのです。 2.The Slate Soil / スレート(粘板岩)土壌 多数の粘板岩や露出した岩は、日中の熱を蓄え、ぶどうが完熟するのを促進します。また地表は細かな粘板岩が覆っているため、ブドウは根を深く張れ、ミネラル味の強い生き生きとしたワインが造り出されます。 3.Old, ungrafted vines / 接ぎ木なしの古木 モーゼルの粘板岩土壌の中ではフィロキセラ(ブドウ根アブラムシ)は繁殖できません。そのため、ドクター・ローゼンでは平均樹齢60年、接ぎ木なしの古木 >から凝縮した厚みのあるワインが仕上がります。 『リースリングの伝道師』 英国のワイン誌として最も権威のあるDecanter誌で、2005年度の“Man of The Year”に選ばれました。 『リースリングの伝道師』ローゼン氏のワインを飲まずして、リースリングは語れません! 彼が日本にプロモーションに来られた時に2度ほど一緒に全国周りをさせていただいた想いでがあります。ドイツのワイン造りのスーパースターにもかかわらず本当に気遣いのできる気さくな楽しい方でした。 彼のワインを一度飲めば、間違いなく人柄と同じく虜になってしまいます!そんな彼のドクター・ローゼン醸造所はモーゼル川沿いの南向きの急斜面に 誰もが羨むような6つの銘醸畑を所有しています。 当主エルンスト・ローゼン氏は樹齢60〜70年の樹が植えられた 「ヴェーレナー・ゾンネンウーア」(ヴェーレン村の日時計), 「エアデナー・トレップヒェン」(エアデン村の小さな階段) などの畑を特級と1級に格付けしました。 歴史文書に基づいた非公式な格付けでしたが、各々の畑のテロワールを映しています。ドイツワインの権威スチュアート・ピゴット氏が「畑ごとのワインの味わいの違いを表現する見本」 と評するほどです。 彼の醸造所を訪れると必ず、ワインの前には特急畑それぞれの色の違う粘板岩が置かれ、味わいの違いがどこからくるものなのかを実感させられます。 酸と甘み、果実味のバランスが絶妙にとれた彼のワイン造りの一端は手ごろな ドクターLシリーズをすすっただけでもわかります。 畑名入りのシリーズともなればその幾重にも折り重なった複雑な深い味わいの構成は他に類を見ません! ローゼン氏は1988年からローゼン醸造所の経営を引継ぎ、これまでも高い評価を得てきましたが、さすがに今回は 「いまだに信じられない」 と 語っていたようです。 彼の情熱はモーゼルだけにとどまらず、 ファルツ地方の J.L.ヴォルフ醸造所を買上げリースリングの評価もかなり高い! シュペートレーゼ・トロッケンは「 ドイツの美味しい辛口ワイン」に ノミネート されていました。 ヒュー・ジョンソン著「ポケットワインブック」には、ベルンカステルの ザンクト・ヨハニスホーフにある精力的な葡萄園で9.7haの畑をもっています。 “超一級畑”の樹齢を重ねた葡萄樹から産するリースリングは、深みのある強烈なものになります。 1995以降のワインは最上級の品質。エルンスト・ローゼン氏の造り出すワインは、その透き通るほど清冽で 綺麗なリースリングの芸術品なのです! 彼のワイン造りのコンセプトは、 「飲む喜びを感じられるワイン」 ドイツの豊かな自然を重んじ、その自然が育んだぶどう本来の潜在力を余すことなく1本のワインに仕上げた最高のドイツワインの味をお楽しみ下さい!! きっとお気にいりのワインの1つになること間違いなしです。 【エルンスト・ローゼン氏】の活躍ぶりを数多くの ワイン評論家や世界のワイン愛好家が高く評価しています!! ・VDPドイツ高級ワイン生産者協会会員 (ドイツで最もレベルの高いワイン生産者組合 ) ・優秀醸造所ベスト100入り(ドイツの雑誌「DM」より ・世界のワイン醸造所ランキングベスト10(ゴー・ミヨ誌) ・ドイツ辛口リースリング大賞「ファインシュメッカー」 誌上品評会での受賞! ・ワイン界のアカデミー賞! イギリスの権威あるワイン雑誌デカンター誌において2005年度 「マン・オブ・ザ・イヤー」に 選ばれました!

6本以上送料無料 ウルツィガー ヴュルツガルテン リースリング トロッケンベーレンアウスレーゼ ゴールドカプセル 2000 375ml ドクター ローゼン Uerziger Wuerzgarten Riesling Trockenbeerenauslese —— 56,400円

6本以上送料無料 エステート ラウエンタール リースリング Q.b.A. トロッケン 2017 ゲオルク ブロイヤー Estate Rauenthal Riesling Q.b.A. trocken 2017 Georg Breuer ドイツ 白 ワイン

Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 元はネゴシアンだったブロイヤー家が醸造所として元詰めを開始したのが1970年代。前当主ベルンハルト・ブロイヤー氏は妥協することなく理想のワインを追い求め、ドイツのワイン生産者協会や組合から脱退し、わが道を20年間走り続けました。2004年5月、惜しくもその短すぎる生涯を終えることとなってしまいましたが、彼の長年の悲願であった「ドイツワインの再興」は後継者たちによって今着実に実を結ぼうとしています。また、環境保護はここの醸造所の掲げる大きなテーマのひとつです。単一品種栽培からの脱皮、有機肥料の使用、極端な収量制限、畑の一部でビオディナミ法の採用など、すべて100年先にもぶどうが栽培できるように実践されています。 ロマンチック街道と並ぶドイツの観光名所リューデスハイム。ライン下りの船着場のあるこの街は、狭く短い路地の両側にワイン酒場が並ぶ「ドロッセルガッセ(つぐみ横丁)」、別名「酔っ払い横丁」で有名です。ゲオルク・ブロイヤー醸造所は、この横丁で「リューデスハイム・シュロス」という名のホテル・酒場も経営しています。 オルトリースリング=村名リースリング(Ortsriesling)『多くの醸造家がこのクラスの味わいを最高のものとして提供できれば、それで満足するであろう』ルドルフ・クノールDer Sudwest Weinfuhrer、輝く黄金色。心地よい柑橘系の香りが濃く、熟した感じがあります。ボディは厚く、果実味の凝縮感があり、他のドイツワインの「軽やかな・・」はあてはまらなく、まさに独自の重み、他に例えようのないスタイルである。流石ブロイヤー氏のワイン。食事と共に・・と語るブロイヤー氏のまさに方向性を示す“村名”の名がふさわしいリースリングです。 ≫≫ *ゲオルク・ブロイヤー 絶品辛口リースリング飲み比べ3本セット お買い得!! ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインガウ(Rheingau)地域 / ヨハニスベルク(Rheingau)地区 / リューデスハイム(Ruedesheim) ●ブドウ品種 リースリング 100% ●タイプ 白・辛口・フルボディ アルコール11.4%、残糖7.8g/l、酸度8.9g/l ●醸造・熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●輸入元 ヘレンベルガー・ホーフ 株式会社 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするリースリングの魔術師! 辛口リースリングでラインガウを変革する孤高の魂!ラインガウ復興の立役者【ゲオルグ・ブロイヤー】! フランス語を学ぶためスイスに留学。その後、ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、モンペリエ大で醸造学を修めたました。更に、米・ニューヨークの銀行でマーケティングの研修を積み、18歳になった1965年には、傾きかけていた実家のネゴシアンで父の片腕として働き始めました。 「フランスのほぼ全ての生産地やアメリカも訪ねることにより、ドイツワインのおかしさに気づきました。輸出するドイツワインは国内より甘口にしていることが多いのです。シャトー・マルゴーもオー・ブリオンも世界で共通の味なのに、おかしな話だ。」 ブロイヤー氏はやがて自家元詰めに転換し、1980年にまずリューデスハイム村で最高と言われる「コクがあって上質のフレーヴァーを持つ」と言われラインガウの人気畑でありリューデスハイムの中でも「ベルク」の名が付く特に最良畑である『ベルク・シュロスベルク(Berg Schlossberg)』畑 をリリースしました。 また、 「ワインはブドウがそれぞれの土地でどう育っているかを表現するもの。ケラー(セラー)のテクニックの産物ではなく、農産物。畑のポテンシャルを最大限に引き出し、テロワールを表現するのが我々造り手の仕事だ。」 とワインに対する熱い思いを語ります。 *辛口&中辛口ワインのスペシャリスト! ブロイヤー氏が辛口と中辛口に特化しているのも、自然に任せたワイン造りにこだわっているからです。戦前のラインガウでは偉大な辛口ワインを造ってきた伝統があります。「アウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼは例外的なワイン。糖度が高すぎて、酵母が全てを発酵できないから極甘口になる。通常の甘口ワインの多くは発酵途中に酵母を取り除いたり、果汁を冷やしたりしている。それは人工的な作業でおかしい。」 醸造所のワインは、ベーシックな『グーツリースリング』 、村名格の『オルトリースリング』 、彼自身が特級とみなすワインのセカンド『テラ・モントーサ』(ラテン語で「急斜面」の意) 、彼自身が特級とする『スピッツェン ゲヴェックス』 の4つのカテゴリーに分かれています。ワイン法でいうシュペートレーゼ以上の糖度の果汁を使用していますが、その表示はありません。畑の格にこだわっているのです 秀逸なのはリューデスハイム村の特級格の『ベルク・シュロスベルク』、『ベルク・ロットランド』、『ベルク・ローゼンエック』、ラウエンタール村の『ノンネンベルク』の4つです。 豊かなミネラルと透明な酸、果実味のバランスがとれた辛口のエレガントさは比類がないと言われます。ヒュー・ジョンソン、マイケル・ブロードベントら英国のトップ評論家から賞賛 されるのも当然の味わいです。 ワインの性格と同じく、ブロイヤー氏の生き方に妥協はない。1980年代にはカルタ連合の創設メンバーとして、ラインガウ・ワインの変革を図りました。その動きを受け継いだのがラインガウの優良生産者組合(VDP)。フランスのグラン・クリュ(特級)の概念に基づいて畑を格付けする【エアステス・ゲヴェックス】 という制度を1999年に始めました。彼も参画しましたが、1年後、信念の違いからVDPを去ります。「VDPが補糖を認めているのは納得できない。格付けは畑の天候や気温にこだわり過ぎています。畑の土壌や斜面の向き、斜度などもワイン栽培にとって重要な要素。リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】の一部が特級ではないことは非常におかしいのです。」 ディジョン・クローンを植えドイツのトップクラスのシュペートブルグンダー。ブロイヤー氏がVDPを去ったのは、自分の畑が格付けからもれているというような単純な理由からだけではなく、VDPの思想と自らの信念が違っているからです。 「例えば、収量。現在は1ha当たり50h/lまで認められているが、40〜45h/lまで下げる必要がある。テロワールの表現は収量の制限に尽きる。ラ・ターシュやモンラッシェは他にない個性を世界で認められているから特級を名乗れるのだ。」 ブロイヤー醸造所の平均収量はなんと25〜45h/l という低さです。また、ブロイヤー氏はドイツでトップクラスのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を手がけ、ポルトガル・ドウロでも赤ワインを生産しています。 「どこでも栽培できるブドウではなく、リースリングやピノ・ノワールのように特定の土地でしか成功しないブドウに挑戦心を掻きたてられる。伝統を大切に新たな歴史を創造したい!」 と彼は言います。 やわらかな果実の風味をしっかりとしたミネラルとエッジのたった酸が支え、とても綺麗な造りになっています。ブドウの素地の良さ、ワインの造りの無理がなく、のびやかな美味しさはワインを好きでないかたにもオススメしたい素直な美味しさです!クラシックなスタイルのワインがお好きな方には、是非お試しいただきいワインです! *世界の批評家も賞賛するワイン! 『私が初めてラインガウのワインに愛情を感じたのは透明感があり力強く、時に強烈なリースリングであった。力強くも果実味豊か。それが私の理想とするところ。今日そういったリースリングを造り出す醸造家を見つけ出すのは難しい。このワイングート ゲオルグ・ブロイヤーこそ、その数少ない「特別な醸造家」の一人である。』 (ワイン評論家 アイヒェルマン、モンド ワインガイド 2001年度版) 『この近年まれに見るすばらしい品質、特にボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリングと新しいアイデアには目を見張るものがある。』 (ワイン評論家 ヒュー・ジョンソン ポケットワインブック)

6本以上送料無料 エステート ラウエンタール リースリング Q.b.A. トロッケン 2017 ゲオルク ブロイヤー Estate Rauenthal Riesling Q.b.A. trocken 2017 Georg Breuer ドイツ 白 ワイン  —— 3,000円

6本以上送料無料 エストリッヒ レンヒェン リースリング シュペートレーゼ 2006 ペーター ヤコブ キューン Oestrich Lenchen Riesling Spaetlese 2006 Peter Jakob Kuehn ドイツ やや甘口 白 ワ

ペーター・ヤコブ・キューン家は、1786年から11代にわたってワイン造りをしています。現在エストリッヒ ドースベルクとレンヒェンに15haの畑を所有しています。それぞれの土壌の個性からか、ドースベルクは見事な辛口が、レンヒェンからは残糖のあるワインが出来ます。 樹齢は古いものは50年の物があり、病気や害虫に対しては出来るだけ有機的な対処をしています。果実味あふれる香り、葡萄の持つ風味を保ち、甘さと酸の上質なバランスを取ることを目指しています。 しっかりと甘みがあり、酸の切れがあります。並みの生産者のアウスレーゼに匹敵する糖度を持った、貫禄十分のシュペートレーゼです。 ■Information 国 ドイツ 産地 ラインガウ(Rheingau)地域 /ヨハニスベルク(Rheingau)地区、エストリッヒ( Oestrich Winkel) ブドウ品種 リースリング 100% タイプ 白・やや甘口・ミディアムボディ アルコール:8.2%、残糖:73.8g/L、酸:7.6g/L 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 WeingutPeter Jakob Kuehn ペーター・ヤコブ・キューン醸造所 ゴーミヨガイドでも注目される、銘醸畑エストリッヒの上位生産者! ペーター ヤコブ キューン家は、1786年から11代に渡ってワイン造りをしています。現在エストリッヒ ドースベルクとレンヒェンに15haの畑を所有しています。 それぞれの土壌の個性からか、ドースベルクは見事な辛口が、レンヒェンからは残糖のあるワインが出来ます。樹齢は古いものは50年のものがあり、83%がリースリング、17%はシュペートブルグンダーが植えられています。 病気や害虫に対しては出来るだけ有機的な対処をしています。造られるワインの多くは辛口仕立てで(1996年は約80%)、Q.b.A.やカビネットクラスのワインの品質を最も大事にし、力を注いでいます。 果実味あふれる香り、ブドウの持つ風味を保ち、甘さと酸の上質なバランスを取ることを目指しています。 ドイツの 「DER WEINSCHMECKERT」 や 「ALLES UBER WEIN」 等の雑誌で、ヴァイルやキュンストラー等と共に高い評価を得ています。 また、720の生産者と7,000種類のワインが掲載された 「EICHELMANN DEUTSCHLANDS WEIN」 では、 最高評価の5ッ星評価 を既に4回得るなど、いま注目の生産者です。 また、ヒュー ジョンソンの「ポケットワインブック」で、エストリッヒの上位生産者として評価されています。 彼のワインに多く見られるワインシュタイン(酒石)については、 「ワインシュタインが出ることは非常にいいことだと考えています。それは冷却処理をしないワインの自然な状態の証だし、テロワの特性を表現する大事なミネラル分だからです。ワインの精神は冷却すると死んでしまう。」とおっしゃっていました。 人工酵母を使わず自然の酵母だけで全ての発酵を終えることが出来、それだけに畑ごとのキャラクターやスタイルがワインに充分反映されているそうです。 「ゴーミヨドイツワインガイド2010」で3房/《注目生産者》。 V.D.P.のメンバーでもあります。

6本以上送料無料 エストリッヒ レンヒェン リースリング シュペートレーゼ 2006 ペーター ヤコブ キューン Oestrich Lenchen Riesling Spaetlese 2006 Peter Jakob Kuehn ドイツ やや甘口 白 ワ —— 5,000円

6本以上送料無料 オルレアン リューデスハイム ベルグ シュロスベルグ Q.b.A. トロッケン 2008 ゲオルク ブロイヤー Orleans Rudesheim Berg Schlossberg Q.b.A. trocken 2008 Georg Br

Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 元はネゴシアンだったブロイヤー家が醸造所として元詰めを開始したのが1970年代。前当主ベルンハルト・ブロイヤー氏は妥協することなく理想のワインを追い求め、ドイツのワイン生産者協会や組合から脱退し、わが道を20年間走り続けました。2004年5月、惜しくもその短すぎる生涯を終えることとなってしまいましたが、彼の長年の悲願であった「ドイツワインの再興」は後継者たちによって今着実に実を結ぼうとしています。また、環境保護はここの醸造所の掲げる大きなテーマのひとつです。単一品種栽培からの脱皮、有機肥料の使用、極端な収量制限、畑の一部でビオディナミ法の採用など、すべて100年先にもぶどうが栽培できるように実践されています。 ロマンチック街道と並ぶドイツの観光名所リューデスハイム。ライン下りの船着場のあるこの街は、狭く短い路地の両側にワイン酒場が並ぶ「ドロッセルガッセ(つぐみ横丁)」、別名「酔っ払い横丁」で有名です。ゲオルク・ブロイヤー醸造所は、この横丁で「リューデスハイム・シュロス」という名のホテル・酒場も経営しています。 ドイツの甘口ワインの普及は戦後の事で、以前の世界を代表する辛口ワインとしての名誉を復活すべく立ち上がったのがゲオルグ・ブロイヤーでした。 現在絶滅種となっているラインガウの伝説の品種『オルレアン種』を復活させました。ごく少量生産の稀少価値のある1本です。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインガウ(Rheingau)地域 / ヨハニスベルク(Rheingau)地区 / リューデスハイム(Ruedesheim) ●ブドウ品種 オルレアン(Orleans) 100% ●タイプ 白・辛口・フルボディ アルコール:11.9%、残糖:3.33g/L、酸:5.6g/L ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガー・ホーフ 株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【ドイツ】 【ラインガウ】 【ヨハニス】 【Georg Breuer】 【ゲオルグ ブロイヤー】 【ゲオルグ・ブロイヤー】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】 【】 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするリースリングの魔術師! 辛口リースリングでラインガウを変革する孤高の魂!ラインガウ復興の立役者【ゲオルグ・ブロイヤー】! フランス語を学ぶためスイスに留学。その後、ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、モンペリエ大で醸造学を修めたました。更に、米・ニューヨークの銀行でマーケティングの研修を積み、18歳になった1965年には、傾きかけていた実家のネゴシアンで父の片腕として働き始めました。 「フランスのほぼ全ての生産地やアメリカも訪ねることにより、ドイツワインのおかしさに気づきました。輸出するドイツワインは国内より甘口にしていることが多いのです。シャトー・マルゴーもオー・ブリオンも世界で共通の味なのに、おかしな話だ。」 ブロイヤー氏はやがて自家元詰めに転換し、1980年にまずリューデスハイム村で最高と言われる「コクがあって上質のフレーヴァーを持つ」と言われラインガウの人気畑でありリューデスハイムの中でも「ベルク」の名が付く特に最良畑である『ベルク・シュロスベルク(Berg Schlossberg)』畑 をリリースしました。 また、 「ワインはブドウがそれぞれの土地でどう育っているかを表現するもの。ケラー(セラー)のテクニックの産物ではなく、農産物。畑のポテンシャルを最大限に引き出し、テロワールを表現するのが我々造り手の仕事だ。」 とワインに対する熱い思いを語ります。 *辛口&中辛口ワインのスペシャリスト! ブロイヤー氏が辛口と中辛口に特化しているのも、自然に任せたワイン造りにこだわっているからです。戦前のラインガウでは偉大な辛口ワインを造ってきた伝統があります。「アウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼは例外的なワイン。糖度が高すぎて、酵母が全てを発酵できないから極甘口になる。通常の甘口ワインの多くは発酵途中に酵母を取り除いたり、果汁を冷やしたりしている。それは人工的な作業でおかしい。」 醸造所のワインは、ベーシックな『グーツリースリング』 、村名格の『オルトリースリング』 、彼自身が特級とみなすワインのセカンド『テラ・モントーサ』(ラテン語で「急斜面」の意) 、彼自身が特級とする『スピッツェン ゲヴェックス』 の4つのカテゴリーに分かれています。ワイン法でいうシュペートレーゼ以上の糖度の果汁を使用していますが、その表示はありません。畑の格にこだわっているのです 秀逸なのはリューデスハイム村の特級格の『ベルク・シュロスベルク』、『ベルク・ロットランド』、『ベルク・ローゼンエック』、ラウエンタール村の『ノンネンベルク』の4つです。 豊かなミネラルと透明な酸、果実味のバランスがとれた辛口のエレガントさは比類がないと言われます。ヒュー・ジョンソン、マイケル・ブロードベントら英国のトップ評論家から賞賛 されるのも当然の味わいです。 ワインの性格と同じく、ブロイヤー氏の生き方に妥協はない。1980年代にはカルタ連合の創設メンバーとして、ラインガウ・ワインの変革を図りました。その動きを受け継いだのがラインガウの優良生産者組合(VDP)。フランスのグラン・クリュ(特級)の概念に基づいて畑を格付けする【エアステス・ゲヴェックス】 という制度を1999年に始めました。彼も参画しましたが、1年後、信念の違いからVDPを去ります。「VDPが補糖を認めているのは納得できない。格付けは畑の天候や気温にこだわり過ぎています。畑の土壌や斜面の向き、斜度などもワイン栽培にとって重要な要素。リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】の一部が特級ではないことは非常におかしいのです。」 ディジョン・クローンを植えドイツのトップクラスのシュペートブルグンダー。ブロイヤー氏がVDPを去ったのは、自分の畑が格付けからもれているというような単純な理由からだけではなく、VDPの思想と自らの信念が違っているからです。 「例えば、収量。現在は1ha当たり50h/lまで認められているが、40〜45h/lまで下げる必要がある。テロワールの表現は収量の制限に尽きる。ラ・ターシュやモンラッシェは他にない個性を世界で認められているから特級を名乗れるのだ。」 ブロイヤー醸造所の平均収量はなんと25〜45h/l という低さです。また、ブロイヤー氏はドイツでトップクラスのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を手がけ、ポルトガル・ドウロでも赤ワインを生産しています。 「どこでも栽培できるブドウではなく、リースリングやピノ・ノワールのように特定の土地でしか成功しないブドウに挑戦心を掻きたてられる。伝統を大切に新たな歴史を創造したい!」 と彼は言います。 やわらかな果実の風味をしっかりとしたミネラルとエッジのたった酸が支え、とても綺麗な造りになっています。ブドウの素地の良さ、ワインの造りの無理がなく、のびやかな美味しさはワインを好きでないかたにもオススメしたい素直な美味しさです!クラシックなスタイルのワインがお好きな方には、是非お試しいただきいワインです! *世界の批評家も賞賛するワイン! 『私が初めてラインガウのワインに愛情を感じたのは透明感があり力強く、時に強烈なリースリングであった。力強くも果実味豊か。それが私の理想とするところ。今日そういったリースリングを造り出す醸造家を見つけ出すのは難しい。このワイングート ゲオルグ・ブロイヤーこそ、その数少ない「特別な醸造家」の一人である。』 (ワイン評論家 アイヒェルマン、モンド ワインガイド 2001年度版) 『この近年まれに見るすばらしい品質、特にボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリングと新しいアイデアには目を見張るものがある。』 (ワイン評論家 ヒュー・ジョンソン ポケットワインブック)

6本以上送料無料 オルレアン リューデスハイム ベルグ シュロスベルグ Q.b.A. トロッケン 2008 ゲオルク ブロイヤー Orleans Rudesheim Berg Schlossberg Q.b.A. trocken 2008 Georg Br —— 10,900円

6本以上送料無料 ゲミシュターサッツ ニュスベルク 2016 ヴィーニンガー Gemischter Satz Nussberg 2016 Wieninger 白 ワイン 辛口 オーストリア オーストリー 得価,爆買い

Weingut Wieninger ヴィーニンガー醸造所 ウィーンワインの伝統である【ゲミシュター・サッツ】! ウィーンワインの伝統である「混植、混醸(ゲミシュター・サッツ)」のトップクラスとも言える、上質でエレガントな白ワイン。 世界で唯一、首都にある商業ベースのワイン生産地域、それがウィーンです。現在も300軒ほどのワイナリーがありますが、そのほとんどがウィーンの名物といえるワイナリーが経営する季節限定のレストラン【ホイリゲ=居酒屋】にて消費される安価なワイン造りに重きを置いています。その彼らの名物がゲミシュター・サッツといわれる混植混醸のワインです。ヴィーニンガー醸造所は世界に誇れる最高品質ゲミシュター・サッツ造りを行っています。 ニュイスベルグ(Nussberg)をのみのブドウを100%使用。ヴァイサーブルグンダー30%、ノイブルガー20%、ヴェルシュリースリング20%、グリューナー・フェルトリーナー10%、シルヴァーナー、ツィアファンドラー、ロートギブフラー、トラミネル、リースリング。 ニ度と同じ味わいにはならない貴重なワイン。アルコールのヴォリュームもあり、かなりドライ!硬質な酸と上質の旨みあるミネラルが素晴らしく、ヴィーニンガー氏のスタイルがきっちりと感じれるワインです。 ■Information ●生産国 オーストリア(オーストリー) ●地域 ウィーン(Wien)地方 / ウィーン(Wien)州 ●ブドウ品種 ゲミシュター・サッツ/Weiss Burgunder30%、Neuburger20%、 Welschriesling20%,Gruner Veltliner10%、以下合計15% Rotgipfler, Zierfandler, Silvaner, Traminer, Riesling ●タイプ 白・辛口・フルボディ アルコール14.1%、残糖2.9g/l、酸度5.4g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガー・ホーフ株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Wieninger ヴィーニンガー醸造所 Weingut Wieninger ヴィーニンガー醸造所 ウィーンの伝統「ゲミッシュター・ザッツ」の復活を目指して。 その中でも世界最高峰と謳われる天才ヴィーニンガー!!なんと9種類ものブドウを混ぜて造るその味わいはまさに『味の宝石箱』あのロバートパーカーも高評価!二度と同じには出来ない、唯一無二の味わいです!! 世界で唯一、首都にある商業ベースのワイン生産地域、それがウィーンです。現在も300軒ほどのワイナリーがあり、総栽培面積は700haほど。しかしながら、そのほとんどがウィーンの名物といえるワイナリーが経営する季節限定のレストラン「ホイリゲ」にて消費される安価なワイン造りに重きを置いています。 その彼らの名物ワインが【ゲミッシュター・サッツ】といわれる混植混醸のワインです。 約100年前を振り返るとそのワインの大半はこの製法によって造られた白ワインでした。当時は名声を得て、ウィーンが誇るワインとして確固たる地位のあった銘柄でした。しかしながら、60年代から70年代にかけて潤沢な観光産業向けの大量消費用ワインへと姿を変えて行くのです。 その輝かしい歴史の復活を目指しているのがこのヴィーニンガー醸造所。1999年より念願であったウィーンの街が一望できる最高の畑ニュスベルグを譲り受け、世界に誇れるゲミッシュター・サッツ造りを目指しています。 文献やウィーンのワイナリー仲間からゲミッシュター・サッツは良いと聞かされてはいたものの、実際造られているワインには決して満足していなかったヴィーニンガーさん。彼にとってこのワイン造りは大きな挑戦でした。 99年のファーストヴィンテージは混植混醸にてわずか10000Lを仕込み、万一に備えて、各品種ごとにも500L〜2000Lに分けて醸造したそうです。 結果、彼の予想を遥かに上回った出来映えとなりました。その独特なミネラル感も他の単一品種で造られたワインには決して表現されていないものでした。このことに自信を深めたヴィーニンガーさんは翌年からニュスブルグで造るワインはほとんど混植混醸のゲミッシュター・サッツに切り替えています。 そんな彼が今最も注力しているのが、「ウィーン・ワイン」です。こちらでも主題は「ゲミッシュター・サッツ」。彼を含めたつの生産者のグループで、精力的にプロモーションを世界各国でおこなっています。 世界に誇れるウィーン最高品質の「ゲミシュターサッツ」の造り手として、この団体及びウィーン全体を引っぱっているリーダー的存在ががヴィーニンガー氏です。 *ゲミッシュター・サッツ(混植・混醸)ワインとは* 偉大なワインとはそのテロワールを著述に表した物という観点から考えれば、ゲミッシュターサッツによるワインの優位性は明らかであると考えられています。ゲミッシュターサッツとは、ひとつの畑に様々なブドウ品種をアトランダムに植え、まとめて収穫、醸造する方法ですが、このように考えられています。 「真に偉大なワインはそのブドウ品種に由るものではなく、その土地に由るものだ。ゲミッシュターサッツによるワインでは、そのブドウ品種それぞれの個性は相殺し合う反面、土地の味わいが全面に出る」 というものです。 現在、ゲミシュター・サッツを産する地はウィーン、アルザス、ドイツのフランケン、カリフォルニア(実はあるんですよ)などがあり、通常は2〜5品種を混植・混醸しています。

6本以上送料無料 ゲミシュターサッツ ニュスベルク 2016 ヴィーニンガー Gemischter Satz Nussberg 2016 Wieninger 白 ワイン 辛口 オーストリア オーストリー 得価,爆買い —— 4,400円

6本以上送料無料 シャルツホフベルク リースリング アイスワイン 2012 375ml フォン ヘーフェル Scharzhofberg Riesling Eiswein 2012 375ml Von Hoevel ドイツ 白 ワイン 極甘口 アイスワイン

ワイナリーの前身である修道院は、モーゼル トリアー ザンクト マキシミンに12世紀には既に存在していました。現在のセラーは約800年の歴史を持っています。 かつて聖マキシミン修道院の一部であった古代の修道院の建物で、12世紀に建設された地下セラーが含まれています。二度もの大火事にあい、その度よみがえってきました。 現オーナーの先祖であるJohann E.Grachが1806年に教会からこのエステートを買い取り「ワイングート フォン ヘーフェル」として新たな歴史が始まりました。ローマ帝国時代から続くドイツ最高峰の畑。最も著名で古典的なスタイルのモーゼルワイン屈指の生産者。 世界中のワイン愛好家を魅了させているシャルツホーフベルグの畑からは、世界中のワイン愛好家の人気をひとり占めするような素晴らしいワインが生み出されます。ザールの自然が凝縮されているような風味を持ち、特有のリースリングの高貴なアロマと生き生きとした酸を持っている、そしてドイツを代表するようなエレガントな逸品です。 銘醸畑で造られる希少なアイスワインです。蜂蜜を思わせるとろりとした甘い香りと風味、酸もしっかりとある重厚さも漂わせた極甘口の白ワインです。 ■Information 国 ドイツ 産地 モーゼル地域 / ザール地区 ブドウ品種 リースリング 100% タイプ 白・甘口 アルコール7.5%、残糖162.0g/l、酸度11.3g/l 内容量 375ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weingut Von Hoevel フォン・ヘーフェル 醸造所 超一流の造り手による超一流畑からの本格派ドイツワイン!! (現地の評価本ファインレヴュー92点高得点ワインのすごいリースリング!) ワイナリーの前身である修道院は、モーゼル トリアー ザンクト マキシミンに12世紀には既に存在していました。 現在のセラーは約800年の歴史を持っています。 かつて聖マキシミン修道院の一部であった古代の修道院の建物で、12世紀に建設された地下セラーが含まれています。二度もの大火事にあい、その度よみがえってきました。 現オーナーの先祖であるJohann E.Grachが1806年に教会からこのエステートを買い取り「ワイングート フォン ヘーフェル」として新たな歴史が始まりました。 現在の6代目オーナーEberhard Von Kunow氏は、自らセラーマイスターとして伝統に実証されたワイン造りを行なっています。 なんと彼はトリアー ベルンカステルのワインオークションの競売人としての顔も持っており、ドイツだけでなく世界のワインに精通しています。 また、VDPの認定も受けており常に品質の高さを保ち続けています。 世界中のワインライター達の評価も高く、 ロバート・パーカー氏も4ツ星★★★★生産者として評価しており、また、ヒュー・ジョンソン氏のコメントも「ザールの大変優れた葡萄園。畑はオーバーエメル(ヒュッテは単独所有)とシャルツホーフベルクにある。1993年以降のワインは飛切り上等」となっている程です。

6本以上送料無料 シャルツホフベルク リースリング アイスワイン 2012 375ml フォン ヘーフェル Scharzhofberg Riesling Eiswein 2012 375ml Von Hoevel ドイツ 白 ワイン 極甘口 アイスワイン  —— 8,600円

6本以上送料無料 シャルツホフベルク リースリング カビネット 2014 フォン ヘーフェル Scharzhofberg Riesling Kabinett 2014 Von Hoevel ドイツ やや甘口 白 ワイン 高品質,格安

ワイナリーの前身である修道院は、モーゼル トリアー ザンクト マキシミンに12世紀には既に存在していました。現在のセラーは約800年の歴史を持っています。 かつて聖マキシミン修道院の一部であった古代の修道院の建物で、12世紀に建設された地下セラーが含まれています。二度もの大火事にあい、その度よみがえってきました。 現オーナーの先祖である【Johann E.Grach】が1806年に教会からこのエステートを買い取り「ワイングート フォン ヘーフェル」として新たな歴史が始まりました。 ローマ帝国時代から続くドイツ最高峰の畑。最も著名で古典的なスタイルのモーゼルワイン屈指の生産者。 世界中のワイン愛好家を魅了させているシャルツホーフベルグの畑からは、世界中のワイン愛好家の人気をひとり占めするような素晴らしいワインが生み出されます。 ザールの自然が凝縮されているような風味を持ち、特有のリースリングの高貴なアロマと生き生きとした酸を持っている、そしてドイツを代表するようなエレガントな逸品です。15年程の熟成のポテンシャルを持ったワインです。 ■Information 国 ドイツ 産地 モーゼル地域 / ザール地区 ブドウ品種 リースリング 100% タイプ 白・甘口 アルコール9.1%、残糖28.8g/l、酸度8.4g/l 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weingut Von Hoevel フォン・ヘーフェル 醸造所 超一流の造り手による超一流畑からの本格派ドイツワイン!! (現地の評価本ファインレヴュー92点高得点ワインのすごいリースリング!) ワイナリーの前身である修道院は、モーゼル トリアー ザンクト マキシミンに12世紀には既に存在していました。 現在のセラーは約800年の歴史を持っています。 かつて聖マキシミン修道院の一部であった古代の修道院の建物で、12世紀に建設された地下セラーが含まれています。二度もの大火事にあい、その度よみがえってきました。 現オーナーの先祖であるJohannE.Grachが1806年に教会からこのエステートを買い取り「ワイングート フォン ヘーフェル」として新たな歴史が始まりました。 現在の6代目オーナーEberhard Von Kunow氏は、自らセラーマイスターとして伝統に実証されたワイン造りを行なっています。 なんと彼はトリアー ベルンカステルのワインオークションの競売人としての顔も持っており、ドイツだけでなく世界のワインに精通しています。 また、VDPの認定も受けており常に品質の高さを保ち続けています。 世界中のワインライター達の評価も高く、 ロバート・パーカー氏も4ツ星★★★★生産者として評価しており、また、ヒュー・ジョンソン氏のコメントも「ザールの大変優れた葡萄園。畑はオーバーエメル(ヒュッテは単独所有)とシャルツホーフベルクにある。1993年以降のワインは飛切り上等」となっている程です。

