おすすめの法人カードはどれ?

数ある法人カード。どれを選べばいいの?

世の中にはおよそ50枚程度の法人クレジットカードが存在しています。ポイント・マイルの還元率も異なりますし、審査の難易度も違います。

また年会費も無料から30,000円を超える法人カードまであるため選ぶのにも一苦労だと思います。

当サイトでは、おすすめの法人カードを徹底比較し、自社にとって最適なクレジットカードの申し込みができるようにと運営しています。なお、以下のランキングは次の基準で決めています。


1位:JCBプラチナ法人カード 全法人カード中、最も保険が高いカード
2位:エグゼクティブフォービズ 実質使える法人カードでは、最も年会費が安いカード(※「実質使える」の詳しい内容は以下のランキングを参照ください。)
3位:JCBゴールド法人カード 年会費が10,000円のゴールド法人カードの中では最大の保険が付帯
4位:セゾン・プラチナ・ビジネス
アメリカンエキスプレスカード
JALマイルが最も貯まる法人カード
5位:ダイナースカード
(ビジネスアカウントカード
ANAマイルが最も貯まる変則の法人カード


この順位決定は、管理人が法人カードにおいて最も重要視しているのが保険、次に年会費、続いてマイレージだからです。年会費が安いことが最も大切という方は迷うこと無くEX Gold for Bizがおすすめですし、JALマイルを貯めたいならセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードがおすすめです。自社にとって最適な法人カードを選択するようにしましょう!

JCBプラチナ法人カード   信頼性とサービス内容なら断トツ!
JCBプラチナ法人カードのランキング画像

JCBプラチナ法人カードをあえて一番に持って来ているのは、私自身の経営者の視点からです!

JCBプラチナ法人カードは海外、国内共に旅行傷害保険が最高1億円付帯される他、犯罪被害による傷害も最高で1,000万円の保証がされるなど、保険が充実した法人カードなので役員、従業員をもしもの時に守れるカードです。

年会費は30,000円と法人カードの中では高めですが、追加カードの年会費は6,000円なので、代表1名と役員3人で入会したとしても年間48,000円。月間に換算すればわずか4,000円となります。

年会費に対して大きな保険の適用がされる他、営業時、接待時に使用する法人カードとしても信頼感は抜群です。


年会費 発行枚数限度 旅行傷害保険 限度額
本会員:30,000円
追加会員:6,000円
無制限 海外:最大1億円(自動付帯)
国内:最大1億円(自動付帯)
50〜250万円

EX Gold for Biz   年会費を抑えるならこちら!
EX Gold for Bizのランキング画像

「とにかく年会費を切り詰めたい!」という法人におすすめなのが年会費2,000円のこちらの法人カード。

法人カードに詳しい方は、「年会費を削減するなら年会費無料のライフコーポレートや年会費1,250円のJCB一般法人カードの方が良いのでは?」と思われるかもしれません。

しかし、ライフコーポレートとJCB一般法人カードは、法人カードとしては致命的なショッピング保険が抜け落ちています。※JCB一般法人カードは年間100万円付帯されるものの海外購入のみなので実質機能しません。

またEX Gold for Bizはポイント還元率も最大0.5%なので、年間40万円の利用をするなら概ね年会費の元が取れる計算となります。


年会費 発行枚数限度 旅行傷害保険 限度額
本会員:2,000円
追加会員:無料
※初年度本会員年会費は無料
本会員を含め4枚まで 海外:最大2,000万円(自動付帯)
国内:最大1,000万円(利用付帯)
30〜300万円

JCBゴールド法人カード   上記2カードの中間ならこちら!
JCBゴールド法人カードのランキング画像

JCBゴールド法人カードは、10,000円の年会費にはあまりあるスペックです。会社の備品購入に限られるもののショッピング保険は最大で300万円付帯。

空港ラウンジの利用はもちろん、旅行傷害保険も海外では最大1億円、国内では5,000万円が付帯されています。※海外の場合、旅行代金の決済にカードを利用しなかった時は最大5,000万円

審査は若干厳しいので、できれば3年以上の法人運営をしていることが望ましいです。


年会費 発行枚数限度 旅行傷害保険 限度額
本会員:10,000円
追加会員:3,000円
無制限 海外:最大1億円(自動付帯は5,000万円まで)
国内:最大5,000万円(自動付帯)
50〜250万円

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード   
法人カードの利用でJALマイルを貯める!
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのランキング画像

年会費20,000円という安さでプラチナカードのスペックを持つ法人カードです。法人カードの場合、JALカード、ANAカードであってもショッピングマイルは付きません。

しかしこのカードでは1.125%の還元率でマイルが貯まります。更に海外での利用なら2.125%のJALマイル還元率となります!

プライオリティパスの発行可能なので、国内ラウンジだけでなく海外ラウンジも利用が可能です。全てにおいてスペックが高い法人カードと言えます。


年会費 発行枚数限度 旅行傷害保険 限度額
本会員:20,000円
追加会員:3,000円
本会員を含め5枚まで 海外:最大1億円(自動付帯)
国内:最大5,000万円(自動付帯)
利用者による

ダイナースカード(ビジネスアカウントカード)   
個人ダイナースに紐付け可能な法人カード
ダイナースカード(ビジネスアカウントカード)のランキング画像

変則的ながら、個人のダイナースカードに紐付け可能なダイナースのビジネスアカウントカードをご紹介します。

ダイナースは上位のプレミアムカードがあり、このプレミアムカードはANAマイルの還元率が最大で2%にもなります。(年間100万円の利用ごとに10,000マイルプレゼント)

法人のクレジットカード利用でANAマイルを貯めるのであれば、プレミアムカードのインビテーションを待つことが最良の選択であるため、変則ながらランキングでご紹介しました!


年会費 発行枚数限度 旅行傷害保険 限度額
本会員:15,000円 1枚
※法人口座を指定できるビジネスアカウントカードを1枚発行できます。
海外:最大1億円(利用付帯)
国内:最大1億円(利用付帯)
利用者による