6本以上送料無料 シャルツホフベルク リースリング カビネット 2014 フォン ヘーフェル Scharzhofberg Riesling Kabinett 2014 Von Hoevel ドイツ やや甘口 白 ワイン 高品質,格安 —— 3,000円

6本以上送料無料 ジャン ブシャー ドルンレースヒェン Q.b.A. 眠り姫 白 ジャン ブシャー Jean Buscher Dornroschen Q.b.A. Weingut Jean Buscher ドイツ 甘口 白 ワイン 爆買い

ジャン・ブシャー氏は、ワインを芸術作品と称し、従来の常識にとらわれることのないワイン造りを行なっています。 特に代表する、世界的にも珍しい、渋みのない甘口の赤ワインは、世界中に熱烈なファンを抱えています。 アロマティックでチャーミング!ワンクラス上の白・甘口ワイン!【ムスカテラー】【ゲヴュルツトラミナー】の2種類のブドウから造られた、今までとは全く違った、渋みが無く充分な甘さを持った白ワインです。 ジャン・ブシャー氏の看板ワイン、「眠り姫」。ドイツから素敵なラベルデザインの甘口白が入荷です!その名もドルン・レースヒェン=眠り姫という名のワイン♪♪ 香り高いゲヴュルツ種と、ほんのりマスカット香のムスカテラー種のブレンドが見事な、やさしい上品な甘口のデザートワインです! 本当にフルーティで柔らかい味わいに思わず「美味しい〜!」と感じます。 名前の由来も、Dornfelderの「Dorn」と、Rosenmuskatellerの「Rose」、そして小さな愛らしいものを意味するChen(○○ちゃん)をくっつけて、ドイツ語で「眠り姫」を意味するDornroschenとなっています。 綺麗なプリント瓶もその魅力の一つです。 尚、ヴィンテージ表記がないのは、ジャン・ブシャー氏いわく「眠り姫は年をとらないから」だそうです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインヘッセン(Rheinhessen)地域 / ヴォンネガウ地区(Wonnegau)、ベヒトハイム(Bechtheim) ●ブドウ品種 ムスカテラー、ゲヴュルツトラミナー ●タイプ 白・甘口・ミディアムボディ アルコール10.8%、残糖32.8g/l、酸度6.2g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Jean Buscher ジャン・ブシャー醸造所 ドイツのラインヘッセン地域にある家族経営のジャン・ブシャー醸造所。 当主のミヒャエル・ブシャー氏は芸術に造詣が深く、醸造所内にはいたるところに絵や彫刻が展示され、まるで美術館のような雰囲気を醸し出しています。 また氏は毎年有名なアーティストにラベルを委託しており、ワインそのものが彼の芸術作品となっています。 このような感性の下で生み出される、上品で洗練された彼のワインは飲む人を魅了しています。 芸術をこよなく愛する、ジャン・ブシャー醸造所の当主ミヒャエル・ブシャー氏。 ドイツワイン・ガイド「ゴーミヨ」誌 には、ワイングート・ジャン・ブシャーのページで、 「毎年有名なアーティストにラベルのデザインを委託しています。その上デザインはメタルに浮き彫りし、多くの絵や彫刻とともに古い木樽のセラーに贈られます。 ワインの品質もその輝く贈り物にマッチしています。ケラーマイスター、ヨーヘン・ドゥリュック氏の参加によって活気づけられ、ここ数年の間に、ワインは求める消費者の期待を裏切らないものとなっています。」 と記述されています。

6本以上送料無料 ジャン ブシャー ドルンレースヒェン Q.b.A. 眠り姫 白 ジャン ブシャー Jean Buscher Dornroschen Q.b.A. Weingut Jean Buscher ドイツ 甘口 白 ワイン 爆買い —— 3,000円

6本以上送料無料 ジュー シュペートブルグンダー ヴァイスヘルプスト Q.b.A. トロッケン 2010 ゲオルク ブロイヤー Jeux Spaetburgunder Weissherbst Q.b.A. trocken 2010 Georg Breuer

Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 元はネゴシアンだったブロイヤー家が醸造所として元詰めを開始したのが1970年代。前当主ベルンハルト・ブロイヤー氏は妥協することなく理想のワインを追い求め、ドイツのワイン生産者協会や組合から脱退し、わが道を20年間走り続けました。2004年5月、惜しくもその短すぎる生涯を終えることとなってしまいましたが、彼の長年の悲願であった「ドイツワインの再興」は後継者たちによって今着実に実を結ぼうとしています。また、環境保護はここの醸造所の掲げる大きなテーマのひとつです。単一品種栽培からの脱皮、有機肥料の使用、極端な収量制限、畑の一部でビオディナミ法の採用など、すべて100年先にもぶどうが栽培できるように実践されています。 ロマンチック街道と並ぶドイツの観光名所リューデスハイム。ライン下りの船着場のあるこの街は、狭く短い路地の両側にワイン酒場が並ぶ「ドロッセルガッセ(つぐみ横丁)」、別名「酔っ払い横丁」で有名です。ゲオルク・ブロイヤー醸造所は、この横丁で「リューデスハイム・シュロス」という名のホテル・酒場も経営しています。 珍しい黒ブドウ品種であるシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)100%から作られた白ワインです。 色はペールイエロー。香りは、ピノノワールらしい香りも残っていて赤ワインにある赤いべ例ーの香りも残っています。柑橘系のさわやかな香りもあり少し土っぽい感じもあります。味わいは、流石辛口の名手!酸が主役のさっぱりした、ドライ感のある辛口です。 果実味は酸やミネラルもしっかりありエレガントす。食事には幅広く合うでしょうが、サーモンなどの魚をハーブで焼いたものやまた、シュペートブルグンダー種のワインですからやはり鳥肉とはばっちり合います。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインガウ(Rheingau)地域 / ヨハニスベルク(Rheingau)地区 / リューデスハイム(Ruedesheim) ●ブドウ品種 シュペートブルグンダー(ピノノワール) 100% ●タイプ 白・辛口・フルボディ アルコール11.5%,残糖3.2g/l,酸9.2g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガー・ホーフ 株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【ドイツ】 【ラインガウ】 【ヨハニス】 【Georg Breuer】 【ゲオルグ ブロイヤー】 【ゲオルグ・ブロイヤー】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】 【】 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするリースリングの魔術師! 辛口リースリングでラインガウを変革する孤高の魂!ラインガウ復興の立役者【ゲオルグ・ブロイヤー】! フランス語を学ぶためスイスに留学。その後、ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、モンペリエ大で醸造学を修めたました。更に、米・ニューヨークの銀行でマーケティングの研修を積み、18歳になった1965年には、傾きかけていた実家のネゴシアンで父の片腕として働き始めました。 「フランスのほぼ全ての生産地やアメリカも訪ねることにより、ドイツワインのおかしさに気づきました。輸出するドイツワインは国内より甘口にしていることが多いのです。シャトー・マルゴーもオー・ブリオンも世界で共通の味なのに、おかしな話だ。」 ブロイヤー氏はやがて自家元詰めに転換し、1980年にまずリューデスハイム村で最高と言われる「コクがあって上質のフレーヴァーを持つ」と言われラインガウの人気畑でありリューデスハイムの中でも「ベルク」の名が付く特に最良畑である『ベルク・シュロスベルク(Berg Schlossberg)』畑 をリリースしました。 また、 「ワインはブドウがそれぞれの土地でどう育っているかを表現するもの。ケラー(セラー)のテクニックの産物ではなく、農産物。畑のポテンシャルを最大限に引き出し、テロワールを表現するのが我々造り手の仕事だ。」 とワインに対する熱い思いを語ります。 *辛口&中辛口ワインのスペシャリスト! ブロイヤー氏が辛口と中辛口に特化しているのも、自然に任せたワイン造りにこだわっているからです。戦前のラインガウでは偉大な辛口ワインを造ってきた伝統があります。「アウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼは例外的なワイン。糖度が高すぎて、酵母が全てを発酵できないから極甘口になる。通常の甘口ワインの多くは発酵途中に酵母を取り除いたり、果汁を冷やしたりしている。それは人工的な作業でおかしい。」 醸造所のワインは、ベーシックな『グーツリースリング』 、村名格の『オルトリースリング』 、彼自身が特級とみなすワインのセカンド『テラ・モントーサ』(ラテン語で「急斜面」の意) 、彼自身が特級とする『スピッツェン ゲヴェックス』 の4つのカテゴリーに分かれています。ワイン法でいうシュペートレーゼ以上の糖度の果汁を使用していますが、その表示はありません。畑の格にこだわっているのです 秀逸なのはリューデスハイム村の特級格の『ベルク・シュロスベルク』、『ベルク・ロットランド』、『ベルク・ローゼンエック』、ラウエンタール村の『ノンネンベルク』の4つです。 豊かなミネラルと透明な酸、果実味のバランスがとれた辛口のエレガントさは比類がないと言われます。ヒュー・ジョンソン、マイケル・ブロードベントら英国のトップ評論家から賞賛 されるのも当然の味わいです。 ワインの性格と同じく、ブロイヤー氏の生き方に妥協はない。1980年代にはカルタ連合の創設メンバーとして、ラインガウ・ワインの変革を図りました。その動きを受け継いだのがラインガウの優良生産者組合(VDP)。フランスのグラン・クリュ(特級)の概念に基づいて畑を格付けする【エアステス・ゲヴェックス】 という制度を1999年に始めました。彼も参画しましたが、1年後、信念の違いからVDPを去ります。「VDPが補糖を認めているのは納得できない。格付けは畑の天候や気温にこだわり過ぎています。畑の土壌や斜面の向き、斜度などもワイン栽培にとって重要な要素。リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】の一部が特級ではないことは非常におかしいのです。」 ディジョン・クローンを植えドイツのトップクラスのシュペートブルグンダー。ブロイヤー氏がVDPを去ったのは、自分の畑が格付けからもれているというような単純な理由からだけではなく、VDPの思想と自らの信念が違っているからです。 「例えば、収量。現在は1ha当たり50h/lまで認められているが、40〜45h/lまで下げる必要がある。テロワールの表現は収量の制限に尽きる。ラ・ターシュやモンラッシェは他にない個性を世界で認められているから特級を名乗れるのだ。」 ブロイヤー醸造所の平均収量はなんと25〜45h/l という低さです。また、ブロイヤー氏はドイツでトップクラスのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を手がけ、ポルトガル・ドウロでも赤ワインを生産しています。 「どこでも栽培できるブドウではなく、リースリングやピノ・ノワールのように特定の土地でしか成功しないブドウに挑戦心を掻きたてられる。伝統を大切に新たな歴史を創造したい!」 と彼は言います。 やわらかな果実の風味をしっかりとしたミネラルとエッジのたった酸が支え、とても綺麗な造りになっています。ブドウの素地の良さ、ワインの造りの無理がなく、のびやかな美味しさはワインを好きでないかたにもオススメしたい素直な美味しさです!クラシックなスタイルのワインがお好きな方には、是非お試しいただきいワインです! *世界の批評家も賞賛するワイン! 『私が初めてラインガウのワインに愛情を感じたのは透明感があり力強く、時に強烈なリースリングであった。力強くも果実味豊か。それが私の理想とするところ。今日そういったリースリングを造り出す醸造家を見つけ出すのは難しい。このワイングート ゲオルグ・ブロイヤーこそ、その数少ない「特別な醸造家」の一人である。』 (ワイン評論家 アイヒェルマン、モンド ワインガイド 2001年度版) 『この近年まれに見るすばらしい品質、特にボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリングと新しいアイデアには目を見張るものがある。』 (ワイン評論家 ヒュー・ジョンソン ポケットワインブック)

6本以上送料無料 ジュー シュペートブルグンダー ヴァイスヘルプスト Q.b.A. トロッケン 2010 ゲオルク ブロイヤー Jeux Spaetburgunder Weissherbst Q.b.A. trocken 2010 Georg Breuer —— 2,800円

6本以上送料無料 テラ モントーサ ラインガウ リースリング Q.b.A. トロッケン 2017 ゲオルク ブロイヤー Terra Montosa Reheingau Riesling Q.b.A. trocken 2017 Georg Breuer ドイ

Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 元はネゴシアンだったブロイヤー家が醸造所として元詰めを開始したのが1970年代。前当主ベルンハルト・ブロイヤー氏は妥協することなく理想のワインを追い求め、ドイツのワイン生産者協会や組合から脱退し、わが道を20年間走り続けました。2004年5月、惜しくもその短すぎる生涯を終えることとなってしまいましたが、彼の長年の悲願であった「ドイツワインの再興」は後継者たちによって今着実に実を結ぼうとしています。 また、環境保護はここの醸造所の掲げる大きなテーマのひとつです。単一品種栽培からの脱皮、有機肥料の使用、極端な収量制限、ビオディナミ法の採用など、すべて100年先にもぶどうが栽培できるように実践 されています。 ロマンチック街道と並ぶドイツの観光名所リューデスハイム。ライン下りの船着場のあるこの街は、狭く短い路地の両側にワイン酒場が並ぶ「ドロッセルガッセ(つぐみ横丁)」、別名「酔っ払い横丁」で有名です。ゲオルク・ブロイヤー醸造所は、この横丁で「リューデスハイム・シュロス」という名のホテル・酒場も経営しています。 数多いワインの中からあの洞爺湖サミットの卓上を飾ったテラモントーサ限定入荷! 辛口リースリング造りの天才が醸す極上の辛口リースリング。テラ・モントーサとはラテン語で急斜面の畑という意味です。ゲオルグブロイヤーが所有する2つ急斜面の畑から造られ、粘板岩土壌のリューデスハイムの畑が味わいにミネラルを、粘土質粘板岩土壌のラウエンタールの畑からは果実のニュアンスをワインに与えています。それを見事な割合でブレンドして造り上げたのがこのワインです。 ≫≫ *ゲオルク・ブロイヤー 絶品辛口リースリング飲み比べ3本セット お買い得!! ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインガウ(Rheingau)地域 / ヨハニスベルク(Rheingau)地区 / リューデスハイム(Ruedesheim) ●ブドウ品種 リースリング 100% ●タイプ 白・辛口・ミディアムボディ アルコール11.9%、糖度7.0g/l、酸度9.0g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガー・ホーフ 株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【ドイツ】 【ラインガウ】 【ヨハニス】 【Georg Breuer】 【ゲオルグ ブロイヤー】 【ゲオルグ・ブロイヤー】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】 【】 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするリースリングの魔術師! 辛口リースリングでラインガウを変革する孤高の魂!ラインガウ復興の立役者【ゲオルグ・ブロイヤー】! フランス語を学ぶためスイスに留学。その後、ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、モンペリエ大で醸造学を修めたました。更に、米・ニューヨークの銀行でマーケティングの研修を積み、18歳になった1965年には、傾きかけていた実家のネゴシアンで父の片腕として働き始めました。 「フランスのほぼ全ての生産地やアメリカを訪ねることにより、ドイツワインのおかしさに気づきました。輸出するワインは国内より甘口くすることが多いのです。シャトー・マルゴーもオー・ブリオンも世界で共通の味なのに、おかしな話だ。」 ブロイヤー氏はやがて自家元詰めに転換し、1980年にまずリューデスハイム村で最高と言われる「コクがあって上質のフレーヴァーを持つ」と言われラインガウの人気畑でありリューデスハイムの中でも「ベルク」の名が付く特に最良畑【ベルク・シュロスベルク(Berg Schlossberg)畑】 をリリースしました。 また、「ワインはブドウがそれぞれの土地でどう育っているかを表現するもの。ケラー(セラー)のテクニックではなく農産物。畑のポテンシャルを最大限に引き出し、テロワールを表現するのが我々造り手の仕事だ。」 とワインに対する熱い思いを語ります。 *辛口&中辛口ワインのスペシャリスト! ブロイヤー氏が辛口と中辛口に特化するのも、自然に任せたワイン造りにこだわっているからです。戦前のラインガウでは偉大な辛口ワインを造ってきた伝統があります。「アウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼは例外的なワイン。糖度が高すぎて、酵母が全てを発酵できないから極甘口になる。通常の甘口ワインの多くは発酵途中に酵母を取り除いたり、果汁を冷やしたりしている。それは人工的な作業でおかしい。」 醸造所のワインは、ベーシックな『グーツリースリング』 、村名格の『オルトリースリング』 、彼自身が特級とみなすワインのセカンド『テラ・モントーサ』(ラテン語で「急斜面」の意) 、彼自身が特級とする『スピッツェン ゲヴェックス』 の4つのカテゴリーに分かれています。ワイン法でいうシュペートレーゼ以上の糖度の果汁を使用していますが、その表示はありません。畑の格にこだわっているのです 秀逸なのはリューデスハイム村の特級格の『ベルク・シュロスベルク』、『ベルク・ロットランド』、『ベルク・ローゼンエック』、ラウエンタール村の『ノンネンベルク』の4つです。 豊かなミネラルと透明な酸、果実味のバランスがとれた辛口のエレガントさは比類がないと言われます。ヒュー・ジョンソン、マイケル・ブロードベントら英国のトップ評論家から賞賛 されるのも当然の味わいです。 ワインの性格と同じく、ブロイヤー氏の生き方に妥協はない。1980年代にはカルタ連合の創設メンバーとして、ラインガウ・ワインの変革を図りました。その動きを受け継いだのがラインガウの優良生産者組合(VDP)。フランスのグラン・クリュ(特級)の概念に基づいて畑を格付けする【エアステス・ゲヴェックス】 という制度を1999年に始めました。彼も参画しましたが、1年後、信念の違いからVDPを去ります。「VDPが補糖を認めているのは納得できない。格付けは畑の天候や気温にこだわり過ぎています。畑の土壌や斜面の向き、斜度などもワイン栽培にとって重要な要素。リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】の一部が特級ではないことは非常におかしいのです。」 ディジョン・クローンを植えドイツのトップクラスのシュペートブルグンダー。ブロイヤー氏がVDPを去ったのは、自分の畑が格付けからもれているというような単純な理由からだけではなく、VDPの思想と自らの信念が違っているからです。 「例えば、収量。現在は1ha当たり50h/lまで認められているが、40〜45h/lまで下げる必要がある。テロワールの表現は収量の制限に尽きる。ラ・ターシュやモンラッシェは他にない個性を世界で認められているから特級を名乗れるのだ。」 ブロイヤー醸造所の平均収量はなんと25〜45h/l という低さです。また、ブロイヤー氏はドイツでトップクラスのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を手がけ、ポルトガル・ドウロでも赤ワインを生産しています。 「どこでも栽培できるブドウではなく、リースリングやピノ・ノワールのように特定の土地でしか成功しないブドウに挑戦心を掻きたてられる。伝統を大切に新たな歴史を創造したい!」 と彼は言います。 やわらかな果実の風味をしっかりとしたミネラルとエッジのたった酸が支え、とても綺麗な造りになっています。ブドウの素地の良さ、ワインの造りの無理がなく、のびやかな美味しさはワインを好きでないかたにもオススメしたい素直な美味しさです!クラシックなスタイルのワインがお好きな方には、是非お試しいただきいワインです! *世界の批評家も賞賛するワイン! 『私が初めてラインガウのワインに愛情を感じたのは透明感があり力強く、時に強烈なリースリングであった。力強くも果実味豊か。それが私の理想とするところ。今日そういったリースリングを造り出す醸造家を見つけ出すのは難しい。このワイングート ゲオルグ・ブロイヤーこそ、その数少ない「特別な醸造家」の一人である。』 (ワイン評論家 アイヒェルマン、モンド ワインガイド 2001年度版) 『この近年まれに見るすばらしい品質、特にボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリングと新しいアイデアには目を見張るものがある。』 (ワイン評論家 ヒュー・ジョンソン ポケットワインブック)

6本以上送料無料 テラ モントーサ ラインガウ リースリング Q.b.A. トロッケン 2017 ゲオルク ブロイヤー Terra Montosa Reheingau Riesling Q.b.A. trocken 2017 Georg Breuer ドイ —— 4,600円

6本以上送料無料 デァ シュランメラー グランデ レゼルヴァ 2006 ヴィーニンガー Der Schrammler GRANDE RESERVE 2006 Wieninger 白 ワイン オーストリア オーストリー 人気SALE,定番人気

Weingut Wieninger ヴィーニンガー醸造所 ウィーンワインの伝統である【ゲミシュター・サッツ】! ウィーンワインの伝統である「混植、混醸(ゲミシュター・サッツ)」のトップクラスとも言える、上質でエレガントな白ワイン。 世界で唯一、首都にある商業ベースのワイン生産地域、それがウィーンです。現在も300軒ほどのワイナリーがありますが、そのほとんどがウィーンの名物といえるワイナリーが経営する季節限定のレストラン【ホイリゲ=居酒屋】にて消費される安価なワイン造りに重きを置いています。 その彼らの名物が【ゲミシュター・サッツ】といわれる混植混醸のワインです。 ヴィーニンガー醸造所は世界に誇れる最高品質ゲミシュター・サッツ造りを行っています。 日本への限定入荷数が、たった120本の素晴らしいワインです。 このワインフリッツ・ヴィーニンガー氏と、ウィーンが誇る世界最高峰のオーケストラ、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団のヴァイオリン奏者アンドレアス・グロスバウアー氏のコラボレーションにより醸造されたプレミアムワインです。 「ゲミュシュター・サッツは、オーケストラのようなもの」「音楽で言えば、ウィーンフィル」とヴィーニンガー氏は語ります。 ■Information ●生産国 オーストリア(オーストリー) ●地域 ウィーン(Wien)地方 / ウィーン(Wien)州 ●ブドウ品種 ゲミシュター・サッツ/Weiss Burgunder30%、Neuburger20%、 Welschriesling20%,Gruner Veltliner10%、以下合計15% Rotgipfler, Zierfandler, Silvaner, Traminer, Riesling ●タイプ 白・辛口・フルボディ アルコール13.7g/l、残糖1.0g/l、酸度5.5g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガー・ホーフ株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Wieninger ヴィーニンガー醸造所 Weingut Wieninger ヴィーニンガー醸造所 ウィーンの伝統「ゲミッシュター・ザッツ」の復活を目指して。 その中でも世界最高峰と謳われる天才ヴィーニンガー!!なんと9種類ものブドウを混ぜて造るその味わいはまさに『味の宝石箱』あのロバートパーカーも高評価!二度と同じには出来ない、唯一無二の味わいです!! 世界で唯一、首都にある商業ベースのワイン生産地域、それがウィーンです。現在も300軒ほどのワイナリーがあり、総栽培面積は700haほど。しかしながら、そのほとんどがウィーンの名物といえるワイナリーが経営する季節限定のレストラン「ホイリゲ」にて消費される安価なワイン造りに重きを置いています。 その彼らの名物ワインが【ゲミッシュター・サッツ】といわれる混植混醸のワインです。 約100年前を振り返るとそのワインの大半はこの製法によって造られた白ワインでした。当時は名声を得て、ウィーンが誇るワインとして確固たる地位のあった銘柄でした。しかしながら、60年代から70年代にかけて潤沢な観光産業向けの大量消費用ワインへと姿を変えて行くのです。 その輝かしい歴史の復活を目指しているのがこのヴィーニンガー醸造所。1999年より念願であったウィーンの街が一望できる最高の畑ニュスベルグを譲り受け、世界に誇れるゲミッシュター・サッツ造りを目指しています。 文献やウィーンのワイナリー仲間からゲミッシュター・サッツは良いと聞かされてはいたものの、実際造られているワインには決して満足していなかったヴィーニンガーさん。彼にとってこのワイン造りは大きな挑戦でした。 99年のファーストヴィンテージは混植混醸にてわずか10000Lを仕込み、万一に備えて、各品種ごとにも500L〜2000Lに分けて醸造したそうです。 結果、彼の予想を遥かに上回った出来映えとなりました。その独特なミネラル感も他の単一品種で造られたワインには決して表現されていないものでした。このことに自信を深めたヴィーニンガーさんは翌年からニュスブルグで造るワインはほとんど混植混醸のゲミッシュター・サッツに切り替えています。 そんな彼が今最も注力しているのが、「ウィーン・ワイン」です。こちらでも主題は「ゲミッシュター・サッツ」。彼を含めたつの生産者のグループで、精力的にプロモーションを世界各国でおこなっています。 世界に誇れるウィーン最高品質の「ゲミシュターサッツ」の造り手として、この団体及びウィーン全体を引っぱっているリーダー的存在ががヴィーニンガー氏です。 *ゲミッシュター・サッツ(混植・混醸)ワインとは* 偉大なワインとはそのテロワールを著述に表した物という観点から考えれば、ゲミッシュターサッツによるワインの優位性は明らかであると考えられています。ゲミッシュターサッツとは、ひとつの畑に様々なブドウ品種をアトランダムに植え、まとめて収穫、醸造する方法ですが、このように考えられています。 「真に偉大なワインはそのブドウ品種に由るものではなく、その土地に由るものだ。ゲミッシュターサッツによるワインでは、そのブドウ品種それぞれの個性は相殺し合う反面、土地の味わいが全面に出る」 というものです。 現在、ゲミシュター・サッツを産する地はウィーン、アルザス、ドイツのフランケン、カリフォルニア(実はあるんですよ)などがあり、通常は2〜5品種を混植・混醸しています。

6本以上送料無料 デァ シュランメラー グランデ レゼルヴァ 2006 ヴィーニンガー Der Schrammler GRANDE RESERVE 2006 Wieninger 白 ワイン オーストリア オーストリー 人気SALE,定番人気 —— 5,200円

6本以上送料無料 ニーベルンゲン キュヴェ ヴァイサー&グラウアーブルグンダー Q.b.A. 2003 ジャン ブシャー Nibelungen Cuvee Weisser & Grauer burgunder Q.b.A. 2003 Weingut Jea

ジャン・ブシャー氏は、ワインを芸術作品と称し、従来の常識にとらわれることのないワイン造りを行なっています。 特に代表する、世界的にも珍しい、渋みのない甘口の赤ワインは、世界中に熱烈なファンを抱えています。 樽醗酵、樽熟成されたしっかりしたコクを持ちバランスの良い中辛口です。ピノ・ブラン種とピノ・グリ種のブレンドです。このワイナリーが在る町、ベヒトハイムでは、これらピノ種は伝統的なもので、ドイツではブルグンダーBurgunderと言われています。 ドイツのニーベルンゲンにある伝説によれば、5世紀頃、ヴォルムスがブルグントBurgund国の首都でグンターGuntherという王様が居ました。 ブッシャー氏は、 「このはっきりしたミネラル感を持った力強く印象的なワインは、もし当時存在していれば、グンター王をはじめブルグンド人たちをも魅了したであろう」 と言っています。 それでニーベルンゲンキュヴェと名付けたのでしょう。 ■Information 国 ドイツ 産地 ラインヘッセン(Rheinhessen)地域 / ヴォンネガウ地区(Wonnegau)、ベヒトハイム(Bechtheim) ブドウ品種 ヴァイサーブルグンダー(ピノ・ブラン)、グラウアーブルグンダー(ピノ・グリ) タイプ 白・辛口・フルボディ アルコール:13.9%、残糖:13.0g/L、酸:5.3g/L 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weingut Jean Buscher ジャン・ブシャー醸造所 ドイツのラインヘッセン地域にある家族経営のジャン・ブシャー醸造所。 当主のミヒャエル・ブシャー氏は芸術に造詣が深く、醸造所内にはいたるところに絵や彫刻が展示され、まるで美術館のような雰囲気を醸し出しています。 また氏は毎年有名なアーティストにラベルを委託しており、ワインそのものが彼の芸術作品となっています。 このような感性の下で生み出される、上品で洗練された彼のワインは飲む人を魅了しています。 芸術をこよなく愛する、ジャン・ブシャー醸造所の当主ミヒャエル・ブシャー氏。 ドイツワイン・ガイド「ゴーミヨ」誌 には、ワイングート・ジャン・ブシャーのページで、 「毎年有名なアーティストにラベルのデザインを委託しています。その上デザインはメタルに浮き彫りし、多くの絵や彫刻とともに古い木樽のセラーに贈られます。 ワインの品質もその輝く贈り物にマッチしています。ケラーマイスター、ヨーヘン・ドゥリュック氏の参加によって活気づけられ、ここ数年の間に、ワインは求める消費者の期待を裏切らないものとなっています。」 と記述されています。

6本以上送料無料 ニーベルンゲン キュヴェ ヴァイサー&グラウアーブルグンダー Q.b.A. 2003 ジャン ブシャー Nibelungen Cuvee Weisser & Grauer burgunder Q.b.A. 2003 Weingut Jea —— 4,800円

6本以上送料無料 ビザンベルク アルテ レーベン 2017 ヴィーニンガー Bisamberg Alte Reben 2017 Wieninger 白 ワイン 辛口 オーストリア オーストリー 超激得,大得価

Weingut Wieninger ヴィーニンガー醸造所 ウィーンワインの伝統である【ゲミシュター・サッツ】! ヴィーニンガーさんの古木シリーズの新作です。 ウィーンワインの伝統である「混植、混醸(ゲミシュター・サッツ)」のトップクラスとも言える、上質でエレガントな白ワイン。 世界で唯一、首都にある商業ベースのワイン生産地域、それがウィーンです。現在も300軒ほどのワイナリーがありますが、そのほとんどがウィーンの名物といえるワイナリーが経営する季節限定のレストラン【ホイリゲ=居酒屋】にて消費される安価なワイン造りに重きを置いています。その彼らの名物がゲミシュター・サッツといわれる混植混醸のワインです。ヴィーニンガー醸造所は世界に誇れる最高品質ゲミシュター・サッツ造りを行っています。 ニュスベルクのドナウ川を挟んで対岸、醸造所のあるドナウ川の東側にあるビザンベルクのホッホフェルド区画のぶどうを100%使用した2012年ヴィンテージからのヴィーニンガーさん待望の新シリーズ。フランス系のぶどうを中心に樹齢40年超の古木のみを使用し、混植混醸の新境地を示した一本。 ■Information ●生産国 オーストリア(オーストリー) ●地域 ウィーン(Wien)地方 / ウィーン(Wien)州 ●ブドウ品種 ゲミシュター・サッツ /Weisserburgunder 40%, Grauerburgunder 40% , Chardonnay 20% ●タイプ 白・辛口・ミディアムボディ アルコール13.5%、残糖2.7g/l、酸度6.5g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Wieninger ヴィーニンガー醸造所 Weingut Wieninger ヴィーニンガー醸造所 ウィーンの伝統「ゲミッシュター・ザッツ」の復活を目指して。 その中でも世界最高峰と謳われる天才ヴィーニンガー!!なんと9種類ものブドウを混ぜて造るその味わいはまさに『味の宝石箱』あのロバートパーカーも高評価!二度と同じには出来ない、唯一無二の味わいです!! 世界で唯一、首都にある商業ベースのワイン生産地域、それがウィーンです。現在も300軒ほどのワイナリーがあり、総栽培面積は700haほど。しかしながら、そのほとんどがウィーンの名物といえるワイナリーが経営する季節限定のレストラン「ホイリゲ」にて消費される安価なワイン造りに重きを置いています。 その彼らの名物ワインが【ゲミッシュター・サッツ】といわれる混植混醸のワインです。 約100年前を振り返るとそのワインの大半はこの製法によって造られた白ワインでした。当時は名声を得て、ウィーンが誇るワインとして確固たる地位のあった銘柄でした。しかしながら、60年代から70年代にかけて潤沢な観光産業向けの大量消費用ワインへと姿を変えて行くのです。 その輝かしい歴史の復活を目指しているのがこのヴィーニンガー醸造所。1999年より念願であったウィーンの街が一望できる最高の畑ニュスベルグを譲り受け、世界に誇れるゲミッシュター・サッツ造りを目指しています。 文献やウィーンのワイナリー仲間からゲミッシュター・サッツは良いと聞かされてはいたものの、実際造られているワインには決して満足していなかったヴィーニンガーさん。彼にとってこのワイン造りは大きな挑戦でした。 1999年のファーストヴィンテージは混植混醸にてわずか10,000Lを仕込み、万一に備えて、各品種ごとにも500L〜2000Lに分けて醸造したそうです。 結果、彼の予想を遥かに上回った出来映えとなりました。その独特なミネラル感も他の単一品種で造られたワインには決して表現されていないものでした。このことに自信を深めたヴィーニンガーさんは翌年からニュスブルグで造るワインはほとんど混植混醸のゲミッシュター・サッツに切り替えています。 そんな彼が今最も注力しているのが、「ウィーン・ワイン」です。こちらでも主題は「ゲミッシュター・サッツ」。彼を含めたつの生産者のグループで、精力的にプロモーションを世界各国でおこなっています。世界に誇れるウィーン最高品質の「ゲミシュターサッツ」の造り手として、この団体及びウィーン全体を引っぱっているリーダー的存在ががヴィーニンガー氏です。 *ゲミッシュター・サッツ(混植・混醸)ワインとは* 偉大なワインとはそのテロワールを著述に表した物という観点から考えれば、ゲミッシュターサッツによるワインの優位性は明らかであると考えられています。ゲミッシュターサッツとは、ひとつの畑に様々なブドウ品種をアトランダムに植え、まとめて収穫、醸造する方法ですが、このように考えられています。 「真に偉大なワインはそのブドウ品種に由るものではなく、その土地に由るものだ。ゲミッシュターサッツによるワインでは、そのブドウ品種それぞれの個性は相殺し合う反面、土地の味わいが全面に出る」 というものです。 現在、ゲミシュター・サッツを産する地はウィーン、アルザス、ドイツのフランケン、カリフォルニア(実はあるんですよ)などがあり、通常は2〜5品種を混植・混醸しています。

6本以上送料無料 ビザンベルク アルテ レーベン 2017 ヴィーニンガー Bisamberg Alte Reben 2017 Wieninger 白 ワイン 辛口 オーストリア オーストリー 超激得,大得価 —— 3,600円

6本以上送料無料 ブロイヤー グラウアー ブルグンダー Q.b.A. トロッケン B 2002 ゲオルク ブロイヤー Breuer Grauer Burgunder Q.b.A. trocken B 2002 Georg Breuer ドイツ 白 ワイン

Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 元はネゴシアンだったブロイヤー家が醸造所として元詰めを開始したのが1970年代。前当主ベルンハルト・ブロイヤー氏は妥協することなく理想のワインを追い求め、ドイツのワイン生産者協会や組合から脱退し、わが道を20年間走り続けました。2004年5月、惜しくもその短すぎる生涯を終えることとなってしまいましたが、彼の長年の悲願であった「ドイツワインの再興」は後継者たちによって今着実に実を結ぼうとしています。また、環境保護はここの醸造所の掲げる大きなテーマのひとつです。単一品種栽培からの脱皮、有機肥料の使用、極端な収量制限、畑の一部でビオディナミ法の採用など、すべて100年先にもぶどうが栽培できるように実践されています。 ロマンチック街道と並ぶドイツの観光名所リューデスハイム。ライン下りの船着場のあるこの街は、狭く短い路地の両側にワイン酒場が並ぶ「ドロッセルガッセ(つぐみ横丁)」、別名「酔っ払い横丁」で有名です。ゲオルク・ブロイヤー醸造所は、この横丁で「リューデスハイム・シュロス」という名のホテル・酒場も経営しています。 「B」はBerg=山を意味し、特に日当たりの良いぶどう畑から収穫されたぶどうを使用しています。 グラウアーブルグンダー種の分厚い果実味を、新樽でがっちり引き締めた、フルボディタイプの旨み溢れる白ワイン。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインガウ(Rheingau)地域 / ヨハニスベルク(Rheingau)地区 / リューデスハイム(Ruedesheim) ●ブドウ品種 グラウアーブルグンダー(ピノグリ) 100% ●タイプ 白・辛口・フルボディ アルコール:13.6%、残糖:2.5g/L、酸:5.2g/L ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガー・ホーフ 株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【ドイツ】 【ラインガウ】 【ヨハニス】 【Georg Breuer】 【ゲオルグ ブロイヤー】 【ゲオルグ・ブロイヤー】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】 【】 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするリースリングの魔術師! 辛口リースリングでラインガウを変革する孤高の魂!ラインガウ復興の立役者【ゲオルグ・ブロイヤー】! フランス語を学ぶためスイスに留学。その後、ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、モンペリエ大で醸造学を修めたました。更に、米・ニューヨークの銀行でマーケティングの研修を積み、18歳になった1965年には、傾きかけていた実家のネゴシアンで父の片腕として働き始めました。 「フランスのほぼ全ての生産地やアメリカも訪ねることにより、ドイツワインのおかしさに気づきました。輸出するドイツワインは国内より甘口にしていることが多いのです。シャトー・マルゴーもオー・ブリオンも世界で共通の味なのに、おかしな話だ。」 ブロイヤー氏はやがて自家元詰めに転換し、1980年にまずリューデスハイム村で最高と言われる「コクがあって上質のフレーヴァーを持つ」と言われラインガウの人気畑でありリューデスハイムの中でも「ベルク」の名が付く特に最良畑である『ベルク・シュロスベルク(Berg Schlossberg)』畑 をリリースしました。 また、 「ワインはブドウがそれぞれの土地でどう育っているかを表現するもの。ケラー(セラー)のテクニックの産物ではなく、農産物。畑のポテンシャルを最大限に引き出し、テロワールを表現するのが我々造り手の仕事だ。」 とワインに対する熱い思いを語ります。 *辛口&中辛口ワインのスペシャリスト! ブロイヤー氏が辛口と中辛口に特化しているのも、自然に任せたワイン造りにこだわっているからです。戦前のラインガウでは偉大な辛口ワインを造ってきた伝統があります。「アウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼは例外的なワイン。糖度が高すぎて、酵母が全てを発酵できないから極甘口になる。通常の甘口ワインの多くは発酵途中に酵母を取り除いたり、果汁を冷やしたりしている。それは人工的な作業でおかしい。」 醸造所のワインは、ベーシックな『グーツリースリング』 、村名格の『オルトリースリング』 、彼自身が特級とみなすワインのセカンド『テラ・モントーサ』(ラテン語で「急斜面」の意) 、彼自身が特級とする『スピッツェン ゲヴェックス』 の4つのカテゴリーに分かれています。ワイン法でいうシュペートレーゼ以上の糖度の果汁を使用していますが、その表示はありません。畑の格にこだわっているのです 秀逸なのはリューデスハイム村の特級格の『ベルク・シュロスベルク』、『ベルク・ロットランド』、『ベルク・ローゼンエック』、ラウエンタール村の『ノンネンベルク』の4つです。 豊かなミネラルと透明な酸、果実味のバランスがとれた辛口のエレガントさは比類がないと言われます。ヒュー・ジョンソン、マイケル・ブロードベントら英国のトップ評論家から賞賛 されるのも当然の味わいです。 ワインの性格と同じく、ブロイヤー氏の生き方に妥協はない。1980年代にはカルタ連合の創設メンバーとして、ラインガウ・ワインの変革を図りました。その動きを受け継いだのがラインガウの優良生産者組合(VDP)。フランスのグラン・クリュ(特級)の概念に基づいて畑を格付けする【エアステス・ゲヴェックス】 という制度を1999年に始めました。彼も参画しましたが、1年後、信念の違いからVDPを去ります。「VDPが補糖を認めているのは納得できない。格付けは畑の天候や気温にこだわり過ぎています。畑の土壌や斜面の向き、斜度などもワイン栽培にとって重要な要素。リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】の一部が特級ではないことは非常におかしいのです。」 ディジョン・クローンを植えドイツのトップクラスのシュペートブルグンダー。ブロイヤー氏がVDPを去ったのは、自分の畑が格付けからもれているというような単純な理由からだけではなく、VDPの思想と自らの信念が違っているからです。 「例えば、収量。現在は1ha当たり50h/lまで認められているが、40〜45h/lまで下げる必要がある。テロワールの表現は収量の制限に尽きる。ラ・ターシュやモンラッシェは他にない個性を世界で認められているから特級を名乗れるのだ。」 ブロイヤー醸造所の平均収量はなんと25〜45h/l という低さです。また、ブロイヤー氏はドイツでトップクラスのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を手がけ、ポルトガル・ドウロでも赤ワインを生産しています。 「どこでも栽培できるブドウではなく、リースリングやピノ・ノワールのように特定の土地でしか成功しないブドウに挑戦心を掻きたてられる。伝統を大切に新たな歴史を創造したい!」 と彼は言います。 やわらかな果実の風味をしっかりとしたミネラルとエッジのたった酸が支え、とても綺麗な造りになっています。ブドウの素地の良さ、ワインの造りの無理がなく、のびやかな美味しさはワインを好きでないかたにもオススメしたい素直な美味しさです!クラシックなスタイルのワインがお好きな方には、是非お試しいただきいワインです! *世界の批評家も賞賛するワイン! 『私が初めてラインガウのワインに愛情を感じたのは透明感があり力強く、時に強烈なリースリングであった。力強くも果実味豊か。それが私の理想とするところ。今日そういったリースリングを造り出す醸造家を見つけ出すのは難しい。このワイングート ゲオルグ・ブロイヤーこそ、その数少ない「特別な醸造家」の一人である。』 (ワイン評論家 アイヒェルマン、モンド ワインガイド 2001年度版) 『この近年まれに見るすばらしい品質、特にボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリングと新しいアイデアには目を見張るものがある。』 (ワイン評論家 ヒュー・ジョンソン ポケットワインブック)

6本以上送料無料 ブロイヤー グラウアー ブルグンダー Q.b.A. トロッケン B 2002 ゲオルク ブロイヤー Breuer Grauer Burgunder Q.b.A. trocken B 2002 Georg Breuer ドイツ 白 ワイン  —— 5,400円

6本以上送料無料 ブロイヤー グラウアーブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2005 ゲオルク ブロイヤー Breuer Grauer Burgunder Q.b.A. trocken 2005 Georg Breuer ドイツ 白 ワイン 辛口 ライ

Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 元はネゴシアンだったブロイヤー家が醸造所として元詰めを開始したのが1970年代。前当主ベルンハルト・ブロイヤー氏は妥協することなく理想のワインを追い求め、ドイツのワイン生産者協会や組合から脱退し、わが道を20年間走り続けました。2004年5月、惜しくもその短すぎる生涯を終えることとなってしまいましたが、彼の長年の悲願であった「ドイツワインの再興」は後継者たちによって今着実に実を結ぼうとしています。また、環境保護はここの醸造所の掲げる大きなテーマのひとつです。単一品種栽培からの脱皮、有機肥料の使用、極端な収量制限、畑の一部でビオディナミ法の採用など、すべて100年先にもぶどうが栽培できるように実践されています。 ロマンチック街道と並ぶドイツの観光名所リューデスハイム。ライン下りの船着場のあるこの街は、狭く短い路地の両側にワイン酒場が並ぶ「ドロッセルガッセ(つぐみ横丁)」、別名「酔っ払い横丁」で有名です。ゲオルク・ブロイヤー醸造所は、この横丁で「リューデスハイム・シュロス」という名のホテル・酒場も経営しています。 隠し味のように控えめに効かせたバリック(新樽熟成)の風味が、ぶどうの品種の旨味をビシッと引き立たせています。 ゴーミヨ4房 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインガウ(Rheingau)地域 / ヨハニスベルク(Rheingau)地区 / リューデスハイム(Ruedesheim) ●ブドウ品種 グラウアーブルグンダー(ピノグリ)100% ●タイプ 白・辛口・ミディアムボディ アルコール:13.4%、残糖:1.8g/L、酸:4.0g/L ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガー・ホーフ 株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【ドイツ】 【ラインガウ】 【ヨハニス】 【Georg Breuer】 【ゲオルグ ブロイヤー】 【ゲオルグ・ブロイヤー】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】 【】 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするリースリングの魔術師! 辛口リースリングでラインガウを変革する孤高の魂!ラインガウ復興の立役者【ゲオルグ・ブロイヤー】! フランス語を学ぶためスイスに留学。その後、ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、モンペリエ大で醸造学を修めたました。更に、米・ニューヨークの銀行でマーケティングの研修を積み、18歳になった1965年には、傾きかけていた実家のネゴシアンで父の片腕として働き始めました。 「フランスのほぼ全ての生産地やアメリカも訪ねることにより、ドイツワインのおかしさに気づきました。輸出するドイツワインは国内より甘口にしていることが多いのです。シャトー・マルゴーもオー・ブリオンも世界で共通の味なのに、おかしな話だ。」 ブロイヤー氏はやがて自家元詰めに転換し、1980年にまずリューデスハイム村で最高と言われる「コクがあって上質のフレーヴァーを持つ」と言われラインガウの人気畑でありリューデスハイムの中でも「ベルク」の名が付く特に最良畑である『ベルク・シュロスベルク(Berg Schlossberg)』畑 をリリースしました。 また、 「ワインはブドウがそれぞれの土地でどう育っているかを表現するもの。ケラー(セラー)のテクニックの産物ではなく、農産物。畑のポテンシャルを最大限に引き出し、テロワールを表現するのが我々造り手の仕事だ。」 とワインに対する熱い思いを語ります。 *辛口&中辛口ワインのスペシャリスト! ブロイヤー氏が辛口と中辛口に特化しているのも、自然に任せたワイン造りにこだわっているからです。戦前のラインガウでは偉大な辛口ワインを造ってきた伝統があります。「アウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼは例外的なワイン。糖度が高すぎて、酵母が全てを発酵できないから極甘口になる。通常の甘口ワインの多くは発酵途中に酵母を取り除いたり、果汁を冷やしたりしている。それは人工的な作業でおかしい。」 醸造所のワインは、ベーシックな『グーツリースリング』 、村名格の『オルトリースリング』 、彼自身が特級とみなすワインのセカンド『テラ・モントーサ』(ラテン語で「急斜面」の意) 、彼自身が特級とする『スピッツェン ゲヴェックス』 の4つのカテゴリーに分かれています。ワイン法でいうシュペートレーゼ以上の糖度の果汁を使用していますが、その表示はありません。畑の格にこだわっているのです 秀逸なのはリューデスハイム村の特級格の『ベルク・シュロスベルク』、『ベルク・ロットランド』、『ベルク・ローゼンエック』、ラウエンタール村の『ノンネンベルク』の4つです。 豊かなミネラルと透明な酸、果実味のバランスがとれた辛口のエレガントさは比類がないと言われます。ヒュー・ジョンソン、マイケル・ブロードベントら英国のトップ評論家から賞賛 されるのも当然の味わいです。 ワインの性格と同じく、ブロイヤー氏の生き方に妥協はない。1980年代にはカルタ連合の創設メンバーとして、ラインガウ・ワインの変革を図りました。その動きを受け継いだのがラインガウの優良生産者組合(VDP)。フランスのグラン・クリュ(特級)の概念に基づいて畑を格付けする【エアステス・ゲヴェックス】 という制度を1999年に始めました。彼も参画しましたが、1年後、信念の違いからVDPを去ります。「VDPが補糖を認めているのは納得できない。格付けは畑の天候や気温にこだわり過ぎています。畑の土壌や斜面の向き、斜度などもワイン栽培にとって重要な要素。リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】の一部が特級ではないことは非常におかしいのです。」 ディジョン・クローンを植えドイツのトップクラスのシュペートブルグンダー。ブロイヤー氏がVDPを去ったのは、自分の畑が格付けからもれているというような単純な理由からだけではなく、VDPの思想と自らの信念が違っているからです。 「例えば、収量。現在は1ha当たり50h/lまで認められているが、40〜45h/lまで下げる必要がある。テロワールの表現は収量の制限に尽きる。ラ・ターシュやモンラッシェは他にない個性を世界で認められているから特級を名乗れるのだ。」 ブロイヤー醸造所の平均収量はなんと25〜45h/l という低さです。また、ブロイヤー氏はドイツでトップクラスのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を手がけ、ポルトガル・ドウロでも赤ワインを生産しています。 「どこでも栽培できるブドウではなく、リースリングやピノ・ノワールのように特定の土地でしか成功しないブドウに挑戦心を掻きたてられる。伝統を大切に新たな歴史を創造したい!」 と彼は言います。 やわらかな果実の風味をしっかりとしたミネラルとエッジのたった酸が支え、とても綺麗な造りになっています。ブドウの素地の良さ、ワインの造りの無理がなく、のびやかな美味しさはワインを好きでないかたにもオススメしたい素直な美味しさです!クラシックなスタイルのワインがお好きな方には、是非お試しいただきいワインです! *世界の批評家も賞賛するワイン! 『私が初めてラインガウのワインに愛情を感じたのは透明感があり力強く、時に強烈なリースリングであった。力強くも果実味豊か。それが私の理想とするところ。今日そういったリースリングを造り出す醸造家を見つけ出すのは難しい。このワイングート ゲオルグ・ブロイヤーこそ、その数少ない「特別な醸造家」の一人である。』 (ワイン評論家 アイヒェルマン、モンド ワインガイド 2001年度版) 『この近年まれに見るすばらしい品質、特にボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリングと新しいアイデアには目を見張るものがある。』 (ワイン評論家 ヒュー・ジョンソン ポケットワインブック)

6本以上送料無料 ブロイヤー グラウアーブルグンダー Q.b.A. トロッケン 2005 ゲオルク ブロイヤー Breuer Grauer Burgunder Q.b.A. trocken 2005 Georg Breuer ドイツ 白 ワイン 辛口 ライ —— 4,800円

6本以上送料無料 ヘーグル ブリュック リースリング フェーダーシュピール 2013 ヘーグル Hogl Bruck Riesling Federspiel 2013 Hoegl 辛口 白 ワイン オーストリア オーストリー 送料無料,人気セール

Weingut Hoegl へーグル醸造所 オーストリア、バッハウにのわずか7haの家族経営の醸造所です。 オーストリアの生産地でも一番西側の白ワインの銘譲地です。 ドナウ川より少し北に離れたところに醸造所は位置します。 「バッハウのワインはもう日本にだいたい輸入されている」といわれている情報の中、こちらの醸造所は英語があまり話せないことから日本には未入荷でした。 オーストリアの「最後の職人」とも言われるヘーグル氏 がつくるこちらの白ワインは爽やかでとてもフルーティー。 オーストリアで最も多く栽培されている、この国を代表するような、No1人気の土着品種グリューナーフェルトリーナーを使用しています。 ワイナリーの背後の山手に広がる畑の【Bruck(ブリュック)】グリューナー・ヴェルトリナーの生産量が多い造り手ですが、実は生産量の約35%がリースリング。その中でもフラッグシップとなるのがこの畑で収穫されたリースリングです。フェダーシュピールは、斜面の上部の標高の高い区画で取れたブドウを使用。のびやかな酸に、繊細な果実感。リースリングらしい、白い花の香りのニュアンスも楽しんで頂けます。 後味にはやや塩味をともなった旨みがあり、余韻はややスモーキーで長く続き、最後までしっかりと存在感があります。 ■Information ●生産国 オーストリア(オーストリー) ●地域 ヴァインラント・エスタライヒ(Weinland Osterreich)地方 / ニーダーエスタライヒ(Niederosterrich)州 / バッハウ(Wachau)地域 ●ブドウ品種 グリューナーヴェルトリーナ100%/フェーダーシュピール(Federspiel) ●タイプ 白・辛口・ミディアムボディ アルコール12.8%、残糖2.7g/l、酸度6.7g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】【】 Weingut Hoegl へーグル醸造所 Weingut Hoegl へーグル醸造所 世界遺産バッハウ渓谷のオーストリアの隠れた名品!!オーストリア、バッハウにのわずか7ヘクタールの家族経営の醸造所です。 バッハウ(Wachau)はオーストリアの生産地でも一番西側の白ワインの銘譲地になっています。グリューナーヘルトリナーやリースリングから非常に素晴らしい品質のワインを産み出す地域です。 中心はこの2種類ですが他にはしたがって、 ソーヴィニヨンブラン、シャルドネ、ゲルバームスカテラー 、最近ではヌーブルジェも栽培しています。 ドナウ川より少し北に離れたところにへーグル醸造所は位置します。バッハウでも西部にあり、この地域でも最高とされる『スピツァーガルデン(Spitzergraben)』にあります。 「バッハウのワインはもう日本にだいたい輸入されている」 といわれている中、こちらの醸造所は今まで英語があまり話せないことから日本には未入荷でした。 オーストリアの「最後の職人」 とも言われるヘーグル氏がつくるこちらの白ワインは爽やかでとてもフルーティー。 爽やか、華やか、軽やか!!繊細ながらも程よくコクのある。グリューナー・フェルトリーナー種の個性がそのまま楽しめる味わい!! へーグル醸造所は世界の数々ある厳しい有名ワイン誌、「Vinaria」、「ゴーミヨ」、「アルズユーバーウェイン」、最近では「ワインスペクテーター」誌でも高い評価されており、現在、世界中のワイン愛好家からも大人気のワインになっています。 ヒュージョンソン氏の「ポケットワインブック」でもバッハウの優良生産者に挙げられています。

6本以上送料無料 ヘーグル ブリュック リースリング フェーダーシュピール 2013 ヘーグル Hogl Bruck Riesling Federspiel 2013 Hoegl 辛口 白 ワイン オーストリア オーストリー 送料無料,人気セール —— 3,600円

6本以上送料無料 ラウエンタール ノンネンベルク リースリング Q.b.A. トロッケン 2015 ゲオルク ブロイヤー Rauenthal Nonnenberg Riesling Q.b.A. trocken 2015 Georg Breuer ドイツ

Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 元はネゴシアンだったブロイヤー家が醸造所として元詰めを開始したのが1970年代。前当主ベルンハルト・ブロイヤー氏は妥協することなく理想のワインを追い求め、ドイツのワイン生産者協会や組合から脱退し、わが道を20年間走り続けました。2004年5月、惜しくもその短すぎる生涯を終えることとなってしまいましたが、彼の長年の悲願であった「ドイツワインの再興」は後継者たちによって今着実に実を結ぼうとしています。 また、環境保護はここの醸造所の掲げる大きなテーマのひとつです。単一品種栽培からの脱皮、有機肥料の使用、極端な収量制限、畑の一部でビオディナミ法の採用など、すべて100年先にもぶどうが栽培できるように実践されています。 ロマンチック街道と並ぶドイツの観光名所リューデスハイム。ライン下りの船着場のあるこの街は、狭く短い路地の両側にワイン酒場が並ぶ【ドロッセルガッセ(つぐみ横丁)】、別名【酔っ払い横丁】で有名です。ゲオルク・ブロイヤー醸造所は、この横丁で【リューデスハイム・シュロス】という名のホテル・酒場も経営しています。 1990年からラウエンタール村の「ノンネンベルク」6haは単独所有となっています。粘土層と粘板岩を含んだ砂利層のラウエンタールは、ミネラルの風味豊かで、しっかりとした果実味を有した味わいを生み出す源です。 香ばしいミネラル香を持ち、シャキッとしたシンのあるパワーを感じるボリューム満点の辛口ワインです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインガウ(Rheingau)地域 / ヨハニスベルク(Rheingau)地区 / リューデスハイム(Ruedesheim) ●ブドウ品種 リースリング 100% ●タイプ 白・辛口・フルボディ アルコール12.2%、残糖6.4g/l、酸度8.2g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガー・ホーフ 株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【ドイツ】 【ラインガウ】 【ヨハニス】 【Georg Breuer】 【ゲオルグ ブロイヤー】 【ゲオルグ・ブロイヤー】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】 【】 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするリースリングの魔術師! 辛口リースリングでラインガウを変革する孤高の魂!ラインガウ復興の立役者【ゲオルグ・ブロイヤー】! フランス語を学ぶためスイスに留学。その後、ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、モンペリエ大で醸造学を修めたました。更に、米・ニューヨークの銀行でマーケティングの研修を積み、18歳になった1965年には、傾きかけていた実家のネゴシアンで父の片腕として働き始めました。 「フランスのほぼ全ての生産地やアメリカも訪ねることにより、ドイツワインのおかしさに気づきました。輸出するドイツワインは国内より甘口にしていることが多いのです。シャトー・マルゴーもオー・ブリオンも世界で共通の味なのに、おかしな話だ。」 ブロイヤー氏はやがて自家元詰めに転換し、1980年にまずリューデスハイム村で最高と言われる「コクがあって上質のフレーヴァーを持つ」と言われラインガウの人気畑でありリューデスハイムの中でも「ベルク」の名が付く特に最良畑である『ベルク・シュロスベルク(Berg Schlossberg)』畑 をリリースしました。 また、 「ワインはブドウがそれぞれの土地でどう育っているかを表現するもの。ケラー(セラー)のテクニックの産物ではなく、農産物。畑のポテンシャルを最大限に引き出し、テロワールを表現するのが我々造り手の仕事だ。」 とワインに対する熱い思いを語ります。 *辛口&中辛口ワインのスペシャリスト! ブロイヤー氏が辛口と中辛口に特化しているのも、自然に任せたワイン造りにこだわっているからです。戦前のラインガウでは偉大な辛口ワインを造ってきた伝統があります。「アウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼは例外的なワイン。糖度が高すぎて、酵母が全てを発酵できないから極甘口になる。通常の甘口ワインの多くは発酵途中に酵母を取り除いたり、果汁を冷やしたりしている。それは人工的な作業でおかしい。」 醸造所のワインは、ベーシックな『グーツリースリング』 、村名格の『オルトリースリング』 、彼自身が特級とみなすワインのセカンド『テラ・モントーサ』(ラテン語で「急斜面」の意) 、彼自身が特級とする『スピッツェン ゲヴェックス』 の4つのカテゴリーに分かれています。ワイン法でいうシュペートレーゼ以上の糖度の果汁を使用していますが、その表示はありません。畑の格にこだわっているのです 秀逸なのはリューデスハイム村の特級格の『ベルク・シュロスベルク』、『ベルク・ロットランド』、『ベルク・ローゼンエック』、ラウエンタール村の『ノンネンベルク』の4つです。 豊かなミネラルと透明な酸、果実味のバランスがとれた辛口のエレガントさは比類がないと言われます。ヒュー・ジョンソン、マイケル・ブロードベントら英国のトップ評論家から賞賛 されるのも当然の味わいです。 ワインの性格と同じく、ブロイヤー氏の生き方に妥協はない。1980年代にはカルタ連合の創設メンバーとして、ラインガウ・ワインの変革を図りました。その動きを受け継いだのがラインガウの優良生産者組合(VDP)。フランスのグラン・クリュ(特級)の概念に基づいて畑を格付けする【エアステス・ゲヴェックス】 という制度を1999年に始めました。彼も参画しましたが、1年後、信念の違いからVDPを去ります。「VDPが補糖を認めているのは納得できない。格付けは畑の天候や気温にこだわり過ぎています。畑の土壌や斜面の向き、斜度などもワイン栽培にとって重要な要素。リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】の一部が特級ではないことは非常におかしいのです。」 ディジョン・クローンを植えドイツのトップクラスのシュペートブルグンダー。ブロイヤー氏がVDPを去ったのは、自分の畑が格付けからもれているというような単純な理由からだけではなく、VDPの思想と自らの信念が違っているからです。 「例えば、収量。現在は1ha当たり50h/lまで認められているが、40〜45h/lまで下げる必要がある。テロワールの表現は収量の制限に尽きる。ラ・ターシュやモンラッシェは他にない個性を世界で認められているから特級を名乗れるのだ。」 ブロイヤー醸造所の平均収量はなんと25〜45h/l という低さです。また、ブロイヤー氏はドイツでトップクラスのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を手がけ、ポルトガル・ドウロでも赤ワインを生産しています。 「どこでも栽培できるブドウではなく、リースリングやピノ・ノワールのように特定の土地でしか成功しないブドウに挑戦心を掻きたてられる。伝統を大切に新たな歴史を創造したい!」 と彼は言います。 やわらかな果実の風味をしっかりとしたミネラルとエッジのたった酸が支え、とても綺麗な造りになっています。ブドウの素地の良さ、ワインの造りの無理がなく、のびやかな美味しさはワインを好きでないかたにもオススメしたい素直な美味しさです!クラシックなスタイルのワインがお好きな方には、是非お試しいただきいワインです! *世界の批評家も賞賛するワイン! 『私が初めてラインガウのワインに愛情を感じたのは透明感があり力強く、時に強烈なリースリングであった。力強くも果実味豊か。それが私の理想とするところ。今日そういったリースリングを造り出す醸造家を見つけ出すのは難しい。このワイングート ゲオルグ・ブロイヤーこそ、その数少ない「特別な醸造家」の一人である。』 (ワイン評論家 アイヒェルマン、モンド ワインガイド 2001年度版) 『この近年まれに見るすばらしい品質、特にボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリングと新しいアイデアには目を見張るものがある。』 (ワイン評論家 ヒュー・ジョンソン ポケットワインブック)

6本以上送料無料 ラウエンタール ノンネンベルク リースリング Q.b.A. トロッケン 2015 ゲオルク ブロイヤー Rauenthal Nonnenberg Riesling Q.b.A. trocken 2015 Georg Breuer ドイツ  —— 8,500円

6本以上送料無料 ランダースアッカー ゾンネンストゥール ジルヴァーナ グローセスゲヴェックス QbA トロッケン トリアス 2010 シュテアライン&クレニッヒ Randersacker Sonnenstuhl Silvaner Grosses Gewa

シュトゥールライン醸造所はわずか8.5ヘクタールを所有している家族経営の醸造所です。フランケンの革新的ワイン生産者グループ、「トリアス」のリーダー的存在ですがグループの中では最も小規模の生産者。 ヴュルツヴルクの近郊、ランダースアッカー村を拠点にシルヴァーナーとリースリングを栽培しています。 テロワールを重視しもちろん、除草剤、殺虫剤、化学肥料を一切使用していません。 クリアーでエレガントなフランケン・ジルヴァーナー・トロッケン! 驚くほどの熟成が期待できるパワフルなボディを持っています。 シュテアライン&クレニッヒの最上級のワインです! 「トリアス」とはフランケンのマインフィーアエック(彩色砂岩)、マインドライエック(貝殻石灰岩)、シュタイガーヴァルト(コイパー)の3地区にちらばるそれぞれのテロワールにこだわった有力生産者5名のグループにより厳しく審査され、それに相応しいと認められたワインにのみ与えられる称号です。ジルヴァーナーの香りや味わいが熟成によって深みを増し、本来の力強さはそのままに奥行きのある旨いワインへと進化しています。 ゴーミヨ:88点 アイヒェルマン:90点 ■Information 国 ドイツ 産地 フランケン(Franken)地域、マインドライエック(Maindreieck)地区、ランダースアッカー(Randersacker)村ブドウ品種 ジルヴァーナー100%グローセスゲヴェックスタイプ 白・辛口・フルボディ アルコール13.7%、残糖2.1g/l、酸5.9g/l 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weingut Josef Stoerrlein & Krenig シュテアライン&クレニッヒ 醸造所 フランケンの革新的ワイン生産者グループ、【トリアス(TRIAS)】を引っ張るモダン・フランケンの造り手の一人です。 シュトゥールライン醸造所はわずか8.5ヘクタールを所有している家族経営の醸造所です。フランケンの革新的ワイン生産者グループ、「トリアス」のリーダー的存在ですがグループの中では最も小規模の生産者です。 【トリアス(TRIAS)】は「三畳系」の意。地質学の歴史で2億2千500年前から1億8千万年前の 中生代をあらわすそうです。このころ雑色砂岩、貝殻石灰石、石灰質粘土といった 岩盤層が推積され、この土壌が現在のフランケンを特色付けること、そしてこのメンバーがこの地質を生かしたワイン造りを目指していることから付けられたそうです。 ヴュルツヴルクの近郊にある、 ヒュー・ジョンソン氏も3ッ星★★★評価 をつけている、この地域でも人気と評価の高いランダースアッカー村を拠点にシルヴァーナーとリースリングを栽培しています。ランダースアッカー村は、フランケンでもブドウ造りとっては最高の環境に恵まれた地域です。彼らは、テロワールを重視し、もちろん、除草剤、殺虫剤、化学肥料を一切使用しない地球にやさしい栽培方法を選択しています。 シュテアラインは、果実の鮮度を重視して早めに収穫し、ブドウ本来の特徴を最大限に引き出す為ステンレスタンクで発酵、熟成の後、数ヶ月間大樽で熟成させます。樽の風味はほんのかすかに残し、味に厚みと奥行きをを加えてゆきます。シュテアラインは、全体的にしっかりとした構造が特徴のワイン造りを行っています。彼らが所有する有名な畑は、【ゾーネンシュトゥール畑(Sonnenstuhl)】です。 所有するブドウ畑のサイズ:約12ヘクタール ヨーゼフ・シュテアライン&クレニッヒ醸造所のワインの町は、マイン川と並んで、近くにヴュルツブルクに位置しています。ブドウは、ドイツでも最も恵まれた産地であるフランケン地方で、約8ヘクタールの敷地に、栽培しています。 そこにはシルヴァーナー、リースリング、およびピノブランが栽培されており、赤ワイン用のブドウは、ピノノワール、ピノムニエが栽培されています 。ワインはバリックにて熟成させます。 【グローセス・ゲヴェックス】とは? 【偉大な作物】と言う意味を持ち、一級畑[Erste Lage:エアステ・ラーゲ]から造られるワイン。 ラインガウでは【エアステス・ゲヴェックス(Erstes Gewachs)】、モーゼルでは【エアステス・ラーゲ(Erste Lage)】、それ以外の地域では【グローセス・ゲヴェックス(Grosses Gewachs)】と呼ばれています。 最高級畑の指定や、収穫量、完熟度、収穫は手摘みなど、徹底した規則が定められており、ドイツワインのグラン・クリュと呼ばれる所似です。

6本以上送料無料 ランダースアッカー ゾンネンストゥール ジルヴァーナ グローセスゲヴェックス QbA トロッケン トリアス 2010 シュテアライン&クレニッヒ Randersacker Sonnenstuhl Silvaner Grosses Gewa —— 5,200円

6本以上送料無料 ランダースアッカー ゾンネンストゥール リースリング グローセスゲヴェックス QbA トロッケン トリアス 2011 シュテアライン&クレニッヒ Randersacker Sonnenstuhl Riesling Grosses Gewa

シュトゥールライン醸造所はわずか8.5ヘクタールを所有している家族経営の醸造所です。フランケンの革新的ワイン生産者グループ、「トリアス」のリーダー的存在ですがグループの中では最も小規模の生産者。 ヴュルツヴルクの近郊、ランダースアッカー村を拠点にシルヴァーナーとリースリングを栽培しています。 テロワールを重視しもちろん、除草剤、殺虫剤、化学肥料を一切使用していません。 シュテアライン&クレニッヒの最上級のワインです! 「トリアス」とはフランケンのマインフィーアエック(彩色砂岩)、マインドライエック(貝殻石灰岩)、シュタイガーヴァルト(コイパー)の3地区にちらばるそれぞれのテロワールにこだわった有力生産者5名のグループにより厳しく審査され、それに相応しいと認められたワインにのみ与えられる称号です。完熟ぶどうを使用し辛口に仕上げたワイン。 力強い酸味に支えられた、果実味を生かしたバランスの良いワインです。 トリアスは土壌の特性をあらわすワインに冠されます。フランケン地域のワインは、ドイツで最も男性的なワインだとされています。地域独特のボックスボイテルに詰められています。 ■Information 国 ドイツ 産地 フランケン(Franken)地域、マインドライエック(Maindreieck)地区、ランダースアッカー(Randersacker)村ブドウ品種 リースリング100%グローセスゲヴェックスタイプ 白・辛口・フルボディ アルコール:13.0%、残糖7.9g/l、酸度7.0g/l 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weingut Josef Stoerrlein & Krenig シュテアライン&クレニッヒ 醸造所 フランケンの革新的ワイン生産者グループ、【トリアス(TRIAS)】を引っ張るモダン・フランケンの造り手の一人です。 シュトゥールライン醸造所はわずか8.5ヘクタールを所有している家族経営の醸造所です。フランケンの革新的ワイン生産者グループ、「トリアス」のリーダー的存在ですがグループの中では最も小規模の生産者です。 【トリアス(TRIAS)】は「三畳系」の意。地質学の歴史で2億2千500年前から1億8千万年前の 中生代をあらわすそうです。このころ雑色砂岩、貝殻石灰石、石灰質粘土といった 岩盤層が推積され、この土壌が現在のフランケンを特色付けること、そしてこのメンバーがこの地質を生かしたワイン造りを目指していることから付けられたそうです。 ヴュルツヴルクの近郊にある、 ヒュー・ジョンソン氏も3ッ星★★★評価 をつけている、この地域でも人気と評価の高いランダースアッカー村を拠点にシルヴァーナーとリースリングを栽培しています。ランダースアッカー村は、フランケンでもブドウ造りとっては最高の環境に恵まれた地域です。彼らは、テロワールを重視し、もちろん、除草剤、殺虫剤、化学肥料を一切使用しない地球にやさしい栽培方法を選択しています。 シュテアラインは、果実の鮮度を重視して早めに収穫し、ブドウ本来の特徴を最大限に引き出す為ステンレスタンクで発酵、熟成の後、数ヶ月間大樽で熟成させます。樽の風味はほんのかすかに残し、味に厚みと奥行きをを加えてゆきます。シュテアラインは、全体的にしっかりとした構造が特徴のワイン造りを行っています。彼らが所有する有名な畑は、【ゾーネンシュトゥール畑(Sonnenstuhl)】です。 所有するブドウ畑のサイズ:約12ヘクタール ヨーゼフ・シュテアライン&クレニッヒ醸造所のワインの町は、マイン川と並んで、近くにヴュルツブルクに位置しています。ブドウは、ドイツでも最も恵まれた産地であるフランケン地方で、約8ヘクタールの敷地に、栽培しています。 そこにはシルヴァーナー、リースリング、およびピノブランが栽培されており、赤ワイン用のブドウは、ピノノワール、ピノムニエが栽培されています 。ワインはバリックにて熟成させます。 【グローセス・ゲヴェックス】とは? 【偉大な作物】と言う意味を持ち、一級畑[Erste Lage:エアステ・ラーゲ]から造られるワイン。 ラインガウでは【エアステス・ゲヴェックス(Erstes Gewachs)】、モーゼルでは【エアステス・ラーゲ(Erste Lage)】、それ以外の地域では【グローセス・ゲヴェックス(Grosses Gewachs)】と呼ばれています。 最高級畑の指定や、収穫量、完熟度、収穫は手摘みなど、徹底した規則が定められており、ドイツワインのグラン・クリュと呼ばれる所似です。

6本以上送料無料 ランダースアッカー ゾンネンストゥール リースリング グローセスゲヴェックス QbA トロッケン トリアス 2011 シュテアライン&クレニッヒ Randersacker Sonnenstuhl Riesling Grosses Gewa —— 4,600円

6本以上送料無料 リューデスハイム ベルク シュロスベルク リースリング Q.b.A. トロッケン 2014 ゲオルク ブロイヤー Rudesheim Berg Schlossberg Riesling Q.b.A. trocken 2014 Georg

Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 元はネゴシアンだったブロイヤー家が醸造所として元詰めを開始したのが1970年代。前当主ベルンハルト・ブロイヤー氏は妥協することなく理想のワインを追い求め、ドイツのワイン生産者協会や組合から脱退し、わが道を20年間走り続けました。2004年5月、惜しくもその短すぎる生涯を終えることとなってしまいましたが、彼の長年の悲願であった「ドイツワインの再興」は後継者たちによって今着実に実を結ぼうとしています。また、環境保護はここの醸造所の掲げる大きなテーマのひとつです。単一品種栽培からの脱皮、有機肥料の使用、極端な収量制限、畑の一部でビオディナミ法の採用など、すべて100年先にもぶどうが栽培できるように実践されています。 ロマンチック街道と並ぶドイツの観光名所リューデスハイム。ライン下りの船着場のあるこの街は、狭く短い路地の両側にワイン酒場が並ぶ「ドロッセルガッセ(つぐみ横丁)」、別名「酔っ払い横丁」で有名です。ゲオルク・ブロイヤー醸造所は、この横丁で「リューデスハイム・シュロス」という名のホテル・酒場も経営しています。 ヒュー・ジョンソンの【ワールドアトラス・オブ・ワイン he World Atlas of Wine】でも評価されている、リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】、【ベルク・ロットランド】、【ベルク・ローゼンエック】、そしてラウエンタール村の【ノンネンベルク】は、ラインガウで昔から特級とされたブドウ畑です。 ドイツの天才、故ブロイヤー氏の偉業を記念して、10年後に飲んでおいしい辛口のリースリングに贈られる「ブロイヤー・トロフィー」という賞が「ゴーミヨ」(ドイツで最も権威あるワインガイドブック)にあります。 そこでは、毎年彼の【シュロスベルク(Schlossberg)】が1位を獲得しています。ということは10年後に飲んで一番美味しい辛口リースリングは、このワインということになりますね!長期熟成がほんとうに期待できるドイツの名品、逸品リースリング。 毎年毎年、非常に厳しい選別を行い、自然に完全発酵させた果汁から造られる、ほんの わずかなワインだけがこのシリーズの特級畑の名前がついたワインとなります。 ドイツワイン法によるラベル表記である、シュペートレーゼ等の格付けを表記していないのも味わいに自信があってのことなんです。 長期熟成の可能性を感じさせる長く豊かな余韻と、際立った個性を有した特級畑の名に相応しいワインはこうして誕生します。収穫時に可能な限り熟成させ、さらに健全なぶどうを収穫することが必要不可欠になっています。 毎年デザインの変わる人気のアートラベルとなっているのも「シュロスベルク」の魅力の一つです。パリのミシュラン3ッ星★★★レストランにも オンリストされているドイツが誇るリースリングです。是非お飲み頂きたいオススメの1本です。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインガウ(Rheingau)地域 / ヨハニスベルク(Rheingau)地区 / リューデスハイム(Ruedesheim) ●ブドウ品種 リースリング 100% ●タイプ 白・辛口・ミディアムボディ アルコール:12.1%、残糖4.1g/l、酸度7.4g/l ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガー・ホーフ 株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【ドイツ】 【ラインガウ】 【ヨハニス】 【Georg Breuer】 【ゲオルグ ブロイヤー】 【ゲオルグ・ブロイヤー】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】 【】 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするリースリングの魔術師! 辛口リースリングでラインガウを変革する孤高の魂!ラインガウ復興の立役者【ゲオルグ・ブロイヤー】! フランス語を学ぶためスイスに留学。その後、ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、モンペリエ大で醸造学を修めたました。更に、米・ニューヨークの銀行でマーケティングの研修を積み、18歳になった1965年には、傾きかけていた実家のネゴシアンで父の片腕として働き始めました。 「フランスのほぼ全ての生産地やアメリカも訪ねることにより、ドイツワインのおかしさに気づきました。輸出するドイツワインは国内より甘口にしていることが多いのです。シャトー・マルゴーもオー・ブリオンも世界で共通の味なのに、おかしな話だ。」 ブロイヤー氏はやがて自家元詰めに転換し、1980年にまずリューデスハイム村で最高と言われる「コクがあって上質のフレーヴァーを持つ」と言われラインガウの人気畑でありリューデスハイムの中でも「ベルク」の名が付く特に最良畑である『ベルク・シュロスベルク(Berg Schlossberg)』畑 をリリースしました。 また、「ワインはブドウがそれぞれの土地でどう育っているかを表現するもの。ケラー(セラー)のテクニックの産物ではなく、農産物。畑のポテンシャルを最大限に引き出し、テロワールを表現するのが我々造り手の仕事だ。」 とワインに対する熱い思いを語ります。 *辛口&中辛口ワインのスペシャリスト! ブロイヤー氏が辛口と中辛口に特化しているのも、自然に任せたワイン造りにこだわっているからです。戦前のラインガウでは偉大な辛口ワインを造ってきた伝統があります。「アウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼは例外的なワイン。糖度が高すぎて、酵母が全てを発酵できないから極甘口になる。通常の甘口ワインの多くは発酵途中に酵母を取り除いたり、果汁を冷やしたりしている。それは人工的な作業でおかしい。」 醸造所のワインは、ベーシックな『グーツリースリング』 、村名格の『オルトリースリング』 、彼自身が特級とみなすワインのセカンド『テラ・モントーサ』(ラテン語で「急斜面」の意) 、彼自身が特級とする『スピッツェン ゲヴェックス』 の4つのカテゴリーに分かれています。ワイン法でいうシュペートレーゼ以上の糖度の果汁を使用していますが、その表示はありません。畑の格にこだわっているのです 秀逸なのはリューデスハイム村の特級格の『ベルク・シュロスベルク』、『ベルク・ロットランド』、『ベルク・ローゼンエック』、ラウエンタール村の『ノンネンベルク』の4つです。 豊かなミネラルと透明な酸、果実味のバランスがとれた辛口のエレガントさは比類がないと言われます。ヒュー・ジョンソン、マイケル・ブロードベントら英国のトップ評論家から賞賛 されるのも当然の味わいです。 ワインの性格と同じく、ブロイヤー氏の生き方に妥協はない。1980年代にはカルタ連合の創設メンバーとして、ラインガウ・ワインの変革を図りました。その動きを受け継いだのがラインガウの優良生産者組合(VDP)。フランスのグラン・クリュ(特級)の概念に基づいて畑を格付けする【エアステス・ゲヴェックス】 という制度を1999年に始めました。彼も参画しましたが、1年後、信念の違いからVDPを去ります。「VDPが補糖を認めているのは納得できない。格付けは畑の天候や気温にこだわり過ぎています。畑の土壌や斜面の向き、斜度などもワイン栽培にとって重要な要素。リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】の一部が特級ではないことは非常におかしいのです。」 ディジョン・クローンを植えドイツのトップクラスのシュペートブルグンダー。ブロイヤー氏がVDPを去ったのは、自分の畑が格付けからもれているというような単純な理由からだけではなく、VDPの思想と自らの信念が違っているからです。 「例えば、収量。現在は1ha当たり50h/lまで認められているが、40〜45h/lまで下げる必要がある。テロワールの表現は収量の制限に尽きる。ラ・ターシュやモンラッシェは他にない個性を世界で認められているから特級を名乗れるのだ。」 ブロイヤー醸造所の平均収量はなんと25〜45h/l という低さです。また、ブロイヤー氏はドイツでトップクラスのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を手がけ、ポルトガル・ドウロでも赤ワインを生産しています。 「どこでも栽培できるブドウではなく、リースリングやピノ・ノワールのように特定の土地でしか成功しないブドウに挑戦心を掻きたてられる。伝統を大切に新たな歴史を創造したい!」 と彼は言います。 やわらかな果実の風味をしっかりとしたミネラルとエッジのたった酸が支え、とても綺麗な造りになっています。ブドウの素地の良さ、ワインの造りの無理がなく、のびやかな美味しさはワインを好きでないかたにもオススメしたい素直な美味しさです!クラシックなスタイルのワインがお好きな方には、是非お試しいただきいワインです! *世界の批評家も賞賛するワイン! 『私が初めてラインガウのワインに愛情を感じたのは透明感があり力強く、時に強烈なリースリングであった。力強くも果実味豊か。それが私の理想とするところ。今日そういったリースリングを造り出す醸造家を見つけ出すのは難しい。このワイングート ゲオルグ・ブロイヤーこそ、その数少ない「特別な醸造家」の一人である。』 (ワイン評論家 アイヒェルマン、モンド ワインガイド 2001年度版) 『この近年まれに見るすばらしい品質、特にボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリングと新しいアイデアには目を見張るものがある。』 (ワイン評論家 ヒュー・ジョンソン ポケットワインブック)

6本以上送料無料 リューデスハイム ベルク シュロスベルク リースリング Q.b.A. トロッケン 2014 ゲオルク ブロイヤー Rudesheim Berg Schlossberg Riesling Q.b.A. trocken 2014 Georg  —— 10,100円

6本以上送料無料 リューデスハイム ベルク ロットラント リースリング Q.b.A. トロッケン 2014 ゲオルク ブロイヤー Ruedesheim Berg Rotland Riesling Q.b.A. trocken 2014 Georg Breu

Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 元はネゴシアンだったブロイヤー家が醸造所として元詰めを開始したのが1970年代。前当主ベルンハルト・ブロイヤー氏は妥協することなく理想のワインを追い求め、ドイツのワイン生産者協会や組合から脱退し、わが道を20年間走り続けました。2004年5月、惜しくもその短すぎる生涯を終えることとなってしまいましたが、彼の長年の悲願であった「ドイツワインの再興」は後継者たちによって今着実に実を結ぼうとしています。また、環境保護はここの醸造所の掲げる大きなテーマのひとつです。単一品種栽培からの脱皮、有機肥料の使用、極端な収量制限、畑の一部でビオディナミ法の採用など、すべて100年先にもぶどうが栽培できるように実践されています。 ロマンチック街道と並ぶドイツの観光名所リューデスハイム。ライン下りの船着場のあるこの街は、狭く短い路地の両側にワイン酒場が並ぶ「ドロッセルガッセ(つぐみ横丁)」、別名「酔っ払い横丁」で有名です。ゲオルク・ブロイヤー醸造所は、この横丁で「リューデスハイム・シュロス」という名のホテル・酒場も経営しています。 リューデスハイムのあの溢れんばかりの果実味、スケールの大きさ、口中を魅了する華やかさと力強さの絶妙な調和、そしてドロッセルガッセの賑わいとも重なるラインガウ随一の明るさなどその思い入れは尽きません。ミネラルを含んだ引き締まったスタイル、飲むほどにその良さがわかるクラシックな味わいの辛口です。ライン河から望む南向きのあの雄大な斜面に想いを馳せながら飲むワインの味もまた格別です。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインガウ(Rheingau)地域 / ヨハニスベルク(Rheingau)地区 / リューデスハイム(Ruedesheim) ●ブドウ品種 リースリング 100% ●タイプ 白・辛口・フルボディ アルコール11.3%、糖度7.2g/l、酸度8.8g/l ●醸造・熟成 ●内容量 750ml ●オーガニック等の情報 ビオロジック ●コンクール入賞歴 ●ワイン専門誌評価 ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 【*ご注文の前にご確認ください*】 ●商品画像のラベルに表示されたヴィンテージと商品名が異なる場合は商品名のヴィンテージとなります。また、ラベルデザインは予告なく変更になる場合がございます。 ●ヴィンテージは、輸入元の諸事情によりヴィンテージが切り替わることがございます。商品名とは異なるヴィンテージになった場合、2,000円未満のワインにつきましては変更後のヴィンテージを発送致しますので予めご了承ください。2,000円以上のワインはヴィンテージ変更の連絡をいたします。 商品画像のボトルに記載されたヴィンテージとは異なる場合がございます。 ●注文個数によりお届け日が変わることがあります。 ●通常2〜3営業日で出荷致します。土日祝祭日、臨時休業を除きます。 ●輸入元 ヘレンベルガーホーフ Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするリースリングの魔術師! 辛口リースリングでラインガウを変革する孤高の魂!ラインガウ復興の立役者【ゲオルグ・ブロイヤー】! フランス語を学ぶためスイスに留学。その後、ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、モンペリエ大で醸造学を修めたました。更に、米・ニューヨークの銀行でマーケティングの研修を積み、18歳になった1965年には、傾きかけていた実家のネゴシアンで父の片腕として働き始めました。 「フランスのほぼ全ての生産地やアメリカも訪ねることにより、ドイツワインのおかしさに気づきました。輸出するドイツワインは国内より甘口にしていることが多いのです。シャトー・マルゴーもオー・ブリオンも世界で共通の味なのに、おかしな話だ。」 ブロイヤー氏はやがて自家元詰めに転換し、1980年にまずリューデスハイム村で最高と言われる「コクがあって上質のフレーヴァーを持つ」と言われラインガウの人気畑でありリューデスハイムの中でも「ベルク」の名が付く特に最良畑である『ベルク・シュロスベルク(Berg Schlossberg)』畑 をリリースしました。 また、 「ワインはブドウがそれぞれの土地でどう育っているかを表現するもの。ケラー(セラー)のテクニックの産物ではなく、農産物。畑のポテンシャルを最大限に引き出し、テロワールを表現するのが我々造り手の仕事だ。」 とワインに対する熱い思いを語ります。 *辛口&中辛口ワインのスペシャリスト! ブロイヤー氏が辛口と中辛口に特化しているのも、自然に任せたワイン造りにこだわっているからです。戦前のラインガウでは偉大な辛口ワインを造ってきた伝統があります。「アウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼは例外的なワイン。糖度が高すぎて、酵母が全てを発酵できないから極甘口になる。通常の甘口ワインの多くは発酵途中に酵母を取り除いたり、果汁を冷やしたりしている。それは人工的な作業でおかしい。」 醸造所のワインは、ベーシックな『グーツリースリング』 、村名格の『オルトリースリング』 、彼自身が特級とみなすワインのセカンド『テラ・モントーサ』(ラテン語で「急斜面」の意) 、彼自身が特級とする『スピッツェン ゲヴェックス』 の4つのカテゴリーに分かれています。ワイン法でいうシュペートレーゼ以上の糖度の果汁を使用していますが、その表示はありません。畑の格にこだわっているのです 秀逸なのはリューデスハイム村の特級格の『ベルク・シュロスベルク』、『ベルク・ロットランド』、『ベルク・ローゼンエック』、ラウエンタール村の『ノンネンベルク』の4つです。 豊かなミネラルと透明な酸、果実味のバランスがとれた辛口のエレガントさは比類がないと言われます。ヒュー・ジョンソン、マイケル・ブロードベントら英国のトップ評論家から賞賛 されるのも当然の味わいです。 ワインの性格と同じく、ブロイヤー氏の生き方に妥協はない。1980年代にはカルタ連合の創設メンバーとして、ラインガウ・ワインの変革を図りました。その動きを受け継いだのがラインガウの優良生産者組合(VDP)。フランスのグラン・クリュ(特級)の概念に基づいて畑を格付けする【エアステス・ゲヴェックス】 という制度を1999年に始めました。彼も参画しましたが、1年後、信念の違いからVDPを去ります。「VDPが補糖を認めているのは納得できない。格付けは畑の天候や気温にこだわり過ぎています。畑の土壌や斜面の向き、斜度などもワイン栽培にとって重要な要素。リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】の一部が特級ではないことは非常におかしいのです。」 ディジョン・クローンを植えドイツのトップクラスのシュペートブルグンダー。ブロイヤー氏がVDPを去ったのは、自分の畑が格付けからもれているというような単純な理由からだけではなく、VDPの思想と自らの信念が違っているからです。 「例えば、収量。現在は1ha当たり50h/lまで認められているが、40〜45h/lまで下げる必要がある。テロワールの表現は収量の制限に尽きる。ラ・ターシュやモンラッシェは他にない個性を世界で認められているから特級を名乗れるのだ。」 ブロイヤー醸造所の平均収量はなんと25〜45h/l という低さです。また、ブロイヤー氏はドイツでトップクラスのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を手がけ、ポルトガル・ドウロでも赤ワインを生産しています。 「どこでも栽培できるブドウではなく、リースリングやピノ・ノワールのように特定の土地でしか成功しないブドウに挑戦心を掻きたてられる。伝統を大切に新たな歴史を創造したい!」 と彼は言います。 やわらかな果実の風味をしっかりとしたミネラルとエッジのたった酸が支え、とても綺麗な造りになっています。ブドウの素地の良さ、ワインの造りの無理がなく、のびやかな美味しさはワインを好きでないかたにもオススメしたい素直な美味しさです!クラシックなスタイルのワインがお好きな方には、是非お試しいただきいワインです! *世界の批評家も賞賛するワイン! 『私が初めてラインガウのワインに愛情を感じたのは透明感があり力強く、時に強烈なリースリングであった。力強くも果実味豊か。それが私の理想とするところ。今日そういったリースリングを造り出す醸造家を見つけ出すのは難しい。このワイングート ゲオルグ・ブロイヤーこそ、その数少ない「特別な醸造家」の一人である。』 (ワイン評論家 アイヒェルマン、モンド ワインガイド 2001年度版) 『この近年まれに見るすばらしい品質、特にボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリングと新しいアイデアには目を見張るものがある。』 (ワイン評論家 ヒュー・ジョンソン ポケットワインブック)

6本以上送料無料 リューデスハイム ベルク ロットラント リースリング Q.b.A. トロッケン 2014 ゲオルク ブロイヤー Ruedesheim Berg Rotland Riesling Q.b.A. trocken 2014 Georg Breu —— 6,200円

6本以上送料無料 リューデスハイム ベルク ローゼンエック リースリング Q.b.A. トロッケン 2012 ゲオルク ブロイヤー Ruedesheim Berg Roseneck Riesling Q.b.A. trocken 2012 Georg Br

Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 元はネゴシアンだったブロイヤー家が醸造所として元詰めを開始したのが1970年代。前当主ベルンハルト・ブロイヤー氏は妥協することなく理想のワインを追い求め、ドイツのワイン生産者協会や組合から脱退し、わが道を20年間走り続けました。2004年5月、惜しくもその短すぎる生涯を終えることとなってしまいましたが、彼の長年の悲願であった「ドイツワインの再興」は後継者たちによって今着実に実を結ぼうとしています。また、環境保護はここの醸造所の掲げる大きなテーマのひとつです。単一品種栽培からの脱皮、有機肥料の使用、極端な収量制限、畑の一部でビオディナミ法の採用など、すべて100年先にもぶどうが栽培できるように実践されています。 ロマンチック街道と並ぶドイツの観光名所リューデスハイム。ライン下りの船着場のあるこの街は、狭く短い路地の両側にワイン酒場が並ぶ「ドロッセルガッセ(つぐみ横丁)」、別名「酔っ払い横丁」で有名です。ゲオルク・ブロイヤー醸造所は、この横丁で「リューデスハイム・シュロス」という名のホテル・酒場も経営しています。 ラインガウは南から北へ流れるライン河が東から西へと向きを変えてる場所。川沿いの南斜面にブドウ畑が広がり高品質ワインの産地として知られる。リューデスハイム村はラインガウの中で西側。畑名の「ベルク」は山、「ローゼンエック」はバラの角という意味らしい。 甘みを感じるような奥行きのあるしっかりとした果実味と、太く力強い酸味が魅力的なワインです。 ■Information ●生産国 ドイツ ●地域 ラインガウ(Rheingau)地域 / ヨハニスベルク(Rheingau)地区 / リューデスハイム(Ruedesheim) ●ブドウ品種 リースリング 100% ●タイプ 白・辛口・フルボディ アルコール11.7%、糖度6.5g/l、酸度8.1g/L ●内容量 750ml ●保存方法 直射日光、振動を避けて、18℃以下の場所で保管してください。 ●備考 ●輸入元 ヘレンベルガー・ホーフ 株式会社 【ワイン通販】 【通販ワイン】 【ドイツ】 【ラインガウ】 【ヨハニス】 【Georg Breuer】 【ゲオルグ ブロイヤー】 【ゲオルグ・ブロイヤー】 【Donguriano Wine】 【ドングリアーノ ワイン】 【】 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 Weingut Georg Breuer ゲオルグ・ブロイヤー醸造所 いくつものパリの三ツ星レストランがオンリストするリースリングの魔術師! 辛口リースリングでラインガウを変革する孤高の魂!ラインガウ復興の立役者【ゲオルグ・ブロイヤー】! フランス語を学ぶためスイスに留学。その後、ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、モンペリエ大で醸造学を修めたました。更に、米・ニューヨークの銀行でマーケティングの研修を積み、18歳になった1965年には、傾きかけていた実家のネゴシアンで父の片腕として働き始めました。 「フランスのほぼ全ての生産地やアメリカも訪ねることにより、ドイツワインのおかしさに気づきました。輸出するドイツワインは国内より甘口にしていることが多いのです。シャトー・マルゴーもオー・ブリオンも世界で共通の味なのに、おかしな話だ。」 ブロイヤー氏はやがて自家元詰めに転換し、1980年にまずリューデスハイム村で最高と言われる「コクがあって上質のフレーヴァーを持つ」と言われラインガウの人気畑でありリューデスハイムの中でも「ベルク」の名が付く特に最良畑である『ベルク・シュロスベルク(Berg Schlossberg)』畑 をリリースしました。 また、 「ワインはブドウがそれぞれの土地でどう育っているかを表現するもの。ケラー(セラー)のテクニックの産物ではなく、農産物。畑のポテンシャルを最大限に引き出し、テロワールを表現するのが我々造り手の仕事だ。」 とワインに対する熱い思いを語ります。 *辛口&中辛口ワインのスペシャリスト! ブロイヤー氏が辛口と中辛口に特化しているのも、自然に任せたワイン造りにこだわっているからです。戦前のラインガウでは偉大な辛口ワインを造ってきた伝統があります。「アウスレーゼやトロッケンベーレンアウスレーゼは例外的なワイン。糖度が高すぎて、酵母が全てを発酵できないから極甘口になる。通常の甘口ワインの多くは発酵途中に酵母を取り除いたり、果汁を冷やしたりしている。それは人工的な作業でおかしい。」 醸造所のワインは、ベーシックな『グーツリースリング』 、村名格の『オルトリースリング』 、彼自身が特級とみなすワインのセカンド『テラ・モントーサ』(ラテン語で「急斜面」の意) 、彼自身が特級とする『スピッツェン ゲヴェックス』 の4つのカテゴリーに分かれています。ワイン法でいうシュペートレーゼ以上の糖度の果汁を使用していますが、その表示はありません。畑の格にこだわっているのです 秀逸なのはリューデスハイム村の特級格の『ベルク・シュロスベルク』、『ベルク・ロットランド』、『ベルク・ローゼンエック』、ラウエンタール村の『ノンネンベルク』の4つです。 豊かなミネラルと透明な酸、果実味のバランスがとれた辛口のエレガントさは比類がないと言われます。ヒュー・ジョンソン、マイケル・ブロードベントら英国のトップ評論家から賞賛 されるのも当然の味わいです。 ワインの性格と同じく、ブロイヤー氏の生き方に妥協はない。1980年代にはカルタ連合の創設メンバーとして、ラインガウ・ワインの変革を図りました。その動きを受け継いだのがラインガウの優良生産者組合(VDP)。フランスのグラン・クリュ(特級)の概念に基づいて畑を格付けする【エアステス・ゲヴェックス】 という制度を1999年に始めました。彼も参画しましたが、1年後、信念の違いからVDPを去ります。「VDPが補糖を認めているのは納得できない。格付けは畑の天候や気温にこだわり過ぎています。畑の土壌や斜面の向き、斜度などもワイン栽培にとって重要な要素。リューデスハイム村の【ベルク・シュロスベルク】の一部が特級ではないことは非常におかしいのです。」 ディジョン・クローンを植えドイツのトップクラスのシュペートブルグンダー。ブロイヤー氏がVDPを去ったのは、自分の畑が格付けからもれているというような単純な理由からだけではなく、VDPの思想と自らの信念が違っているからです。 「例えば、収量。現在は1ha当たり50h/lまで認められているが、40〜45h/lまで下げる必要がある。テロワールの表現は収量の制限に尽きる。ラ・ターシュやモンラッシェは他にない個性を世界で認められているから特級を名乗れるのだ。」 ブロイヤー醸造所の平均収量はなんと25〜45h/l という低さです。また、ブロイヤー氏はドイツでトップクラスのシュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)を手がけ、ポルトガル・ドウロでも赤ワインを生産しています。 「どこでも栽培できるブドウではなく、リースリングやピノ・ノワールのように特定の土地でしか成功しないブドウに挑戦心を掻きたてられる。伝統を大切に新たな歴史を創造したい!」 と彼は言います。 やわらかな果実の風味をしっかりとしたミネラルとエッジのたった酸が支え、とても綺麗な造りになっています。ブドウの素地の良さ、ワインの造りの無理がなく、のびやかな美味しさはワインを好きでないかたにもオススメしたい素直な美味しさです!クラシックなスタイルのワインがお好きな方には、是非お試しいただきいワインです! *世界の批評家も賞賛するワイン! 『私が初めてラインガウのワインに愛情を感じたのは透明感があり力強く、時に強烈なリースリングであった。力強くも果実味豊か。それが私の理想とするところ。今日そういったリースリングを造り出す醸造家を見つけ出すのは難しい。このワイングート ゲオルグ・ブロイヤーこそ、その数少ない「特別な醸造家」の一人である。』 (ワイン評論家 アイヒェルマン、モンド ワインガイド 2001年度版) 『この近年まれに見るすばらしい品質、特にボディのしっかりとしたエレガントな辛口リースリングと新しいアイデアには目を見張るものがある。』 (ワイン評論家 ヒュー・ジョンソン ポケットワインブック)

6本以上送料無料 リューデスハイム ベルク ローゼンエック リースリング Q.b.A. トロッケン 2012 ゲオルク ブロイヤー Ruedesheim Berg Roseneck Riesling Q.b.A. trocken 2012 Georg Br —— 6,100円

6本以上送料無料 ヴィニンガー ウーレン リースリング アルテレーベン シュペートレーゼ ファインヘルプ 2006 ラインハルト&ベアーテ クネーベル Winninger Uhlen Riesling AlteReben Spaetlese Feinher

樹齢70年古樹より遅摘みされたブドウを使用! この醸造所はモーゼル河の下流、ライン河との合流地点に一番近いワイン村、ヴィニンゲン村にあります。 ラインハルト・クネーベル氏の実家から1990年に葡萄畑を相続し誕生したこの醸造所は、誕生後間もなくから評価は上がっており、現在、評論紙での評価もかなり高くなっています。 この醸造所が醸造する辛口リースリングも素晴らしく、甘いリースリング香や黄桃の香、蜂蜜の香りが広がり、十分熟した葡萄を使い丹念に作ったものであることが、1口飲むだけで十分わかる造りをしています。 ブドウの旨みが凝縮されていることが実感できます。 *アルテ レーベン(Alte Reben)=古樹の意味。 ブドウはモーゼル下流の有名な特級畑で育まれました。ミネラル感あふれる上品なワインです。 ■Information 国 ドイツ 産地 モーゼル地域 / ツェル・モーゼル地区、ヴィニンゲン村 ブドウ品種 リースリング 100% タイプ 白・やや辛口 アルコール:13.9% Vol.、残 糖:22.4g/L、酸:6.8g/L 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weingut Reinhard & Beate Knebel ラインハルト&ベアーテ・クネーベル醸造所 この醸造所のあるヴィニンゲン村は、モーゼル河の下流、ライン河との合流地点に一番近いワイン産地になっています。 あまりにも傾斜が急で、猫の額のように狭い段々畑がいくつも集まっている景観は、誰もが圧倒されます。この村で現在とくに評価が高いのは、た【ラインハルト・ウント・ベアーテ・クネーベル醸造所】です。 ご主人のラインハルト・クネーベル氏はもともと実家でワイン造りに携わっていましたが、1990年に2.7haの葡萄畑を相続し、本家から独立、奥さんの名前もつけて、この醸造所が誕生しました。 独立後、すぐにめきめきと頭角を現し、1999年産でその評判は更に高まります。雨が多く困難な年であった2000年に、トロッケンベーレンアウスレーゼまでリリースした数少ないモーゼルの醸造所のひとつです。 そんなことからも、ここの並々ならぬワイン造りへの熱意が伺えます。ワインの特徴はモーゼル下流らしく酸が穏やかですが、果実感豊かでミネラルがぎっしりと詰まった、手ごたえのある味わい。 所有する畑は現在合計6.5haで、 『Winninger Uhlen』,『 Winninger Roettgen』, 『Winninger Brueckstueck』, 『Winninger Hamm』 畑の個性はワインに明確に反映されており、特に『Uhlen』, 『Roettgen』の甘口は、白い花の蜂蜜の生き生きとした香りが魅力的です。これまでの個人的な印象では1999年が最上に思われたが、2002年産はその印象を更に上回る、誰もが納得できる、完成度の高い品質でした。 収穫期の雨の影響で、やや弱い印象を受けるシュペートレーゼ、アウスレーゼが多いなか、ここはそうした弱さをまったく感じさせないワインを造ります。

6本以上送料無料 ヴィニンガー ウーレン リースリング アルテレーベン シュペートレーゼ ファインヘルプ 2006 ラインハルト&ベアーテ クネーベル Winninger Uhlen Riesling AlteReben Spaetlese Feinher —— 5,800円

6本以上送料無料 ヴィニンガー ブリュックシュテュック リースリング アルテレーベン シュペートレーゼ ファインヘルプ 2006 ラインハルト&ベアーテ クネーベル Winninger Bruecksyueck Riesling AlteReben Spa

樹齢70年古樹より遅摘みされたブドウを使用! この醸造所はモーゼル河の下流、ライン河との合流地点に一番近いワイン村、ヴィニンゲン村にあります。 ラインハルト・クネーベル氏の実家から1990年に葡萄畑を相続し誕生したこの醸造所は、誕生後間もなくから評価は上がっており、現在、評論紙での評価もかなり高くなっています。 この醸造所が醸造する辛口リースリングも素晴らしく、甘いリースリング香や黄桃の香、蜂蜜の香りが広がり、十分熟した葡萄を使い丹念に作ったものであることが、1口飲むだけで十分わかる造りをしています。ブドウの旨みが凝縮されていることが実感できます。 *アルテ レーベン(Alte Reben)=古樹の意味。 樹齢約70年の古木より遅摘みぶどうを使用。柑橘系の香り豊かなワンランク上のワインです。 ■Information 国 ドイツ 産地 モーゼル地域 / ツェル・モーゼル地区、ヴィニンゲン村 ブドウ品種 リースリング100% タイプ 白・やや辛口 アルコール:13.9% Vol.、残 糖:22.4g/L、酸:6.8g/L 内容量 750ml 保存方法 直射日光、振動を避け、18℃以下の場所で保管して下さい。 Weingut Reinhard & Beate Knebel ラインハルト&ベアーテ・クネーベル醸造所 この醸造所のあるヴィニンゲン村は、モーゼル河の下流、ライン河との合流地点に一番近いワイン産地になっています。 あまりにも傾斜が急で、猫の額のように狭い段々畑がいくつも集まっている景観は、誰もが圧倒されます。この村で現在とくに評価が高いのは、た【ラインハルト・ウント・ベアーテ・クネーベル醸造所】です。 ご主人のラインハルト・クネーベル氏はもともと実家でワイン造りに携わっていましたが、1990年に2.7haの葡萄畑を相続し、本家から独立、奥さんの名前もつけて、この醸造所が誕生しました。 独立後、すぐにめきめきと頭角を現し、1999年産でその評判は更に高まります。雨が多く困難な年であった2000年に、トロッケンベーレンアウスレーゼまでリリースした数少ないモーゼルの醸造所のひとつです。 そんなことからも、ここの並々ならぬワイン造りへの熱意が伺えます。ワインの特徴はモーゼル下流らしく酸が穏やかですが、果実感豊かでミネラルがぎっしりと詰まった、手ごたえのある味わい。 所有する畑は現在合計6.5haで、 『Winninger Uhlen』,『 Winninger Roettgen』, 『Winninger Brueckstueck』, 『Winninger Hamm』 畑の個性はワインに明確に反映されており、特に『Uhlen』, 『Roettgen』の甘口は、白い花の蜂蜜の生き生きとした香りが魅力的です。これまでの個人的な印象では1999年が最上に思われたが、2002年産はその印象を更に上回る、誰もが納得できる、完成度の高い品質でした。 収穫期の雨の影響で、やや弱い印象を受けるシュペートレーゼ、アウスレーゼが多いなか、ここはそうした弱さをまったく感じさせないワインを造ります。

6本以上送料無料 ヴィニンガー ブリュックシュテュック リースリング アルテレーベン シュペートレーゼ ファインヘルプ 2006 ラインハルト&ベアーテ クネーベル Winninger Bruecksyueck Riesling AlteReben Spa —— 4,000円